リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

圧巻のタプローム

2日目⑩

巨木な根が遺跡を飲み込むことで人気のタ・プローム

映画「トゥーム・レイダー」の舞台にもなったところです


入り口は二か所
前回往訪時と逆側の東塔門に案内されました
P1050349.jpg


観世音菩薩さま~
DSC02886.jpg


雰囲気がある長い参道を進みます
ガイドさん付きだと、看板で修復の様子など解説してくれてます
DSC03022.jpg


東門
P1050352.jpg



森の中に現れた遺跡は、とても神秘的
P1050353.jpg



苔むした建物が何とも言えずに素敵です
P1050362.jpg


ここはまた倒壊がすごいです
DSC02928.jpg


境内の通路は複雑で迷路のよう
一通の箇所もでき、西塔門からのアクセスのほうがスムーズだけど、迷うのも醍醐味です
P1050356.jpg




しばし、人気の大木スポットが続きます~


長い間、自然の力を明らかにするために、樹木の撤去や修復されずに据え置かれてた遺跡だけに、巨大に成長した木々の迫力があります
それも2,3か所だけではないのです!
巨木の根っこが遺跡に絡みついた生命力の強さを感じます
DSC02934.jpg


支えなしでは遺跡を押しつぶしてしまいそうな大蛇のような木
P1050365.jpg


まさに大木と遺跡との共存、アートの世界です
DSC02949.jpg


繊細な蜘蛛の巣のよう
P1050369.jpg


根っこが絡み合い、ものすごい迫力
動き出しそう~!
DSC02966.jpg


差し込む光の加減で、神秘的
どこから生えてくるのでしょう
DSC02974_20170316223753856.jpg



一周したので、今度は外周をぶらり

外壁を飲み込む大木
撮影スポットで人気です
DSC02985.jpg


どのくらいの年月が経ったのでしょう~
DSC02920.jpg


ジャングルに埋もれてたというのも納得
生命力のすごさを感じます
P1050363.jpg



静かな悠久の時を感じる遺跡
DSC02987.jpg





ここはインドが修復を手掛けてます
こんな風に一枚一枚丁寧に重ね合わせてるんですね
DSC02997.jpg



力強い生命力を感じるとても神秘的な遺跡でした
P1050375.jpg


圧巻のタ・プローム
遺跡と自然の共存が課題の遺跡、いつまでも人々を魅了していくことでしょう
DSC03019.jpg


西塔門でドライバーと合流します
DSC03024.jpg



参考までに
2015年に訪れたお話はこちらです

2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

ほかの遺跡とは違うタ・ケウ

2日目⑨

アンコール遺跡群小回りコースは見どころ満載


まだまだ遺跡周りは続くのに、ここでまさかの電池切れ・・・
今回はミラーレス2台とコンデジを持ってましたが、コンデジの出番です
電池を温存しながらの写真撮影です



今回はパスしようと思ってた私
階段が大変だし、装飾がないので華やかさがない遺跡だから・・・・・


今まで見てきた遺跡とはまったく違った風貌のタ・ケウ

建設を始めた王の突然の死によって、石材を積み上げた状態で未完成のまま
装飾が一切ない無骨な寺院
P1050341_201703132012377b8.jpg



面白味はないけど、
最初に石が積み上げられて、彫刻が施されてたという石造建築技法だったことがわかります
華やかなレリーフや彫像がありません
DSC02881.jpg


経蔵
P1050348.jpg



ここの階段は、ドライバーも出発時に注意してくれましたが
幅がないし、急だし、ずれてるし、写真で見てもわかるくらいがたがたしてて、手を使って上らないと危険です
P1050343.jpg


上から見てもこの急勾配
P1010644.jpg




中央祠堂

石つくりのままの姿
P1010647.jpg


この先も急なので体力温存で上らないつもりが・・・・・
夫にそそのかされて上ってみた
P1050346.jpg


仏像が祀られ、森の中に囲まれてる遺跡であるのがわかります
P1010648.jpg




5層の基壇と5つの塔がアンコールワットに先駆けと言われてます
P1010650.jpg




ここは中国が修復しています
修復の様子など、こうして展示されて取り組みや進捗状況がわかります
P1010639.jpg


参考までに
2015年に訪れたタケウのお話はこちらです



まだまだ続きます~

2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

バンコクに行ってきました

バンコクから帰ってきました


急遽決まったバンコク旅行

本当は国内旅行に行くつもりが、お高くてびっくり
おまけに空きがなかったり・・・・
困ったときの上海というところで決着するはずが、JTBで格安バンコク旅行を発見!
空席待ちだったものの、OKの返事が来ました

タイ航空で2泊4日
ホテルは泊ったことがあり好きなソフィテル・バンコクス・スクンビット
送迎なしの自由プランがなんと空港使用料等々含んで一人約53000円
いつもの航空券のみのお値段より安い!それにホテルはレイトチェックアウト付き
短いけどお得だし、この金額はびっくりでした


飛行機はほぼ満席のバンコクの人気ぶりにびっくりです

昨年、プミポン国王がご逝去し、今も服喪期間中のタイ
DSC03929.jpg


旅行者にも地味な服装をと呼びかけがあり、どんな服で行ったらいいか迷いました
さすがに、タイの人たちは地味な服装や黒い服装の方が多いです
観光客はいろいろですが、それほど神経質にならないまでも、派手な色でなければ大丈夫です
普段と変わらないバンコクにほっとです


日本人街のタニヤ
DSC03938.jpg

日系デパートの伊勢丹
DSC04112.jpg



相変わらずよく食べ、今回はいろいろお買い物も楽しんだ旅行でした


2017年3月の旅行記に入るには少し後になります


関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/03/13 14:15 ] 17/03バンコク⑬ | TB(0) | CM(16)

花粉からプチ脱出

最近、窓を少し開けただけでも辛い花粉症・・・・
プチ脱出して、暑い空気にまみれてきます

行き先は

えーーまたバンコクです


先日10月往訪期のブログを書き終えたら、うずうずしてしまったから


ではでは行ってきます


ネット環境は整ってる予定ですが、
お返事&ご訪問が遅れますことをお詫び申し上げます
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/03/10 12:00 ] 17/03バンコク⑬ | TB(0) | CM(-)

双子の遺跡トマノンとチャウ・サイ・テボーダ

2日目⑧

遺跡観光、午後の部の始まりです


王宮から東のところに
道路をはさんで、林の中に、双子のような遺跡がひっそりたたずんでます
P1010605.jpg




どちらもデバターが美しいと有名なところ
規模も小さいので、すぐに見終わります



チャウ・サイ・テボーダ

ピラミッド式に移行する前の平地式寺院
P1050322.jpg


円柱に支えられた空中参道は見どころ
P1050327.jpg


中国によって修復作業中
P1010596.jpg


優美なデバターのレリーフ
P1050324_20170308174515a6f.jpg


派風の浮彫が見事
P1010584.jpg



カーラの神様
P1010586.jpg




そして

向かい合いのトマノン


フランスによって10年以上の年月をかけ修復され、ほぼ建設時の姿が見られます
P1050337.jpg


中央祠堂
アンコールワットにだんだん近づいてきました
P1010608.jpg


デバターの美しさで有名です
P1010609.jpg


首のない仏像
P1010616.jpg



ナーガの彫刻が施された破風
ナーガはカンボジアでは畏怖される存在でなく、人間の世界と天上界をつなぎ架け橋と考えられていて、多く見られます
P1050339.jpg



手つかずの遺跡もいいけど、ここは小さいながらも、彫刻がきれいな遺跡です
アンコールワットにつながる美しい双子の遺跡で、時間があれば、見てほしいところです
肝心のアンコールワットですが、私たちがアンコールワットに向かうのは翌日です
初めての方は、アンコールワットは一番に向かうのがいいと思います



参考までに
2015年に訪れたトマノンとチャウ・サイ・テボーダお話はこちらです



2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行