リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

旅行のトラブル1 ホテル編

いろいろなところに旅行し、毎回毎回、ちょっとしたトラブルはつきものです。
そんな中で少し驚いたエピソードを紹介します。
今回はブログの旅行記の中でも触れてますが、抜粋します。

ホテル編

シャワーが出ない
年を重ねるにつれ、豪華ホテルではないにしろ、それなりのホテルを予約するようにしてます。
まずアメリカ、モニュメントバレーが眺められるというGoulding'sLodgeは予約がとれず、HatRockInnモーテルに泊ったときのことです。
シャワーはついてるのですが、蛇口からしかお湯が出ませんでした。
なんといっても、切り替えらしいものがついてないのです。
さすがに困り、アイスクーラーを使い、しのぎました。
アメリカだけにちょっとびっくりでした。
記事はこちら

もうひとつは、
バンコクのバイヨークホテルに泊ったときのこと。
真夏の真夜中につき、疲れ果ててシャワーに入ったものの、水しか出ず、寒々しい思いをしました。
主人は買い物に出かけ、なんとも情けない思いでした。
翌日は少し早めに入ったら大丈夫だったので、ボイラーの関係で調達できなかったのでしょう。
それ以来、バイヨークには宿泊してませんが、食事もまーまーだし、2日目以降はお湯も出たので、悪いイメージはありません。


部屋がない

これは記憶も新しく、今年のプラハ旅行です。
ブログにも書き、重複になります。
苦労して疲れ果ててやっと着いたホテルには、フロントには誰もおらず、やっときた女性は、ちんたら歩いてきて、この時点でやってしまったと思いました。
が、なお驚いたのは、水のトラブルで部屋がないというのです。
部屋がないといわれたのはこれが初めてでした。
押し問答を繰り返し・・・・
詳細は重なるのではぶきますが、怒れたのなんの。

帰国後、ホテル側からの回答は、
当日水のトラブルが発生し連絡できなかった
フロントスタッフの対応が悪かったことや、責任者が対応できなかったことをわび
次回の宿泊時にはサービスする
とのことでした。
もうそこには泊らないし、予約をした旅行会社もそこでは手配はしないつもりです。

ホテルの口コミを見ると、確かに、その近辺に宿泊した方は、「お湯がでない」といったトラブルがあったのは確かなようです。
変更してもらったホテルは一切水のトラブルはなかったので、これまた不幸中の幸い?


emergencyエマジェンシー
これも比較的最近の話で、記事はこちらです。

小火はニュースで見るくらいで当事者になるとは思ったことはありませんでした。
モーテルにしては規模が大きく、きれいなところでした。

内容はブログの旅行記と重複しますが、08年08月アメリカ・イエローストーンでのこと
夜中に疲れ果てて休んでると、人騒がせだと思っていたのですが、「emergency」と激しくドアをノックするので開けると、警官が立っていて、「すぐに部屋を出ろ」といいます。警報機も鳴り響き、着るものを着て、貴重品を握り、慌てて部屋を飛び出しました。

外に出ると、消防車やパトカーが何台も来てました。
火事なのかな?事件なのか?
のんびりスーツケースを握り降りてくる人、パジャマのまま飛び出てきた人、車を移動したりそれぞれです。
だんだん頭が冴えてきても、何が起こってるのかわからず、「近寄るな」とだけで状況がわからず本当に怖かったです。荷物だって置いてきてるし、カメラ忘れてきた!と
夏とはいえ、夜は肌寒いしこのまま夜が明けるのだろうか。
どうしたらいいんだろうと・・・。
言葉も微妙だし。
だんだん火事のようだということはわかってきました。

1時間弱で戻ってもいいと許可がでて、私たちの部屋はぎりぎりのところでセーフでした。
小火は災難でしたが、考えようでは全焼にならず巻き込まれず、1時間ほどで戻れてよかったです。
洗濯室からの出火で、部屋は洗濯室から5部屋先くらいでした。廊下は水浸しだし、焦げ臭いし、まだまだ消防隊員は作業に追われてました。

翌日通りかかると、室内は黒く燃えこげた洗濯機があり、外からは窓も割られ、本当に火事だったんだと思いましたが、こんな目にあうとはゆめゆめ思ってませんでした。
それからは、荷造りしてから休むようになり、今でも強烈なインパクトが残ってます

チェックアウト時は交渉すると、多少値引きしてくれましたが、ないにこしたことはありません。






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

経験談だけに、役立ちます。
こんにちは!

最後のエピソードはほんとすごいですね。過去記事の写真も拝見しましたが、なんかニュース番組を見るみたい~。旅先で火事にあうなんて、ありえることとはわかっていても、「ま、自分は大丈夫」なんて思いますが、やっぱり起こりうるんだ!!せめても夏でよかったですね。寒かったら、ほんとまいっちゃうもん。

でも突然、警官が来るなんてびっくりするでしょうねえ。警戒するあまり「この警官、偽物かも!?」とか見当違いな反応をして逃げ遅れたりしそうです(^^ゞ

自宅でも、翌日の服を枕もとの置いておくとか、実は必要なんでしょうねえ。な~んも用意してません(>_<)きっとYottittiさんご夫妻にはいろんな旅のノウハウがあるんだろうなあと思いました。
[ 2009/11/20 08:34 ] [ 編集 ]
Carinaさん コメントありがとうございます。
こんばんは。

まさか小火に巻き込まれるなんて、ですよね。
本当に人騒がせな部屋間違いくらいにしか思ってなかったんです。

アメリカは犯罪が多いから、偽者の警官とかありえたかもしれないですね。それはそれで大きな犯罪につながってたかもしれないですね。
その辺は寝ぼけてたし、うかつでした。
警報機が鳴ってたので、疑う余裕はなかったです。
煙でも充満していたらびっくりして、とんでもない行動をとってたでしょうね。

結構夏でも標高が高いところで肌寒いので、冬だったら大変です。
待ってる間も、みんな国籍は不明だし、荷物を抱えてる人もいるし、パジャマのままの人もいるし、不安は募るばかりでした。
煙は見えなかったので安心なような、でも荷物が燃えちゃったらどうしようというのと、寒いし、精神的にちょっと来ましたね。
それに、主人が、廊下でもめてる声を聞いたから、きっと放火だとか言い出し、本当に状況はわかるまでこわかったです。

普段も防災用に準備しておかないといけないですね。
わかっていながら、非常袋はとんでもないところにあるし、全然学習能力がありません。お恥ずかしい。

旅慣れてるとおっしゃっていただくと、うれしいですね。
そして、やっぱり旅行はやめられないです。
[ 2009/11/20 19:13 ] [ 編集 ]
Yottittiさん、こんばんは~
今日は、、疲れました~~~なんて、
Yottittiさんのブログで愚痴ってどうする。癒されたい
目的の、いやらしい始まりでごめんなさい。笑
やっと仕事を終えてホッとしているところです。

やはり、すごい渡航数だから、その分ハプニングも
多いでしょうね~!!でも、火事にはビックリです、、!!
ものすごく不安になりますよね。
本当に、大事に至らなくて、本当に良かったです。

でも、さすが、それを経験した分、荷造りして休むとか、
様々な事の予防線を張ったり、何かが起こっても動じずに
対応出来るようになられたんでしょうね、、、!

あと、過去記事に行きながら、思いました。
Yottittiさん、何年も、このブログで記録しつけてるんだ~と、
感動しました。その継続力、私も見習わなくては、、、。

また、旅のあれこれとか、旨いもんとか(笑)楽しみにしてます!
[ 2009/11/20 22:14 ] [ 編集 ]
gattoさん コメントありがとうございます
こんばんは

今日はお出かけされてるのか、お忙しいのかなと思ってました。
一日お疲れ様でした。やっと金曜日ですね。
明日はお休みですか?
ゆっくり休んでリフレッシュしてくださいね~

今日は私も実家のリフォーム前の片付けに追われ、帰ってきてホッともつかの間、また家事に追われ、ばたばたでした。

gattoさんも出張が多いのでいろいろ話題に事尽きないでしょうね。
私たちも個人旅行なので、プチトラブルは絶えず、つきものですね。
そんなときはパックがいいのかなと思ったりもします。
小火のときや、夏のプラハも実感しました。

ホテルであれば小火の心配も少ないのかなと思い、頭のどこかに残っていて面倒くさいと思いながら貴重品だけはまとめて寝てますよ。

過去の記事も読んでいただき、ありがとうございます。
旅行の記録だけと思い、今とは随分違い適当で恥ずかしいです。
ただ同じ場所への旅行だと、記憶をたどるのに便利で、よかったなと思います。
まめに更新もしてないし、gattoさんやCarinaさんのように何かを伝えるのに長けてないし、気がつけば食べる話ばかりで、いつも恐縮してます。
またお付き合いください。

ではでは楽しい連休を!
[ 2009/11/21 00:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する