リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

初めての市民活動(ボランティア)参加

お茶の講座でお知り合いになった方から、市民活動の一環で作ってる冊子作りへ誘われました。
「文才はないですよ~」とお話し、パソコンができればいいというので、こうして市民活動団体へ参加しました。
私は今はさっぱりですが、働くにしろ中途半端だったので地方生活に意欲的だったのですね。

~冊子の内容は~
①社会的文化差別のジェンダー
②街づくりへの思い
③ひとこといわせてもらえば

IMG_0002c_convert_.jpg

を中心にしたA4サイズ17ページくらいの冊子でした。


①社会的文化差別のジェンダーとは・・・
ジェンダー(gender)」は、、本来「社会的・文化的な性のありよう」が「社会的文化的性差」と誤訳され、間違ったまま用いられ、この冊子も、当時間違った解釈のまま取り組んでいたのですね。

このジェンダー問題の解釈云々はおいておいて、

長い間、女の役割・男の役割と決めつけてしまい
男女平等と言われるなか、社会や職場での格差、男女意識の差を訴えたかったこと


②街づくりの思い
大型スーパーの出店が続き、商店街を人が歩く姿さえみなくなりました。
そんな商店街をクローズアップし、活性化させたかったこと

③ひとこといわせてもらえば
この冊子の発祥の元。
いとんな人のいとんな気持ちを集め、ある時は行政に、世の中に、それぞれの思いを集め発散し、団結し、結束力を持ち、意見をまとめて提出しよう!くらいの勢いをもち、みんなの意識を高めたかったこと


そんな篤い思いをこめて作り始めた冊子だったと思います。
温かくみんなが意見を寄せ集える冊子にしたく、ファンの方も多かったのです。限られた予算の中では部数も限られ、置いたボックスへの反響は薄く、スタッフみんなお忙しい方たちばかりで思うようにはかどらず、役員との意見の相違で、道半ばで廃刊になってしまいました。

私は率先して何かするタイプではないので、一部で活性化と言ってもどう行動しアピールするべきか難しいと思った一件でした。
そして、
市の広報にも掲載され、その後1部発行したものの、すぐ廃刊とは皮肉な結果でした。
IMG_0003_convert_20100218143509.jpg






関連記事
[ 2010/02/18 15:00 ] 国内 そのほか日記 | TB(0) | CM(2)
色々されていたんですね~
こういう市民の活動は、集う事も、団結しての行動も、
尚更、、、細くても存続していく事も難しいですね。

集まる人の、危機感が一つに決定的に集中していれば
もしくは結果が目に見えやすければ
商店街の売り上げ年間10%UP!それだけを目標に!とか
やっていく事もありえるかもしれませんが、

ボランティアとなると、そこに時間を費やし続けることも
難しいですもんね、、、。

でも、参加、行動、経験に 意味あり!
Yotittiさん、お疲れ様でした~。存在したと言うことを
ここで伝えることも一つの行動ですもんね。
[ 2010/02/19 10:38 ] [ 編集 ]
gattoさん
こちらの記事までコメントありがとうございます。

お茶の講座の資料を探していたら、この冊子が出てきて、しばらく記事にするべきか悩んでました。ちょうどgattoさんの別姓の話もあり、当時誤解のまま議論されていたジェンダー問題の講座とかも開いていて意見をまとめてたりしてたのです。あんな小さな冊子にも広告を取ったり先生の話を乗せたりして、細々ながら一生懸命にこういう活動をしていた人たちがいたことを、伝えたくなってしまったのです。

私は後から入り、子供もいないし、市の委員会とのバトルの話もあまり理解してなく、その活動をもっとうまく伝えられないのが残念です。
非常に熱心でパワフルで忙しい方たちばかりで、圧倒されっぱなしでした。今は年賀状だけのやりとりですが、相変わらず忙しく駆け回ってるそうですよ。彼女たちの目に触れることはないかもしれませんが、存在意義を伝えたかったことを、gattoさんにわかってもらえて代弁してもらって何よりうれしいかぎりです。



[ 2010/02/19 21:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する