リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ますます魅了された村岡花子さん~東洋英和女学院

いよいよ最終回を迎える
吉高由里子主演のNHK連続テレビ「花子とアン

翻訳家・村岡花子の半生を描いたお話で、ご覧になってた方も多いかと思います!?

いつもドラマとなった文庫本は買ったことはないのですが、
アンのゆりかご―村岡花子の生涯 」(新潮文庫) まで買ってしまいました

ドラマは、原作とは異なり、ドラマ用に脚本されていることがよくわかりました
実在しない兄やんに、幼馴染の朝一、
朝市(あさいち)に至っては、朝のドラマ後に放送される情報番組「あさいち」からとったのとことで、中園ミホさんはお茶目ですね
ドラマでは蓮さまとの女性同士の友情が強く描かれてたのも印象的です


それでさらに知りたくなった村岡花子さんの素顔


最後の最後に、

六本木の東洋英和女学院で9/27まで開催されてる展示会に行ってきました

もちろん、当時の校舎は残っていません

「東洋英和女学院・本部・大学院棟」 前
DSC00322_convert_20140926175153.jpg


展示内容は、
学院が所蔵する村岡花子さんの翻訳本・絵本・随筆など
また、学院での生活をしのばせる史料や写真など

写真撮影はOKで、撮影させてもらいました
DSC00345_convert_20140926202900.jpg


「村岡花子と東洋英和 年表」
DSC00337_convert_20140926202231.jpg


「生徒の頃の安中花子、花子在学のころの東洋英和女学校」
DSC00328_convert_20140926175513.jpg


「昔の先生」として書き綴った本の中で
ミス・ブラックモアが英語学習のために考案した60センテンスのこと
西洋での生活スタイルが自然と身についたこと
ドラマ中でよく耳にした「Go to bed 」と、大変厳しい先生であったこと
しかし、
その根底には、生徒に対する深い愛情を持った教育者であったことが書かれてました
これは、現在の東洋英和のバックボーンに強く影響を与えたようです




「卒業後の花子と東洋英和」
同窓会の会報編集委員となり、多くの執筆が残されてます
DSC00329_convert_20140926175540.jpg


その中で、

ミス・ブラックモアの言葉、
「実力を養いなさい。実力さえあれば宣伝などしなくてもよい」
が伝えられます
DSC00332_convert_20140926203254.jpg


「村岡花子著作・翻訳から(一部) 創作 随筆・評論 翻訳」
「たんぽぽ」など
DSC00336_convert_20140926203346.jpg


フランダースの犬も村岡花子さんが翻訳してます
遺言により、数冊の本の印税は、東洋英和女学院に寄付されています
DSC00334_convert_20140926203323.jpg


やっぱり「赤毛のアン」ですね
「Anne of Green Gables」原書(サイン入り)
DSC00331_convert_20140926203231.jpg

村岡さんが翻訳した「赤毛のアン」は、彼女ならではの発想力と学園で学んだことで、
素敵なアンの世界観が描かれ、魅力ある作品になったんだなと改めた感じました

また
花子とアンのNHKのサイトで読んだ話ですが、
「赤毛のアン」の中のマシューの「そうさな」という口癖は、おじいやんの周造さんからとったようです
何気ない言葉ながら、いっぱい愛をくれる物語なのも、あたたかい家庭から生まれたのでしょうね


村岡花子さんを知るよい展示でした



また住まいだった大田区では、
 「花子とアン」推進委員会が起ち上げられ、各種イベント開催中です

花ロス消化に~、しばし余韻に浸りたいと思います

最近は、朝ドラヒット続きで、
次回「マッサン」はニッカウヰスキーがモデルとなるそうで、またまたハマりそうです




関連記事
[ 2014/09/26 21:25 ] 国内 そのほか日記 | TB(0) | CM(14)
NHKの朝ドラは起きれた時だけ見てますw(夫を送り出してから二度寝の時は見れない)
明日(ってかもう今日か)は起きれるかな?←こんな時間にお酒飲んでコメ書いてるし。

やっぱり原作とドラマは違うんですね。
村岡花子の不倫略奪婚はNHKでどう描くのかとワクワクしてましたがw、やっぱり奥さんから身を引いて~って描かれてましたね~。←そこは見た

赤毛のアン・・・高校生の頃、3巻(?)のアンの愛情まで読みましたが・・・、私には合わなかったです。
起承転結のないダラダラしたフランス映画っぽくて3巻目で挫折しました(笑)
アニメも見ていましたが、幼すぎたのか(単に私がアホと言う噂)、つまらないな~と言う感想しかなかったです。

そういえば朝一は、花子に失恋してから誰かと巡り合ったんですか?

次のドラマ、ニッカウィスキーの創業者の話との事で(ぐぐった)頑張って是非見たいと思います!
[ 2014/09/27 01:36 ] [ 編集 ]
こんにちは。
このドラマ、人気だったようですね。
赤毛のアンの翻訳者さんのドラマだったんですね。
そういえば、赤毛のアン、中学のころ大好きで全部買って読みましたよ。
そのころはカナダなんて遠いかなたの国で・・・
どんな世界か想像しながらわくわくしながら読んだ記憶があります。
[ 2014/09/27 06:43 ] [ 編集 ]
花子とアン...というか、
朝ドラは月に1~2回土曜日に見る程度で...。
今日は最終回でしたっけ?見てません~。

東洋英和といえば..."お嬢様学校"のイメージです♪

↓黒毛和牛、画像はおいしそうなのに、
中途半端にぬるいのは、お肉さまに失礼ですねぇ(苦笑)。
[ 2014/09/27 08:51 ] [ 編集 ]
こんにちは!
花子とアン
実話に基づいた話やったんですか?

通訳は・・同じ作品を違う人の通訳で見ると 結構違いますよね
韓流でいえばw 画像に字幕・日本語吹き替え版と 同時にあるのが
時折あるんです 言ってることと、書いてあることが結構違うので迷いますね

よっちさん!

くだらないことなんですが
「赤毛のアン」 どうしても 「鼻毛のアン」と勘違いしてしまいます(笑)
[ 2014/09/27 10:35 ] [ 編集 ]
こんにちわ

最終回でしたねー。
なんかあっさり終わったなぁと思いました(^_^;)

やっぱりドラマ用に脚色されているんですねー。
図書館で予約をして順番待ちなので、順番が回ってくるのが楽しみです。

次の「マッサン」スコッチ好きとしては見逃せないです!
ニッカの竹鶴が飲みたくなりそうな気がしますけど…(笑)
[ 2014/09/27 10:45 ] [ 編集 ]
よっちさん♡
テレビを殆ど見ない私なのに、コレは見てしまいました。大森も盛り上がっているようです。
この流れ的に次のドラマも見てしまいそうだわ。
[ 2014/09/27 11:14 ] [ 編集 ]
面白かったですよね
NHKの朝ドラはずっと見続けています。
と言っても家事をしながらなのでじっと座って見ることは出来ないのですが・・・

吉高由里子さんがあんなに演技の上手な方だということを今回初めて知りました(失礼な)m(__)m

次回のニッカウヰスキーの創始者のお話も楽しみです。

[ 2014/09/27 19:51 ] [ 編集 ]
ももさん
ももさん

> NHKの朝ドラは起きれた時だけ見てますw(夫を送り出してから二度寝の時は見れない)
> 明日(ってかもう今日か)は起きれるかな?←こんな時間にお酒飲んでコメ書いてるし。

金曜日の夜は、解放されてゆっくりできるからいいですよね~
私は朝はバタバタしてるなりに、毎日見てます(笑)
今では習慣になってしまいました

> やっぱり原作とドラマは違うんですね。
> 村岡花子の不倫略奪婚はNHKでどう描くのかとワクワクしてましたがw、やっぱり奥さんから身を引いて~って描かれてましたね~。←そこは見た

原作って、脚本家によって随分変わるものですね
特に家族構成は違い、お二人ともご苦労されたようです
また不倫略奪ということで話題になり、原作では、二人のあつい想いを交わした恋文が載せられてます
夫婦となっても、最後まで手紙をやりとりしながら、想いを伝えて仲良く過ごされたようです
当時は不倫といえば、大騒ぎでしたでしょうけどね
そういえば、不倫のことは、すっかり忘れてました(笑)

> 赤毛のアン・・・高校生の頃、3巻(?)のアンの愛情まで読みましたが・・・、私には合わなかったです。
> 起承転結のないダラダラしたフランス映画っぽくて3巻目で挫折しました(笑)
> アニメも見ていましたが、幼すぎたのか(単に私がアホと言う噂)、つまらないな~と言う感想しかなかったです。

赤毛のアンのアニメは欠かさず見ていて、すごい表現力で、子供ながらにすごいと思ってみてました
本も青春の2部まで読みましたが、私も尻切れトンボ・・・・で、大きなことは言えません
いつの間にか、なぜか母のほうがはまってました
年を重ねた今、また違う目線で読み返せるのかな?と思ってるところです

> そういえば朝一は、花子に失恋してから誰かと巡り合ったんですか?

朝市は40歳で教員仲間の妹さんと結婚します
興味はないと思いますが(笑)、あさいちの特別番組が放送されます
http://www.nhk.or.jp/hanako/news/index.html#news0917
あさいちとでんすけさんは、いいキャラですよね

> 次のドラマ、ニッカウィスキーの創業者の話との事で(ぐぐった)頑張って是非見たいと思います!

最初は外人のヒロインで難しいかなと思いましたが、なかなか面白そうですよね
楽しみです
[ 2014/09/27 21:11 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> このドラマ、人気だったようですね。
> 赤毛のアンの翻訳者さんのドラマだったんですね。

朝のNHKドラマはヒット続きで~
今回も夢中になってみてました
赤毛のアンとフランダースの犬、王子と乞食等の名作も翻訳してます
rikaさんの翻訳というお仕事も、ここにつながるのかな~と思ってみてました

> そういえば、赤毛のアン、中学のころ大好きで全部買って読みましたよ。
> そのころはカナダなんて遠いかなたの国で・・・
> どんな世界か想像しながらわくわくしながら読んだ記憶があります。

赤毛のアンの少女時代のあの想像力は素晴らしいですよね
それに自然があふれ、素敵なプリンスエドワード島にいつか行きたいって思いました~
夫に言っても無視されますが・・・・
今また読み返してみたいな~と思ってるところです
[ 2014/09/27 21:21 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> 花子とアン...というか、
> 朝ドラは月に1~2回土曜日に見る程度で...。
> 今日は最終回でしたっけ?見てません~。

この展示会には男性も見えていて、びっくりしました
やはり、夫も時々見る程度で、赤毛のアンも知らなかったようで?、女性のあこがれの存在なのかもしれません

> 東洋英和といえば..."お嬢様学校"のイメージです♪

憧れのお嬢様学校ですよね~!
森ビルに東京タワーも見れて、大使館もいっぱいあって、すごい環境のいいところにあります

> ↓黒毛和牛、画像はおいしそうなのに、
> 中途半端にぬるいのは、お肉さまに失礼ですねぇ(苦笑)。

お肉自体はとってもおいしいのに・・・・
それだけにすごく残念でした
炭火焼にこだわったあだなのか、よくわかりませんが・・・・
[ 2014/09/27 21:27 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん

> 花子とアン
> 実話に基づいた話やったんですか?

ご覧になってましたか~
脚本されてる箇所はありますが、実話ですよ
蓮さまもです

> 通訳は・・同じ作品を違う人の通訳で見ると 結構違いますよね
> 韓流でいえばw 画像に字幕・日本語吹き替え版と 同時にあるのが
> 時折あるんです 言ってることと、書いてあることが結構違うので迷いますね

通訳は訳す人のセンスによって全然違うものになるでしょうね
字幕と吹き替えと見たことがありますが、言葉のニュアンスも違うのもあるでしょうけど、私は吹き替えのほうがあってるのかな?って思うことが多いです

> よっちさん!
> くだらないことなんですが
> 「赤毛のアン」 どうしても 「鼻毛のアン」と勘違いしてしまいます(笑)

同じ毛つながりでも、全然違うものですよね~
聞かなかったこと(見なかったこと)にします(笑)
[ 2014/09/27 21:39 ] [ 編集 ]
lauaealoha のMさん
lauaealoha のMさん
こんばんは~

> 最終回でしたねー。
> なんかあっさり終わったなぁと思いました(^_^;)

終ってしまいましたね・・・・・
中園さんの脚本はさすがです
最後は難しいのでしょうけど、意外にあっさりでしたね
人生を積み重ねてきた愛情たっぷりの三輪さんの優しい語りが聞けなくなるのは寂しいです

> やっぱりドラマ用に脚色されているんですねー。
> 図書館で予約をして順番待ちなので、順番が回ってくるのが楽しみです。

まだ読まれてないのなら、さわりだけ~
原作とは家族構成が違って、ご苦労された一面に触れてます
また花子さんの活動などが書かれていて、興味深かったです
母に本を貸したのに、一向に読んでる形跡がないので困ったものです

> 次の「マッサン」スコッチ好きとしては見逃せないです!
> ニッカの竹鶴が飲みたくなりそうな気がしますけど…(笑)

やはり実話は面白いですよね
ドラマにも影響され、季節も良くなって、ウィスキーが飲みたくなるかもしれませんね
[ 2014/09/27 21:47 ] [ 編集 ]
ボルフィさん
ボルフィさん

> テレビを殆ど見ない私なのに、コレは見てしまいました。大森も盛り上がっているようです。
> この流れ的に次のドラマも見てしまいそうだわ。

やはり実話は面白いですよね
NHKも頑張ってて、ドラマは最近あたりが多いです
次のドラマも楽しみです
花ロス消化に大森探索に行きたいです~
[ 2014/09/27 21:49 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん

> NHKの朝ドラはずっと見続けています。
> と言っても家事をしながらなのでじっと座って見ることは出来ないのですが・・・

朝はバタバタしてますが、もう長いこと私も見ていて、夫もあきらめたようです(笑)
かなり最近はあたりで、見逃せませんよね
それにNHKのドラマは面白いです

> 吉高由里子さんがあんなに演技の上手な方だということを今回初めて知りました(失礼な)m(__)m

吉高さんってお顔も小さくて近代的だと思っていましたが、すごく日本的なお顔で和装が似合ってましたね
それにこのドラマで、演技も人間関係もかなり学んだり得たことが大きいようで、この先の活躍も楽しみです

> 次回のニッカウヰスキーの創始者のお話も楽しみです。

最初は外人ヒロインでびっくりしましたが、次のお話も楽しみですよね
[ 2014/09/27 21:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する