リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

お天気がよかったボロブドゥール遺跡

11/3②

ドライバーとはENGLISH ONLY
大まかなルートを決めて出発です

道中、チャイナタウンを通り、

こちらは説明されたけど、よくわからなかった撮影ポイント
降りた瞬間、お墓ぽいと感じました・・・・
PB030048_convert_20141121184433.jpg
また、
ムラピ山はこの地のシンボルで、噴火の際にできた黒い大きな塊の石が転がってました


ジョグジャカルタから約42kmかかること1時間半強
有名なマノハラホテルの横を通り、ボロブドゥール到着です


受付でチケット代金240000RP(2400円)*2を支払います
*注意事項*
2000年以前のアメリカ$での支払いとカード払いはNG
また、ボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡群の両方周れるチケットの案内がなく、確認を失念してしまったこと
事前にドライバーから、お友達からディスカウントのチケットの案内がありましたが、怪しすぎて断ったのが失敗だったかも

きれいなお手洗いを借りて、腰巻をして、お茶をいただいて、出発です


緑がいっぱい~
きれいに整えられた道を進むと、遺跡が見えてきました
PB030052_convert_20141124010049.jpg


ボロブドゥール寺院は仏教遺跡で、
紀元750~842年の間にシャイレーンドラ王朝によって修行所または瞑想所として造られました
丘の上に建てられた数層からなるピラミッド構造

1814年に火山灰や密林に覆われ風化しかけたのを発見され、
また最近では2006年にジャワ島中部地震が起こり、寺院の石塔の一部が崩れるなどの被害を受けました
現在修復作業中の箇所もあります
こちらの遺跡には、いろいろな諸説があります
PB030097_convert_20141121193739.jpg


ボロブドゥール寺院は、
9層の階段ピラミッド状の構造で、仏教の三界をあらわしてます
PB030059_convert_20141121185340.jpg


一番下の基壇の欲界

補強されていて一部しか見られません
PB030096_convert_20141121193444.jpg


方形壇の色界

第一~第四回廊まであり、
釈迦の生涯とルドラーマヤ王の物語が描かれてます
また、たくさんの仏像が並んでて、
中には植民地時代に、戦利品として持ち帰ったため首がない仏像もあります
PB030094_convert_20141121193311.jpg

祠の中には仏様も安置されてます
PB030067_convert_20141121185801.jpg


なんといっても細かい彫刻のレリーフがすばらしい
PB030092_convert_20141121193106.jpg




円壇の無色界

3層の円形壇があり、
72のストゥパー(丸い仏塔)がならんでます
PB030070_convert_20141121192155.jpg

仏像が静かに穏やかに座っています
これと下の写真好きです
PB030084_convert_20141121192702.jpg

穏やかな顔
そして後ろに見えるのが、メインストゥーパ(大卒塔婆)
PB030082_convert_20141121192501.jpg


ここからの眺めは、
緑に山々に囲まれたパノラマビューが素晴らしいです
PB030073_convert_20141121192258.jpg

規模は想像してた通りでしたが、ここからの眺めは最高でした!
PB030075_convert_20141121192351.jpg


修復作業は続いてます
PB030069_convert_20141121185832.jpg





この日は陽ざしがきつくて溶けそうで、待ち合わせの駐車場に直行です

出口から駐車場までは、お土産物屋さんだらけ
観光地とあり、お土産物屋さんのの客引きも激しいです
PB030099_convert_20141124085145.jpg


円に換算した金額は、かなりアバウトな目安として見てください


旅行目次はこちら
1日目バンコクへ
2日目バリ島へ
3日目ジョグジャカルタ観光
4日目のんびりバリ島
5日目のんびりバリ島
6日目ウブド観光
7日目バリからバンコクへ
8日目バンコクから成田へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

よっちさん♡
なるほど。ココは行くべき所なんですね。
それにしても、お高い。そして、タンスの底にしまってあるアメリカドルは、使えなくなっているのに気づいた私です(笑)
[ 2014/11/24 09:37 ] [ 編集 ]
ボルフィさん
ボルフィさん

> なるほど。ココは行くべき所なんですね。
> それにしても、お高い。そして、タンスの底にしまってあるアメリカドルは、使えなくなっているのに気づいた私です(笑)

遺跡も素晴らしいけど、周りの風景が何とも言えずよかったです
今回どこもかしこも入場料がお高いんです
それに両方周れるチケットがあるはずなのですが、明瞭に掲示してほしいというのが願いです
今回、遺跡維持費と割り切ることにしました
アメリカドルは、本土では使えると思います
うかうかしてると、どこもかしこも、紙幣が新しくなってることにびっくりです
[ 2014/11/24 10:57 ] [ 編集 ]
こんにちは!

よっちさん
腰巻きって・・・腹巻きのことですか

日本で言えば奈良時代あたりなんですかね
写真で見る限り ほんと巨大建築物ですか 大きいですね

細かく言うと長くなるのですが
全体的に写真が上手く撮影戯れてますね~~
いいアングルだと思いますv-218


[ 2014/11/24 11:22 ] [ 編集 ]
ボロブドゥール寺院、大きいですね~。
アジアの密林の遺跡は、やっぱり迫力ありますね!
彫刻のレリーフも色々な表情が合って、
見ていて飽きない感じですね♪

入場料は高いけど、
それをきちんと補修に使ってくれれば、
高くないかもしれませんね~
[ 2014/11/24 13:22 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> よっちさん
> 腰巻きって・・・腹巻きのことですか

やっぱり写真を載せたほうがよかったですね~
ヒンズー教のお寺は、サロンという腰巻をしなければ入場できないところが多いのです
布みたいなものを腰に巻きます
腹巻きとは似てるようだけど、意味合いは全然違うものです
もう腹巻の季節ですね

> 日本で言えば奈良時代あたりなんですかね
> 写真で見る限り ほんと巨大建築物ですか 大きいですね

昔の人はすごいですよね
日本でいうと奈良時代から平安時代でしょうか
日本ではなかなかお目にかかれない大きさで、圧巻でした

> 細かく言うと長くなるのですが
> 全体的に写真が上手く撮影戯れてますね~~
> いいアングルだと思いますv-218

ありがとうございます!
幸いお天気にも恵まれて、きれいに撮れました
[ 2014/11/24 18:04 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> ボロブドゥール寺院、大きいですね~。
> アジアの密林の遺跡は、やっぱり迫力ありますね!
> 彫刻のレリーフも色々な表情が合って、
> 見ていて飽きない感じですね♪

アンコールワットよりも古い遺跡で、こんな大きな遺跡が埋もれてたというのにはびっくりしました
何より、パノラマの大自然がすごいきれいで、アンコールワットもこんな感じなのでしょうか~
やはりアンコールワットに行こうと思いました!
細やかなやさしいレリーフにはうっとりで飽きないです~

> 入場料は高いけど、
> それをきちんと補修に使ってくれれば、
> 高くないかもしれませんね~

インドネシアでの入場料は高くてびっくりしました
せっかくの観光資源があるのに、もう少しわかりやすく、チケット等の説明があれば、もっと観光客を呼び込めるのにと思いました
遺跡の補修・維持費として、うまく活用してほしいです~!
[ 2014/11/24 18:21 ] [ 編集 ]
ボロブドゥール遺跡の名は知りませんでした。
立派な遺跡なのですね・・・
特に円形壇はなんて美しい形をしているのでしょう!
仏様を安置してから網目のような壇を造ったのでしょうか?

ここでも人間の持つ技の凄さを見ることが出来ますね。

私も下から6枚目の写真が好きです。
パノラマビューの写真もすごくいいですね(*^^)v
[ 2014/11/24 20:26 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん

> ボロブドゥール遺跡の名は知りませんでした。
> 立派な遺跡なのですね・・・

古い遺跡で、世界三大仏教遺跡のひとつなのですが、日本人にはなじみの薄い世界遺産かもしれません

> 特に円形壇はなんて美しい形をしているのでしょう!
> 仏様を安置してから網目のような壇を造ったのでしょうか?

上部はインド様式で、下部はジャワの建築様式で、うまく融合してますよね
そして、丸い仏塔、フォルムがとってもきれいです
72個も並んでると、かくれんぼうできそうで迷い込んだようです
仏様は安置してから、網目の塔を作ったのだと思います

> ここでも人間の持つ技の凄さを見ることが出来ますね。

1000年以上も前なのに、すごい技術ですよね
そして今も修復されながら、守らて行く、素敵なことです

> 私も下から6枚目の写真が好きです。
> パノラマビューの写真もすごくいいですね(*^^)v

仏様の柔和なお顔に、悟りを感じて和みますね
そして、緑に囲まれた森の様な中に建つこちらの遺跡は眺めがよく、清められていく仏教の世界を感じました
[ 2014/11/24 22:18 ] [ 編集 ]
遺跡最上段からの眺めは最高ですね!
三年前は例のムラピ山の火山灰の除去作業で
最上段は立ち入り禁止でしたが、今は除去も
終わって登れるようですね!

ところでストゥーパの中に入っている仏像に手が届きましたか?

ボロブドゥール遺跡のレリーフは大きく彫が深くて
他の三大仏教遺跡群のレリーフの中では一番美しいと
思います。

ボロブドゥールに感動されたのであればアンコールワットでは
絶句するほど感動されるのではとレポートが楽しみです!
そしてヒンドゥーの神様の知識が増え、リピートされるバリ島の
伝統・文化・芸能の楽しみ方の幅が広がると思います!

Yottittiさんを洗脳したいchempakaでした!(笑)
[ 2014/11/25 00:23 ] [ 編集 ]
こんにちわ

ボロブドゥール遺跡、入場料は高いんですね!
未来に残すべき世界遺産、維持費がかかるんでしょうねー。

腰巻は男性も女性も巻くものなんでしょうか?
宗教上の理由で決められていることは
異教徒でもきちんと守らないと、ですよね。

それにしてもすばらしい風景ですね!
青空をバックにしたストゥパーもすばらしいですし
ストゥパーのなかの仏像の穏やかな表情…とてもステキです!
時間のゆったりとした流れを感じられそうな遺跡ですね。
[ 2014/11/25 08:51 ] [ 編集 ]
こんにちは。
日本の場合、仏教とはいえ木造だからこんなすごい遺跡はないですよね・・・
仏教遺跡って見たことがないので、一度どこかに行ってみたいです。
ああ、やはりアジアデビューしないと~。笑
遺跡の補修はどこもお金が掛かりますよね。
でも良い状態で後世まで残そうとすると仕方がないのかもしれませんね。
補修といえどもものすごい技術が必要でしょうから、やはり専門家がやらないとだめなんでしょうし・・・

なんだか写真を拝見しているだけでエネルギーがもらえそうな・・・
もしかしてパワースポットですか?笑
[ 2014/11/25 19:14 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん
連コメありがとうございます!

> 遺跡最上段からの眺めは最高ですね!
> 三年前は例のムラピ山の火山灰の除去作業で
> 最上段は立ち入り禁止でしたが、今は除去も
> 終わって登れるようですね!

山の緑に囲まれて、ここからの眺めは最高ですね~!
仏教の悟りに導かれてるようでした
今は、一部修復作業中でしたが、きれいになって、登れます!
しかし、監視員も配備されて!?、結構目を光らせてます

> ところでストゥーパの中に入っている仏像に手が届きましたか?

ガイドブックには、今は仏像に触ってはいけないと書いてあるし、
正面のストゥパー付近には、監視員がいっぱいで~、
いないところを触ってきましたよ
あまりご利益はなさそうですが・・・・
夫はぎりぎり手がとどく~みたいな感じで、太い人は無理でしょうね

> ボロブドゥール遺跡のレリーフは大きく彫が深くて
> 他の三大仏教遺跡群のレリーフの中では一番美しいと
> 思います。

ボロブドゥールはアンコールワットよりも古い遺跡なんですよね
レリーフといえばアンコールワットのイメージがありますが~
それにしてもすごいレリーフでヒンズー教の特徴が出てますよね
やっぱり比較をしてみたいです!

> ボロブドゥールに感動されたのであればアンコールワットでは
> 絶句するほど感動されるのではとレポートが楽しみです!
> そしてヒンドゥーの神様の知識が増え、リピートされるバリ島の
> 伝統・文化・芸能の楽しみ方の幅が広がると思います!

アンコールワットに行くって触れ回った覚えはないのにばれてます?(笑)
アンコールワットは、やはり訪れたい場所のひとつです
ヒンズー教は奥深くて、信心深さを感じます
神々が眠る国、そんなことを感じさせる国で、だからこそ、魅かれるのでしょうね

> Yottittiさんを洗脳したいchempakaでした!(笑)

最近どうもアジアづいてると思ったら、洗脳されてたのですね(笑)
それに、冬は暖かいところがいいですよね!?
[ 2014/11/25 21:54 ] [ 編集 ]
lauaealoha のMさん
lauaealoha のMさん
こんばんは~

> ボロブドゥール遺跡、入場料は高いんですね!
> 未来に残すべき世界遺産、維持費がかかるんでしょうねー。

確かに維持費はかかるとは思いますが、どんどん値上がりしている入場料です
それに、チケットもセットのものがあるはずなのに、もっとアピールすれば、観光客を呼び込めるのにと思います
みんなアンコールワットに行っちゃいます

> 腰巻は男性も女性も巻くものなんでしょうか?
> 宗教上の理由で決められていることは
> 異教徒でもきちんと守らないと、ですよね。

寺院参拝には、短パンに、女性はノースリーブでもだめといわれますが、
ジーンズに袖アリの服でも、男性も女性も、神様に失礼の無いように、腰巻を巻かれました
伝統のある寺院であればあるほど、その規則は厳しいように思います
信仰の深い国であることを実感します

> それにしてもすばらしい風景ですね!
> 青空をバックにしたストゥパーもすばらしいですし
> ストゥパーのなかの仏像の穏やかな表情…とてもステキです!
> 時間のゆったりとした流れを感じられそうな遺跡ですね。

レリーフも素晴らしいのですが、登れば登るほど拓ける景色に、
1000年も前に作られたこのきれいな円系のストゥパーにはうっとりでした
そして、穏やかなお顔の仏像には、悟りに導かれるようで和まされました
遺跡だけでなく、日本では味わえないこの大空間に、緑に囲まれてとても気分が晴れやかで、素晴らしい風景でした

[ 2014/11/25 22:24 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> 日本の場合、仏教とはいえ木造だからこんなすごい遺跡はないですよね・・・
> 仏教遺跡って見たことがないので、一度どこかに行ってみたいです。
> ああ、やはりアジアデビューしないと~。笑

メキシコを訪問されてるrikaさんですが、
ヒンズー教とあり、独特な彫刻の遺跡ですね
それにレリーフが物語になってるのが素晴らしいです
日本や中国とも違うし、国によって信仰するものの姿が違いますね
やはりインドにカンボジアのアンコールワットは訪れたところのひとつです

> 遺跡の補修はどこもお金が掛かりますよね。
> でも良い状態で後世まで残そうとすると仕方がないのかもしれませんね。
> 補修といえどもものすごい技術が必要でしょうから、やはり専門家がやらないとだめなんでしょうし・・・

これだけの遺跡は埋もれてたって信じられないですよね
それに地震もあったり、火山の噴火もあり、遺跡の補修には、費用がかかると思います
また、腐敗処理したり、細やかな作業の繰り返しでしょうね
ぜひぜひ、後世に残してほしいです

> なんだか写真を拝見しているだけでエネルギーがもらえそうな・・・
> もしかしてパワースポットですか?笑

お天気がよかったこともありますが、緑に囲まれた遺跡で、心身ともにとてもリフレッシュできました
さすがに、ガイドブックには触れてませんが、間違いなくパワースポットですね!(笑)
[ 2014/11/25 22:36 ] [ 編集 ]
アジアと一言で言っても、あちこち違いますね〜。それぞれが個性のある高度な文化を持っていたのでしょうね。
素晴らしいです!お天気も良かったようで最高ですね^ ^上から3枚目の写真とか、ガイドブックとかに使えそうなほど、青空と遺跡の対比が素敵に写っていますね。
覗き穴からみたいに写っている仏像の写真も素敵!
アジアのこういった遺跡には殆ど行ったことがないのですよ。なので、非常に興味深いです。虫刺されの心配とかはないのでしょうか?
[ 2014/11/26 00:32 ] [ 編集 ]
ボロブドゥールもそのうち・・・
とは思ってるのですが、なかなか行こう!とはならないので
Yottittiさんのブログで、楽しませていただきました~。

実物はもっと、迫力ありそうですね!

インドネシアの物価からしたら、入場料高いですけど
観光客が行くところなら、仕方ないのかなぁと思います。
それよりも、スカイツリーの料金の方がわからないです・・・。
[ 2014/11/26 13:28 ] [ 編集 ]
EkaterinaYoghurt さん
Ekaterinaさん

> アジアと一言で言っても、あちこち違いますね〜。それぞれが個性のある高度な文化を持っていたのでしょうね。

イスラム教徒が多く、インドの影響を強く受けてるインドネシアですが、アジアとひとくくりにできない奥深いものがあります
古きを守り、ヨーロッパもそうでしたものね

> 素晴らしいです!お天気も良かったようで最高ですね^ ^上から3枚目の写真とか、ガイドブックとかに使えそうなほど、青空と遺跡の対比が素敵に写っていますね。
> 覗き穴からみたいに写っている仏像の写真も素敵!

雨季に入ったとはいえ、暑い晴天の日でしたが、青空に映えてとてもきれいな写真となりました!
遺跡もよかったのですが、周りの山々の風景がすがすがしくとってもきれいでした
急な階段を上り、緩やかなピラミッド状になってるのですが、登ってしまうと、偏った写真になってることを実感です
ストゥパーの中の仏像の写真もいいですよね
こちらを触ると願いがかなうそうです!

> アジアのこういった遺跡には行ったことがないのですよ。なので、非常に興味深いです。

Ekaterinaさんはアジアでいろいろな建造物をご覧になってますが~
私はここを見てみたかったのと、想像以上に整備され、眺めが良かったのでとっても満足です
でも大きさは想像なりです
入場料に関しては、厳しい意見が多いのは確かです

> 虫刺されの心配とかはないのでしょうか?

デング熱騒ぎがありましたから、一応虫除けスプレーはしていきましたが、蚊も行動できないくらいの暑さだったと思います
バリでも、街中でもホテルでも、刺されることはなかったです
[ 2014/11/26 18:31 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> ボロブドゥールもそのうち・・・
> とは思ってるのですが、なかなか行こう!とはならないので
> Yottittiさんのブログで、楽しませていただきました~。

なかなか思いきらないと行けないですよね
ムラピ山のふもとには、アマンジオもあるので、そこと合わせて滞在し、夕日に朝日を拝むのもよいかもです~!

> 実物はもっと、迫力ありそうですね!

整備された道を進むと見えてきたので、テンションあがります
迫力はありましたよ
でもハードルをあげちゃうと、がっかりしちゃうかもです

> インドネシアの物価からしたら、入場料高いですけど
> 観光客が行くところなら、仕方ないのかなぁと思います。
> それよりも、スカイツリーの料金の方がわからないです・・・。

入場料は、割引になるチケットがあるはずなのです
それを明示してないので、インドネシアらしいというのは感じました
でも維持費と考えれば、惜しくないです
スカイツリーも同じくらいするのですね
日本はなんでもお高いけど、タワーとなると、どこもお高くてなかなか行けないです
そういえば、台北101とか上海の森ビルも登ってないです-
[ 2014/11/26 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する