リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

00年8月20日① アイスフィールドパークウェイ

97年07月新婚旅行で、
  カナディアンロッキーに行きました。

カナディアンロッキーはレンタカーがないと大変だよ~」という助言で、
ワイパーやウィンカーを間違えながらも、車線こそ間違えなかったもののどきどきしながらのレンタカーデビューを果たし、

カナダの大自然の魅力にとりつかれ、00年8月に再訪したのでした。
その感動したカナディアンロッキーと、古~い記憶をたどりながらのアップですが、まずは00年8月のお話にお付き合いください。


カナディアンロッキーへの入口は、カルガリー空港からバンフに向かいます。
このころは、まだアメリカ系の航空会社のDELAYは当たり前、シアトルの空港で何時間待たされたことか・・・・
空港ではいろいろな出会いもありました。日本人の女の子と出会い、「ホームステイして、将来はモデルさんになりたい」と語っていました。飛行機に乗ってからは別行動だったので、それきりになってしまった彼女はどうしているのでしょう。

カナディアンロッキーは着くのはアクセス上、どうしても夕方以降になるため、安い空港近くのモーテルROYAL INNに宿泊しました。これも賢い倹約!? 新しく想像以上にとてもきれいで快適でした。
IMG+22_convert_20100524090251.jpg IMG223_convert_20100524090418.jpg



翌朝20日、
カナディアンロッキーから一気にジャスパーへ向かいます。

牛がたくさんいる広大なのどかな風景を楽しみながら、北米ならではのキャンピングカー、大きなトラックと一緒に走り、車数も多くないのでのんびりした雰囲気の中、走ります。
観光の拠点となるバンフの街は今は通り越し、アイスフィールドパークウェイを走ります。

最初の見どころは

クロウフィット氷河の雪解け水が流れ込んでできたボウレイク
前回7月に訪れたときはまるでガイドブックと同じ美しさで感動しました。
今回は雲が多く寒かったものの、やはり深くて藍いきれいな湖と雪が残った山がきれいです。
Photo0094_convert_20100519223531.jpg

有名どころは、人がたくさん集まって写真撮影してます。
crowfoot.jpg

みんなが眺めてるのはこれ!
クロウフィット氷河
巨大なカラスの足のような氷河は、2本の足のように見えます。
Photo0095_convert_20100522214517.jpg

陽がさして美しく水面が輝いてるボウレイク
IMG_0001_convert_20100522185828.jpg IMG_0003_convert_20100522185905.jpg

IMG_0002_convert_20100522185845.jpg


ボウ峠を走ると、展望台から
ペイトレイクが眺められます。
湖水の色は季節や時間で変わって見え、また湖畔から眺めるのと違い、全景を眺めることができ、山々との美しいコントラストを楽しめます。
Photo0098_convert_20100522214625.jpg


名称不明!?だった山と湖は、海外生活経験豊富な「地球ワーキングトラベラー見聞記」takechan0312さんに教えていただき判明しました!
Waterfowl Lake
美しすぎる景色に車を走らせては停めて撮影の繰り返し・・・・
似たような景色に見えてきて、たくさん山と湖があり一致しません
すでに不一致のところもあり、どうぞあたたかい目で~ご指摘も遠慮なくお願いします!
IMG_0004_convert_20100522185924.jpg IMG_0006_convert_20100522190000.jpg


今回最後は、

サンワプタ峠のビューポイント
壮大な山々をゆったり走ってるようなイメージですが、さすがにこの辺りは激しくアップダウンの激しい山道がうかがわれます。
IMG+(3)_convert_20100524140651.jpg

ブライダルベール滝
細くて長く花嫁のヴェールのように見えるので名づけられたそうで、とても可憐でした。
IMG_0005_convert_20100522185943.jpg IMG_0007_convert_20100522190017.jpg


次は、

アイスフィールドパークウェイのハイライト「コロンビア大氷原」です。






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

きれいですね
きれいですね。
空気がおいしそう。マイナスイオンもたっぷり。
もう何年も海外に行ってないです~
子供連れてにぎやかに行くのは嫌なので
手を離れたら行くんだ~ というのが今の楽しみ。
[ 2010/05/24 14:49 ] [ 編集 ]
こんにちは
カナディアンロッキーいいですね~!!一度行ってみたいです。
こんな景色をレンタカーで走るなんて、最高ですね!!
アメリカとはまた違った景色が広がりますね~!
氷河の雪解け水が溶けてこんな素敵な湖になるんですね!!

そうそうアメリカ系の航空会社。。最近ではかなり良くなりましたが、遅れるのが普通でしたね・・
昔の記憶たどりながらの記事は大変ですが、楽しい思い出を思い返しながら・・引き続き楽しみにしていますね!!
[ 2010/05/24 15:24 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは!

本当に自然溢れるところのようですね!!!
画像を拡大してみせていただきましたが、
すごいです!!!

車があると、旅行も一層楽しめそうですね!!!

また引き続き、ブログ楽しみにしています♪
[ 2010/05/24 15:27 ] [ 編集 ]
Akikoさん
カナディアンロッキーは本当にきれいで、あの大きさに感動しました。
8月より7月のほうがきれいで、通常の夏休みの8月では遅いな~と、それ以来行けてません。

海外旅行は、食事やら治安も大人だけでもやはり気を使いますもの。
落ち着いたらのんびり行くのがいいですね~。行くことを考えるだけでも楽しいものです。Akikoさんはやはりハワイかしら~。
[ 2010/05/24 15:40 ] [ 編集 ]
sakiちゃん
カナディアンロッキーは、スケールの大きさに感動しました!
行くなら8月だと寒く、7月がベストです!是非おすすめしたいところです。

バンフはのんびりしていて、広大な白い山々をドライブして気持ちいいものです。アメリカとはまた違った趣でいいですよ。
当時はなんでも写真にとる習慣もなく、ネットもそれほど普及していなかったので、情報不足でしたが、それなりに楽しみました。
写真も色あせ、もっときれいな山々の写真がお見せできないのが残念です。

氷河の雪解け水は碧くてきれいでした。晴れていれば、また輝きも違って、いろいろな顔を楽しめます~!

アメリカの航空会社には・・・・さんざんやられました。
アクセスはやっぱり強いので、ついつい使ってしまいますけどね(笑)
UA地獄にはまった我が家です。

昔昔の話ですが、今後の参考になるかわかりませんが、またお付き合いください!
[ 2010/05/24 15:54 ] [ 編集 ]
三十路オンナさん
こんにちは!

カナディアンロッキーは電車もツアーバスも走ってますが、レンタカーがお勧めです!アメリカレンタカーデビューよりも、一本道で車数も少ないので大丈夫だと思います。
街中でもトレッキングしたり、ロープウエイがあり、乗馬したり、ラフティングしたり、楽しみ方はいろいろです。

カナディアンロッキーはスイスとは違ったよさがあります。
残念ながら、7月のほうがきれいだったのですが、写真がどうも色がでなくて、とりいそぎ、こちらでアップしてみました。
古い話で記憶もあいまいで恐縮ですが、またお付き合いください~。

[ 2010/05/24 16:02 ] [ 編集 ]
思い切り深呼吸
こんにちわ、yottittiさん。

またまた、素晴らしい大自然の写真をアップしましたね~
思わず深呼吸したくなっちゃいましたよ!!

「ボウレイク」の色、なんて良い色なんでしょう。
神秘的な【イロ】ですよね、海とはちがう気がします・・・

また、ブライダルベール滝も美しい!!
[ 2010/05/24 17:41 ] [ 編集 ]
KIY子さん
こんばんは!

二回目の往訪は快晴とはいかず、おまけに写真も古いので、よさが半減してますが、それでも見返すとすごかった記憶が思い起こされます。
山や湖は本当にパワーがあって、すがすがしい気分になりますよね~。

「ボウレイク」もほかの湖も、濃い碧い色がなんとも神秘的でした。
7月はもっと澄んでたようなイメージですが、時期や時間によっても変わるそうです。

滝も迫力のあるものから、こうした上品な滝までいろいろありました。
なかなか乗り継ぎが悪いのと、8月だと時期が遅いのかなと思い、また3度目のリベンジが果たせないままです。ここは年を取ってから、のんびりゆっくりできるところだと思うのでいつか是非~でもKIY子さんご夫妻は海に行ってしまうのでしょうね~(笑)
[ 2010/05/24 20:23 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは!

カナダの大自然、美しいですね~。
荒々しい自然と穏やかな自然が織り交ざって...、
氷河の迫力や湖面のグラデーションの美しさが伝わってきます!
レンタカーだと、自在にクルマを止めて景色を堪能できますね!
アイスフィールドパークウェイっていう名前にもそそられます(笑)。

一度訪れたら、また必ず訪れたくなる気持ち、わかる気がします~

そうそう、格安の北米周遊のチケット、
90年代後半にはお世話になりました(笑)、NWでしたが・・・。
カナダに行くにも、アメリカの空港経由で行くほうが便利でしたよね~。

大自然の写真の数々、楽しみにしてま~す!!
[ 2010/05/24 20:38 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
こんばんは!

カナダは大自然の宝庫です。
もっときれいな写真でお見せしたかった~というのが、残念でなりません。
荒々しい自然と穏やかな自然が織り交ざって...、
本当その通りです!!キュウ親さん私の代わりにブログ書いていただけません?(笑)
キュウ親さんは、いろいろな美しい風景・痛ましい風景やおいしい食べ物がいっぱい詰まってるのでしょうね~。

カナダのレンタカーは、キャンピングカーも多いので、のんびりしていてデビューにはいいです。レンタカーの旅で面白いのは、車がたくさん止まってたり、人が集まってるところには動物とかいるので、飛び込みで楽しめていいですよ!
毎度毎度、私は睡魔との闘いですけどね(笑)
アイスフィールドパークウェイはリンクしようと思ったのですが、プライベートなHPだったので遠慮しました。確かに格好いいですね。

我が家も、格安の北米周遊のチケットは当時NWでした。当時UAが高くて、02年くらいから逆転して、それ以来UAばかりです。

まだまだ写真はつきませんから、懲りずによろしくです~。
[ 2010/05/24 22:11 ] [ 編集 ]
No title
やはりスケールの違いをかんじますねぇ・・・ああ いきたいなぁ・・・
ああ 行きたいけど・・・行ったら・・・我が儘言いそうだ・・・

帰りたくない・・・・・・

日本アルプスでさえ 大感動なのに・・・そして 帰りたくなくなるのに・・・こんなの 氷河見たら そこで もう朽ちてもいいと思う・・・・
あかん あかん!まだ 生きてたいんやし アカンワ!とさえ思うほどの場所だねぇ・・・・

美し過ぎるってのは罪ですなっ!
[ 2010/05/25 14:37 ] [ 編集 ]
ちゃーさん
ちゃーさんなら、赤毛のアンのように発想が豊かで、いろいろ思い描きそうです。ここでのんびり何もせず過ごす、最高ですね。スイスもよかったのですが、見どころがまとまってるからカナダはいいんですよね。
どこに行っても帰りたくないと思いながら、帰ってくるとほっとします。やはり気の小さな日本人です~(笑)

島国日本のアルプスもいいですよね~。澄んだ青い空に美しい山。
スケールの大きさはかないませんが、緑の深さがまたいいのです。

人は自然に癒されますね~。美しい風景は特に~。
自然を楽しむのは、最高の贅沢なのでしょう。雪がより一層美しさをひきたててるのかもしれません。
ときどきガイドブックやパンフに吸い込まれそうになります~。
[ 2010/05/25 15:38 ] [ 編集 ]
はじまして。
gattoさん経由でおぢゃまさせて頂きましたmickeyと申します☆はじめまして。
CanadaのWinnipegに行った時「カナディアンロッキー」にも行ったのでとても懐かしくて
思わずコメント寄せさせて頂きましたw
たしか国立公園です?よね・・。
大氷原では滑ることを面白がってみんなでジャンプしながら撮った写真が今でも飾ってありますw
すてきな旅の写真ですね^^
また覗かせてください。よろしくお願いいたします☆see youuuu
[ 2010/05/25 23:18 ] [ 編集 ]
mickeyさん
こんばんは!

はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます!

gattoさんのところでお見かけしてたmickeyさんかなと思ってます。が、URLがないので、私が間違ってないといいな~と思ってます。ご面倒でも初回は貼っていただけると助かります!

Winnipegは知識がなくて位置関係がよくわかりませんが、カナディアンロッキーはいらっしゃったのですね。国立公園ですよね。懐かしい風景にはつい反応したくなります。本当にきれいで感動しました。大勢で訪問して楽しかったことでしょう。あの雪上でジャンプ?滑って大変なことになってそうです(笑)なんでもありのころの話でしょうね。
色あせた写真でも、一緒に懐かしさに浸ってくださるとうれしいです!そこは違う!と意見違いでも、間違いがあれば遠慮なくご指摘ください!

またよろしくお願いします!
[ 2010/05/26 00:01 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/05/26 14:42 ] [ 編集 ]
鍵コメさん
いろいろお手数をおかけし、ありがとうございました!
そしてお気遣いもありがとうございます!
目に余るところが多いと思いますが、どうぞまたいろいろ教えてください!
[ 2010/05/26 16:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する