リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

トルコ料理~ランチ

最近は映画づいていて、今週も映画『幸せの隠れ場所』を見てきました。
賞を受賞したこともあり、笑いあり、涙ありの感動の実話という口コミで、ご年配の方から若い方まで前の席以外は満席と、想像以上に混んでました。

お話は、

2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名されて入団したマイケル・オアーの実話です。
苦境の中で育った不器用なマイケル・オアーが、裕福な家族に巡り合い、次第に心を開き深いきずなを築いていきます。笑いもあり、感動ありの、アメリカらしい、日本では考えられないアメリカン・ドリームに心が温まりました。
女性のお客さんが多く、最後の余韻に浸ってる人が多かったです。
先週見たアバターとは違う感動のストーリーでした。

主演女優のサンドラ・ブロックは、「スピード」の大ヒット以来、「デンジャラス・ビューティー」も好きな作品で、好きな女優さんです。
本年度、ゴールデングローブ賞主演女優賞
第82回アカデミー賞の主演女優賞
またまた、前日に発表された最もひどい映画や俳優を決めるゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)で最悪主演女優賞にも選ばれていて、初のラジー賞との同時受賞者になりました。
ますます箔がつき、活躍することでしょう。



感動に浸りながら、
世界三大料理と言われるトルコ料理、ときどき食べたくなり、何度か訪れたことのある「パムッカレ 」に行きました。口コミはこちら
こちらは中央線吉祥寺駅にあったのですが、何年か前に新宿に移転しました。吉祥寺以来のファンです。
夏のイスタンブール旅行中に必ず現地の人に、「このお店、知ってる?」と聞く人が多かったです。「親戚だ」「友達だ」というので、「はいはい」って感じでした。

ランチメニューの中から、
なすとミートソースのグラタンセット950円
トルコ風若鶏の手羽先セット1250円
を注文しました。
それぞれスープとパンとサラダと飲み物がつきます。
RIMG0246_convert_20100308145916.jpg RIMG0241_convert_20100308145650.jpg

RIMG0242_convert_20100308145818.jpg RIMG0243_convert_20100308145738.jpg

トルコ料理のスープや食べ物は香辛料がきつめなので、好き嫌いが分かれるかもしれません。
比較的日本人の口に合いやすくお料理されてると思いますが、行くならランチがおすすめです。
IMG_convert_20100311121027.jpg IMG_0001_convert_20100311121043.jpg




関連記事

ジャンル : グルメ
テーマ : こんな店に行ってきました

世界三大料理
Yottittiさんのブログを拝見していると、
さすが国際経験が豊富というか、
レストランも、中華!とか定食!とか焼肉!とかラーメン!とか
(いつまで続く 笑)でなく、
いろいろな国籍の料理を楽しんでらっしゃるのが素敵ですよね。
口コミも拝見しまいた。おいしそう~。

サンドラ・ブロック、年を重ねて、ますます人気ですよね。
ざっくばらんでなんか素敵な人ですね。

そうそう、前記事の靴、すごく素敵!
楚々とした春というか、もうYottittiさんにぴったり!
私のブログにもリンクはってくださり、
ありがとうございます!
[ 2010/03/08 17:08 ] [ 編集 ]
Carinaさん
食べものは、ホルモン系、牡蠣以外はなんでも好きで、地方やお国を問わずウエルカムです。でも沖縄の豚足は食わず嫌いです。
ラーメンも好きですが、カウンターなので写真撮影する勇気はないです。ときどき撮影禁止!なんて書いてありますからね。
毎度毎度、撮る習慣がまだ身についてなくて、欲にまけて食べてから気が付いて、まだまだ未熟です。

サンドラ・ブロック、女性らしさが増し、さばさばしていながら格好よく憧れです。

こちらこそ勝手にリンク貼らせてもらいました。
靴探しは、難しかったですが、いいヒントをもらったので、いい靴に巡り合えました。
ダブルでありがとうございます!
[ 2010/03/08 17:36 ] [ 編集 ]
Yotittiさん、おはようございま~す!
『幸せの隠れ場所』の予告編観て、ジンワリきそうでした。(笑)
サンドラ・ブロックって、同年代ぐらいですよね?すごく、いい味
出してますね。情があって動じない強い女の役がピッタリ!
ちょっと老けた感じがまた尚良いな。しかも、アカデミー賞と
ラジー賞って、話題をかっさらっちゃいましたね。
すごいです~~。

現地人でも日本にあることを知る(友達だ親戚だ言いたがる、笑)
トルコ料理屋さんなんですね。
Carinaさんがおっしゃる通り、Yotittiさん日本での食も国際色豊かです。

ケバブサンドは、たまにとてつもなく食べたくなり、通りがかりに
食べちゃうことがあるのですが、トルコ料理屋さんに、あらためて
行く事があまりなかったです。やはり、ランチはお得な感じですね!
これから徐々に暖かくなってきたら
香辛料の効いた料理とビールもいいなあ。
[ 2010/03/09 09:13 ] [ 編集 ]
gattoさん
おはようございます~!

映画を見始めると予告編で面白そうと、また行きたくなります。
それに今は席の予約が簡単にできるのでいい時代です。

『幸せの隠れ場所』、お隣の女性は泣いてました。私たちは出るに出れず、最後のエンディングまで見てしまいました・・・・。
途中、ここで笑う?おばさんがいたのが気になりました。

サンドラ・ブロックは1964年生まれですって。同じ世代だと親近感がわきます。
でも、昔から顔の形のせいか、老け顔ですが、芯の強い女性のイメージで、個性が出ていていいですよね。
ラジー賞?って、そんな最悪賞をもらってもさっぱりしていて、彼女ならではありえますね。そういうところがいいのでしょうね。

最近日本でもいろいろな国のお料理が食べれるようになりました。
まだ、もの珍しいものをのせてるから、余計そのいろいろな国のお料理を食べてるイメージが強いのかもしれませんね。

熱々のケバブサンドはおいしくて好きです。なぜかこのお店では、鶏の焼き物ばかりですが、はずしたことはないです。
休日はビール?と言ってましたが、この日は口内炎だらけだったのでやめました。残念~。

トルコの人はみんな親戚でお友達ですからね(笑)フレンドリーな性格が出てますね。思い出すとほほえましく笑えます。
[ 2010/03/09 10:03 ] [ 編集 ]
No title
トルコ料理と思わずに食べてることあったりする(汗)
そうかぁ・・・ ものすごく適当に生きてるとまた思い知らされた(汗)

映画ってがつ~~んと どういう作品でもやられます

死ぬほど辛いほどつまらない作品でもです・・・なんでこんなもん作れるんだ?という他人の思考に圧倒されたりするから・・・(笑)

海外に縁があまり無い私にはyottittiさんのブログを読むだけで軽く旅行だわ♪食べ物は文化ってまさに思うんですねぇ・・・・
で どこの国にいってもサバイバルできないかもとちょっと焦り・・・日本人でよかったのか?とも思います(言い訳だけど 汗)
[ 2010/03/09 10:16 ] [ 編集 ]
ちゃーばーさん
ほかの国の食べ物でも、これ日本の食べ物でなかったの?ってこと、よくあります。
逆に海外でとんでもないアレンジで、これが日本のしゃぶしゃぶとか、お寿司とかいうとんでもない代物があるので、びっくりしますよ。
これ日本食でないって!
人生かりかりせず、楽に生きるのが一番です。


死ぬほど辛いほどつまらない作品でもです・・・
なんでこんなもん作れるんだ?って発想好きです。
私はただでさえ睡魔が襲ってきそうなのに、つらい作品に当たったら、もう見ないかもしれませんね。
先日ビデオで戦場のピアニストを見たのですが、以前だったら絶対にくらいから見ないし耐えられなかったでしょうけど、最後まで見てしまいました。年と共に、視覚もかわるものなのでしょうか。

あまり知らない土地の話も、魅力的に面白く書かないといけないな~。と、人様のブログを読んで、勉強し学ぶこの頃です。
変わった写真でもあって、目にとめてもらえればうれしいです。

いろいろな国に行くと、世界は広いな~って思います。時差があるだけで不思議な気分になったり・・・・
それでも、住みにくくなった日本でも、まだまだ平和で、食べ物もおいしく、不自由なく暮らしていける!
日本人でよかったなぁ、日本に帰ってきてよかった!ってつくづく思います。
[ 2010/03/09 11:21 ] [ 編集 ]
Yottittiさん
新婚の頃お隣のシリアに住んでいて、トルコに遊びに行きました。シリアもトルコも地中海に面しているから、アジアとヨーロッパの中間地点で、お料理もアラブ料理とギリシャ料理の間という感じですよね。私は好きだわ~、毎日は無理だけれど。

昨日の靴、春らしくてとっても素敵♪ 私も靴を買いに行きたくなったー!
[ 2010/03/09 12:42 ] [ 編集 ]
直子さん
直子さんは海外はどこでもお詳しそうで、どこでも通用しますね。
再来年は久しぶりに日本の生活で、びっくりされるのかしら。
バルセロナから旦那様を置いて日本に帰ってきた友人も、しばらくはカルチャーショックを受けていたようです。

トルコは、アジアとヨーロッパの架け橋で、あの広い海と色に感動しました。
シリアも世界遺産があり、あの辺りは歴史があって、見どころたくさん、きれいなところですね。

トルコ料理は、アラブ料理とギリシャ料理の間なのですね。
シシカバブとトマトの煮込み料理をあわせたような、まさにそんなお料理です。
トルコで買ってきたシシカバブの素は、ときどき食べたくなり、大活躍してます。

いつも楽な靴ばかりでしたが、この春はひざのお手入れもして、おしゃれにおでかけしたいですね。
[ 2010/03/09 13:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する