リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ケルンのホーエー通り~8月19日④

感動をあとにケルン大聖堂を出ると

駅側と反対側からの眺め
IMG_4136_convert_20101005201618.jpg


すぐそばに、博物館がありました。
IMGP8241_convert_20101007142005.jpg


後陣から見上げると、近くの建物が邪魔ですが、天に伸びる美しい聖堂です。もう少し遠目のほうがよく見えるだろうとホーエンツォレルン橋へ向かいました。
IMG_4150_convrt_20101005204323.jpg

しかし、
疲れも出て、ホーエンツォレルン橋を渡ることなく戻ってきました。
IMG_4157_convert_20101005204359.jpg

塔に上って街を眺めたり、そのほか教会などチョコレート博物館など見所は多いと思いますが、ケルンの観光は偉大なケルン大聖堂が見れて大満足でした。
IMG_4180_convert_20101005204715.jpg IMGP8185_convert_20101005204856.jpg


休みがてら、にぎやかな人混みにまみれに行きました。

大聖堂の裏には、カフェやマック、ヴィトンやロレックスなどなどのブランドショップも数多くあります。ここでお目にかかるとは想像してませんでした。
ケルンと言えば、ナポレオンが占領していた時にこの香水を好んで持って帰ったとして香水発祥地としても有名です。写真はありませんが、「4711」本店もありました。
IMGP8249_convert_20101007142316.jpg IMGP8266_convert_20101007142512.jpg


ちょうど軽量スーツケースのリモワ(ドイツ製)を発見。しかし、補修中のようでこんな感じです。
IMGP8250_convert_20101005205119.jpg IMGP8251_convert_20101005205156.jpg
我が家のスーツケースのキャスターと鍵が壊れ気味で、今回リモワの購入済みのこちらの情報から事前にネットで調べておきました。ちなみにベガスはこちら
フランクフルトで見たのですが、ドイツで買った方の情報と同じ。€329~あります。結局買わずじまいでしたが、税金も戻ってくるので日本で買うよりはお得のようです。


メインのホーエ通りはこのにぎわいよう。

結構歩くのも大変で、お買い物もなんでもそろい楽しめそう。フォーエバー21ならぬフォエバー18なんてお店もあり、かなり若向け。(写真左の靴のGEOX店舗裏に見えます)
広場では見たことのないアフリカ系だったかいろいろな楽器があふれてにぎやかです。
IMG_4165_convert_20101007144029.jpg IMGP8262_convert_20101005205325.jpg


この広場で主人がぴくついたのは、こちらのパン屋さん。
粉砂糖のついたパンとブレーツェル。
ヨーロッパではよく蜂に遭遇するのですが、みなさん、平然としてます。怖がるのは日本人くらいなのでしょうか。
このパン屋さん、激しいほど蜂が飛び交ってます。
IMG_4160_convert_20101005204434.jpg IMG_4164_convert_20101005204507.jpg

IMG_4164c_convert_20101006235612.jpgショーケースのパンのお砂糖がおいしいのか、こんなにパンにまとわりついてる蜂が。
私は最初からNO、だって中から出てきても怖いし、菌がついていても・・・。
さすがの主人もあきらめがつき、店内でケーキを食べてきました。




もう3時30分、そろそろフランクフルトに戻りましょうか~。
IMGP8259_convert_2010100714240.jpg IMGP8269_convert_20101007201843.jpg



ケルン

大きな地図で見る


にほんブログ村の海外旅行のランキングに参加してます
応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

No title
ケルンの街並が日本みたいで少々ショック!
あの看板!
ヨーロッパの街並に看板は合いませんね~。
初めて見たかも・・・
景観を損ないます。
だから日本は汚いのか・・・。
香港くらい金ぴかで看板が名物な国はそれで好きなんですけどね~。

パンの蜂はケースの中に入っちゃっているんですか?
ハチミツがいっぱいつきそうで、逆に美味しそうに見えますが・・・(笑)
昔、体質改善でプロポリス飲んでいたので、私は結構平気かもです。
でも蜂はあの音を聞いただけでゾッとします。
[ 2010/10/08 19:26 ] [ 編集 ]
すぐぉ~い!!
ライン川を下って、ここまで追いつきました~っ!
ライン川下りって世界遺産なんですか?
川と途中のお城、景観、全部が世界遺産ってことかしら?
そして、ケルン大聖堂ったら、なんってすっぐぉい建築物なんでしょう!!一枚目の写真、人と比較して驚いてしまいました!!
当時の宗教観がそのまま建物に現われてるんですね。キリスト教は、その芸術性ゆえにあれほど人々の信仰心を盛り上げたんじゃないかと思ってしまいます。
現代人があの建物を作れるかというと、精神が違いますよね。。
見ごたえある旅のレポートありがとうございます♪
[ 2010/10/08 19:34 ] [ 編集 ]
ももさん
ケルンはフランクフルトより人口が多いとは思っていなかったし、ブランドショップはもちろん、このショッピングモールのようになった通りにはただただびっくりしました。
ここはフランクフルト?って思ったくらいです。昔の中世のよき街並みという感じはしなかったです。
香港はアジアだから、長い看板やごちゃごちゃ感は味があっていいんですけどね。

ショーケースには蜂がたくさん入り込み、パンには写真以上に蜂がまとわりついて、それはそれは恐ろしい光景でした~(笑)。日本では考えられません。店員さんにもかなりまとわりついてました。
パンを食べてて蜂とか出てきたら怖いじゃない~って、そんなことはないですけどね。
[ 2010/10/08 20:57 ] [ 編集 ]
かのちゃん♪
一緒にライン川下りも楽しんでもらえました?
今回乗った部分よりも、広範囲のライン川中流域の川の景観が、世界遺産に登録されてるんです。特にこの部分は見どころが多いそうです。

ケルン大聖堂は、これだけのものを当時の人がどうやって作ったのか~と驚くばかりの壮大さ、そして精巧さ、言葉がありませんでした。
美しい芸術があって信仰も深まり、信仰があってこそ芸術が高まり、
キリスト教と数多く生まれた素晴らしい建築の教会は、とてつもない深いつながりがあるのですよね。
最近ではこうして何百年も時間をかけて作られる心を打つような建築物は生まれないでしょうね。
ヨーロッパは奥深くて、勉強になります。
[ 2010/10/08 21:19 ] [ 編集 ]
No title
楽器のあたり、ギャラリーすごいですね!
みんな見てるのが、なんだか笑えますi-278

蜂を怖がるのって、日本人だけなの?
っていう、同じ疑問持ってます!
なぜか、他の国の人って、ほとんど気にしないですよね。
絶対に刺さないって言うなら、私も大丈夫ですけど
虫が相手じゃ、そういうワケにもいかないのに。
[ 2010/10/09 04:37 ] [ 編集 ]
はむこたんさん
歩いてる人も多ければ、このギャラリー数すごいですよね。人の多さにも驚きました。

蜂って刺されたら毒がまわりそうっていうイメージがあるのですが、外人はへっちゃらなんですよね。特に店員さん、当たり前のようにパンも売ってるし。日本人は怖いイメージを持ちすぎなのでしょうか。それにあのブーンって音が嫌ですよね。
[ 2010/10/09 10:24 ] [ 編集 ]
No title
はじめまして^^
いつも楽しく拝見しています。

ケルンの大聖堂、やっぱり素敵ですね^^
私が行ったのは10年前で、もう遠い記憶になっていたので写真を拝見してもう一度行かなきゃって思いました。
よく考えたら、私、友達とのおしゃべりに夢中になってあんまり真剣に見てなかったんですよね。
ところで気になったのが、大聖堂の右側をふさいでいる博物館?・・・
あれはちょっとヒドイな~って・・・私が行ったときは大聖堂前は広い広場で、前から全景が見えていました。美意識の高いヨーロッパの人がやることじゃないような気が・・・

そして写真のそこかしらに写っていらっしゃるのはYottittiさん?とっても美しい佇まいの方ですね^^素敵です♪
これからも楽しみにしています^^
[ 2010/10/09 12:39 ] [ 編集 ]
No title
いやいや、あの蜂の数は許容範囲を超えてますがな~ >。<
恐くて近づけませんよ、、、ってyottittiサンは近づけたってこと?あの写真は・・・

地図、パワーアップしましたね!
すごい、すごい!(パチパチパチ)

そうか、なんの統一性もない看板が街を汚く見せているっていう、ももくそサンのコメント(あれ?そんなこと書いてない?)、以前看板業界に努めていたから考えさせられますね。
街でしっかり景観を守るって大切だな~ぁ。
[ 2010/10/09 17:43 ] [ 編集 ]
No title
あ~おいしそうなパン。
でも、蜂が多いと近寄れないわ。。
みんな、どうして怖がらないんでしょうね?
私は子供の頃に、2回も刺されたので
トラウマです(>_<)
[ 2010/10/09 18:43 ] [ 編集 ]
EkaterinaYoghurtさん
はじめまして~!
ご訪問&コメントありがとうございます!

私も同世代の方だ~とうれしくちょこちょこお邪魔させてもらってました。お恥ずかしい姿を掲載してなんともですが・・・・
ちょうど引越しの時期も重なったり、リフォームの話は本当に勉強になりました。コメントも何度かしかかったのですが、いつも読みにげでごめんなさい。こうして機会ができてよかったです。

ケルンの大聖堂は、すごい迫力があって腰が抜けそうなほど感動しました~。
ドイツは景観を大事にすると言ってますが、EkaterinaYoghurt さんがいらっしゃった10年前とは変わったのでしょうか。ビル建設問題が上がったり、大都市なので、いろいろできたのでしょうね。
博物館も駅側の反対の側面でしたが、あれだけの建物ですから景観は大事にしてもらいたいです~。

偏った旅行ばかりしていたので、行く場所が増えたことによって、旅行の楽しさが増していくような気がします。世界は広くて新たな発見があって面白いです。
それにお友達との旅行の話はつきないですね。
これからもよろしくお願いします。
[ 2010/10/09 21:07 ] [ 編集 ]
KIY子さん
こちらのお店の写真撮影は主人です。
私はこのお店に入るのも考えてしまったのですが、主人はこのパンは食べたくてずーっと佇んでました(笑)
お店の中は蜂はいないのですが、蝿は飛んでましたよ~。お店の中から見るショーケースは蜂がまたまたすごい風景でぎょっとしました。

地図はなんとかgoogleマップのアップの方法がわかりました!ありがとうございます。

KIY子さんは看板は詳しいのですね。私も電照と壁面の違いくらいはなんとか~。
ももさんはパリに駐在で住んでいたので、目線が鋭いですよね。日本は確かに、街並みを考えて作ってないのかな~と思いました。これから建て替えのところはいいでしょうね。
[ 2010/10/09 21:18 ] [ 編集 ]
ピー助さん
ピー助さん、蜂にさされたのですか~!
それはそれは大変。
私は観光中も蜂がいるだけでのけぞったりしたり、逃げ回ってたのですが、だれもそんなことしてないんですよね。それにびっくりしました。
この店員さんは当たり前のように接客してるのでびっくりしました。

主人がこちらのショーケースの前でずーっと動かないんです。確かにおいしそうでしたが、蜂が出てくるからやめたら~と、呪文のようにささやいてみました。
[ 2010/10/09 21:24 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます!

ケルン大聖堂、何度見ても素晴らしいです!
やっぱり見に行かなくちゃ!って思います(笑)。
それにしても大きくて写真に収めるのが大変ですねぇ!!

蜂は....、自宅に蜂の巣ができちゃって(足長蜂ですが)、
結構恐かったので、ミツバチでも嫌かも~(苦笑)!!

リモワで記事を貼って頂いてありがとうございました。
でも、4輪のはキャスターがもう2回壊れてますので、
好きでなければ....かも!?
[ 2010/10/10 07:46 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
旅先からありがとうございます~!
私はてっきり香港かと思ってました。お隣の国で楽しんでいらっしゃることでしょう。

ケルン大聖堂は、是非見に行ってあの大きさに触れてきてほしいです。
写真はとてもとても収まりきらないので、どこかポイントがあるらしいですよ~。

蜂の巣は怖いですね・・・
ベランダに来るだけでも怖かったのですが、もうパンのケースにはぎっしり~でした。

リモワでリンクさせてもらいました。第二弾も購入してましたものね~。キュウ親さんは旅行は多くて使ってるから、痛んでしまいますよね。定期的にガタはきてしまうのでしょう。
主人も帰り際に反応してましたが、踏ん切りがつかず、次回に持ち越すことになりました。いろいろありがとうございます。
[ 2010/10/10 10:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する