リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

心に響く大和ミュージアム

4日目①(2013年3月)

いよいよ最終日

楽しみにしていた
呉の「大和ミュージアム」まで足を延ばします

ガイドブックには電車で35分!
広島から近いと、うかつに信じ、
電車の時間も停車駅も調べなかったのがいけませんでした

駅で待つこと20分

ホームに止まってる電車も妙に新鮮
DSC00193_convert_20130527150047.jpg


やっときた呉線・普通
電車に乗り込んだものの、なんと35分どころか、1時間もかかります
のんびりした風景を見ながら、単線だ~ということに気づき、この辺りは車社会で電車を使う人は少ないのかなと思いました
DSC00198_convert_20130603171127.jpg



呉駅について、

駅ビルを抜けると、大和ミュージアムが見えてきました

受付には、ここにもエヴァンゲリオンの波が~
DSC00220_convert_20130527151321.jpg




チケット(大人なんと500円)を買って入場すると

1/10スケールの「戦艦大和
全長26.3m,幅3.9mが出迎えてくれます
P1000945_convert_20130527151607.jpg


1/10でも十分迫力があって、格好いい
その姿をいろいろな角度からおさめたくなります
入場時、二人そろって記念撮影もしてくれました
P1000944_convert_20130527151718.jpg

DSC00228_convert_20130603180454.jpg

DSC00287_convert_20130527152720.jpg

P1000949_convert_20130527151930.jpg




すぐ隣には、展示室がありますが、ここは写真撮影

呉は東洋一の軍港、日本一の海軍工廠の街
そんな歴史を物語る資料がいっぱい

世界最大のタンカーを数多く建造してきた歴史に触れたり
そして大和ができた経緯もよくわかりました

敗色濃厚となった昭和20年4月、大和は米軍機動部隊の猛攻撃を受け、坊ノ岬沖で撃沈されました
戦争で散った大和、多くの若者たちの命を落としました
大和見たさに訪れましたが、戦争にふれ、とても考えさせられました



大型展示室には、

「零式艦上戦闘機(ゼロ戦)」
P1000955_convert_20130527152216.jpg


平均年齢21歳の100名以上の尊い命が失われた「回天」
P1000956_convert_20130603173156.jpg


小型潜水艦「海龍」
P1000952_convert_20130527152020.jpg

DSC00308_convert_20130603181622.jpg DSC00260_convert_20130527152437.jpg

また

特攻で使用された兵器、特攻兵の手紙などが展示してあります


展示室のスロープを上がって2階にいくと、
たくさんの戦艦の模型が展示されています



また最後に大和シアターでビデオが上映されてました

大和の当時の生産技術に関する映像
非業の最期を遂げた大和、
その技術は、今も強い日本の礎になっています
そして、311の震災に話がおよび
強く立ち向かってほしい
乗り越えられないものはない!
と力強いメッセージ
誇らしく、とても心強かったです

大和が残した教訓を、未来へ語り継がなれけばいけませんね


所要時間2時間とありますが、いくらでも時間は足りません
時間に余裕をもって、ここはぜひ足を運んでほしいところです!!
上の階には科学の勉強もできる場所もあって、子供たちに大人も十分に楽しめるところです


おすすめキュウ親さんのレポもどうぞ!


次は潜水艦を見に行きます~



旅程
1日目
おいしかった松葉ガニ(まつや民宿)
見どころ満載の三保関
水木しげるロード
海色・湯の宿・松月~(皆生温泉)

2日目
松江城
宍道湖
平成の大遷宮~出雲大社
趣のある旧大社駅
おいしかった出雲そば
世界遺産の石見銀山
リーガロイヤル広島
おいしかったお好み焼き「八昌」
* 路面電車

3日目
美しい宮島へ(その1)
厳島神社(その2)
厳かな豊国神社(宮島その3)
もみじまんじゅう(宮島その4)
よくわからなかった!?広島のつけ麺
平和を願う原爆ドーム
シェラトンホテル広島
広島名物
*広島土産

4日目
心に響く大和ミュージアム
造船の町そして「てつのくじら館」
楽しかった見所満載の中国地方旅~最終話





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

No title
こんにちわ

つい最近、百田尚樹の「永遠の0」を読んだばかりです。
あれはゼロ戦の話ですけど、大和と同時代のお話で
戦争のために若い命が散っていく様子が描かれていて
生きるということ、愛する者のために死ぬということ
深く考えさせられました。

「宇宙戦艦ヤマト」でしか見たことがなかったんですが
こういう形をしていたんですねー。
日本の工業の粋を集めたものが軍艦であった時代を思うと複雑です。

戦争は絶対にしてはいけませんね。ほんと。
[ 2013/06/04 09:46 ] [ 編集 ]
kこんにちは!
都会は時間におわれてますね~
山陽本線まだいいほうですよ 

のんびりも時にはいいですよ
スペイン船でいけないの(笑)船舶旅行

たしかに 戦艦ヤマト260mちかくあったんですか
すごいな~~
技術というものは全て素晴らしいが
使い道ですよね

そういや
長門とかもあったね~
子供の頃純粋でプラモ作った記憶があります
途中で挫折したことも(゚∀゚ )
[ 2013/06/04 13:46 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは~

> つい最近、百田尚樹の「永遠の0」を読んだばかりです。
> あれはゼロ戦の話ですけど、大和と同時代のお話で
> 戦争のために若い命が散っていく様子が描かれていて
> 生きるということ、愛する者のために死ぬということ
> 深く考えさせられました。

「永遠の0」なかなか心に響く名作のようで読んでみたいです!
家族のために戦った、生きたかった命を無駄にしてはいけません
いろいろな旅先で戦争の脅威に触れて、その教訓を無駄にしてはいけない、年とともに強く感じます
ブログをしていてよかったと思うのは、こうして書き上げてみると、ますますその思いが強くなります
微力ながらでも伝えていきたいです!

> 「宇宙戦艦ヤマト」でしか見たことがなかったんですが
> こういう形をしていたんですねー。
> 日本の工業の粋を集めたものが軍艦であった時代を思うと複雑です。

宇宙戦艦ヤマトのイメージが強すぎますよね
男の子はそこから戦艦大和のプラモデルを作ったりして、大和に夢中になるのではないかしら
最新鋭の技術で作られたのは事実ですが、今の日本にはよくも悪くもなくてはならなかった存在
だから、今も多くの日本人が大和に魅せられるのかもしれません

> 戦争は絶対にしてはいけませんね。ほんと。

戦争の怖さを伝えていきたいです
そして世界が平和であるよう願うばかりです
[ 2013/06/04 15:50 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん

> 都会は時間におわれてますね~
> 山陽本線まだいいほうですよ

新幹線の本数が多かったので、本数がないことを油断してました
そうそう、以前住んでたところは、車両が二両で、手で開けるドアだったし、一時間に2本なんてありましたものね

> のんびりも時にはいいですよ
> スペイン船でいけないの(笑)船舶旅行

のんびりもいいですよね
スペインへは、船はお金もかかるし、いけないです
って、貨物の中に忍び込めばいいかも!?
それはそれで、どこかに池ポチャされそう
海賊に売り飛ばされたりして~(笑)

> たしかに 戦艦ヤマト260mちかくあったんですか
> すごいな~~
> 技術というものは全て素晴らしいが
> 使い道ですよね

模型でも大きかったので、想像つきません
海には多くの船が並んでいて、この街にはマニアが訪れるようです
軍港の町だなというのを実感します
ここのミュージアムでは、いろいろなことを考えさせられます
大和は、戦争の道具となりましたが、私たち日本人は、この大和があってこそだと思います

> そういや
> 長門とかもあったね~
> 子供の頃純粋でプラモ作った記憶があります
> 途中で挫折したことも(゚∀゚ )

長門も名鑑ですね
館内にはいろいろな模型がいっぱい並んでいて、マニアにはたまらないと思います
父も大和を作ると模型を買ったものの、夫にお下がりしてきました
そういえば、未完成のままです・・・
[ 2013/06/04 16:03 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは。
駅に止まっている電車、昭和の香りが漂ってます~。
東欧にもこんな雰囲気の電車がまだまだありましたよ~。
しかし、予想外にたどり着くまでに時間がかかってしまいましたね・・・
でも、大和の模型、迫力です!
[ 2013/06/05 16:05 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> 駅に止まっている電車、昭和の香りが漂ってます~。
> 東欧にもこんな雰囲気の電車がまだまだありましたよ~。
> しかし、予想外にたどり着くまでに時間がかかってしまいましたね・・・

見慣れない電車は、新しくても古くても楽しいですね
なぜかほんわかする電車でした
ヨーロッパも電車がいろいろあって楽しいですね
ときどき、トイレに入ると、足の長さの違いに呆然です~(笑)
電車は、時間に余裕があればいいのですが、この日は東京に戻る日だったので、少々焦りました~

> でも、大和の模型、迫力です!

大和の模型は格好よかったです
大和の歴史にも触れてよいところでした
また広島に行く機会があればぜひ~!
[ 2013/06/05 18:12 ] [ 編集 ]
No title
大和ミュージアム、
心に響くものがありますよね~
文中リンク、ありがとうございました!

大和の1/10スケールは、
実際のボートとか漁船より大きいくらいで、
ものすごく迫力ありますよね!!
特攻兵の手紙には、心打たれるものがありました!

呉~広島間のローカル線、ちょっと不便だけど、
瀬戸内海もみられて風情がありますよね♪
[ 2013/06/06 08:49 ] [ 編集 ]
No title
35分のはずが1時間だと、予定がちょっと押してしまいますね。
地方は若年層の人口が減って、電車利用者が少ないのでしょうね~。
本数が減ると不便なので更に利用者が減って、悪循環です。
そして、廃線・・・。これからそういう路線が増えて行くかと思うと本当に悲しいです。
呉のローカル線、末永く頑張ってもらいたいですね。

戦艦大和は呉にあるんですね!
[ 2013/06/06 15:22 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん
第二弾の国内旅行中ですね~!
お楽しみのところ、ありがとうございます!

> 大和ミュージアム、
> 心に響くものがありますよね~
> 文中リンク、ありがとうございました!

毎度、無断掲載で失礼してます~(笑)
遠い大和ミュージアム、やっと行けました
いろいろな展示やビデオで、大和にこめられたメッセージをいっぱいもらいました!

> 大和の1/10スケールは、
> 実際のボートとか漁船より大きいくらいで、
> ものすごく迫力ありますよね!!

これが実物大の大和だよ~と言われても信じてしまいそうなくらい大きいですね
また精巧にできていて美しいです
あの時代に、材料難の中、作ったなんてすごいです

> 特攻兵の手紙には、心打たれるものがありました!

家族への思いも十分に伝えられず、生きたかった命の重さが身に沁みます
多くの命を奪った戦争、無駄にしてはいけませんね

> 呉~広島間のローカル線、ちょっと不便だけど、
> 瀬戸内海もみられて風情がありますよね♪

海でのんびりしたり、アミューズメント施設もありそうで、この辺はのんびりできていいですね
そして、車ものんびり走ってました
ここは瀬戸内海~♪太平洋とも日本海とも違うんだな~と当たり前のことでも、うれしいものでした
[ 2013/06/06 19:58 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> 35分のはずが1時間だと、予定がちょっと押してしまいますね。

海外なら時間も調べるでしょうけど、国内で気が抜けて調べなかったのはうかつでした
おまけに駅での待ち時間20分に、25分は結構大きかったです・・・

> 地方は若年層の人口が減って、電車利用者が少ないのでしょうね~。
> 本数が減ると不便なので更に利用者が減って、悪循環です。
> そして、廃線・・・。これからそういう路線が増えて行くかと思うと本当に悲しいです。
> 呉のローカル線、末永く頑張ってもらいたいですね。

私も地方に住んだことがあるので、電車が一時間に2本とか、手動のドアにはびっくりしました
地方での人口減少が問題で、電車が減ると、どんどん減ってしまって不便ですね
廃線の課題は避けられなくなってしまうのでしょうね
山陽本線はどれくらいの本数かとかは把握してませんが、結構のってはいたのですけどね

群馬のほうもすっかりさびれてきてます
それに地方は車社会ですものね
私の叔父も高齢なのに、群馬ではいまだ運転していて心配です

> 戦艦大和は呉にあるんですね!

こちらは1/10の模型ですが、精巧にできていて大きくてびっくりします
そして、いろいろな展示があって勉強になりました
[ 2013/06/06 21:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する