リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

アンテロープキャニオンへ(07年)

朝起きると、モニュメントバレーはすっかり雲の中。
入口まで行きましたが、近づけば近づくほど状況は悪化し、完全な雲に覆われてました
IMGP0525_convert_20101108093328.jpg


モニュメントバレーの観光はあきらめ、アンテロープキャニオンに立ち寄り、ラスベガスに向かいます。軽く直線距離にして400Km。
このままだと初めてのアンテロープキャニオンが見えるか心配ですが、だんだん晴れ間ものぞき、移動中お天気が回復してきました


アンテロープキャニオンは、

折り重なるカーブの美しい地層に光が差し込むところをテレビで見てから行きたいと思っていました。
写真家にもとても人気のあるスロットキャニオン(幅の狭い渓谷)です。
アッパーとロウアーの2つのアンテロープキャニオンがあります。
幻想的な空間は、めったにおこらない激流の水によって複雑に刻まれ、長い年月をかけて作られました。その岩床は、広さ1~3メートル、深さ50メートル以内。上から差し込む光によって、美しき輝き、影を作り出します。


2時間ほど走ると看板もちらほらあり、発電所があったのが印象的です。
アッパーアンテロープキャニオンはお昼ごろがいいというので、
先にロウアーアンテロープキャニオンにいきました。
ナビもあるのに、入口はわかりにくく行き過ぎてしまいUターンです

この写真は帰りに撮ったものですが、着いたときは誰もいませんでした。
ガイドも出たばかりで、好きに行っていいというので出発です。
IMGP0586c_convert_20101109125833.jpg


少し歩いていくと、岩壁が広がってます。
入口近辺のえぐれたような岩もびっくりでした。
入口はどこだろうと眺めてもさっぱりわからず、割れた狭い空間を、主人が入って行きます。えー??
約0.8kmの魅惑ワールドに突入です
IMGP0529c_convert_20101109130222.jpg

金属製の足場はあるものの、とてもとても狭いです。
でも、広がる初めて見る赤白の光景でなんとも幻想的で、ところどころ差し込む光でとてもきれいでした
DSCF0826_convert_20101109130012.jpg

最初は太めの階段をどんどん降りていきます。
IMGP0535_convert_20101109130535.jpg

上から陽がこもれ落ちてるところが地上です。
IMGP0540_convert_20101109173101.jpg

IMGP0541_convert_20101109172654.jpg IMGP0548_convert_20101109172936.jpg

どんどん下っていきます。
想像以上に深く狭く、階段も急で、砂に埋もれたりして歩きにくかったのですが、斜めになった道やらアスレティックのようで童心にもどって楽しかったです。靴の中は見事砂だらけ。細かい砂は落ちませんので要注意です
DSCF0840c_convert_2010110913142.jpgIMGP0563c_convert_2010110913071.jpgIMGP0566c_convert_2010110913081.jpg

写真では光線の加減がうまく表現できてませんが、すごく神秘的でした。
IMGP0553_convert_20101109131754.jpg

IMGP0559_convert_20101109172820.jpgIMGP0576_convert_20101109130854.jpg


最後は階段をのぼり、
IMGP0578c_convert_20101109131003.jpg


出ると荒れ果て何もありません。あの空間からこの空間へのギャップはなんでしょう。思わず仁王立ち
見てる方にはさっぱりでしょうけど、すごい楽しかったです!
IMGP0580c_convert_20101109131107.jpg

IMGP0585_convert_20101109131251.jpg


次はアッパーアンテロープキャニオンに行きました。
こちらはキャニオン頭頂の開口部から直接放射する太陽光の光線が、ロウアーよりもアッパーによく起こるので、とても神秘的な光景に出会えるらしく人気です。全長150mと短いものの、ナバホ族が運営しツアーでないと見ることができません。ツアーは2時間ほど待つらしく、ロウアーを見てるので、ラスベガスに向けて出発しました。

07年に旅行した第一弾グランドサークルの話は以上です。
似たような赤土の芸術の風景ばかりでしたが、心に残る、人生観を変えた素晴らしいグランドサークルの旅行でした。
是非是非、機会を作っておでかけください
お付き合いありがとうございました。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いします




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

No title
グランドサークルの旅は人生観を変えるほどすばらしいものですね。全く同意です。
[ 2010/11/09 20:13 ] [ 編集 ]
ふうてんの旅人さん
やっぱり毎日お邪魔していたので寂しいです~。
グランドサークルは、写真ではなかなかよさが伝えきれなくて、?って思われそうなのが残念ですが、是非みなさんに出かけてほしい場所ですよね~!素晴らしい風景に出会え心に残る旅でした。
[ 2010/11/09 20:59 ] [ 編集 ]
No title
アンテロープキャニオン、とっても幻想的ですね!
岩肌というか、砂肌がすごく柔らかい質感に見えて...、
やっぱり中の砂のキメが細かいんですねぇ!!

ここを歩いている時って、
すごく感動するんだろうな~って思いました(笑)!!

でも、直線で400kmのドライブはキツそうですねぇ...。

グランドサークルのすばらしい自然を、
バーチャル旅行させて頂きました!
いつか行ってみたいです!!
ありがとうございました~(笑)。
[ 2010/11/09 22:23 ] [ 編集 ]
No title
アンテロープキャニオン、気になってるんです!!
本当、幻想的な空間ですよねv-352
実際に見たら・・・というか
いつか絶対に生で見てみたいところです。
その時は、汚れてもいいクツで行きます~(笑)

写真もすっごいステキで
見てて圧倒されます!!
[ 2010/11/09 22:53 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
アンテロープキャニオンは、アッパーのほうは日が差し込んだときはとても幻想的できれいらしいです。こちらもきれいでした。何より、アスレティックみたいなで楽しかったです。
おっしゃるとおり!!、壁のような色合いの砂が細かくてさらさらしてました。

400Kmって、乗ってるほうも大変です。ドイツの移動はMTのぞけばかわいいものです(笑)。

キュウ親さんはセスナでゴージャスにお出かけください!個人的にはモニュメントバレーがおすすめです。
でも食べるものが何と言っても~(笑)
お付き合いありがとうございました!
[ 2010/11/09 23:03 ] [ 編集 ]
はむこたんさん
ここは一時期テレビでもよく取り上げられ、幻想的で行って見たいな~と思ってました!
比較的ベガスからは2時間ほどと近いので機会があれば是非!

靴は砂に埋もれるので、汚い格好で行ってください(笑)。アスレティックみたいで結構笑えます。30分かからなかったですね。

写真では実際のよさが出てなくてがっかりだったのですが、ステキと言ってもらえてうれしいです!
[ 2010/11/09 23:07 ] [ 編集 ]
No title
アンテロープキャニオンって、海の中の洞窟や岩穴に似ています。
頭上から差し込む光がシャワーやカーテンのように見えて美しいですよね。
しかし、海の中とは全然違うのが、この肌感です。
木の肌のような、絹のような・・・
いやいや、参ったねー、行ってみたいよーぉ!!!

[ 2010/11/10 08:39 ] [ 編集 ]
No title
アッパー、ロウアー両方行かれたんですね!
自然で、こんな美しいものが出来るんだとビックリです。
まるで木の彫刻みたい。

あーーー、行きたいっ行きたいっ。

ホント憧れです。
[ 2010/11/10 10:05 ] [ 編集 ]
八重yamabukiさん
あら、初登場ですね~(笑)ご訪問ありがとうございます!

なるほど~、ここの空間は、海の中の洞窟で出会う風景と似てるかもしれません!そしてきらきら太陽がふりそそいで輝いて、まぶしくてきれいな風景は一緒ですね。自然はすごいですね。意外に共通点はあるものですね。
[ 2010/11/10 11:35 ] [ 編集 ]
ピー助さん
お待たせしました~!というほどの内容ではありませんが(笑)、
ロウアーは楽しいアスレティックでした。
アッパーは、ベガスに向かわなくてはいけなかったので入口のみでUターンです。役立たずでごめんなさい~。こちらは距離は短いのであっという間らしいですけど、光が差し込む時間に会えば最高な景色に出会えそうです~。
ロウアーでも美しいカーブした淡い壁に光が差し込んでかがやき、きれいでした~。
[ 2010/11/10 11:47 ] [ 編集 ]
No title
こんにちわ!

おおう、これもTVで見たことあるぅ!
TVで見てもすばらしい自然の造形美、ナマで見たら興奮感動でしょうねぇ…
死ぬまでに一度は見ておきたい景色ですね。
見に行かなきゃ死ねないわ!
[ 2010/11/10 15:03 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
こんばんは~!
ここは一時期テレビでよく取り上げられていましたよね。テレビでは光線がとてもきれいに写っていて、写真ではそこが表現できないのが残念です。
ずーっと憧れだったので念願かなってよかったです。是非是非~!
[ 2010/11/10 17:48 ] [ 編集 ]
幻想的な
こちらは一度も行っていませんが、
なかなか幻想的な所ですね。
いつも駆け足で旅行しているので、
同じ所ばかり尋ねているような気がします。
写真を見てヨルダンのペトラ神殿を思い出しました。
あそこもこれに似た景色がありましたよ。
しかし洪水によってこんな渓谷が作られたなんて
。一体何万年掛かったのでしょうね。
[ 2010/11/10 18:52 ] [ 編集 ]
takechanさん
ここはペイジから10分ほどと近いので訪れやすくて、最近は人気のようです。
洪水によって形を変え、今も天候によっては水が流れ込み危険なので立ち入り禁止になるそうです。何万年とかかって今現在も変わりつつあるのでしょうね。

ヨルダンは駐在でいらっしゃる方がいて一度誘われたのですが、情勢が不安定だったので取りやめになしました。ペトラ神殿はスケールが違いますね。これを見たら感動して動けないでしょうね。takechanさんはすごいところにいらっしゃてますね。
[ 2010/11/10 21:48 ] [ 編集 ]
No title
たぶん、ここだと思うのですが、
私もテレビで見て、絶対行きたい!!
と思った場所のひとつです~!!
その時は、自然に影響がないように毎日の入場者数を制限している、
とナレーションがあったような気がします。
実際はそんなことはないのかな?
いいなあ、行かれたのですねえー。
その前に私は、アメリカ大陸自体が未知の世界。。
ここまで来るのはやっぱりレンタカーですよね?
ハードル高い(涙)
でも、ほんと人生観変わりそうですね。
下から見上げる岩の曲線。写真を拝見するだけでも、ほんとうに素晴らしいと思います。
[ 2010/11/10 22:22 ] [ 編集 ]
ボケさん
ここはテレビで見てあまりの美しさに釘つけでした。アッパーはツアーでないと入れないそうですけど、人数制限はないと思います。ただ天候不良だと水が流れ込んで危険なので中止になるとのこと。こちらへの陽の差込は美しいようです。どちらもそれぞれよさはあるようです。

最近は個人旅行者でレンタカーで回ってる方を多く見かけるようになりました。でも、日本人の方は断然ベガスから出てる現地ツアーを利用している方が多いと思います。レンタカーは気を使いますから、面倒でもツアーのほうが気兼ねないです。
本当にグランドサークルは語りつくせません。

「THE WAVE」っていうモニュメントバレーペイジ近くに、流線形の美しいアメリカ一の絶景スポットがあるらしいと、ほぷほぷさんから教えてもらいました。こちらは、日に20人だけの抽選だそうです。
こちらも見てみたいですけど、抽選ではずれたら痛いですよね・・・・・
[ 2010/11/10 23:17 ] [ 編集 ]
No title
あ~、ここはアメリカで唯一私が行きたい!と思っている所です!(笑)
ここに行く為にアメリカ旅行も考えました。
雨が降るとここは閉鎖なんですよね。
昔、鉄砲水が入り込んで人が沢山亡くなったのだとか・・・。
雄大な景色をドライブしながらここを目指すのもいいですね~。
[ 2010/11/10 23:25 ] [ 編集 ]
ももさん
ここは幻想的な光とうねるような壁が美しかったです。それにアスレティックみたいと何度書けば気が済むんだ~と言われそうですけど、子供に戻ったみたいで楽しかったですよ~!

ここは、ベガスから2時間ほどかな?
GCとナチュラルブリッジへの船があえば、なかなか見所のある旅になると思います。
雄大なかわらない景色すぎて、睡魔に襲われます(笑)。でも、是非~!雄大な風景はいいですよ~。
[ 2010/11/10 23:39 ] [ 編集 ]
知りませんでした。。
アンテロープって、地面にもぐって行くんですね!?こちらも行ったことがなくて写真だけだったので、知りませんでした。
まるで、チョコレートのソフトクリームみたい!
実際に行ったら、もっともっと感動するんでしょうね。。やっぱりアメリカ大陸は凄すぎるっ!!
[ 2010/11/15 03:56 ] [ 編集 ]
かのちゃん
連コメありがとうございます~!
アッパーはそのままだと思いますが、ロウアーはもぐっていきます。最初にもぐり方がわからず、笑えました~。
このカーブはすごい幻想的できれいでした~。ここ数年、話題になったのですよ。アメリカ大陸は本当に見所がたくさんあってすごいですね。みんな海外脱出せずに、国内におさまってしまうわけです。
[ 2010/11/15 10:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する