リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

7月17日①旧市街広場からカレル橋へ

AM7:00
朝食つきだったので、ホテルで食べました。外の中庭でもお食事ができ、そこはなんとタバコも吸えて主人には好都合のようです。お天気もよく気持ちよかったです。
パン、ヨーグルト、卵料理、ポテト料理、フルーツ、チェコのスープらしいものが飲めてよかったです。

AM8:30
IMGP4523_convert_20090818163622.jpgホテルからの坂道を降りたところに地図に載ってない気になっていた塔があります。
火薬塔だった気がするのですが、主人が違うというし、二人ともなんだったか思い出せません。
この先、ガイドブックは結構苦労させられました。





AM8:40ヴァーツラフ広場を通り、旧市街広場に行きます。
IMGP4559_convert_20090818221014.jpg旧市街広場のシンボルでもあるゴシック式の建物旧市庁舎天文時計です。とうとう来てしまいました。朝早く空いていて写真撮影には最高です。

IMGP4544_convert_20090818220838.jpg
写真では細かい彫刻や時計の細工がわかりにくいのですが、とても精巧です。
パリなど厳粛な彫刻と比べ、色目があり、おとぎ話にでてくるようだと女性に人気もあるのでしょう。
IMGP4547_convert_20090819205058.jpg

IMGP4537_convert_20090818164146.jpgまた遠くからもをひく2つの尖塔が象徴的なティーン聖母教会があります。
三角屋根には純金の聖母マリア像が輝いてます。
建築博物館の都と呼ばれているだけあり、美しい建造物がいっぱいです。

IMGP4554_convert_20090818221257.jpg
広場中央にはチェコ人の英雄的存在のヤンフス像が中央にあり、
後ろはゴルツキンスキー宮殿です


IMGP4550_convert_20090818221120.jpgこちらは威厳ある百亜のバロック様式の聖ミクラーシュ教会(旧市街地)です。
コンサートなどあるようです。

この広場は他にも見所もたくさん、そして街の中心なので何度も足を運ぶことになり、観光客でいつもにぎわってました。




AM9:00カレル橋へ
IMGP4567_convert_20090818221406.jpgかわいらしい看板や石畳の道を歩いてると、ヨーロッパにきたなと実感します。
だんだん、カレル橋の橋塔が見えてきました。


DSCF1634_convert_20090819133357.jpg右手には教会があり、橋は一部工事中との表記がありました。
公式行事としても使われ王の道として繁栄したカレル橋、30体ある像はいくつ見れるのでしょうか。


IMGP4582_convert_20090819004559.jpg塔をくぐると、橋には似顔絵を書く人がお店を出す準備をしてました。
そして右岸にはプラハ城がみえ、ヴルタヴァ川とこの美しい光景に息を呑みました。左岸もきれいです。
夜は夜景を見に来なくちゃ

IMGP4595_convert_20090819003202.jpg像では一番の目当ては聖ヤン・ネポムツキー。
ボヘミアの守護聖人でヴルタヴァ川に突き落とされ殉教。その場面が描かれた台座の図柄を触ると幸福になるといい、その部分は金色に光ってました。工事中でなく、これが触れてよかったです。


IMGP4602_convert_20090819003302.jpgいろいろな像を見てきましたが、マラーストラナ側の橋塔が見えてきました。いくつかみれないものがありましたが、すいていて見やすかったです。






AM9:10IMGP4612_convert_20090819003345.jpgこれからプラハ城を目指します。
ここからは、お城を目指しきつい坂が続きます。
途中で飲み物を買おうと思ったら、これから自動販売機に電源を入れる様子。この暑いのに生ぬるいのはとがまん。


DSCF1650_convert_20090819143238.jpgきつい上り坂を登ると、プラハ城のもう少しのところで限界です。
このままでも観光はできないので一休みしました。
朝からビール?さすがに全部飲みきれませんでした。
のどをうるおし、これから突入します。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

Yottittiさん、こんにちは!
ホテルの朝食充実していたんですね~。
なんか、美味しそうな感じだし、中庭で食事が出来たなら気持ちよさそー。
ご主人も、気持ちよく一服できてなにより。

私、どうしても思い出せないんです、、、??プラハでの朝食のこと。

ここで、こうして写真と共に書いていてくれるから「細かい彫刻や時計の細工」が、
そうか~~、精巧で、おとぎ話みたいなんだ~と、、、やっと、、、わかりました。
一体私は、何を観ていたんだろう?!

ただ、「旧市街広場」と、「カレル橋」だけは記憶に残っています。
それだけ、、、、、。(苦笑)

でも、聖ヤン・ネポムツキーの殉教場面が描かれた台座の図柄を触ると
幸福になるというのは知りませんでした~。触れられて良かったですね*

天気が良くて気持ち良さそう、、、。朝からビールだし。笑

あのですね、下から3番目の写真の、左の像の頭に、、、、空から
続いている竜巻のような、、、白いものがかかっているのですが、
な、、、、何かしら???笑

でも、なんだか、良いパワーを感じますよ!

プラハ城突入!楽しみです。^^
[ 2009/08/19 16:17 ] [ 編集 ]
gattoさん こんばんは~
ホテルの朝食は、すごく種類があったわけではないのですが、開放的で明るく外で食べれたのがよかったです。
お天気もよくヨーロッパって感じでした。

gattoさんはプラハでのお食事いかがでした?
パンとか召し上がったんっじゃないでしょうか。
10年一昔といいますが、どうだったのだろうととっても気になります。
本当に思い出せないことがたくさんあります。
でも、人の記憶って、みんなそれぞれ覚えてることが違ってかき集めると面白いですよね。

時計の写真、さきほどぼっとしていて写真を載せる元気がなかったので、今追加しました。
gattoさんのように表現が豊かだともっと違ってわかりやすく記事もできあがるのでしょうけど、言葉足らずでごめんなさい。
世界一周をしてきた方のブログでメルヘンチックで一番気に入った場所と描いてあったので、期待は強かったです。西欧から行くと微妙って話しもありましたけど・・・

初めてのところは、わけがわからず観光していて写真で見て、これも見てたんだとか、これを見落としてたのかと、ブログで残して勉強してるところです。
きっとみんなもそうなのでしょうね。

カレル橋の聖ヤン・ネポムツキーでも、人がいないと見落としてしまうかもしれません。
みんな素通りしてたのに、私たちが写真を撮ってたら、戻ってきて台座の上に座ってポーズをとる人がいました。
効果は今のところわかりませんが、少しお届けします。

朝からビールを飲んでしまいました。
さすがにきつかったですが、暑さであっという間に抜けてしまいました。

下から3番目の写真の、飛行機雲でしょうか??
花火とも思ったのですが、場所を変わっても何枚かそんな写真があるのです。
写真はたまに変な光が入って怖い写真もあります。
でもこれは・・・・

次はプラハ城です。今週はばたばたしてるのでのんびり更新していきます。
[ 2009/08/19 21:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する