リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

名建築の好文亭

好文亭

徳川斉昭が別邸として、またここも衆々と偕(とも)に楽しむ場として建てたもの
木造2層3階建ての好文亭本体と木造平屋建ての奥御殿から成り、各所に創意工夫と洒脱さがでています
好文とは、人々が学問や武芸にはげむかたわら、ここで心身を保養するという斉昭の想いから命名されました


入場料は200円


奥御殿

10室の質素な平屋造りで、藩主主人などの教養の場
各部屋の襖には様々な花木が描かれ、きらびやかです
DSC00092_convert_20140828174142.jpg


竹の間・梅の間・静の間は、
斉昭夫人が住んでいたところ

とくに梅の間は高貴な部屋で、大正天皇など皇族方が休憩室として使用されました
DSC00089_convert_20140825204320.jpg



好文亭


華燈口

坂戸には、古歌や色が見や短冊に書かれてます
DSC00094_convert_20140825204354.jpg



西塗縁

総板張り(漆塗り)の大広間
庭園に面していて、詩詩の宴などが催されたところ
DSC00103_convert_20140828172141.jpg



3階の楽寿楼

東南西の三方からの見晴らしは良く、眺めは絶景です
DSC00108_convert_20140825205658.jpg

千波湖も一望できます
お殿様になった気分になれます
IMG_7463_convert_20140825204542.jpg



また斉昭公のこだわりは

階下からお料理を運ぶ滑車式昇降機があり、日本初のエレベーターといわれてます
DSC00105_convert_20140825205609.jpg DSC00113_convert_20140825205757.jpg

敵から守ることができるような急な階段
DSC00112_convert_20140825204951.jpg






外に出ると

何陋庵

茶室もあります
DSC00118_convert_20140828172433.jpg


好文亭は、
斉昭公のお人柄がでた質実な中にも優美さがただよう伝統建築でした
DSC00119_convert_20140828172524.jpg




偕楽園の東門付近に売店があり
そこでは、
東日本大震災で被害を受けた好文亭の様子が放送されてました

偕楽園の名前の由来の通り
いつまでもみんなとともに楽しめる公園であってほしい・・・
素敵な日本庭園「偕楽園」を後世に伝えていきたいと思いました




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 旅行日記

こういう古い建物に上がり込んでの観光、好きなんですよ〜^ ^
最初の写真の勉強のお部屋、気が散りそうな程華やかな襖だし、奥様のお部屋の襖は華麗な梅ですね。見てみたいな〜^ ^
永く保存して公開し続けて欲しいです。
[ 2014/08/28 20:33 ] [ 編集 ]
歴史的にも価値がありますね
好文亭の襖絵、見事ですね。

自分の過去ブログの記事を遡ってみました。
その日はジュマパパが担当していて、とても”あっさり”とした記事でした。
(-_-;)

しかも、私もよく覚えていないんですよ・・・

なので今日のお話はとても新鮮でした。
今更ながら「へ~そうなの!」でした。
詳しく教えてくださってありがとうございます。
[ 2014/08/28 21:00 ] [ 編集 ]
EkaterinaYoghurt さん
Ekaterinaさん

> こういう古い建物に上がり込んでの観光、好きなんですよ〜^ ^
> 最初の写真の勉強のお部屋、気が散りそうな程華やかな襖だし、奥様のお部屋の襖は華麗な梅ですね。見てみたいな〜^ ^
> 永く保存して公開し続けて欲しいです。

建物の雰囲気も日本式でとても素敵で、迷子になりそうなくらい大きな建物でした
10部屋あるお部屋は、竹に紅葉などとてもきれいで、どの襖も美術館の作品のようで見とれちゃいました
最初の襖のお部屋は萩のお部屋でとってもきれいでした
それにところどころにこらした工夫も見どころで、探し歩くのも楽しいです
いつまでも、よき日本の伝統を守り、伝える場所であってほしいですね
[ 2014/08/28 23:33 ] [ 編集 ]
よっちさん♡
わ〜!こんな所があったんですね!絶対行きたい!
本気で計画たてようかしら。
[ 2014/08/29 08:27 ] [ 編集 ]
こんにちわ

好文亭、随所に工夫が凝らされているうえ
襖絵など細かい細工も素晴らしいですよねー。
水戸斉昭という幕末のお殿さまのスケールの大きさが感じられます。
好文亭も偕楽園もいつまでも保存してもらいたいです。
[ 2014/08/29 09:54 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん

> 好文亭の襖絵、見事ですね。

美術作品のようでどのお部屋の襖もとってもきれいでした

> 自分の過去ブログの記事を遡ってみました。
> その日はジュマパパが担当していて、とても”あっさり”とした記事でした。
> (-_-;)
>
> しかも、私もよく覚えていないんですよ・・・

記事を読ませていただいたら、お引越しでお忙しかったよう
きっとバタバタしていて、記憶が薄い時ってありますよね
でも行ったところがないところが鹿児島だけとはびっくりしました~
こう考えると、ブログで記事を残しておくのはいいことですね

> なので今日のお話はとても新鮮でした。
> 今更ながら「へ~そうなの!」でした。
> 詳しく教えてくださってありがとうございます。

創意工夫されてたところはまだまだあったのですが、見落としたのと、写真に撮り忘れたものもあり、不十分ですが、ちょっと記憶を紐解いてもらえてよかったです~
同じところに訪れても、人それぞれブログに個性が出るのも面白いですよね
こちらこそ、いつもありがとうございます
[ 2014/08/29 12:56 ] [ 編集 ]
ボルフィさん
ボルフィさん

> わ〜!こんな所があったんですね!絶対行きたい!
> 本気で計画たてようかしら。

都内からも比較的近いので、ぜひ~!
偕楽園はお殿様?お姫様ごっこするのにぴったり!?
黄門さまゆかりの地を散策するのも面白いですよ~
[ 2014/08/29 12:59 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは

> 好文亭、随所に工夫が凝らされているうえ
> 襖絵など細かい細工も素晴らしいですよねー。
> 水戸斉昭という幕末のお殿さまのスケールの大きさが感じられます。
> 好文亭も偕楽園もいつまでも保存してもらいたいです。

好文亭は創意工夫されたお屋敷で、また襖絵が見事で、きれいでうっとりでした
斉昭公のお人柄に才覚があふれてますよね
また、ここに奥様が~とか、お殿様が~と、想像を膨らませるととっても楽しかったです
好文亭は戦時中も被害を受けたり、でも、みなさんのあつい思いで復旧し、これからも、大切に保存し、みんなが愉しみに訪れる公園であってほしいです
[ 2014/08/29 13:08 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
キャッ!あんな古い記事をご覧くださったのですか?
つまらないことを書いてしまったためにお時間をとらせてしまって本当にごめんなさい。
あのころの記事の書き方を読むと赤面ですが
読んでくださったyottittiさんの優しいお気持ちには心から感謝します。
ありがとうございます。m(__)m
これ、コメ返無用ですので・・・。
[ 2014/08/29 22:14 ] [ 編集 ]
こんにちは。
好文亭も見ごたえありますね~。
窓から眺める外の景色もすごくきれいです。
エレベーターもあるなんてモダンですね。
当時としては画期的な建物だったんでしょうね。
[ 2014/08/30 05:29 ] [ 編集 ]
素敵な佇まいですね。
襖の絵もいいわぁ。
一日生活させて貰いたい!
[ 2014/08/30 05:48 ] [ 編集 ]
こんにちは!

立派な
襖ですね~
我家のと入れ替えてもらいたい
我が家のほうが プレミア物やったりしてヾ(ーー )ォィ

エレベター
細工はしてると思うけど
やはり 人力に成るんでしょうかね
なんか、あげたろおろしたり
遊べそうですが
打首ですかね(爆)
[ 2014/08/30 10:45 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん

> キャッ!あんな古い記事をご覧くださったのですか?
> つまらないことを書いてしまったためにお時間をとらせてしまって本当にごめんなさい。
> あのころの記事の書き方を読むと赤面ですが
> 読んでくださったyottittiさんの優しいお気持ちには心から感謝します。
> ありがとうございます。m(__)m
> これ、コメ返無用ですので・・・。

以前、PART1があるのは知っていたので、久しぶりにのぞかせていただき、楽しく読ませていただきました~
やっぱりいろいろな目線があるので、面白い発見もあり、勉強になります
旅行に時間があるときは、検索したりしてるものですが、また何かあったときには、ぜひ教えてくださいませ~
こちらこそ、ジュマさんご夫妻&ご家族の一面に触れられて楽しみです
[ 2014/08/30 15:34 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> 好文亭も見ごたえありますね~。
> 窓から眺める外の景色もすごくきれいです。

好文亭は創意工夫がされていて、特に襖が美術作品のようで、見どころがたくさんあります
3階のお部屋から見える眺めは絶景で、ここで楽しまれたお殿様の気分になれました
梅のころは一面に咲いてきれいだそうです

> エレベーターもあるなんてモダンですね。
> 当時としては画期的な建物だったんでしょうね。

エレベーターと言っても人力ですが、いっぺんに運べるという発想は素晴らしいですよね
梅を植えたのも食用に応対できるからという発想に、アイデアが素晴らしいと思いました
[ 2014/08/30 15:39 ] [ 編集 ]
ホノルルのピー助さん
ピー助さん
いつのまにホノルルに~
お休みのところ、ありがとうございます

> 素敵な佇まいですね。
> 襖の絵もいいわぁ。
> 一日生活させて貰いたい!

日本庭園を満喫しながら、襖はとても素晴らしくて良きものに囲まれて、一日過ごしてみたいですね
御姫様&お殿様気分を味わえそうです

楽しいお休みをお過ごしください
[ 2014/08/30 15:43 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんにちは~

> 立派な
> 襖ですね~
> 我家のと入れ替えてもらいたい
> 我が家のほうが プレミア物やったりしてヾ(ーー )ォィ

美術作品の様な素敵な襖ですよね
tookueさん画伯の実力を見せつけるときですね
もしくは魚拓ならぬtookueさんの人拓はいかがでしょうか~(笑)

> エレベター
> 細工はしてると思うけど
> やはり 人力に成るんでしょうかね
> なんか、あげたろおろしたり
> 遊べそうですが
> 打首ですかね(爆)

エレベーターは滑車式の人力です
井戸の方式ですよね
ここでは遊べないけど~(笑)
当時も、降りてきた荷物に頭を挟まないようにしないといけないですね
[ 2014/08/30 15:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する