リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

新宿の北京ダック全聚徳

北京市に本店を置く北京ダックの老舗全聚徳

北京・上海では、1羽まるごといただくその豪快さ
RIMG0137_convert_2010012009491.jpg



新宿ではさすがに1羽8000円は冒険する勇気もなく、ランチなら!?チャレンジしてもいいかもと思い、突撃してきました


店内は中国らしい赤と黒で統一され、高級感あふれ落ち着いた雰囲気
逆エリアは、何組かお客さんも見えてました
DSC08691_convert_20140217174417.jpg



休日ランチのコースは

*フカヒレ麺・またはご飯&北京ダック(1つ)セット1980円
(金額は記憶違いかもしれません)
*ふかひれ麺、またはご飯&北京ダック(1つ)セット1980円
(金額は記憶違いかもしれません)
*小籠包&北京ダック(3つ)&麺セット2980円


小籠包も食べたかったので、

小籠包&北京ダック(3つ)&麺セットにしました


まずはビール


前菜三種盛り合せ
細く糸切りにした押し豆腐
蒸した海老の辛し和え
コリコリした何かの干物?八角が効いた中国らしいお味でした
DSC08693_convert_20140217152730.jpg


小籠包三種
蟹・肉・1つ不明
スープがたっぷりでおいしい
DSC08694_convert_20140217152810.jpg



本命の北京ダック3つ
目の前で包んでくれました
DSC08695_convert_20140217152833.jpg

カオヤーピンにねぎ、鴨肉の身を甜麺醤につけて、鴨肉を3枚ほどくるくるまいていきます
3枚もいれるんだーと初めて食べ方を学びました
皮目が少なく、お肉部分が多かったです
日本でいただくのとはやはり少々異なるよう
中華街の聘珍樓でいただいたのは、鴨肉の皮のみ挟み、おいしかったです
DSC08697_convert_20140217152936.jpg


家鴨のつゆそば
思ったより小さな器
いい加減の塩辛さのスープが、先ほどの脂を消してくれ、おいしくいただきました
DSC08698_convert_20140217153007.jpg



デザート
ココナツミルクに小豆を入れたもの
無難に杏仁豆腐とかのほうが嬉しいかも
DSC08699_convert_20140217153030.jpg




店の雰囲気もよく、
スラっとしたきれいなチャイナドレスを着た中国人女性が、丁寧に応対してくれました
しかし、
にこやかなのはいいけどお人形さんみたいで、お料理の説明は聞かないと一切ないのが残念でした

北京ダックはサーブしてくれたので、サービス料がかかるかと思いましたが、ビールだけに別途サービス料がかかります

肝心の北京ダックは、焼きあがったとの説明なものの、量が少ないから鮮度が落ちるのか、やはり本場と違うので残念でしたが

お腹いっぱい満足なランチでした



口コミはこちら





関連記事
[ 2014/02/17 18:00 ] 国内 グルメ~新宿 | TB(0) | CM(20)
昔、香港の全聚徳に行った事がありますが、香港は皮だけでした。(今は分かりませんが)
ちなみに北京ダックは皮を食するのが本当なんですよ~。
パリパリの皮を贅沢に食するのが醍醐味です~。
上海では勿体ないから肉つけて給仕すると聞きましたが、肉付きも食べたことがありますが、・・・私は皮のみが好みです。
肉がドーン!より、パリパリ皮に薄っすら肉がついて~ってのがいいんですが、何でも食する中国では「肉ドーン」が主流になってきているみたいです。
15年前の香港はどこも皮だけだったのに、6年くらい前に行った時は皮だけのお店は少なくて探すのに苦労しました。

あ~、コメント書いていたら食べたくなってきた・・・。
北京ダックって、私が好きな料理のベスト5に入るんですよね。
[ 2014/02/17 20:11 ] [ 編集 ]
よっちさ〜ん♡
本格的なお店ですね〜♡今度是非行ってみたいです。
記憶が定かでないけど、香港のペニンシュラでいただいた時は、皮のみ。中身は最後のチャーハンに入れてくれてたので、それが本物だとばかり思い込んでいました。所により、違うんですね。
[ 2014/02/17 20:49 ] [ 編集 ]
北京ダック丸ごとは凄い
こんばんは~

北京ダックは上海では皮の部分しか食べたことが無いですが、
一羽まるごといただく料理もあるのですね。勉強になりました。

三種の前菜盛り合わせ・小龍包も美味しそうですね。
素敵なランチになりましたね。

[ 2014/02/17 22:53 ] [ 編集 ]
こんにちは。楽しく拝見いたしました
上海でも香港でもニューヨークでも食べましたが
当時は「一羽丸ごと」が常識で、日本ではともかく
海外ではそれ以外で食べたことはありませんでした。

ついでに言うと「北京ダック」は皮だけを食べるもので
それがスタンダードだと思いますが「広東ダック」は、身も食べるので、「わざと」も含めて混同も多く、困ったものですが
その違いは使う鴨と調理法の差にあります。

広東は「健康な」鴨で、北京は「皮だけを食べるために飼育した肥満鴨」
そいつの首を落として、内臓を抜き、お尻をくくって
首から空気を吹き込んで風船のように膨らませ
皮に水あめを塗って、数日乾かして、下ごしらえしておきます。
(まぁ、フォアグラを悪く言う人は食べない方が良い鴨…ですが)

広東は350℃の窯で、皮も身もバランス良く焼いて食べますが
北京は400℃の熱が出る、北京ダック専用の特殊な窯で焼きあげます。
身は脂の吸着剤ですから脂だらけで臭くて食べられません。
(身が美味しく食べられるなら、広東ダックです)
ついでに言うと、四川ダックは油をかけ廻して仕上げます。

この温度は、家庭用ではもちろん、業務用でもまず無理で
他に出せるのはイタリアのピザ窯と、インドのタンドーリだけ。
従って世界でも、本物の北京ダックを出せる店は少なく
本場中国でも北京ダックは「専門店」になるのはそういう理由からで
ホテル等で供されるのは、本物ならまず「自家製」ではないはずです。

香港では返還前、当時高校生だった娘と二人で行って
36個入った小龍包と北京ダックを一羽丸ごと食べた訳ですが
全部で4500円…今でも大笑いの武勇伝でした。

自分でもあれこれやってみましたが
ダッジオーブンで広東ダックは作れても、北京ダックは絶対に無理!

とはいえ、最近は通販でも手に入るので(ちょっと怪しいけれど)
数年前買い求めて、家内と二人で一羽食べたのがラストになりました。

癌になって、食道がダメになったので、僕はもう食べには行けませんが
是非、次回は「皮だけ一羽丸ごと」にチャレンジしてください!

単なる食いしんぼうの迷い事です、ご容赦を。
[ 2014/02/18 07:14 ] [ 編集 ]
こんにちわ

北京ダック、皮だけのところと身もついてくるところがありますよね。
皮だけの場合、残った身は何に使うんだろう?といつも不思議に思っていたんですが
↑のコメを読ませていただいて納得しました。
皮だけ1匹丸ごとはずーっと前に六本木で食べたけどあの店はまだあるのかしら…
[ 2014/02/18 09:28 ] [ 編集 ]
こんにちは!


不明物質がちょとあるんですね
なんだろ?
スラっとしたきれいなチャイナドレスを着た中国人女性に聞けばよかったのに(笑)
料理の説明として

B・W・H は何cmですかとかヾ(ーー )ォィw

そういや
よっちさんが
満足とは・・珍しいというほどではないけど

小籠包が1番でしたか?



やっぱ次回は
1羽8000円に突撃してください(笑)

1頭じゃなくて 1羽になるんですね....〆(・ω・。)

[ 2014/02/18 13:01 ] [ 編集 ]
全聚徳は、上海で行ってみたいお店の1つなんですけど
日本にもあるんですね!

北京ダック大好きなんですけど
日本で食べようとすると、高いですよねぇ。
8,000円ですか・・・。中国との価格差が・・・(苦笑)

ハーフでオーダーすると、たいがい
あまりの少なさに『本当に半分もある?』ってツッコミたくなるので
いつか、1羽でオーダーしてみたいんです~。
で、余ったお肉で、炒め物や炒飯を作ってもらうのが
私のささやかな夢なんです~!
[ 2014/02/18 13:46 ] [ 編集 ]
ももさん
ももさん

> 昔、香港の全聚徳に行った事がありますが、香港は皮だけでした。(今は分かりませんが)
> ちなみに北京ダックは皮を食するのが本当なんですよ~。
> パリパリの皮を贅沢に食するのが醍醐味です~。
> 上海では勿体ないから肉つけて給仕すると聞きましたが、肉付きも食べたことがありますが、・・・私は皮のみが好みです。
> 肉がドーン!より、パリパリ皮に薄っすら肉がついて~ってのがいいんですが、何でも食する中国では「肉ドーン」が主流になってきているみたいです。
> 15年前の香港はどこも皮だけだったのに、6年くらい前に行った時は皮だけのお店は少なくて探すのに苦労しました。

癌ダムさんのコメントでいただいてるように、北京ダックと、広東ドックがあるんですね
私も北京でいただいたけど、あの時はコースでいただいて、中のお肉は、チャーハンとスープと何かに変わって出てきて、おなかいっぱいで大変だったよねと夫と昨日話してました
だから上海でいただいたときには、お肉がいっぱいでびっくりして、これが中国の北京ダックかーと疑ってなかったです
でも、やっぱり皮だけのほうがジューシーでおいしいですよね

> あ~、コメント書いていたら食べたくなってきた・・・。
> 北京ダックって、私が好きな料理のベスト5に入るんですよね。

ももさん、北京ダックがそんなに好きだったとは~!結構意外~
上海で食べれなかったので、久しぶりに、1つでは足りないし、3つも食べたらそれはそれで大満足でしたよ
やっぱり中華街でいただいたのは、皮のみでおいしかったので、足を延ばしてぜひ~!
お高いけどね^^;
[ 2014/02/18 15:45 ] [ 編集 ]
ボルフィさん
ボルフィさん

> 本格的なお店ですね〜♡今度是非行ってみたいです。
> 記憶が定かでないけど、香港のペニンシュラでいただいた時は、皮のみ。中身は最後のチャーハンに入れてくれてたので、それが本物だとばかり思い込んでいました。所により、違うんですね。

癌ダムさんがコメントしてくださってるように、北京ダックと、広東ドックがあるんですね
私は日本では皮のみだったので、
北京では、コースにしてもらってボルフィさんのようにチャーハンとかスープにしてもらい、上海でいただいたときにお肉がガッツリ出てきて驚きました
お料理の方法も違うとはびっくりですね
こちらの平日ランチの噂はよいみたいです^^
[ 2014/02/18 15:53 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん
こんにちは~

> 北京ダックは上海では皮の部分しか食べたことが無いですが、
> 一羽まるごといただく料理もあるのですね。勉強になりました。

ジュマさんは上海でも皮のみだったのですね
そういうお店があるのですね
癌ダムさんのコメントをいただき、「北京ダック」に「広東ダック」があることを知り、カルチャーショックを受けてます
また焼き加減も違うようで、日本では皮だけのみいただくのに、ここ新宿でもこうしたお肉をいただく食べ方があるのに驚きました

> 三種の前菜盛り合わせ・小龍包も美味しそうですね。
> 素敵なランチになりましたね。

中華料理のお店は多いけど、専門店は少ないので、
久しぶりに小籠包に北京ダックをいただいて幸せな気分でした~!
[ 2014/02/18 16:57 ] [ 編集 ]
癌ダム4G さん
癌ダム4Gさん
目からうろこのコメント、ありがとうございます!
みなさんにぜひ読んでいただきたいです~!
北京ダックの謎とは思っていなかったけど、すっきりしました

> 上海でも香港でもニューヨークでも食べましたが
> 当時は「一羽丸ごと」が常識で、日本ではともかく
> 海外ではそれ以外で食べたことはありませんでした。

海外にもよくお出かけだったのですね
中国料理はどこでも共通ですが、まさかNYでまでとは恐れ入りました
NYも基本は1羽なのですね
日本では1羽なんて、おいしければ冒険できても、清水の舞台からは飛び降りる勇気はありませんでした
中華街で1/4ほどいただいたのはおいしかったと記憶してます

> ついでに言うと「北京ダック」は皮だけを食べるもので
> それがスタンダードだと思いますが「広東ダック」は、身も食べるので、「わざと」も含めて混同も多く、困ったものですが

中国の中でも、いろいろな流派があるけど、北京ダックまで分かれるとはびっくりしました
北京ダックもいろいろあるのかな?と思いつつ、まったく調べてなかったので、本当に勉強になりました
北京ではコースにして、中のお肉はチャーハンにスープに量が多かったのは記憶にあり、
上海でまるごと出てたので、中のお肉が出てくるものだと疑ってなかったです

> その違いは使う鴨と調理法の差にあります。

> 広東は「健康な」鴨で、北京は「皮だけを食べるために飼育した肥満鴨」
> そいつの首を落として、内臓を抜き、お尻をくくって
> 首から空気を吹き込んで風船のように膨らませ
> 皮に水あめを塗って、数日乾かして、下ごしらえしておきます。
> (まぁ、フォアグラを悪く言う人は食べない方が良い鴨…ですが)

この鶏の選び方もあるのですねー
また、上海 おいしいと検索して、食べ方というか、皮のみということまで比較してませんでした
まさか調理法も違い、食べ方もいろいろとはびっくりの連続です!
いつか中国を旅して、食べ比べしたいです
知れば知るほど、奥深いですね

> 広東は350℃の窯で、皮も身もバランス良く焼いて食べますが
> 北京は400℃の熱が出る、北京ダック専用の特殊な窯で焼きあげます。
> 身は脂の吸着剤ですから脂だらけで臭くて食べられません。
> (身が美味しく食べられるなら、広東ダックです)
> ついでに言うと、四川ダックは油をかけ廻して仕上げます。

身のおいしさを決める焼き方もあるのですね
お肉の味もちがったのは、お店によっても調理法は違うでしょうし、奥深いですね

> この温度は、家庭用ではもちろん、業務用でもまず無理で
> 他に出せるのはイタリアのピザ窯と、インドのタンドーリだけ。
> 従って世界でも、本物の北京ダックを出せる店は少なく
> 本場中国でも北京ダックは「専門店」になるのはそういう理由からで
> ホテル等で供されるのは、本物ならまず「自家製」ではないはずです。

私は並んで売ってるのを見て、オーブンで焼いてるものと思ってました
北京ダックのおいしさは、温度勝負の窯にもよるのですね
やっぱり火力の差は出るものですね
まさかここで、インドカレーの話にイタリアの話が出てくるとは思いませんでした

> 香港では返還前、当時高校生だった娘と二人で行って
> 36個入った小龍包と北京ダックを一羽丸ごと食べた訳ですが
> 全部で4500円…今でも大笑いの武勇伝でした。

小籠包だけでもすごい量なのに、さらに北京ダック1羽ですか~!
でも食べたいものを食べて、若かった楽しいお嬢さんとご一緒に、若かりし頃の楽しい旅の思い出ですね!
やっぱり喧嘩したりしても、家族での絆も深まり、一緒の旅行はいいものです

> 自分でもあれこれやってみましたが
> ダッジオーブンで広東ダックは作れても、北京ダックは絶対に無理!

火力って料理の出来栄えに大きい影響力ですね
でもご自分で作ったとは!食べるのがお好きでなければなかなかできません
だからこそ、身をもって得た知識なのでしょうね

> とはいえ、最近は通販でも手に入るので(ちょっと怪しいけれど)
> 数年前買い求めて、家内と二人で一羽食べたのがラストになりました。

消化には悪そうですが、やっぱり北京ダックは食べたくなりますよね
すごく印象に残ってる一品であり、思い出の一品ですね

> 癌になって、食道がダメになったので、僕はもう食べには行けませんが
> 是非、次回は「皮だけ一羽丸ごと」にチャレンジしてください!

食べれるありがたさは身に染みてます
食べるのがお好きな方にとって、食べれないのはつらい話ですよね
食事療法などなさって、すごく気を遣われてると思います
皮ごと一羽!というのを頭に入れておきます

> 単なる食いしんぼうの迷い事です、ご容赦を。

いつも食事療法など、健康にお気遣いなさっていて、見習わなくてはと思ってました
ご丁寧にご指南ありがとうございます!
これからも時々覗いてください
よろしくお願いします

[ 2014/02/18 17:46 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは

> 北京ダック、皮だけのところと身もついてくるところがありますよね。
> 皮だけの場合、残った身は何に使うんだろう?といつも不思議に思っていたんですが
> ↑のコメを読ませていただいて納得しました。
> 皮だけ1匹丸ごとはずーっと前に六本木で食べたけどあの店はまだあるのかしら…

北京では、コースにした時に、チャーハンスープに変わって出てきたのを覚えているのですが、
上海ではまるごと出てきてたので、それが常識だと思い込んでました
北京ダックにはいろいろな食べ方、焼き方、種類など、初めて知り、驚いてます
中華街でも皮のみだったのですが、釜があったのかどうか気になります
六本木のお店は、どうなのでしょうね
思い出したらレポしてください~!
[ 2014/02/18 17:52 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 不明物質がちょとあるんですね
> なんだろ?
> スラっとしたきれいなチャイナドレスを着た中国人女性に聞けばよかったのに(笑)
> 料理の説明として

ツバメの巣とか、アヒルの何かの干物?かなと思うけど・・・・
食べる前ならまだしも、食べてからは聞かないほうが幸せ(笑)かと思い、あえてチャレンジしなかったです
だってとんでもない代物だったら、立ち直れないですもの~
でもね、中国人女性はみなさんきれいでしたよ!

> B・W・H は何cmですかとかヾ(ーー )ォィw

日本語聞こえない振りするか?、きっと殴られてよしでしょうね~
このご時世、ちょっとしたことでセクハラで訴えられますよ~(笑)

> そういや
> よっちさんが
> 満足とは・・珍しいというほどではないけど
>
> 小籠包が1番でしたか?

お腹いっぱい、食べたかったものを食べれて満足でした
一番は期待過度だとテンションダウンしちゃいますが、やっぱり北京ダックでしょうか!
文面とは全く反してごめんなさいーーー
なかなかいただけないので、3つも食べると食べた感もあり、満足でした
でも、中国か中華街で食べるのが一番だなと思います

> やっぱ次回は
> 1羽8000円に突撃してください(笑)

おいしかったけど、やっぱり8000円って冒険ですよね
それにすぐにぬるくなるし、なかなか難しい食べ物です

> 1頭じゃなくて 1羽になるんですね....〆(・ω・。)

1羽だと思います
また、カモの雄雌2羽で「ひと番」と数えるそうです
なかなか奥深いです

[ 2014/02/18 18:14 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> 全聚徳は、上海で行ってみたいお店の1つなんですけど
> 日本にもあるんですね!

癌ダムさんのコメントで知りましたが、「北京ダック」と「広東ダック」があるそうで、焼き方に食べ方が違って奥深いです
私が行った上海での全聚徳と、鴨王では、全聚徳のほうが上品な盛り付けでした
全聚徳でもお店によって違うそうで、天目西路店のほうが評判が良かったので、以前はそちらにお邪魔しました

> 北京ダック大好きなんですけど
> 日本で食べようとすると、高いですよねぇ。
> 8,000円ですか・・・。中国との価格差が・・・(苦笑)

日本はお高いですよね
ランチでもおいしくいただきましたよ
でも、過去の記憶なので比較は難しいけど、中華街のほうがお値段の見切りがなければおいしいかも!?しれません

> ハーフでオーダーすると、たいがい
> あまりの少なさに『本当に半分もある?』ってツッコミたくなるので
> いつか、1羽でオーダーしてみたいんです~。
> で、余ったお肉で、炒め物や炒飯を作ってもらうのが
> 私のささやかな夢なんです~!

いただいたコメントでは、場所にお店によってもいろいろな調理法があるようで
私は、北京では、コース料理を頼んで、中のお肉は、チャーハンとかスープにしてくれました
皮のみ一羽っていうのもありだそうで、次回はぜひチャレンジしてみたいですね
話してると、食べたくなってきますね
[ 2014/02/18 18:38 ] [ 編集 ]
こんにちは。
北京ダック丸ごとって、友達と何人かでわいわいやるのには楽しそうですね。
一度注文して見たいです。
本当日本ってランチのコストパフォーマンス、いいですね。
こうした老舗でもランチメニューがあると入りやすいですね。
雰囲気もいいなんて嬉しいですね。
[ 2014/02/19 13:48 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは
日本へお帰りなさい~
お疲れのところ、ありがとうございます!
雪が残っていて寒くてびっくりかしら??

> 北京ダック丸ごとって、友達と何人かでわいわいやるのには楽しそうですね。
> 一度注文して見たいです。
> 本当日本ってランチのコストパフォーマンス、いいですね。
> こうした老舗でもランチメニューがあると入りやすいですね。
> 雰囲気もいいなんて嬉しいですね。

北京ダックまるごとは日本ではなかなか勇気がないけど、いつも旅先では、特に中華は、人数が多いといろいろ頼めて楽しいだろうなって妄想します
北京ダックも本場中国では皮だけだったり、またお肉を食べる広東風とかあって奥深いことを知りました

日本のランチは、特に平日にはお得なのが多いです
ただ外人さんには量は少ないかな?っていうのはありますけどね
最近はランチが充実してるので、とりあえずランチで試せるのもうれしいです!
[ 2014/02/19 14:56 ] [ 編集 ]
いまだに北京ダックは食べたことないなあ
あれって皮を食べるんでしょ?
貧乏性なので肉も食いたいと思っちゃうんですよ  笑
それに僕は割と大食いなので
おなか一杯にならない気がして   /(^o^)\
[ 2014/02/19 15:11 ] [ 編集 ]
ランチは手頃な価格で美味しい物が食べられて、良いですよね。
外国だと、夜も昼もないみたいなメニューが殆どだと思うので、日本は良いですね。

北京ダックは美味しいけど、いつもコースの中で1〜2包みみたいな食べ方しかしないので、
ふ〜ん・・・という感じであまり印象に残っている物はないのですが、一羽丸ごとという食べ方もあるのですね〜(って何言ってるんだって感じですかね?)。
今度食べてみたいな〜^^と思いました^^
[ 2014/02/19 17:48 ] [ 編集 ]
加夢さん
加夢さん

> いまだに北京ダックは食べたことないなあ
> あれって皮を食べるんでしょ?
> 貧乏性なので肉も食いたいと思っちゃうんですよ  笑
> それに僕は割と大食いなので
> おなか一杯にならない気がして   /(^o^)\

北京ダックって、食べる機会少ないですね
どうも鴨を焼く窯というのが、専門店でないと設置してないため、普通の中華料理店でいただくのは難しいそうです

今回いただいたコメントで知ったのですが、皮だけ食べる北京式と肉も食べる広東式があるそうで、日本で多いのはやはり皮のみですね
でもね、皮は脂がのってるので、結構お腹にたまります
私が中国でいただいたところは、肝心のお肉はチャーハンとかスープにしてくれました
大勢で中華は食べに行くのがいいと思います




[ 2014/02/19 18:11 ] [ 編集 ]
EkaterinaYoghurtさん
EkaterinaYoghurtさん

> ランチは手頃な価格で美味しい物が食べられて、良いですよね。
> 外国だと、夜も昼もないみたいなメニューが殆どだと思うので、日本は良いですね。

ランチはお手頃でいいですよね
あまり食べれないっていうオチもありますが、
また逆に、お昼と夜のメニューのお値段が一緒のお店は、夜はとっても得した気分になります

> 北京ダックは美味しいけど、いつもコースの中で1〜2包みみたいな食べ方しかしないので、
> ふ〜ん・・・という感じであまり印象に残っている物はないのですが、一羽丸ごとという食べ方もあるのですね〜(って何言ってるんだって感じですかね?)。
> 今度食べてみたいな〜^^と思いました^^

北京ダックは、日本だと、コースに入っていて1包2包ってところが多いですね
日本だと1羽となると結構破格でおいしいかどうかわからないと冒険できないですよね
中国だと1羽とかお安いので頼んでしまうけど、さすがに脂っこいので2人でもきついです^^;
あと今回いただいたコメントで知りましたが、皮のみ食べる北京式と、お肉までいただく広東式があるそうで、焼き方もいろいろ違うそうです
北京ダックって奥深いなと思いました
[ 2014/02/19 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する