リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

桂林米粉(ビーフン)食べ比べ

5月の桂林・上海旅行の3日目③

蘆笛岩からタクシーで桂林中心部に戻ってきました


おいしい桂林米粉が食べたい~と、目指した「又益軒米粉店」と「石記米粉店」
ネットで記載されてる中山中路の繁華街に訪れたけど、情報が古くて見つかりません・・・・


繁華街をぶらぶら歩いて、
あきらめかけたその時に見つけた「又益軒米粉店」
池ポチャしなくてよかった~と思いました

場所は「解放西路」と「太平路」が交差するところ
DSC05473.jpg


人気店で混んでます
DSC05470.jpg


一杯5元(80円)

テーブルに並んでるいんげん、筍、切り干し大根のような辛い漬物、揚げピーナッツ、桂林豆板醤などを好みでトッピングします
今回はたくさん入れて混ぜました
でも辛すぎてしまって、一杯の麺の量が多くて、食べるのが大変です
麺が少なくなってきたら、テーブルに置いてあるスープ出汁で割ると、二度目の味わいを楽しめます
一番最初に食べたお店よりもおいしくて安い!
でもこの桂林米粉にはまるかといえば、やっぱり酸っぱいし辛い・・・
まだまだ桂林米粉の修行が必要です
DSC05472.jpg



次は

この又益軒に近い中山中路にあるという5大名店のひとつ「石記米粉店」
移転してしまい空っぽ・・・・
移転先の住所が掲示されてました
DSC05478.jpg


翌日移転先の住所を訪ねてきました
今はスマホがあるから便利です!


西城歩行街の近くの西城路に移転した「石記米粉店」
P5050502.jpg




店内
DSC05942.jpg


どこのお店にも掲げられてる桂林米粉の歴史を紹介したパネル
DSC05938.jpg


メニューは
スープあり・なし、お肉の種類があり、一番ノーマルな、卤菜粉1玉3.5元(55円)をお願いしました
まだお店が空いてたので、お店の人はとっても親切でした
DSC05941.jpg


トッピングの具材が並んだカウンターとスープが入ったポット
DSC05936.jpg



今回はトッピングはほとんどせずに、そのままいただきます
私にはこれくらいでも辛いし、酸っぱいしちょうどよい加減
3店舗で食べた中でも、一番おいしかったです
DSC05934.jpg



桂林のお料理は酸っぱ辛く、油がきついという話はよく聞きます
なかでも桂林米粉はおいしいといわれるほど、日常よく食べる国民食!?のようで、日本のラーメンみたいな存在で多くのお店があります
なんでもトッピングの配合が大事だそうで、私たちは今回「これ!」っていう味付けはマスターできなかったのは残念・・・
桂林米粉、すごく奥深いです


また桂林米粉のお店は
情報が古くて更新されてないため、お店探しに苦労しました
中国も今は再開発で移り変わりも激しいようで、お店に訪れるのも注意が必要です


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/20 16:30 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(15)
こんばんは!
米粉って中国でワタシは食べたことがなく、そもそも河北省あたりは麦文化なので米粉自体なかったのではと思います。
桂林の米粉は麺が太くて、日本で食べるケンミンの焼きビーフンとは全く違いますね~。
しかし、お値段は未だに昔の中国価格!!
一度は食べてみたい気もしますが、酢味??とビックリです。
でも中国ならありえそう~。
揚げピーナッツ入りというのが中国っぽいなあと思いました!
[ 2017/07/20 22:14 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/20 22:21 ] [ 編集 ]
こんにちわ

桂林って香港と同じくらいに南のほうにあるんですねー!
周囲で稲作をやっているから米粉文化なんでしょうか。
基本の味つけのうえに具材をトッピングしたり調味を足したり
自分好みの味に仕上げるのは難しいですよね。
辛くて酸っぱいのが基本の味…どんな味なんだか興味津々です!
[ 2017/07/21 10:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/07/21 17:43 ] [ 編集 ]
こんばんは、
ビーフンは私も好きな方ですが日本で食べるビーフンとはかなり違ってますね。「桂林米粉」ってトッピングをして頂くのですね。酸っぱ辛いお味・・・本場のビーフン、一度は食べてみたいですね。
[ 2017/07/21 20:32 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん
こんばんは

> 米粉って中国でワタシは食べたことがなく、そもそも河北省あたりは麦文化なので米粉自体なかったのではと思います。
> 桂林の米粉は麺が太くて、日本で食べるケンミンの焼きビーフンとは全く違いますね~。
> しかし、お値段は未だに昔の中国価格!!
> 一度は食べてみたい気もしますが、酢味??とビックリです。
> でも中国ならありえそう~。
> 揚げピーナッツ入りというのが中国っぽいなあと思いました!

桂林米粉というくらい国民食だって書いてあるブログがあったのですが、私は、上海で一回も見たことがないので、嘘くさいな~と思ってましたが、やっぱり、そうメジャーではないですよね(笑)
桂林の米粉は生麺っていうのも珍しいようで、それに太めです
よくアジアで見る米粉は乾麺だし、日本のビーフンも乾麺で違いますよね
さっぱりという感じではなく、かなりお腹にたまります
お値段は、やっぱりお安いです
で、味付けは、発酵したような酸っぱさがあるんですよね
おいしいと絶賛してる人もいたけど、まだまだそこの境地には達するまではいかなかったです・・・・
ぜひGUIHUAさんに召し上がっていただいて感想をいただきたいところです(笑)
[ 2017/07/21 21:39 ] [ 編集 ]
鍵コメさん
連絡ありがとうございます!
メールさせてもらいました~
こちらこそ、よろしくお願いします
[ 2017/07/21 21:40 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは

> 桂林って香港と同じくらいに南のほうにあるんですねー!
> 周囲で稲作をやっているから米粉文化なんでしょうか。

桂林は意外に香港に近いんです
それに桂林はずーっと昔は海だったとか!
だからカルスト地形が生まれたといわれてます
水のないところにはお米は育たないので、お米を食べる文化なのでしょうね


> 基本の味つけのうえに具材をトッピングしたり調味を足したり
> 自分好みの味に仕上げるのは難しいですよね。
> 辛くて酸っぱいのが基本の味…どんな味なんだか興味津々です!

米粉自体をマスターしてないのでわからないのですが、湖南料理に似てて、好きな人とわかれるのかもしれません
お漬物を酸っぱくしたような感じに、辛みが加わわり、この微妙な配分がおいしさをわけるのかもしれません
[ 2017/07/21 21:50 ] [ 編集 ]
Samansaさん
Samansaさん

> ビーフンは私も好きな方ですが日本で食べるビーフンとはかなり違ってますね。「桂林米粉」ってトッピングをして頂くのですね。酸っぱ辛いお味・・・本場のビーフン、一度は食べてみたいですね。

日本やアジアの米粉は乾麺ですが、桂林のものは生麺でまた独特です
日本のビーフンとはまったく別物で、油そばみたいなものでしょうか
違うのはすっぱからいお味で、辛みを入れすぎた日にはむせます(笑)
日本でも食べれるところはあるなので、いただいて比較してみたいです~
[ 2017/07/21 21:54 ] [ 編集 ]
こんにちは!

米粉 そんなに奥が深いんですか

ビーフンでコーフンw

そっか~
ラーメンでも奥が深いですからね~~

まとめると
歩行街で西城秀樹が競輪選手にになったということですかねヾ(- -;).


[ 2017/07/22 12:58 ] [ 編集 ]
ずいぶんと色が白いビーフンですね。
それに断面が○なんだ。平打ち麵かと思ってました。
トッピングして食べるのって配合が自分好みの味を見つけるのって大変でしたでしょうね。
乾麺ではなく生めんというのも珍しいです。
[ 2017/07/22 22:07 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 米粉 そんなに奥が深いんですか

お店によっても微妙に味付けが違うし、
味付けもそれぞれ、好みの味にするには奥深いです


> ビーフンでコーフンw

ラーメンみたいな国民食っていう感じでしょうね


> そっか~
> ラーメンでも奥が深いですからね~~

ラーメンもとんこつからいろいろありますよね
今では、つけ麺がメジャーになるとは思ってなかったです


> まとめると
> 歩行街で西城秀樹が競輪選手にになったということですかねヾ(- -;).

いつの間にかバーモントカレーになってます~(笑)
カレーも奥深いですよね
[ 2017/07/22 22:19 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> ずいぶんと色が白いビーフンですね。
> それに断面が○なんだ。平打ち麵かと思ってました。
> トッピングして食べるのって配合が自分好みの味を見つけるのって大変でしたでしょうね。
> 乾麺ではなく生めんというのも珍しいです。

米粉の生麺っていうのは珍しいですよね
味わいももちもちしていて、フォートやセンレックナームとも違う味わいです
アジアではいろいろ香辛料を入れて自分流に味付けをするのが楽しいですが、今回ばかりは分量がよくわからなかったです
最後のお店で、桂林風に味つけてもらえばよかったかしら~と今思いました

[ 2017/07/22 22:24 ] [ 編集 ]
ビーフンのトッピングで好みの味を楽しむというのは経験を積まないとやっぱり難しいのでしょうね〜。
でもだんだん上手になられているようで・・・でも最後は美味しかったと言える味に巡り合えて良かったですね^^
それにしても驚くほど安いですね。昨今の中国の値段は皆目見当がつきません^^;
中国ではGOOGLEが使えないと聞いていますが、どんな風に店舗の住所で検索されたのですか?!
[ 2017/07/23 18:18 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん
連コメありがとうございます

> ビーフンのトッピングで好みの味を楽しむというのは経験を積まないとやっぱり難しいのでしょうね〜。
> でもだんだん上手になられているようで・・・でも最後は美味しかったと言える味に巡り合えて良かったですね^^
> それにしても驚くほど安いですね。昨今の中国の値段は皆目見当がつきません^^;

絶賛してる方が多い中で、よくわからないまま終わりました
見よう見まねでも難しいですね
味付けは、お店の方に頼めばよかったと思いました
やっぱり街中の小さな飲食店はお値段はお安いです
日本でいうファーストフードみたいなところになるでしょうか
それにしてもお安いですよね


> 中国ではGOOGLEが使えないと聞いていますが、どんな風に店舗の住所で検索されたのですか?!

後日紹介するつもりでしたが、日本から香港経由ののsimカードを購入すると、ネット規制対象外なので、日本と同じに検索できます
普通の街中のwifiでは無理ですけどね
[ 2017/07/23 20:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する