リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

日本が修復を手掛けるバンテアイ・クディ

2日目⑪

アンコールはいろいろな国によって保存修復事業を進めています
参加してる国は、フランス、ドイツ、中国、イタリア、インド、スイス、日本、アメリカなど

アンコールワットはじめ、バイヨン、多くの遺跡を手掛けた日本国政府アンコール遺跡救済チームJSAが修復を手掛けてますが、日本が修復してる遺跡は、その活躍ぶりがうれしく、親近感に安心感があります


次に訪れたバンテアイ・クディ

過去、フランスが維持管理作業を行ってきた記録が残されてますが、
この遺跡は1990年以降、上智大学アンコール遺跡国際調査団による修復活動が行われてます
2001年には、274体の仏像が発見され、話題になったところです
DSC03069.jpg



見学は西塔門から
DSC03029.jpg



タ・プロームのように、外壁にも大きな木
いろいろな遺跡で共存してる姿が見られます
DSC03035.jpg


建物も結構歪んでます
外人もよく遺跡でまどろんでます
DSC03031.jpg



ヒンズー教寺院から仏教寺院に改修され、た珍しい寺院
また僧坊の砦という意味を持ってます
DSC03040.jpg



美しいレリーフ
DSC03042.jpg


昔は色がついてたと言われてますが、華やかな建物だったのかもしれません
DSC03039.jpg


美しいデバター
DSC03045_2017031917215403e.jpg



お顔の雰囲気が違うレリーフ
DSC03044.jpg


蓮の花の上で踊るアプサラのレリーフ
DSC03055.jpg


柱だけが残り、わびさびを感じます
DSC03056.jpg



何度も繰り返し増改築され、複雑な構造となって迷子になりそうです
DSC03058.jpg




踊り子のテラスのシンハ像とナーガの欄干
P1050377.jpg



参道には、お土産物屋さんが並んでます
DSC03067.jpg



観世音菩薩の四面の東塔門
DSC03068.jpg



目の前のスラ・スラン

王が沐浴するための池
DSC03072.jpg


眺めがとっても雄大です
DSC03075.jpg



(参考)
2015年に午前中に訪れた時のブログのほうが写真がきれいです



まだまだ続きます~

2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

ステキです~。
沐浴池を見て、なんとなく宮崎の古事記に出てくる禊池を思い出してしまいました。すごく複雑なところを日本が任されている?と思うくらい細やかなレリーフが特徴的ですね~。
やはり、お仕事が丁寧と思ったのは身びいきからでしょうか?
歪みは歪みで残しつつ、補修すべきところは、きちんとの匙加減が、さすがニッポン!!いいお仕事してる!!と感心しきりです。
以前行かれた時のお写真、とても美しいですね~。日のあたり方、午前、午後で建物の色味まで変化して、すごく楽しめました!
やはり、同じところも2回以上は行かないと素晴らしさが堪能できませんね~。
[ 2017/03/19 22:41 ] [ 編集 ]
ちょっと忙しくしている間に随分ブログ更新されていてだいぶ出遅れてしまいました^^;

日本も協力してこの遺跡を維持・修復しているって誇らしくて嬉しいですね^^
反面、日本は借金の多い国なのでお金は大事に使ってね・・・っていうのもありますが・・・

王が沐浴する池・・・いいですね〜。
水辺の小さな遺跡と向こうのジャングルのグリーンのコンビネーションが好きな感じです。
水辺って落ち着くからかしら?ちょっと座って眺めていたい景色です。
でもワニとか出ないのでしょうかね?心配しすぎ??笑
[ 2017/03/19 23:49 ] [ 編集 ]
こんにちは。
世界の遺跡の発掘調査や修復工事に日本の大学が参加しているのはうれしいですね。
修復と言う貢献をしながらも、学者さんたちが現地で学術研究に役立つ体験もできるし、こういうプロジェクトはどんどん進めて行って欲しいです。

カンボジアの遺跡は森の中と聞いていたので、こうした池があるとは知りませんでした。
文明には水の存在は重要ですからね。
沐浴だけでなく生活にも使っていたんでしょうか。
[ 2017/03/20 02:50 ] [ 編集 ]
日本人としても観光していて誇らしいですね。
なんとなく石の壁に赤い色が残っているように見えるのですが、
光の加減か、それとも昔の色が残っているのでしょうか?
赤い寺院だったのかな、とちょっと想像してみました。

目の前に大きな池があるのも素敵ですね~。
王様は本当に贅沢!
[ 2017/03/20 10:54 ] [ 編集 ]
こんにちは!

ここは
地震があるのかな?
なんか
今にも壊れそうな建造物もありますね

確かに前回記事のほうが
写真はきれいでしょうか

あれ??
わびさびを感じて
写真の集中力切れましたか(笑)

私の場合は ワサビ感じますけどヾ(- -;).

[ 2017/03/20 11:24 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> ステキです~。
> 沐浴池を見て、なんとなく宮崎の古事記に出てくる禊池を思い出してしまいました。すごく複雑なところを日本が任されている?と思うくらい細やかなレリーフが特徴的ですね~。
> やはり、お仕事が丁寧と思ったのは身びいきからでしょうか?
> 歪みは歪みで残しつつ、補修すべきところは、きちんとの匙加減が、さすがニッポン!!いいお仕事してる!!と感心しきりです。

西のほうは由緒ある名所が多いので、ここも神秘的な感じが重なりますよね
カンボジアはフランスの植民地だっただけに、最初に尽力を尽くしたのがフランス人だったようです
その後は放置期間を経て、1980年代末より日本が中心となって活動を進めてるようです
日本が中心になって頑張ってるのがうれしいですよね
昔の技術と今の技術の模索をしてる話とか聞きますし、丁寧な作業に安心感がありますよね

> 以前行かれた時のお写真、とても美しいですね~。日のあたり方、午前、午後で建物の色味まで変化して、すごく楽しめました!
> やはり、同じところも2回以上は行かないと素晴らしさが堪能できませんね~。

今回はカメラの電池切れと体力の限界に近づいてたので、
前回のほうが訪れた時間もよかったし、元気で、アンコールでも最初に訪れたところなので、興味も大きかったところです
二度目は前回の復習になるので理解も深まります
逆に少し雑さも出て、あれ写真を撮ってなかったって言う落ちもありますけどね(笑)
[ 2017/03/20 15:33 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> ちょっと忙しくしている間に随分ブログ更新されていてだいぶ出遅れてしまいました^^;

更新がなかったので、決算時期でお忙しいことと思います~
春ってそれに忙しいですよね

> 日本も協力してこの遺跡を維持・修復しているって誇らしくて嬉しいですね^^
> 反面、日本は借金の多い国なのでお金は大事に使ってね・・・っていうのもありますが・・・

日本が主導となって遺跡修復に努めてるようです
また現地の人たちの自立に技術継承を促す役割もしていて、ほかのアジア諸国と一緒で、カンボジアも豊かになっていくとよいですよね~

> 王が沐浴する池・・・いいですね〜。
> 水辺の小さな遺跡と向こうのジャングルのグリーンのコンビネーションが好きな感じです。
> 水辺って落ち着くからかしら?ちょっと座って眺めていたい景色です。
> でもワニとか出ないのでしょうかね?心配しすぎ??笑

アンコールの遺跡を周ってると、お堀とか池とかに囲まれた遺跡もあります
遺跡でごつごつしたものばかり見てると、やっぱり水と木々のコンビネーションは神秘的で素敵です
国の発展には水は欠かせないものですよね
お花も咲いていてきれいなところも多いです
私は水辺でゆったりする時間はなかったけど、ワニとかどうでしょう(笑)
怖がりの私でもそこまで思わなかったけど、アメンボはいましたよ
水がきれいって証明ですよね!
[ 2017/03/20 15:46 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> 世界の遺跡の発掘調査や修復工事に日本の大学が参加しているのはうれしいですね。
> 修復と言う貢献をしながらも、学者さんたちが現地で学術研究に役立つ体験もできるし、こういうプロジェクトはどんどん進めて行って欲しいです。

フランスの植民地時代だった時に、かなり力を入れてたフランス人がいらっしゃったようです
その後戦争に突入してしまい放置されてしまったようですが、その後日仏が主導になって遺跡修復を進めてるようです
それに現地の人たちへの支援や技術継承の役割も果たしていて、今後も続けていってほしいです

> カンボジアの遺跡は森の中と聞いていたので、こうした池があるとは知りませんでした。
> 文明には水の存在は重要ですからね。
> 沐浴だけでなく生活にも使っていたんでしょうか。

ジャングルの中にも池とかお堀とかあるんです
少し離れれば湖もあります
rikaさんがおっしゃる通り、国の発展には豊かな水は不可欠ですものね
考えられた街づくりがされてたと思います
[ 2017/03/20 15:53 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> 日本人としても観光していて誇らしいですね。

日仏で協力して、国際協調のもとに遺跡修復にあたってるようです
日本が手掛けたというとうれしいものです
特にアンコールワットの時は、鼻高々です~

> なんとなく石の壁に赤い色が残っているように見えるのですが、
> 光の加減か、それとも昔の色が残っているのでしょうか?
> 赤い寺院だったのかな、とちょっと想像してみました。

今では灰色に染まった遺跡ですが、昔はアンコールワットも朱音色だったとも言われ、ところどころにそのレリーフが見られます
宝石が埋められたともいわれていて、どんな色だったのか、想像するだけでわくわくしますよね

> 目の前に大きな池があるのも素敵ですね~。
> 王様は本当に贅沢!

沐浴池は眺めがよくて、往時に思いを寄せたくなります
力を物語ってるようですよね~
[ 2017/03/20 15:58 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんにちは

> ここは
> 地震があるのかな?
> なんか
> 今にも壊れそうな建造物もありますね

地震は聞きませんよね
やっぱり時代の流れとともに、壊れそうに傾いてしまったのだと思います
それに自然の力も影響してるのでしょうね

> 確かに前回記事のほうが
> 写真はきれいでしょうか

午前中のほうがきれいでしたね
それに最初のほうに訪れたので、気合の入り方も違ったんだと思います

> あれ??
> わびさびを感じて
> 写真の集中力切れましたか(笑)

今回は逆側から突入したので、編集で苦労しました
結局素直に訪れたように書いたので、力途絶えたようですね(笑)

> 私の場合は ワサビ感じますけどヾ(- -;).

緑にあふれてますからね、要注意です
[ 2017/03/20 16:04 ] [ 編集 ]
カンボジアというのはわかってますが
エジプトっぽい気がするのは僕だけじゃないと思うなあ
川があるからかな?
日本は遺跡修復に関しては
世界でも屈指の技術があるそうですから
こういうところにお金を使ってもいいのかな
国際貢献という意味ならね(^_-)-☆
[ 2017/03/20 21:39 ] [ 編集 ]
日本政府はこういう形で国際貢献をしています、と
内外にもっとアピールしてもいいと思うんですけどねー。
日本人でも知らない人が多いんじゃないでしょうか。

暑いなかを遺跡観光をしていて疲れて眠っているんでしょうか
遺跡でまどろむってどういう感じかしら…
昔の王朝の夢を見てしまいそうですね!
[ 2017/03/21 16:30 ] [ 編集 ]
加夢さん
加夢さん

> カンボジアというのはわかってますが
> エジプトっぽい気がするのは僕だけじゃないと思うなあ
> 川があるからかな?

タイとかはベタで、ある意味似てるのは当たり前なのですが、
私のエジプトのイメージは砂漠なので、エジプトっぽいで意外な感じがしました~!
遺跡は遺跡で、やっぱり反映した都市には水があって、そんなところが似てるのでしょうか

> 日本は遺跡修復に関しては
> 世界でも屈指の技術があるそうですから
> こういうところにお金を使ってもいいのかな
> 国際貢献という意味ならね(^_-)-☆

今のアジア諸国の発展は日本の努力もあると思います
カンボジアには、こうした文化遺産の継承という意味で、また違った形での技術提供が素晴らしいと思います
[ 2017/03/21 17:31 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
連コメありがとうございます!

> 日本政府はこういう形で国際貢献をしています、と
> 内外にもっとアピールしてもいいと思うんですけどねー。
> 日本人でも知らない人が多いんじゃないでしょうか。

私も訪れるまでは、そこまで主導して行動してるとは知らなかったです
日本はアピールがあまり上手くないですよね
でもそこが奥ゆかしくていいところなのかもしれません
たくさんあった日本修復の看板は誇らしかったです

> 暑いなかを遺跡観光をしていて疲れて眠っているんでしょうか
> 遺跡でまどろむってどういう感じかしら…
> 昔の王朝の夢を見てしまいそうですね!

外人って、お休みの時間が多いのか、プールでゆったり、遺跡でゆったり、過ごしてうらやましい限りです
夢とか見れたらロマンチックですね
国の文化と体質の違いも出るでしょうね
我々日本人はどうしても面白写真にはトライするものの、どうしてもあわただしい感じですよね
[ 2017/03/21 17:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する