リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

09年07月16日 プラハ到着

スカイヨーロッパ機内では、後ろのおじさんが座席をひっぱり、ゆっくりくつろげずないまま、定刻より送れてプラハに到着しました。
荷物を受け取り、両替所を探しました。銀行はどこもレートは同じで、あまりの手数料の高さにキャッシュディスペンサーを探しましたが壊れてて使えず、無駄な時間を過ごしてしまいました。どんなぼったくりの国なんだろうというのが第一印象です。
このレートの悪さにタクシーに乗る気も失せ、バスに乗ることにしました。インフォメーションは混雑し、バスの案内も不親切で、切符がいるかどうかもわからず、幸い乗ったエアポートエクスプレスはバスの中の清算で助かりました。初めての観光客にはなかなか辛いスタートでした。

バスも街中に近づき、プラハ駅で降りました。このプラハ駅が曲者で、地下に行ける事がわかっていればかなり楽だったのですが・・・気がついたのはウィーンへの移動のときでした。

苦労して宿泊先の987デザインホテルに到着です。
このホテルは駅から近いし評判もそこそこだったので私が見つけたのですが、ロビーは狭く受付も誰もいません。女性が来たと思ったら、「水のトラブルで部屋が使えません。」「何??」こんな時間で部屋がない!!「同じクラスのyasminホテルまでタクシーで送るからそっちに行って。そして一泊したらこっちに戻ってきて」と言うのです。
こちらとしては、どうして事前に連絡できないのか、いまだかつて部屋がないということは初めてだし、キャンセルもできない、上司も帰っていない、という不始末。さんざん文句をいい、納得できないと言うものの、次に来たお客さんは部屋にチェックインでき、ありえなぁい。と大ブーイング。
明日にはなおるという事態も納得できず、ただのオーバーブッキングではないかと疑い、ヨーロッパびいきのように感じ、プラハはこの時点では大嫌いでした。



DSCF1797_convert_20090817222430.jpg用意した代わりのyasminホテルはいいホテルといいはり、こちらもみてくるといったものの、そのままチェックイン。987デザインホテルよりもロビーも広く受付もいい感じ!?中二階があって従業員と共用と面倒なエレベーターを除けばまーまーでした。

DSCF1794_convert_20090817222342.jpgやはり名の知れた大きなホテルでは安心感があるので、予約の際は今後気をつけなくてはと反省しました。予約した某ネットホテル会社も回答は来たものの、納得できたものでなくまた使うかどうかは疑問です。
このような状況で、写真はほとんどないことに気づき、慌てて撮ったものです。新しいのかきれいで広く、ベッドのスプリングは微妙でしたが、スリッパがあり、ネットはフリーで快適で2泊しました。ネットでこちらのほうが評判も高くよかったかもしれません。



IMGP4509_convert_20090817210117.jpgいやなスタートになってしまいました。ビールを飲みほうけるために楽しみにきたのに、ここで力つきるわけにいきません。
せっかくなのでヴァーツラフ広場に行きました。なんだか怪しげなCASINOの文字が見えました。


PM10:00
IMGP4512c_convert_20090817211026.jpgここで気分を仕切りなおしです。ガイドブックでもおなじみのウ・ピンカスーに行きました。
2階のお食事の場所は混んでいたので、1階でビールだけ飲みました。
帰りは酔いも回ったのか、ピースをしてご機嫌。きっと笑うしかなかったのでしょう。


IMGP4514_convert_20090817210208.jpg時間も遅くなったので開いてるお店も限られ、ヴァーツラフ広場ではホットドッグが売ってたので、晩御飯はなんでもよくなってました。
足りないかなと思いましたが、にんにくがきいてすごいボリュームでした。ウィンナーはおいしかったです。


IMGP4522_convert_20090817210425.jpgふらふらお散歩をしました。このときは何かわからなかったのですが、こちらも火薬塔で二つあるらしいということがわかりました。
かわいらしい街並みを見てたら、だいぶ気分も盛り上がってきて、明日からプラハ満喫します。
昨日の失敗もあり、さきほどホットドッグを買ったお店で飲み物を買って帰りました。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

Yottittiさん、こんにちは*
散々でしたね、、、。お疲れ様でした!
ひどい対応ですね。怒り心頭に発す、ですi-231

でも、結果的にホテルが変わって良かったようなので、
災い転じて、、、ってヤツですね。^^
ビールを飲みほうける為に来た、、、、って、いいわぁ~。
なんだか私まで楽しくなってしまいます。

以前、プラハを訪れた時、既に共産党政権が崩壊して、国名が
チェコおよびスロバキア連邦共和国に変わり、何年かしていましたが、

やはり、その名残が色濃かったのか、、、?何故か??ホテルの送迎の
車の運転手達、軍服でした、、、、!!!

重苦しい雰囲気の中、夫(当時は結婚前)と大喧嘩はするし、
クラシックなレストランに行けば、、、なんか、店の中が、
何か含んだような雰囲気で、料理が死ぬほどまずくてi-229

Yottittiさんのブログで、楽しいプラハ旅行をやり直します(笑)
[ 2009/08/18 11:18 ] [ 編集 ]
gattoさん、こんにちは
ホテルで部屋がないと言われたときは、gattoさんのパリの話を思い出し、愕然としました。
こちらは、いくら他のホテルを用意してると言われても、は?って感じでした。
やっぱり共産圏はなんでもありなの?ってびっくりでした。
それに他のホテルを予約すると言ってるのに、キャンセルできないって言う融通のきかないチェコなんて、このチェコ人大嫌いって思いました。
本当にこの日は、ぐったりで疲れ果てました。
旅の思い出のワースト記憶に入りそうです。

ホテルは口コミでは少しこちらのほうがよかったので、気分的にもおさまりました。
でもいらぬ体力を使い、いやな気分をしたのは余計でしたけどね。

チェコは水よりビールのほうが安いって言うし、気合十分でした。
食べものもおいしいという人とまずいという人といたので期待してなかったのですが、おいしかったので楽しくなっていったんだと思います。最近は食べ物重視ですね。

gattoさんは、貴重なチェコの移り変わりを見てきたのかもしれませんね。
今は軍服を着た人は見かけなかったし、暗いイメージはなかったです。
そんなに時間も経ってないのに変わるのですね。
プラハは共産党政権で人件費も安く先進国企業が進出し、今は人件費も高くなり人々の生活も一変したのかもしれません。
物価が安いというイメージはなかったですよ。

gattoさんにとってプラハは、暗くていいイメージはないですね。
私もちょっとそんな話を聞いていたら行ってなかったかもしれません。
時代は変わったと思うので、また写真でも見てくださいな。
おいしそうな写真も載せますね。

だんなさまとのけんかは、旅行中は疲れが出たのでしょうね。
今だったらしゃれになっってることも、当時はきっとかっとなってしまったのでしょう。
だんなさまはすっかり忘れてるんじゃありませんか?
私なんて、よく覚えてるねと嫌がられます。
小出しにしておかないとお互いによくないですものね。

[ 2009/08/18 13:30 ] [ 編集 ]
No title
ビックリです。

昔のブログものぞいてみようと、こちらに入ったら、前に私のオーバーブッキングの記事にコメントがあった、例のあの事件の記事! 数ある記事のなかから、私はどうやって、ここをえらんだんでしょうか? もしかしたら、わたしって・・・・

さて、プラハですが、ビックリです。 なぜかというと、スペインにいる東欧からの移民のなかで、ポーランド人が、ずば抜けて知的程度も高く、悪い事をしないので、一目おいていたからです。 プラハは、私が行って見たい憧れの街。。。 でも、実際に旅行すると、色々なことがおこるんですよね。 引き続き読みます。

[ 2011/06/17 20:51 ] [ 編集 ]
ぴきさん
昔のプラハの記事に、ご訪問ありがとうございます~!
例のあのブッキング話と遭遇ですね(笑)。もしかして予知能力があります~?(笑)
プラハは空港での両替率も悪く、始まりがホテル事件だったので悪い印象でしたけど、プラハはよかったですよ~!おとぎの国みたいで、足を延ばしてまたゆっくり訪れたいです。

>スペインにいる東欧からの移民のなかで、ポーランド人が、ずば抜けて知的程度も高く、悪い事をしないので、一目おいていたからです。

でもプラハを訪れた人は、スリで羽交い絞めにあったとか(スペインもイタリアも一緒ですね)。ぼったくられたって話もよく読みました。
私はトラムに乗ってないのでわかりませんけど、怖い目にはあわなかったですけどね。


びっくりしたことは、レストランでチップを要求されたことと
両替率が悪かったことですね。
今思えばブログの写真も小さくしてるので、よさが伝わりにくいですが、プラハ城とか本当によかったですよ。カレル橋からの風景も最高です。ちなみに写真はクリックすると大きくなります。
それに食べ物もおいしかったですよ~。
[ 2011/06/17 21:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する