リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

期待以上のプーシキン美術展

2011年の東日本大震災で日本でのプーシキン美術展開催が中止

あれから二年、現在、横浜で開催中の
プーシキン美術展、早速行ってきました

名古屋の開催を終え、横浜の後は神戸でお目見えします



プーシキン美術館は、
モスクワにあり、収蔵品の数は約10万点でエルミタージュ美術館に次ぐ世界2位
ロシアはフランス絵画の宝庫なのです!
17世紀から20世紀のフランス絵画300年の栄光の歴史をたどることができます


これらの絵画は18世紀半ばから19世紀初頭に
歴代の皇帝から貴族、大聖人によって集められた名画たち

ロシア革命後に没収され、それぞれに個性的なコレクションが、プーシキン美術館で一つになりました
社会主義になり、それまでの富裕層は、天地をひっくり返したようでしょうね・・・・


作品は

第1章
 17-18世紀 古典主義、ロココ
第2章
 19世紀前半 新古典主義、ロマン主義、自然主義
第3章
 19世紀後半 印象主義、ポスト印象主義
第4章
 20世紀 フォーヴィスム、キュビスム、エコール・ド・パリ


写実的なものや理想を描いたものから、作家の主観的な表現へと変わっていくのがわかります
また今回のプーシキン美術館展は、人物画を中心に集め、人の描かれ方を時系列に観ることで、わかりやすい構成を心がけたとのことです



印象に残った私の感想~

第1章
画家たちは、知られていない人ばかりですが、
どの作品も、着ているドレスの質感の表現、思わず見とれちゃいました
またヴェルサイユ宮殿でみたような、神話や聖書をモティーフにした宗教画が多い中、一風変わった作品が多いのも印象的
(写真はこちらからお借りしてます)
picture-poussin.jpg

第2章
最初の絵のドミニク・アングル「聖杯の前の聖母」
マリヤの気高さが印象的でした
(写真はお借りしてます)
picture-ingres.jpg



だんだん自然の中での人を表現するようになり、
画風も変わってきます


第3章の作品
一番人気でわかりやすい19世紀の印象派モネやルノワール、
ドラクロワ、ミレー、セザンヌ、ゴッホの絵画
見ていて一番楽しいです

モネの「陽だまりのライラック」(写真はお借りしてます)
picture-monet.jpg


チラシにもなってる

今回の目玉のルノワールの作品「ジャンヌ・サマリーの肖像

ルノワールの印象派時代最高の肖像画と評される
パリの若き女優ジャンヌ・サマリーの肖像画
とても愛らしい笑顔が印象的
背景のピンクが当時はとっても珍しかったとか!
(写真はお借りしてます)
picture-renoir.jpg


気になった2作品
ドガの踊り子は、
 線の描き方の違い
ゴッホ
 主治医の肖像画が、鶏小屋の穴をふさぐために使われていたこと




第4章

時代が変わって、キュビスムの時代の作品
ピカソのマジョルカ島の女、なんとも神秘的「青の時代」から「ばら色の時代」への移行期の作品
(写真はお借りしてます)
picture-zoom-picasso.jpg

シャガールの真っ赤な絵、
妻を亡くしたシャガールが、その悲しみを表現し、自分の横顔を描いたそうですが・・・わかりませんでした
でも真っ赤な色で、怒りが伝わってきました

アンリ・ルソーの手が抽象的なサイズながら、絵に収まってるのが不思議(写真はお借りしてます)
picture-rousseau.jpg



まだまだ印象に残る作品はありますが、

プーシキンは、今まで見たことのない作品が多くて新鮮でした
また
海外の美術館はたくさんの作品があるので、一つ一つ向き合う時間がないけど、日本で開催されるとじっくりみるので、理解が深まってよかったです!
とはいうものの、画家の作風とかすぐに忘れちゃうんですけどね・・・・

写真撮影は不可ですが、どんな作品が来てるか興味がある方はこちらをどうぞ~!

もっと詳しく動画で見たい方はこちらでどうぞ

今回は、音声ガイド500円を借りました
絵の説明書きがあるものとないものがあって、さすが有料だけある音声ガイドで補って、うまくできてるなと思いました
音声ガイドは水谷豊さん
最後まで聞くと、相棒でおなじみのあのフレーズが登場こちらも合わせてどうぞ~



開館早々に訪れてるようで、帰り際はこなれてたので、逆にお昼を食べてからのほうが空いてるような気がしました
あと、横浜美術館は、木曜日が休館なので、ご注意を!!


美術館の前に商業施設Mark is (マークイズ)みなとみらいができて、散策するのも楽しそうです
はむこたんにお店を聞くのもいいかも!




関連記事
No title
学生の頃、修学旅行とか遠足とかで
いろいろな美術館に行きましたが
当時はよく分からなかったんですが
こういう美術品の良さって
だんだん分かってきますよね
ロシアがフランス絵画の宝庫って
何故フランスから流出したんですかね?
[ 2013/07/25 16:20 ] [ 編集 ]
加夢さん
加夢さん

> 学生の頃、修学旅行とか遠足とかで
> いろいろな美術館に行きましたが
> 当時はよく分からなかったんですが
> こういう美術品の良さって
> だんだん分かってきますよね

ただ連れられて行っていた学生時代、本当にもったいないです
でも、小さいころには、芽が出るかもしれない!?感性を磨かなくてはいけないし・・・・
自分でお金を稼いでみないと、そのありがたさがわからないものですね
今は作家の作風に触れて、ちょっとずつ覚えていきたいですね

> ロシアがフランス絵画の宝庫って
> 何故フランスから流出したんですかね?

私の解釈があってるかは疑問なのと、説明が下手で申し訳ありませんが、
18世紀以降、フランスへのあこがれから、ロシアの皇帝のフランス絵画の買い集めが始まったようです
そして、フランス革命も影響したのか流出が相次ぎ、
また買い手もロシアの大貴族に変わり、パトロンになったり、売れてない画家ピカソなどの絵を買い集めてたそうです
今ではフランスもうらやむほどの数だそうです
[ 2013/07/25 17:37 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/07/25 19:10 ] [ 編集 ]
No title
こんにちわ

横浜美術館で開催中なんですね!
革命前のロシア貴族社会はフランスにあこがれていたらしいので
フランス絵画を集めたりしたんでしょうねぇ。
見事なコレクションの数々、個人所有だったこともあるなんてすごすぎますっ

横浜美術館のカフェが評判よいようなので
一度は行ってみたいと思っています。(ゲージツより食い気ー笑)

↓でご紹介とリンクをありがとうございました!
新宿にほかにお店があるんですねー。
知っているお店が何軒かあると、時間がないときでも安心ですよね♪
[ 2013/07/26 09:11 ] [ 編集 ]
No title
静かで、空調の効いた美術館で絵画鑑賞、いいですね~

横浜美術館、そういえばいった事ないかも。
音声ガイドが水谷豊さんとはおもしろい人選ですね~
相棒のフレーズまで聴けたら、ニヤリとしちゃいます。

ロシアにフランスの絵画がたくさん有るなんて意外ですね~。
[ 2013/07/26 10:14 ] [ 編集 ]
No title
ガイドは水谷豊じゃなくて右京さんなんですか?(笑)
これは有料ガイドを借りるお客さんたくさんいるでしょうね~。
こういうのいいですね。

絵画は好きなんですけど、滅多に見に行かないんですが、たまには実物を見に行くのもいいですね~。
[ 2013/07/26 12:56 ] [ 編集 ]
No title
ロシア皇帝と貴族階級の人たち、
すご~く大金持ちだったのですねぇ(笑)!!
素晴らしい絵画が揃ってますね!!

ジャンヌ・サマリーの肖像画、
結構、現代的な顔立ちと雰囲気と言うか、
イマドキのカワイイに相通ずるかも♪

日本で美術展っていうと
混んでいるイメージで敬遠してましたが、
解説も日本語だし、しっかり鑑賞できて
かえっていいですね!!
[ 2013/07/26 13:04 ] [ 編集 ]
No title
文中リンク&ご紹介していただいて
ありがとうございまーす!

横浜美術館は、高校の時、宿題のために
モネの展示を見に行ったきりです~。
あとは、レストランへ数回なので(花より団子・・・)
すっごい久しぶりに、美術館へ行ってみたくなりました!

超有名な俳優さんでも
こーゆーお仕事もあるんですね。
ちょっとびっくりです。
[ 2013/07/26 14:57 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは~

> 横浜美術館で開催中なんですね!

横浜美術館はあまり評判がよくなく!?
でもこの展覧会は、作品がすばらしく、流れがわかりやすくてよかったです
すっごい混んでましたけどね・・・・

> 革命前のロシア貴族社会はフランスにあこがれていたらしいので
> フランス絵画を集めたりしたんでしょうねぇ。
> 見事なコレクションの数々、個人所有だったこともあるなんてすごすぎますっ

大富豪たちが、絵画の収集に力を注ぎ、また芽の出ない画家を抱え、パトロンだったというから、その世界に驚きます
ロシア革命で没収されちゃったことは、さすがに同情しちゃいました

> 横浜美術館のカフェが評判よいようなので
> 一度は行ってみたいと思っています。(ゲージツより食い気ー笑)

横浜クイーンズイーストのキハチは、横浜美術館とコラボしてるからか、大混雑です
カフェもコラボしてるので、おいしいとなれば、いいかもしれませんね~
私は結局ランドマークのまっずいお好み焼きを食べて後悔してます・・・・

> ↓でご紹介とリンクをありがとうございました!
> 新宿にほかにお店があるんですねー。
> 知っているお店が何軒かあると、時間がないときでも安心ですよね♪

あまりにMさんが撮った刀削麺がおいしそうなので、同じ系列のお店とは気が付きませんでした~(笑)
こちらはちょっと辺鄙なところにあるので、わざわざという感じかもしれませんが、この系列は結構おいしくて行けるっていうのがわかりました!
変わった食感でいいですよね!

[ 2013/07/26 15:26 ] [ 編集 ]
とりっちぃさん
とりっちぃさん

> 静かで、空調の効いた美術館で絵画鑑賞、いいですね~

すっごい混んでて、うまく場所取りしないと大変です
でも、ずーっと正面で陣取って見ててもお互い威圧することもなく、じっくり見れてよかったです

> 横浜美術館、そういえばいった事ないかも。
> 音声ガイドが水谷豊さんとはおもしろい人選ですね~
> 相棒のフレーズまで聴けたら、ニヤリとしちゃいます。

初めてのナレーションに、水谷豊さんも大喜びだそうです
女性が前に概要を説明してくれるのが、また伊藤蘭さんの声にそっくり
そちらも気になっちゃいました
まさか最後にあのフレーズが聞けるなんて~(笑)
これはうれしいような~、期待してると腰抜けになっちゃうかもしれません

> ロシアにフランスの絵画がたくさん有るなんて意外ですね~。

ロシアに大きな美術館があるというのは知ってましたけど、これほど多いとは意外でした
フランスもうらやむほどだそうです~
[ 2013/07/26 15:31 ] [ 編集 ]
ももさん
ももさん

> ガイドは水谷豊じゃなくて右京さんなんですか?(笑)
> これは有料ガイドを借りるお客さんたくさんいるでしょうね~。
> こういうのいいですね。

最初に水谷豊と聞いて、借りるかどうか迷いましたよ~(笑)
どうしても相棒の印象が強すぎますからね
それで、最後にあのフレーズが出てきて、びっくりしました
期待しちゃうと半減だと思います~
でもいろいろな人のツイッター見ると、相棒ファンにはたまらないみたいです
それより、その前の概要を説明する女性の声が、伊藤蘭さんそっくりで~
映画の宣伝かと思っちゃったほどです

> 絵画は好きなんですけど、滅多に見に行かないんですが、たまには実物を見に行くのもいいですね~。

国内のはどうしても混んでるし、数が少ないし、敬遠するのはわかります
夫は国内は混むので嫌がるので、ほとんど、母とのんびり行きます
母とは、違った感想が聞けるので面白いです
国内は作品も限られるので、意外な発見があるのも面白いです~!
[ 2013/07/26 15:40 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> ロシア皇帝と貴族階級の人たち、
> すご~く大金持ちだったのですねぇ(笑)!!
> 素晴らしい絵画が揃ってますね!!

絵画コレクションは、ステータスになってたのでしょうね
いかに画家を発掘し、絵画を買い集め、おまけにパトロンだったというから、その世界にびっくりです
でも、集めた絵画を没収されちゃうなんて、時代とはいえ、さすがに同情しちゃいました
今まで目に触れたことのない作品が多かったのも印象的です

> ジャンヌ・サマリーの肖像画、
> 結構、現代的な顔立ちと雰囲気と言うか、
> イマドキのカワイイに相通ずるかも♪

ちょっと前の日本のアイドルみたいですよね
現代に通じて、華がありますね
屈託のない笑顔、誰しもが吸い込まれますね

> 日本で美術展っていうと
> 混んでいるイメージで敬遠してましたが、
> 解説も日本語だし、しっかり鑑賞できて
> かえっていいですね!!

夫も国内の美術展は混むので、敬遠します
なので、美術館は母と出かけるのがほとんどです
夫なら、音声ガイドはかりないでしょうね~(笑)
でも、海外で見落としがちな作品もじっくり向き合え、画家の作風や生い立ちに触れて、興味が少しずつ広がるので国内もなかなかよかったです~
[ 2013/07/26 15:54 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> 文中リンク&ご紹介していただいて
> ありがとうございまーす!

今回母と一緒で疲れてしまったようで、マークイズ、探索できずです・・・・
でもみなとみらいからは、このビルができて、便利になりました~!
教えてもらってなかったら、迷子になってたかも~(笑)

> 横浜美術館は、高校の時、宿題のために
> モネの展示を見に行ったきりです~。
> あとは、レストランへ数回なので(花より団子・・・)
> すっごい久しぶりに、美術館へ行ってみたくなりました!

国内の美術館は混むので、敬遠しちゃいますよね
母が好きなので、くっついていくくらい
たまにみると、やっぱりじっくりみれていいな~と思いました
すでに、夏休みということもあって、子供たちも多かったです
夕方以降のほうが空いてそうですね

> 超有名な俳優さんでも
> こーゆーお仕事もあるんですね。
> ちょっとびっくりです。

今回初めての挑戦で、水谷豊さんもナレーションを喜んでいらっしゃるようです
でも、実際、音声ガイドを借りるかどうかは迷いましたよ~(笑)
結論としては、二回聞いたりしたので、十分元を取ったと思います~!
[ 2013/07/26 16:03 ] [ 編集 ]
No title
ルノワールのジャンヌ・サマリーの絵、これ、ちらしになっていましたよね。
あれは2011年だったか去年だったか覚えていませんが、
すっごい可愛い絵だわ~!と思って、ちらしはもらってきたのですが
結局行けませんでした。
横浜で9月までやっているのですね!
来月日本に帰るので見に行けそうだったら行ってみます。
日本語で説明が聞きたいです。紹介ありがとうございました~。
[ 2013/07/27 10:38 ] [ 編集 ]
No title
個人的に印象に残るのは
2枚目の 「手」

全体では6枚目
ですね

絵画・・田舎にはこないだろうな~~><

なんか

かのちゃん おもいだしちゃったよ
元気なのかな~
[ 2013/07/27 14:12 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> ルノワールのジャンヌ・サマリーの絵、これ、ちらしになっていましたよね。
> あれは2011年だったか去年だったか覚えていませんが、

2011年に開催予定で、車内にもたくさんチラシが貼ってありましたよね
私は美術館まで行ってしまい、当時は原発が影響で中止と言われ、愕然としたものです

> すっごい可愛い絵だわ~!と思って、ちらしはもらってきたのですが
> 結局行けませんでした。

背景の淡いピンクがかわいくて、愛らしい笑顔にみんな釘付けです
ほかにもドラクロワの難破した時の絵など、すごく参考になりました

> 横浜で9月までやっているのですね!
> 来月日本に帰るので見に行けそうだったら行ってみます。
> 日本語で説明が聞きたいです。紹介ありがとうございました~。

海外の美術館に比べると作品も少なく、混んでるので考えちゃいますけど、好きに陣取っていても、みんな思い思いに見て好きに見れるのでよかったです
音声ガイドでは、初期の絵などの説明を聞くと、見方も変わるので、ぜひぜひ~
貴重な帰省の時間でしょうけど、息抜きもいいですよね
それにプーシキン美術館はなかなか行けそうもないし、なかなかよかったです!
[ 2013/07/27 20:22 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん

> 個人的に印象に残るのは
> 2枚目の 「手」

優しく包み込むような手ですよね
聖杯を意味する銀貨を見守ってるという説明だったような
この絵は、見れば見るほど、インパクトが強かったです

> 全体では6枚目
> ですね

大きな手のバランスが面白いですよね
一個一個見るとアンバランスなんだけど、全体では収まってる!これぞ芸術なのでしょうね
奥深しです!

> 絵画・・田舎にはこないだろうな~~><

運搬の問題にセキュリティーの問題があるので、場所も限られるでしょうね
みんな食い入るようにして見てると、監視員がすごい形相で、にらんでます

> なんか
>
> かのちゃん おもいだしちゃったよ
> 元気なのかな~

絵といえばかのちゃんですね~
お元気かしら
便りがないのは元気な証拠といいますが・・・・
また出没してくれるのを待つしかないですね
[ 2013/07/27 20:28 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは、

美術館は、ふーんって見て終わりなんですが、
ドミニク・アングル「聖杯の前の聖母」
なんか、深さに惹かれます。
あと、最後の絵も、すきかも。
暑い夏、涼しくて清潔な美術館で
絵画鑑賞もいいかも。。
[ 2013/07/29 19:06 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは。
ロシアも一度いってみたい国のひとつです。
フランス絵画も多いんですね。
エルミタージュもプーシキンも見ごたえありそうですね。

↑記事、「あさくま」行ったことありませんが写真を拝見するだけでなんだか圧か示唆を感じます~。
スープといい、鉄板のハンバーグといい・・・
すごくおいしそうです!
[ 2013/07/29 19:09 ] [ 編集 ]
ぴきさん
ぴきさん
こんにちは~

> 美術館は、ふーんって見て終わりなんですが、
> ドミニク・アングル「聖杯の前の聖母」
> なんか、深さに惹かれます。
> あと、最後の絵も、すきかも。

プーシキン美術館は、今までのコレクションと違って、時代の流れがわかりやすくてよかったです
この画家の作風っていう見慣れない作品があったのも面白かったです
聖杯の前の聖母は、すごく印象に残る作品でよかったです

> 暑い夏、涼しくて清潔な美術館で
> 絵画鑑賞もいいかも。。

日本の美術館はすっごい混んでるんで、びっくりしますよ
すべてがルーブルのモナリザのような人だかり
みんな思い思いに見てるので、焦らされることはないのでいいですね
でも、いらっしゃるなら、混む覚悟を決めてお出かけください~(笑)
[ 2013/07/30 14:34 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> ロシアも一度いってみたい国のひとつです。

ロシアは見たいものいっぱいありますよね
でも、敷居が高いですーー
ソチオリンピックが終わったら、ハードルが下がるかな?なんて期待してます

> フランス絵画も多いんですね。
> エルミタージュもプーシキンも見ごたえありそうですね。

ロシアにフランス絵画が多いのはびっくりしました
このコレクションは、いろいろな画家の作風に触れて、時代の流れもわかってよかったです

> ↑記事、「あさくま」行ったことありませんが写真を拝見するだけでなんだか圧か示唆を感じます~。
> スープといい、鉄板のハンバーグといい・・・
> すごくおいしそうです!

口コミではあまり評判がよくなかったけど、老舗のお味でさすがだな~ほっとしました
今はハンバーグのお店も増えてるけど、お肉が変にふわふわしてたりするのに、これぞハンバーグですね
ジュージューいってとってもおいしかったです

[ 2013/07/30 14:42 ] [ 編集 ]
No title
相棒のフレーズが最後にって、シャレオツですねぇ^^
ロココから始まって、20世紀まで
時代の流れがわかって、いいかも。
[ 2013/07/31 14:08 ] [ 編集 ]
ピー助さん
ピー助さん

> 相棒のフレーズが最後にって、シャレオツですねぇ^^

最初は抵抗があった音声ガイドですが、アナウンスも上手でしたし、
相棒ファンにはたまらないでしょうね~
っていっても、ほんのひとフレーズですけどね

> ロココから始まって、20世紀まで
> 時代の流れがわかって、いいかも。

絵の描き方や対象になるものが変わるのがよくわかって、有意義な美術展でした
日本のは作品に集中して混んでしまうけど、理解が深まっていいですね
[ 2013/07/31 20:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する