リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

アンコール・ワット②第一回廊と十回廊

3日目②


中央祠堂が見えてきたら

いよいよシンハに迎えられた階段
今は木製の階段が整備されて上りやすいです
P1060863.jpg



十字テラス

前回は修復工事中だった第一回廊の西塔門は、白くなってお目見えです
また、美しい尖塔が並んでます
P1070619.jpg



第一回廊に施された絵巻物語のレリーフが見どころ
P1060806.jpg


全長約800mにも及ぶ有名な壁面
インドの叙事詩や神話など8つの物語が描かれ、それぞれ違ったレリーフが楽しめます
P1060746.jpg


「ラーマーヤナの物語」(インド古典叙事詩)の戦闘場面
姫を助けるために、ラーマーヤナ王子は猿軍を率いて、ラーヴァナ群と戦うお話
絵は獅子馬車に乗った敵のラーヴァナ
P1060446.jpg



「マハーバーラタ」(インド古典叙事詩)の戦闘場面
王位継承をめぐる争い
この辺りは、精細な彫刻が続きます
P1060443.jpg



「天国と地獄」
閻魔様のいう通り
こわーい閻魔大王が18本の手に剣を持って、地獄か天国行きかの裁きを行ってるところ
P1060787.jpg


その結果~
上層が天国で下層が地獄・・・・
P1060786.jpg


ここは唯一残ってる花模様のきれいな天井
P1060450.jpg



もっとも有名な「乳海攪拌」
大蛇をひき合い、大海をかき回して乳海となり、不老不死の薬が生まれたという神話
とっても柔和な彫刻です
P1060455.jpg



未完成だった回廊に残るのは
ヒンズー教の一節の「ヴィシヌ神と阿修羅の戦い」
のちに中国が彫刻をしたところ?他は精細なのに比べて、お顔やら精細さに少々欠けてお茶目度高いです・・・・
P1060731.jpg

ざっと紹介した回廊ですが、
スケールがとっても大きくて、時には残酷な場面もありますが、ユーモラスな世界観も表現されてます




第一回廊と第二回廊をつなぐ十字回廊

4つの聖なる沐浴地
P1060694.jpg


現在は水はないけど、水のある所は神聖な気持ちになります
P1060855.jpg


回廊に支える梁に施された装飾
当時は朱色や金箔がほどこされてて、華やかだったそうです
P1060420.jpg


首のない千体仏
P1060484.jpg


仏像
P1060485.jpg



階段を上ると第二回廊
美しい尖塔も見えます
P1060434.jpg



今回は全部で3回で終了するつもりが・・・・4回になりそうです
CCI2017033012.jpg



2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

先日京都に行ってきました
同じ、「寺院」でも
やっぱり違うんですが
なんでしょうね
「匂い」が一緒ですよね
やっぱり同じ宗教だからかなあ
木で作ってあるのと石で作る違いくらいしか感じないなあ(^^♪
 
[ 2017/03/29 21:00 ] [ 編集 ]
アンコールワットの外観も凄いですか、中も見どころたくさんで体力勝負ですね!
800mのレリーフもすごいです。
やはりこの時代も天国と地獄絵図は主流なのですね。
確かにお寺ですものね。

柱や壁の色、いつか再現されたものを見てみたいです。
ものすごく綺麗でしょうね~。
[ 2017/03/30 06:27 ] [ 編集 ]
こんにちわ

マハーバーラタやラーマーヤナなどの神話のレリーフ
800メートルも続いているなんて圧巻ですねー!
これだけの壁面レリーフは類を見ないのではないでしょうか。
有名な「乳海攪拌」柔和な印象なんですねー。

見どころが多いから画像も増えてしまって
レポが長くなるのもわかります。
つづきも楽しみにしていまーす(^^♪
[ 2017/03/30 16:05 ] [ 編集 ]
加夢さん
加夢さん

> 先日京都に行ってきました
> 同じ、「寺院」でも
> やっぱり違うんですが
> なんでしょうね
> 「匂い」が一緒ですよね
> やっぱり同じ宗教だからかなあ
> 木で作ってあるのと石で作る違いくらいしか感じないなあ(^^♪

そうなんですよね
京都・奈良と同じような存在だったと思います
信仰心に対する考え型が同じで尊い存在であることから、通ずるものがありますよね
参道はまさに一緒です
また水の恵みを感じるのもひとつあるかもしれませんね
[ 2017/03/30 18:15 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> アンコールワットの外観も凄いですか、中も見どころたくさんで体力勝負ですね!
> 800mのレリーフもすごいです。
> やはりこの時代も天国と地獄絵図は主流なのですね。
> 確かにお寺ですものね。

外観も上に伸びる尖塔がヒンズー教らしい寺院で、考えられて設計されたそうです
中の回廊も大きくて、彫刻は圧巻です
天国と地獄は、この時代も考えとしてあったのでしょうね
比較的わかりやすいです
有名な個所を探し出すのも一苦労なのですが、人がいるところは有名なところと判断がつきます(笑)

> 柱や壁の色、いつか再現されたものを見てみたいです。
> ものすごく綺麗でしょうね~。

柱や壁などは金箔が施されてたとか、きれいな色が付いた砂岩だったとか、ところどころに残っていて、往時を思うといつか再現されるのが見てみたいです
資料がないのと、宗教的にも改築されてるので、なかなか厳しそうですけどね
[ 2017/03/30 18:39 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは

> マハーバーラタやラーマーヤナなどの神話のレリーフ
> 800メートルも続いているなんて圧巻ですねー!
> これだけの壁面レリーフは類を見ないのではないでしょうか。
> 有名な「乳海攪拌」柔和な印象なんですねー。

壁面のレリーフはストーリーになっていて、話がわからないながらも、動きで察したり、読み解くと面白いです
お気に入りの動物や神様を探し出したり、躍動感があって圧巻です
「乳海攪拌」はバンコクの空港の出国ゲートにも彫刻があって、有名です
タイとも似てるし、インドの影響も受けたり、いろいろつながってるんですよね

> 見どころが多いから画像も増えてしまって
> レポが長くなるのもわかります。
> つづきも楽しみにしていまーす(^^♪

二回目なので割愛しようかと思ったのですが、私自身の理解も深まったので、今回もばっちり紹介することになりました
飽きたといわずにお付き合いくださいませ(笑)
[ 2017/03/30 18:54 ] [ 編集 ]
こんにちは。
なるほど、修復が進んでいるのが自分の眼で確かめられますね!

しかし、緻密な彫刻がすばらしいです。
どのような場面を描いたものか、説明があると一段と楽しめそう。

建物もステもバランスがよく美しいですね。
これって、もともと、白い石で作られていたんですね・・・汗
全体が白くなるとまた印象が全く違いそうです。
[ 2017/03/31 00:56 ] [ 編集 ]
こんにちは!

天井まで花模様
凄いですね

聖なる沐浴地は
今では水ははれないんでしょうかね?

閻魔大王 実際どんな顔してるんでしょうかね(笑)
実在するのか?・・ということにもなりますけど

日本のアニメ系にでてくる閻魔象とはちょとちがう^_^

[ 2017/03/31 11:16 ] [ 編集 ]
修復されつつであってもこれだけの大きさの遺跡が残っているって本当に驚きですね〜。
表面の彫刻とか消えててもおかしくなさそうなのに、細部までこれだけ残っているってどういうことなんでしょう??素晴らしいです!

ヒンズー教らしさはインドで見てきたものと近しい感じですよね〜、それに仏像もあって、広域アジアのど真ん中!って感じがします!
そして、Yottittiさん、彫刻の絵の表す事柄をしっかり調べて記入してくださっているので興味深く拝見しています〜。あ〜、行ってみたい!!

本題とは違いますが、一番上の写真の真ん中に写っている後ろ姿の女子がかわいい予感♪
[ 2017/03/31 13:52 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> なるほど、修復が進んでいるのが自分の眼で確かめられますね!

アンコール遺跡の修復の進捗は、目に見えるようにわかるので面白いです
それに街の発展も目覚ましいですよ~

> しかし、緻密な彫刻がすばらしいです。
> どのような場面を描いたものか、説明があると一段と楽しめそう。

各遺跡にはガイドさんがいて、頼むと案内してくれて、一層理解が深まると思います
私が行くときはいつも出払ってご縁がなかったけど、それなりに人だかりができてるので見どころはわかりやすいです

> 建物もステもバランスがよく美しいですね。
> これって、もともと、白い石で作られていたんですね・・・汗
> 全体が白くなるとまた印象が全く違いそうです。

元の色は朱色だったともいわれ、砂岩だったり、金箔が貼られてたともいわれてて、資料もなく不明です
遺跡の石は、修復の時に漂白して白くなってるようです
だから朱色に色づいたレリーフも残ってたり、謎が多いのもアンコールワットです
もし復元されることがあれば、その姿は見たいですよね~
[ 2017/03/31 21:17 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 天井まで花模様
> 凄いですね

壊れてしまったけど、華やかな模様が残ってるのを見ると、往時は華やかできれいだったでしょうね

> 聖なる沐浴地は
> 今では水ははれないんでしょうかね?

どうなのでしょう~
平地より高い位置になるので、人工的に水を張るのは大変なことだと思います
雨季に水がたまることがあるのかないのか・・・たぶんないのでしょうね

> 閻魔大王 実際どんな顔してるんでしょうかね(笑)
> 実在するのか?・・ということにもなりますけど

やっぱり怖いイメージです

> 日本のアニメ系にでてくる閻魔象とはちょとちがう^_^

日本の考え方は、ちょっと混合してるのでしょうね
ゲームのキャラになったり人気者ですよね
[ 2017/03/31 21:28 ] [ 編集 ]
仏教寺院であるボロブドゥールはナマで観ましたが、ヒンズー教寺院のアンコールワットもやはり、すごい迫力のようですね~。
石のダークグレーの色味は両方とも似ているような気がします。
レリーフの違いはよく覚えていませんが、ボロブドゥールの女性レリーフがなかなか美人だった記憶が残っていますよ~。
ワタシがインドネシアに行った当時はアンコールワットなんて思いもつかなかったです!
まだ、地雷ありそう~なんて思っていたような気がします。
ツアーはぼちぼち出ていたようでしたが、こわい・・・と思った記憶も。
今はこうして、いろんな国から人が訪れて、徐々に修復されて、いいですよね~。
ボロブドゥールとアンコールワットを比べて見学するのも面白そうですね~。
[ 2017/03/31 21:41 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん
連コメありがとうございます

> 修復されつつであってもこれだけの大きさの遺跡が残っているって本当に驚きですね〜。
> 表面の彫刻とか消えててもおかしくなさそうなのに、細部までこれだけ残っているってどういうことなんでしょう??素晴らしいです!

宗教的な問題もあって、削り取られたところもありますが、ここは比較的、発見された時も状態はよかったようです
また地元の人も信仰が厚く、寺院に参拝してたのも、傷まなかった要因の一つとガイドブックに書いてありました
そうそう、ここの回廊の修復は確かインドが担当したはず←がせねただったらごめんなさい
みんな頑張ってる話はうれしいですよね

> ヒンズー教らしさはインドで見てきたものと近しい感じですよね〜、それに仏像もあって、広域アジアのど真ん中!って感じがします!
> そして、Yottittiさん、彫刻の絵の表す事柄をしっかり調べて記入してくださっているので興味深く拝見しています〜。あ〜、行ってみたい!!

ヒンズー教から仏教に変遷したり、宗教戦争が絶えなかった時代背景がうかがえ、アンコール遺跡ならではです
今は仏教色が強いカンボジアですが、日本とも通ずるところがほっとします
回廊は探し出すのは大変ですが、深く考えずに、芸術を楽しむような感覚で見るのがよいと思います
というか、人が多くいるところがそうだとはわかるのですが、何にしろ大きすぎてわからないです(笑)

> 本題とは違いますが、一番上の写真の真ん中に写っている後ろ姿の女子がかわいい予感♪

そうそう一枚目の写真と二枚目の写真の女の子、絵になるな~と思って載せました
Ekaterinaさんに反応してもらってうれしいです(笑)
[ 2017/03/31 22:08 ] [ 編集 ]
かなり足元も整備されて見学しやすくなってるんですね。
ここまでせいびされてるとよいですね。
遺跡って歩くのに必死で疲れちゃいますからね。
[ 2017/04/01 13:29 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> 仏教寺院であるボロブドゥールはナマで観ましたが、ヒンズー教寺院のアンコールワットもやはり、すごい迫力のようですね~。
> 石のダークグレーの色味は両方とも似ているような気がします。
> レリーフの違いはよく覚えていませんが、ボロブドゥールの女性レリーフがなかなか美人だった記憶が残っていますよ~。
> ワタシがインドネシアに行った当時はアンコールワットなんて思いもつかなかったです!
> まだ、地雷ありそう~なんて思っていたような気がします。
> ツアーはぼちぼち出ていたようでしたが、こわい・・・と思った記憶も。
> 今はこうして、いろんな国から人が訪れて、徐々に修復されて、いいですよね~。
> ボロブドゥールとアンコールワットを比べて見学するのも面白そうですね~。

そもそもの始まりはアルハンブラ宮殿を訪れて、教科書で見たところを制したいと思うようになりました
私もアンコールワットはツアーでないと無理だと思ってたので、先にボロブドゥールに訪れました
密林の中にそびえたつ姿にびっくりしました
回廊のレリーフも精細で美しかったし、仏像もきれいで保存状態がよかったです
ここを訪れてアンコールワットへの思いを強くしたのを思い出します
http://yotti284.blog50.fc2.com/blog-entry-990.html
運よく、その時にちょうどブロ友さんもアンコールに訪れてたので、行けると確信しました
両方訪れてみて、どちらも信仰の深さを感じてすごいな~と思います
似てるようで違うし、あとはバガンを制したいと思うばかりです


[ 2017/04/01 19:28 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> かなり足元も整備されて見学しやすくなってるんですね。
> ここまでせいびされてるとよいですね。
> 遺跡って歩くのに必死で疲れちゃいますからね。

昔の階段は歩幅も狭く、足の乗せ場もないほど・・・
こうして整備されてると歩きやすいです
昔の観光は大変だったと思います
それに安全に上れるのはありがたいです
[ 2017/04/01 20:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する