リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

南三陸へ

今回の東北旅行の経緯は、
震災跡地を見ておいたほうがいいと思う・・・

しかし、
行っていいものか、かなり、迷いました


被災者のお気持ちに添えるわけではないけど
でも、足を運ぶことは、少しは活性化になるといいな
そんな気持ちでした




高速道路は舗装されて、
新しい道路もできてるようで、道路の整備の速さは感じました



だんだん海に近づいてくると、緑で覆われてた風景が変わってきます
スクラップされた車やトラック・・・・
DSC08979_convert_20120722220112.jpgDSC09004_convert_20120723160328.jpg



南三陸の
仮設の南三陸さんさん商店街に行きました
DSC08997_convert_20120719210024.jpgDSC08985_convert_20120719210142.jpg

仮設店舗で頑張って営業していて
GWなので、たくさんの観光客も来てました
どこのお店がいいかわかりませんが、
志のやさんできらきら丼を食べました

昔の店舗の写真が飾られ、それぞれに頑張っている姿に触れて、
一粒残さず、かみしめてきました
DSC08988_convert_20120719210314.jpgDSC08990_convert_20120719210506.jpg




そして、
商店街を一歩出ると、目に入ってきた光景
テレビでは放映されないところが、たくさんあることに愕然としました
2万人という命を奪った津波
これが現実かと・・・・
DSC09009_convert_20120723161741.jpg

瓦礫の山々に窓のない建物
自然の前での人間の無力さ…
生きたくても生きれなかった命の重さを身にしみます
IMG_6959_convert_20120723161338.jpg


ここから、もう引き返そうか・・・・
しかし、
被害のひどかった陸前高田へ行くことにしました
そこには、有名な一本松が残ってます


走り始めると、
少し高台に入ると被害はなく、ここで止まってくれたのか・・・・

しかし、
下っていくと、津波に襲われた家々が現れます






線路も壊滅状態
今も列車が走ることのない線路に寂しさを感じました
DSC09031_convert_20120723162803.jpg








陸前高田に入ると、

奇跡の一本松がみえてきました

が、そのまま車を走らせ・・・

何もない風景に、言葉をうしなうばかりでした
DSC09051_convert_20120723170223.jpg


よくテレビで報道された陸前高田市役所
IMG_6963_convert_20120723161428.jpg



そして
岩手県立高田病院
DSC09068_convert_20120723164038.jpg


映像がトラックバックしてきて、
ここに街があったのは確か・・・

早く復活して欲しい
そんな思いがこみ上げてきました


そして、

一本松

唯一、津波に耐えて残った一本松は、陸前高田だけでなく、東北の復興の希望だと思います
でもこの一本松も、塩害により枯死に・・
それでも力強く立ってる姿が、みんなを勇気づけていってくれると思います
IMG_6971_convert_20120718223352.jpg


そして
背中に重い荷物を背負ったような気分で、仙台へ戻ることにしました



帰り道、

倒れ掛かった船が見えたので、気仙沼へも寄りました
港に迷い込み、船にはたどりつけず、
しかし、海まで降りてきた港では、気仙沼も荒れ果てた姿
DSC09096_convert_20120719211923.jpg




道中、

ところどころで見かける仮設住宅、
まだまだ続く避難生活に、どんな思いでいるのか・・・
これだけの広い地域が津波の被害にあい、
大変なことが日本で起きたんだなとあらためて思います

そして
車の中から見かけたいくつもの看板
感謝の言葉と、絆いう言葉に胸がつまりました


ただ原発ばかりに追われて、時が過ぎていき、風化しないよう応援していきたいです
そして近い将来、復興した元気な街の姿を見にいきたいです





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 東北旅行

No title
知らない街だと、何もなくてもピンと来ないけれど、昔から知っている街や親戚の家がなくなっている状態を見たら、辛いな~なんて思いました。
思いっきり海辺だったから壊滅しているんですけどね・・・。
ここから海辺の所はどう開発するんでしょうね。
津波はいつくるかなんて分からないですし。
街を山側に案とかあるらしいですが、それも難しそうです。
[ 2012/07/23 18:12 ] [ 編集 ]
No title
こんばんわ

被災地を車で走っているとき、ナビを見るのはつらいんですよね…
ナビ上にはコンビニやお店などがあるんです。
でもそこにはなにもない。胸が痛くなります。

でも、被災地にいる人は「来てほしい」と思ってるような気がします。
行くことで「忘れていないよ」ということが伝わるんだと思います。
わたしも来月またツレ実家に行くので、あちこち行こうと思っています。
消費するくらいしかできないんですけどね…

Yottittiさん、東北に行ってくださってありがとう♪
[ 2012/07/23 18:35 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは。
風化させちゃいけない。
でもこの国の仕組みや運営も私たちがやらなければ前に進まない気がしてきた。人に任せちゃだめなんですかね。
[ 2012/07/23 19:43 ] [ 編集 ]
ももさん
ももさん
コメントありがとうございます~

> 知らない街だと、何もなくてもピンと来ないけれど、
知らないからピンと来ない、どんな街だったのか想像できないっていうのはありますね・・・
訪れたことがあったり、住んでた方には本当につらいことだと思います

> ここから海辺の所はどう開発するんでしょうね。
当初より瓦礫の処理はすすんでるのでしょうけど、まだまだ先の見えない状況でした
海岸沿いは安全を重視して、活性化になるような海の力を活用した産業とか、アミューズメントパークとか見出せるといいですね

> 街を山側に案とかあるらしいですが、それも難しそうです。
高台との境界がはっきりあらわれてました
陸前高田の市役所は高台に移ったそうですが、集落ごとの移動は、結束力に地権の問題とか、なかなか難しそうですね
漁業ならではの街づくりもあるでしょうし、恐れていても始まらない・・・
しかし危険も侵せない
まだまだ復興への道のりは遠いのかしら
[ 2012/07/23 20:58 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~
コメントありがとうございます

> 被災地を車で走っているとき、ナビを見るのはつらいんですよね…
道のないナビに、建物がないナビはつらかったですね・・・
まるでどこかに迷い混んでしまったよう
Mさんは以前の風景を知ってるだけに、切なさがこみあげてきますね
だんな様は余計にそうかもしれませんね

> ナビ上にはコンビニやお店などがあるんです。
コンビニといえば、プレハブ小屋の仮設で営業してるのに、びっくりしました
みんなが働いて頑張ってる姿に、心の中で声をかけるのがせいいっぱい

> でも、被災地にいる人は「来てほしい」と思ってるような気がします。
私も多くのひとが出入りすれば、多少なりとも動いてにぎわいがますような気がします
でも暮らしてる方々のこころをかき乱すことのないよう、心ある気持ちで行けば思いは通じるのかも
少しでもよりそえられるといいです
Mさんにそういっていただいてよかったです

> わたしも来月またツレ実家に行くので、あちこち行こうと思っています。
> 消費するくらいしかできないんですけどね…
やっぱり行くことは大事なことです!

> Yottittiさん、東北に行ってくださってありがとう♪
いろいろなご意見もあるかと思いますが、行ってきてよかったです
行かなくてはわからないこともあるように思いました
[ 2012/07/23 22:36 ] [ 編集 ]
あかちんさん
あかちんさん
こんばんは~
コメントありがとうございます

> 風化させちゃいけない。
遠く離れてるだけに、復興の対応が遅れてるのではと気がかりです
みんなで向き合わなくてはいけないですね

> でもこの国の仕組みや運営も私たちがやらなければ前に進まない気がしてきた。人に任せちゃだめなんですかね。
自分の利益にプライド、そして役人に振り回され、情けない限りです
誰一人国民に寄り添ってないような・・
国民はいいなりになってるので、海外のように強い意見を発しないといけない時期ですね

[ 2012/07/23 22:47 ] [ 編集 ]
No title
南三陸町を襲う津波の映像が脳裏に焼きついてます。。。一瞬で街が海の底に。。。

市役所で最後まで避難の声を続けた女性。。。その女性の婚約者の無念のコメント。。。

震災の報道で一番印象に残っている街です。。。

ほんと、躊躇せずにどんどん訪れるのも復興支援の一つだと思いますよ!!

chempakaでした!
[ 2012/07/24 00:47 ] [ 編集 ]
No title
地震、津波の凄まじい力....、
今回の記事を拝読して、改めて伝わってきました。

関係する皆様の思いや、利害関係の調整etc.、
困難な問題はまだ...山積みだとは思いますが、
復興のスピードが上がることを願っています!

「きらきら丼」ど真ん中に大きいエビ、
ウニものってて...おいしそうですね~!!
[ 2012/07/24 13:03 ] [ 編集 ]
No title
被害範囲が広すぎますよね。
高台に家を移すかどうかも、各家々で意見が割れるみたいで…。
難しい問題みたいです。。

義姉の親戚は、まだ仮設住宅にいますが
高台に移る予定みたいです。
[ 2012/07/24 13:05 ] [ 編集 ]
No title
仙台に出張に行ったとき「震災跡地を見ておいたほうがいいと思う」と上司に言われ、みんなで迷いつつも行きました。やはり迷いますよね。でも目の前にして現実として認識するのと、テレビなどの映像だけで見るのとは、心に響くものが違うと思いました。
何もないけど、ところどころに瓦礫、残った建物・・打ち上げられた船・・一体どうやって復興していくのだろう?と先が見えなくて言葉を失ってしまいました。。
出来ることからひとつずつ・・なのでしょうけどね☆
[ 2012/07/24 16:09 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん
コメントありがとうございます

> 南三陸町を襲う津波の映像が脳裏に焼きついてます
今まで地震が起きて、津波警報が出ることが不思議でした
こんなに猛威をふるって襲ってくるなんて、想像もしてませんでした
今まで積み上げてきたものが一瞬のうちに消えてしまうなんて・・・

> 市役所で最後まで避難の声を続けた女性。。
一生懸命、力を振り絞った彼女の声・・・
多くのひとが彼女に感謝し、日本中が彼女を忘れないと思います

> 震災の報道で一番印象に残っている街です。。。
陸前高田は想像以上に被害がひどくて、びっくりしました・・・・

> ほんと、躊躇せずにどんどん訪れるのも復興支援の一つだと思いますよ!!
chemoakaさんも阪神大震災を乗り越えてきたのですものね!
気持ちを害さないか迷ったけど、行ってきてよかったです
また元気になっていく姿を見守って行きたいです
[ 2012/07/24 18:38 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん
コメントありがとうございます~

> 地震、津波の凄まじい力....、
> 今回の記事を拝読して、改めて伝わってきました。
なぎ倒されたガードレールや、瓦礫の山々、一年以上たった5月での状況かと驚きました
行くことに迷いはありましたが、自分たちの置かれてる状況がわかって、行ってきてよかったです
利害ばかりを口にしてないで、被災地に寄り添う気持ちが大事だなと思います

> 困難な問題はまだ...山積みだとは思いますが、
> 復興のスピードが上がることを願っています!
難しい問題が山積みですが、何事もスピードが命ですよね
それなのになぜ・・・
慎重なのはよいことだけど、遅い判断が事態を悪化させる
ごたごた続きで何もすすんでないのが気がかりです
利害にとらわれない力強いリーダーが必要ですね

> 「きらきら丼」ど真ん中に大きいエビ、
しかし、現在ネタ不足だそうで、以前のような盛りではないそうです!?
でも生臭くなくて、新鮮でおいしかったです~
何よりいただくことで、少しはお役に立てたかも!
[ 2012/07/24 18:50 ] [ 編集 ]
ピー助さん
ピー助さん
コメントありがとうございます

> 被害範囲が広すぎますよね。
高速に乗ってしまうとわからないのですが、
一般道で車で走ったのはわずかですが、改めて被害の大きさに、言葉を失いました
そしてすすまぬ現状に・・・

> 高台に家を移すかどうかも、各家々で意見が割れるみたいで…。
> 難しい問題みたいです。。
やっぱり家となると、思い入れのある土地だし、難しいのでしょうね

> 義姉の親戚は、まだ仮設住宅にいますが
> 高台に移る予定みたいです。
まだまだご不便な生活を送っていらっしゃるのですね
あちこちで見かけた仮設住宅の村々
こんなに続くと思っていたのでしょうか・・・
一日も早く落ち着いた生活ができることを願ってます!
[ 2012/07/24 19:05 ] [ 編集 ]
No title
三陸、相馬、いわき・・と東北の海岸沿いは若い頃良く車で走りました。
美しかった海岸沿いの風景と思い出。
思い出すと胸が痛くなります。
生き残った人たちが、少しでも早く心穏やかに過ごせるようになることを願ってやみません。
いつまでも多くの観光客が訪れ続けてくれるといいな!と思います。
[ 2012/07/24 19:47 ] [ 編集 ]
ナンデらむちょさん
ナンデらむちょさん
コメントありがとうございます

> 仙台に出張に行ったとき「震災跡地を見ておいたほうがいいと思う」と上司に言われ、みんなで迷いつつも行きました。
らむちょさんも出張でリッチモンドに泊まったのですね
と、話がずれてしまいましたが、
最初はすごく悩みましたが、同じ国内で起こったこととして、行ったほうがいいと決断しました

> でも目の前にして現実として認識するのと、テレビなどの映像だけで見るのとは、心に響くものが違うと思いました。
風景が変わるにつれ、言葉が減っていきました
想像をはるかに上回ってました
また、最近では報道されることも減ってしまって、オリンピックで折に触れ、新たなパワーをあげられたらと思います
今回の熊本の被害が大変で心配です
自然災害が頻繁に起きてるのが気がかりですね


> 何もないけど、ところどころに瓦礫、残った建物・・打ち上げられた船・・一体どうやって復興していくのだろう?と先が見えなくて言葉を失ってしまいました。。

きっと当初よりも瓦礫の処理はすすんでるのでしょうけど、この先どうするんだろう・・・
そんな不安が襲ってきました
あまりに規模も大きいし、同じところにとも行かないのも現実
確かにできることから、できることを、一人ひとりがしていきたいですね
[ 2012/07/24 19:48 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん
コメントありがとうございます

> 三陸、相馬、いわき・・と東北の海岸沿いは若い頃良く車で走りました。
知ってる風景が変わってしまったのは、なんとも言い尽くせず、いたたまれませんね
今は穏やかな海が、一瞬で街を奪ってしまった・・・
自然の恐ろしさが身にしみます

> 美しかった海岸沿いの風景と思い出。
> 思い出すと胸が痛くなります。
以前を知らないので、何が起こったのか理解できなかったです
そこにあった街を想像するだけ・・・

> 生き残った人たちが、少しでも早く心穏やかに過ごせるようになることを願ってやみません。
なかなかすすまずに仮設住宅なり、不便な生活を強いられてると思います
つらい今を、ますますたくましく、みんなで支えあい、やさしい東北魂で乗り越えてほしいです

> いつまでも多くの観光客が訪れ続けてくれるといいな!と思います。
多くのひとが足を運んでくれるといいですね
そして、以前のように美しい青い海の海岸線に~
元気に復興した姿を待ち望んでます
[ 2012/07/24 20:18 ] [ 編集 ]
No title
復興はある部分は急速に進んでますが、一部は遅々として進んでませんね。
でも、東北の人たちは前向きです。

主人が先週仙台に出張に行ってきました。現地の人たちは被災の悲しみをいつまでも引きずることなく、楽しみを期待しているということで、そういったイベントに参加してきたそうです。
折れない気持ちが将来は笑顔を生むことになると思います。
東北頑張ってほしいです。

明日からスペインに行ってきまーす。不在中は留守番応援隊がポチ応援にいきますのでよろしくお願いします。
[ 2012/07/24 23:04 ] [ 編集 ]
美雨さん
美雨さん
コメントありがとうございます~

> 復興はある部分は急速に進んでますが、一部は遅々として進んでませんね。
他の大震災とは規模も違うけど、すすんでない復興にとまどいました
いろいろな考えがあるのも確か
でもスピードも大事だと思うんです

> でも、東北の人たちは前向きです。
我慢強くてやさしい東北の方々には頭が下がります
だからこそ、どうにかしてあげたいですね


> 主人が先週仙台に出張に行ってきました。現地の人たちは被災の悲しみをいつまでも引きずることなく、楽しみを期待しているということで、そういったイベントに参加してきたそうです。

大変な経験をしたからこそ、他のかたがたの思いも受けて、前向きに取り組む姿勢が生まれるんですよね
そういうイベントに参加すると、こちらが元気をいただき、勇気付けられるものですね

> 折れない気持ちが将来は笑顔を生むことになると思います。
> 東北頑張ってほしいです。
ほんのささいなことでも、はじめることに意義があるんですよね
以前のような輝きを取り戻せるよう応援していきたいです

> 明日からスペインに行ってきまーす。不在中は留守番応援隊がポチ応援にいきますのでよろしくお願いします。
旅行前の忙しいときにありがとうございます
楽しい報告待ってます
[ 2012/07/25 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する