リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

桂林碑林が見どころの七星公園

5月の桂林・上海旅行の3日目①

朝食を済ませたら、桂林市内の観光です

桂林市内はバスも走ってますが、タクシー代も安いので観光はタクシーがおすすめです



タクシーで七星公園


七星公園は桂林市最大の公園
山の並びが北斗七星のように聳え立ってることから、七星公園という名前が付きました
P5040257.jpg


入口で、
桂林の見どころがセットになったチケットを購入します
購入したのは5か所(象鼻山・伏波山・畳彩山足笛岩・七星景区)のチケット
売り場によってチケットのセットの内容も違いますが、断然、個人で周るにはお得感があります
CCI20170718_0002.jpg




入るとすぐに

栖霞寺
人々がたくさんお参りしていて、歴史深いお寺のようです
P5040260.jpg




想像してたよりも大きな公園


木に描いちゃった人の顔
中国人らしいお顔!
P5040262.jpg



道を間違えて登ってしまった階段
見晴らしはよかったけど、頂上までは行かず仕舞い
桂林らしい風景が眺められました
P5040264.jpg




お目当ては桂海碑林

龍隠岩と龍隠洞の二つの部分からなり、中国四大碑林の一つ


龍隠洞
P5040272.jpg

洞窟内には壁一面刻まれてます
P5040274.jpg




圧巻の龍隠岩
P5040285.jpg


南北朝時代から、近代まで合わせて200以上の石刻が壁一面に書かれてます
P5040279.jpg


歴史を知る上でも大事な資料になってます
P5040286.jpg


鍾乳洞みたいなところで涼しかったです
P5040283.jpg


永年の自然の影響を受けて、このような姿になったのでしょう
DSC05289.jpg




こちらは園内の見どころの一つの花橋
P5040288.jpg

P5040295.jpg


花橋の上から眺めた先ほど見た龍隠洞
こんもり緑に覆われてます
P5040294.jpg





公園内では
なんと書をかく達人たちがいっぱい~
DSC05336.jpg


水で書いてるのがもったいないくらい達筆です!
P5040297.jpg



ここ七星公園は、別料金の鍾乳洞の七星岩、パンダがいる動物園もあり、すべてを見て回ると一日かかってしまいそうなくらい見どころが多いところです
ツアーの方はパンダしか見ないようですが、桂林碑林はぜひとも見てほしいところです

園内地図(パンフレットより掲載)
CCI20170718_20170718162313936.jpg



2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/16 21:07 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(9)

焼鵝が名物の「椿記焼鵝」

5月の桂林・上海旅行の2日目⑦

桂林の街中に向かう途中、電車の駅を通り過ぎました
DSC05137.jpg


PM6時過ぎに桂林市内到着
バスは中山中路で解散です~
DSC05141.jpg



夜ご飯は椿記焼鵝
DSC05163.jpg


焼鵝(ガチョウのロースト)で有名で、地元で人気のレストラン
何組か待ってるので、入口の順番受付機で番号をもらいます
15分ほどで入れました

店内は広いけど、ほとんど満席です
DSC05144.jpg


まずはビールで乾杯~
中国はお茶は有料
おしぼりはこの時はでなかったけど、お茶が有料で精算時に課金されると、日本はいいな~としみじみ感じます・・・
DSC05147.jpg


ホタテと春雨のニンニク蒸し(蒜蓉粉絲蒸)
ちょっと小振りです
DSC05151.jpg


名物のガチョウのロース文字色ト(椿記焼鵝)
皮はパリパリ、肉はジューシーで、お肉~っていう味わいです
お好みでたれにつけていただきます
DSC05154.jpg


無難な茄子とピーマンの炒め物
DSC05156.jpg



筍の炒め物
赤いのは唐辛子、ほかの絡みもあってすごく辛かったです・・・
酸っぱいし、豆板醤で有名な桂林らしい一品かも
DSC05158.jpg


一皿の量が多いので、二人では量が多かったです
デザートのドリアンパイも有名ですが、食べれなかったです・・・・


〆て171元(2750円)
きれいなレストランでお安いです
桂林では安心しておいしくいただけるレストランでおすすめです

椿記焼鵝 中山店
住所:桂林市秀峰区中山中路2号 中山大酒店





お腹がいっぱいになった後は、夜景も楽しみます


桂林四湖のうちの一つである杉湖にある日月双塔

金色のものが日塔で、銀色のものが月塔
美しくライトアップされ、湖に逆さに映った姿もきらきら輝いてます
P5030255.jpg


日塔は精細できらきらしてまぶしいです
また銅製建築としては世界一高いと言われてます
P5030237.jpg


くるりと一周周ります
左右が逆になったのを確認し、達成感を感じます

塔の右側に映ってる大瀑布飯店で開催される噴水ショーが見れずに残念・・・
P5030242_2017071321582653e.jpg



疲れたのでホテルに戻り、旅行二日目の終了です


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/13 22:00 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(10)

桃源郷

5月の桂林・上海旅行の2日目⑥

漓江下りを終えて、オプショナルツアーに参加します

まったく下調べしてなかったので、ガイドさんの説明で「シャングリラ」といわれてもピンとこなかったけど、陶淵明の「桃花源記」で描かれた人々が夢に描く理想郷の世界を再現したテーマパークです
陽朔では月亮山など見どころが多いのに、中国人にも人気でバスもいっぱいです



ツアー料金は120元(1920円)*2


バスに乗って20分ほどで、桃源郷(世外桃源)に到着です
P5030234.jpg


「桃花源記」
武陵の漁師が、道に迷いたどり着いた桃の林、そこは美しい豊かな村で夢のような日々を過ごしました
しかし、二度目はなかった・・・というお話
P5030201.jpg



広西チワン族自治区で生活している少数民族の建物や暮らしぶりが再現されたところ
見学時間は1時間
P5030235.jpg



チワン族の天琴
民族衣装を着た女性たちが音楽を奏でてお出迎えです
P5030202.jpg



九曲橋
山水の美しい光景
P5030203.jpg




そして
メインイベントのボートに乗り込み、しばし夢の世界を味わいます

手漕ぎボートで座る場所は、写真で見ると一番手前が進行方向でおすすめです
DSC05042.jpg


奇峰に囲まれた風光明媚な景色がとても美しい
P5030206.jpg


チワン族の楼
また民族衣装を着た女性たちが踊りを舞ってくれます
P5030210.jpg


燕の岩穴
気分はディズニーランドのジャングルクルーズ中国版
P5030212.jpg


そして洞窟を抜けると桃花島
お話のメインとなる桃源郷の世界観を表現した桃の花園
よーく見ると造花でしたが、きれいでした
P5030214.jpg


原始部落
今度は猟をしてる民族の踊り
気分を盛り上げてくれます!
P5030217.jpg


回龍橋
橋を歩いてる人はここで暮らす人かも
DSC05064.jpg


いよいよボートの下船場
理想郷の世界を堪能しました
P5030218.jpg




今度は少数民族の暮らしに触れるエリア


花楼
トン族の女性が刺繍などの仕事をする部屋
機織の作業をやってて大人気!出来上がったものは機織機にかかってる小さな鞄です
P5030225.jpg


女性の像と奥に見えるのが鼓楼
鼓楼は集会を開く場所
DSC05080.jpg


中国で珍しいなと思ったトーテムポール
動植物を刻んだ柱
P5030226.jpg



絵になる山水の原風景
P5030219.jpg


のどかな美しい田園風景
P5030228.jpg





今度は建物や文化にふれるエリア

桃源山坊
文化なども紹介してますが、美しいほど重なる軒に、見事な庭園
P5030229.jpg


風雨橋
DSC05111.jpg



橋からの眺めも素敵
P5030231.jpg




知識がなく訪れたもので、新しく作られたテーマパークでびっくりしましたが、
理想郷といわれる桃源郷の世界を堪能できました
本当は陽朔では月亮山や自然に触れたかったのですが、短時間で個人で周るには、言葉の問題に、足の確保が課題です
現地で迷ってたか、陽朔の街中でお茶して終わったのは間違いなかったので、ツアーに参加してよかったです
観光にお出かけになりたい方は、少々高くても日本からツアーを申し込むことをお勧めします


一時間ちょっとで桂林の街まで帰ってきました

以前訪れたベトナムのハロン湾ツアーでは激安でいろいろハプニングもありましたが、
参加したツアー会社旅情中国は、日本からの問い合わせの回答も早く、訪れてても安心感がありました
特に私たちの担当のガイドさんは、しっかり教育されてるし、とても親切でよかったのでお勧めです


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/11 10:37 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(10)

陽朔観光

5月の桂林・上海旅行の2日目⑤


漓江下りの終点「陽朔」の船着き場
P5030166_20170709210819614.jpg



陽朔は歴史があり、素朴でのんびりした街並みで外国人で人気です
いろいろなツアーがありますが、私たちはシンプルな日帰りのツアーに申し込んだため、3時間ほどの自由時間が設定されてました
そのあとは、待ち合わせ場所から桂林の市内まで送ってくれます

陽朔での過ごし方の選択肢は
①個人で周る
②オプショナルツアーに参加する
③陽朔で宿泊し、ツアーから離脱する
①と②は、陽朔の待合せ場所からバスで桂林まで送ってくれます


現地で路頭に迷いそうだったので、オプショナルツアーの「桃源郷」に申し込みました
確かに降り立ってみると、タクシーもいないし、中国語で話しかけてくる人はいるけど、わけがわからない・・・・
次のツアーの待ち合わせまでは一時間
ぶらり商店街を歩きます
DSC04958.jpg




街中に抜けるここの通りは、
お土産物屋さんがたくさん並んでますが、物売りやスリに気を付けるように注意されました
ガイドさんもしっかり前に鞄を抱えてました
P5030168.jpg


西街の地図
DSC04979.jpg


景勝地と書かれた石碑
P5030173.jpg



ここから出発してた
どこに行くかわからない電動自動車
P5030177.jpg


私たちは西街を、泊まる人は宿を歩いて目指します
DSC04971.jpg



見晴らしがよい展望台
DSC04974.jpg



細い古き良き街並みを感じるストリート
P5030178.jpg



にぎやかなメインストリートの西街まで歩いてきました
P5030196.jpg


こちらは新しそうなフードコート
怪しげなものがやっぱり・・・
DSC04991.jpg P5030182.jpg




メインの西街小広場
DSC05023.jpg


山のふもとに広がる街は、
西洋風のおしゃれなカフェも建ち並び、古く伝統がある中国洋式が混在して独特のある素敵な街並みです
P5030190.jpg


水の都の世界
風情があります
P5030193.jpg


タイムトリップしたような世界
予約時に宿泊するか迷ったけど、こういうところに泊まるのも風情があるのかもP5030189.jpg


時間があるので、
広場から見えたマックで休憩タイムです
P5030199.jpg


クッキー&クリームのシェイクとオレンジジュース
DSC05016.jpg DSC05011.jpg




待ち合わせ場所はケンタッキーの前
P5030197.jpg

次は桃源郷に向かいます


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/09 21:35 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(12)

桂林観光の漓江下りのハイライト③

5月の桂林・上海旅行の2日目④

メインの漓江下り(りこうくだり)ハイライトです!

揚堤風光
写真右の羊の蹄のような山は、天帝の皇女がすみ着いたという伝説があります
P5030086揚堤風光



トトロに見えたり、キティちゃんにも見えます~
P5030089キティ


こちらは楊堤の街
多くの人が立ち寄ってます
門からして風情ある街並み、こういう街も行ってみたい!
P5030092楊堤



風や雨によって浸食され作られた尖がった山
P5030098.jpg


川の流れに、霞がかかった山、桂林らしい風景です
奥に見えるのが通称「富士山とりんご」
P5030099桂林らしい


もう少し靄がかかってほしいけど、水墨画のように美しいです
P5030104.jpg


少し薄日もさしたり~
P5030121.jpg


こちらは
九馬画山
9頭の馬の姿が隠れてるといわれてます
岩肌と木々の緑を組み合わせて想像力を膨らませ~、見えてくるのは10頭を超えるかも!?
P5030123.jpg


大体11時半

一番のメインの黄布倒影
川底の黄色い石が透けて黄色の布を水にさらして見えるそう!?
P5030145.jpg


ここは中国のお札の20元の裏面の風景で有名なスポットと信じ込んでました
実は裏側
とはいえ、サントリー烏龍茶のCMの撮影場所!とっても雰囲気があります
P5030146.jpg


進行方向に陣取ってた私たちをガイドさんが呼びに来てくれました
本当の見どころは、後ろのデッキで、あやうく見損なうところでした
ガイドさんはとても親切で優しいです!二人の写真も撮ってくれました
これが本当の20元札の風景で風光明媚です
P5030152元20


お約束の20元
P5030046.jpg


立ちっぱなしだったので、お昼休憩です
こちらが温かいお弁当
お魚のから揚げに、ミックスベジタブル、右はお肉だったかな・・・
テーブルで一緒だった日本人ご夫妻も個人旅行好きということで話が弾み、お泊りのシェラトンのお話を聞いたり、桂林で食べたものをうかがったり、楽しいひと時でした
P5030157.jpg DSC04925.jpg



後半は飽きるというけど、私たちはまたデッキへ
食事以外はほとんど席にいることはなく、一階席でもよかったかも・・・


水牛が水浴びをしてたり、喉かな風景
P5030078.jpg


そろそろ下船が近づいてきました
P5030163.jpg


いよいよ漓江下りの観光船の終点「陽朔」に到着です
P5030165.jpg



中国屈指の名勝地
山水画のイメージの風光明媚な眺めを堪能しました




次は陽朔観光です


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/06 21:18 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(14)