リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

09年07月24日Ⅲガラタ橋&ボスフォラス海峡クルージング

AM11:40エジプシャンバザールへ
DSCF2500_convert_20090929173928.jpgガラタ橋までトラムで戻り、エジプシャンバザールへ行きました。
喉も渇いたので、ashというパン屋さんに入り、食べるつもりでなかったのですが、ミートパイも頼みました。まーまーかなぁ。


IMGP6187_convert_20091002161739.jpgエジプシャンバザールでは先日も声をかけられたトルコ人が、「日本まで日本語を勉強しに行ったのに、見るだけでちっとも買ってくれないで、けちけちしてないでもっとお金使ってよ」と嘆いてました。こちらとしても「関係ないでしょう?」という状況になり、さすがに言葉がすぎたと思ったのか、謝ってきましたけど・・・、
どこも厳しいようです。


452_convert_20090914202732先日買ったトルコの定番のお土産ナザールボンジュウはここが一番安かったので、また買い足しました。
ナザールボンジュウはトルコの魔よけと言われていて、災いをはじき返してくれるそうです。ストラップやキーホルダーなど、先日は数が少なかったので交渉せずピンのおまけをつけてもらったのですが、今回は決して高いものではないのですが数が多かったので値引いてもらいました。


PM1:00ボスフォラス海峡クルージング
IMGP6484_convert_20090924224129.jpgエミノニュの船乗り場でaroud tripか確認し、1時出発の90分のボスフォラス海峡クルージングに乗りました。
船に乗ると、昨日訪れたイェニ・ジャーミィやお昼に食べたサバサンドの船が見えます。そして船内ではチャイなど飲み物を売りにきます。


IMGP6495_convert_20090924224305.jpgいよいよきれいな青い海へ出発です。やはり出発すると海風を受け、強い日差しがまぶしいです。
そして、さきほど見たドルマバフチェ宮殿が見えてきました。
大きく白さが際立って美しかったです。


IMGP6511_convert_20090929175825.jpgオルタキョイ・ジャーミィとアジアとヨーロッパを結ぶ第一ボスフォラス大橋、この橋はイギリスとフランスによって海峡に初めて架けられた橋で、海峡クルージングの目玉の一つです。


IMGP6506_convert_20090929175920.jpgメフィット2世がコンスタンチノープル攻略のためにわずか4ヶ月で築いた要塞ルメリ・ヒサール。この辺りは海峡の幅が狭くなり、この砦の戦略的重要性が感じられます。


IMGP6502_convert_20090929175959.jpg第二ボスフォラス大橋
実はここで引き返すと思っていたのですが、船がさらに進んでいきます。この時点で2時。4時過ぎにはホテルを出ないといけないのに、one wayの観光船で間違えて乗ってしまったのか、不安な気持ちになってきました。船着場に戻るのにさらに1時間半かかり船はうまく乗り継げるのか、ぎりぎり間に合いそうだけどと、とても不安になりました。間際にクルージングなんてするものでないと、このときばかりは肝を冷やし、景色も目に入ってるようで入ってませんでした。
ようやく船が舵を切り、スピードアップし街に戻るようです。潮の流れも逆なので帰りは早いんじゃないかと、少しほっとです。


IMGP6519_convert_20091001202356.jpgボスフォラス海峡入口のアジア側にある小島に建つ城塞クズ塔、ここは王が娘をこの城塞にかくまったが守れなかったという悲しい伝説が残っているそうです。
12世紀に築かれ灯台や税関に使われました。


IMGP6522_convert_20090929175455.jpgだんだん、エミノニュに近づいてきました。
遠くにはイェニ・ジャーミィとガラタ橋が見えてきました。
少し時間がかかりましたが、無事に到着sし、ほっとです。


IMGP6546_convert_20090929174615.jpgPM2:50到着しました
少し海風でべたべたになり、この時、反射した海の光でものすごく日焼けしたようです。
どきどきしましたが、楽しくきれいな景色を堪能したクルージングでした。




PM3:00トラムに乗り、旧市街へ戻ります。
IMGP6550_convert_20090929174531.jpg最後に初日に食べたスルタンアフメット・キョフテジスィにキョフテを食べに行きました。時間が中途半端にもかかわらず、混んでました。
今日は以前教わったキョフテとヨーグルトドリンクのアイランの組み合わせです。いよいよ食べおさめで名残惜しいです。


IMGP6552_convert_20090929174427.jpgそしてグランドバザールに行きました。グランドバザールは物価も高いので買う気が起きず、クルージングの疲れも出て、二日目に行ったところにチャイを飲みに行きました。案内されたのは、ちょうど絨毯屋さんの前の席。そうすると、隣にいた人が片言の日本語と英語で話しかけてきます。気温の話をしたり他愛のない話をしてたのですが、目の前にある絨毯屋さんを営んでるとのことです。またまた買う斡旋で丁重にお断りしましたが、やっぱりと思いました。


PM4:00プレジデントホテルへ
IMGP6559_convert_20090929174324.jpgホテルに戻り荷物をピックアップし、タクシーを呼んでもらいました。
タクシーはぼったくられないかなとか不安はありましたが、ベルマンがタクシーのドライバーに何か耳打ちしてました。何か注意してくれたのか、「また来てね」と送り出してくれ、海のきれいな景色を眺めながら空港に向かいました。おかげさまでぼったくられず、無事に空港に到着し、古かったですが老舗のいいホテルでした。やっぱり信用も大事ですね。



出国審査は混んでたもののスムーズに終え、ドバイ経由関空から羽田に帰りました。

ドバイの空港では、主人がタバコを吸うのに出国手続きをすると、審査官に問題ないよといいながらも、信じられないとあきれられました。
ちょうど二週間前に降り立ったと思ったら、もう帰国です。相変わらず湿度たっぷりで、この感じぃと思い出しました。
IMGP3638_convert_20091001212113.jpgそしてお土産を買いに行きました。並ぶということを知らない人ばかりで、キャッシャーもあきれてるものの、もう少しよくなるといいですね。
チョコとクッキーを買いましたが、クッキーはあまり評判はよくありませんでした。
ちなみにドバイは税金がありません。

飛行機の中は爆睡しました。時間が深夜なのでよく寝れたのかもしれません。
ただ帰りの食事は、温まってなくて冷たいままでした。アテンドコールをしても少しも気づかず、片付けるときに冷たいと話しましたが、上司に報告はしておくとのことで、エミレーツ航空は評判がいいだけに少しがっかりした機内食でした。

関空で、機内食が食べれなかったので、うどんを食べました。
関空経由は日本に帰ってきたけど、まだ着いてないとちょっと不思議な海外旅行でした。

本当に充実し実りある素敵な旅行になりました





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : ヨーロッパ旅行記

Yottittiさん、こんにちは~*
ここ数日、仕事でPCをガン見していたら眼精疲労になってしまい、
(実は時々、仕事に没頭するとしでかすんですv-356
激しい頭痛と嘔吐の後、復活しました~~^^ と、しょぱな私事をすみません。

とうとうこの旅最後の記事ですね。
エジプシャンバザールのトルコ人は、ちょっとうるさいな~という感じですね。
おっしゃる通り「関係ないだろっ」って話ですよね~。
せっかく旅を楽しんでいるのに。プンプン。

ナザールボンジュウは、Yottittiさんのブログで知識を得ました。
トルコの魔よけ、青い目玉?ですね。色が綺麗です。

クルーズはとても気持ち良さそうなのですが、途中、要塞ルメリ・ヒサール
の写真にビクッとしました。数々の争いの記憶を持っていそう、、、。
帰りはヒヤヒヤだったのですね。間に合ってよかったです!!

キョフテ美味しそうですね。添えている黄唐辛子??もかじるのですか?
代謝上がりそう。笑

帰りは関空経由だったのですね。お疲れ様でした~~*^^*
本当に充実した旅だったのでしょうね。なんとも、夢の数週間でした。
一緒に旅させてもらった気分です。

その感覚、すごくよくわかります。なんか、帰ったのに帰っていない
変な気分。笑 中国出張のとき、関空経由が時折あったのですよ。
二度楽しめてよいかも。でも疲れちゃうか~。

さてさて、引き続き次の話題も楽しみにしておりますよ~。
旅の失敗談や、カジノのhow toなどなど!
[ 2009/10/02 11:54 ] [ 編集 ]
gattoさん コメントありがとうございます
gattoさん こんにちは

今日は東京はあいにくの雨模様で、すっきりしませんね。
お仕事が忙しい上に、お疲れのところ、コメントありがとうございます。
パソコンを見てると瞬きの回数が減ったり、目の奥が痛くなってきますよね。
目の疲れから頭痛になり、きっと気持ち悪くなってしまうのですね。
目は冷やして寝るといいかもしれませんが、お天気も涼しくなったりと身体がついていかないので、無理なさらないでくださいね。
愛するだんなさまが心配してしまいますよ。


とうとう今回の旅行の記事は最後になってしまいました。
今回はいろいろなことを載せてきました。
本当におつきあい、ありがとうございました。

お店のトルコの人は悪気はないのでしょうけど、あの言葉は耳に残ってます。
通りがかっただけだし、スパイスとお菓子を扱ってるお店で、旅行客にはちょっと手がでにくいものでした。
もう少し買いたいようなものを並べたら?と思いました。

ナザールボンジュウはイスラムのお守りで、私たちも目玉と呼んで正式名は初めて知りました。
いろいろなタイプがあってびっくりしました。
割れても縁起が悪いわけでなく、守ってくれたと、新しいものにするそうです。

クルーズはのんびりして快適でした。
ルメリ・ヒサールは、のんびりしたクルーズの光景に、威圧感がありますね。数々の戦いが繰り広げられたのでしょう。

折り返しの45分を過ぎてからは、Uターンするまでヒヤッとしました。
帰国日でなければ、そんなにあせらなかったのでしょうけど、ガイドブックでそういうルートがなかったので、今回ばかりは冷や汗かきました。
結局は時間は余ったのですが、精神的につかれてしまい、何事も余裕をもって行動するに限ります。

キョフテにはさらに粉末の唐辛子もあったり、この黄唐辛子も少しのせて食べました。さすがに全部は食べきりませんでしたけど、思ったより辛くなくて、病み付きになりそうでした。
タイの辛さとは違い、また食べたい辛さです。


国内線でも関空は初めてでした。
関空は成田ー羽田と違い同じ空港なのでまだいいですね。
gattoさんも経由してるのなら、同じ感覚を味わったのですね。
羽田のほうが近くていいのですが、駐車場代が高いので、悩ましいところです。

今回の長い旅行記事にお付き合いありがとうございました。
私も張り合いがあり、がんばれました
旅行が二度終わってしまったような、でも楽しい思い出を再度振り返り、達成感があります。
次回の旅行にも生かせそうです。
今後はいろいろな話題にチャレンジしてきます。

[ 2009/10/02 13:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する