リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

アンコールトムの中心バイヨン②

2日目③

アンコールワットとひとまとめにされてしまいがちですが、他にも見どころが満載です!
特に
アンコール王朝最盛期の都跡のアンコールトムは、王宮跡や寺院、テラスなどの遺跡がたくさん残るところ、
中央に位置するバイヨンは、はずせないアンコールワットに次ぐ人気の観光スポットです



バイヨンはヒンズー教と仏教が混在した寺院
優しいクメールの微笑みを讃えた観世音菩薩がたくさん並んで、見守られてるようですごいオーラが出てます
P1010320.jpg



第一回廊

屋根が崩落し、柱だけが残り、遺跡らしい
P1010314.jpg


かくれんぼうにぴったり!
P1050188.jpg


第一回廊には様々な彫刻が残り、
アンコールワットと違って、闘鳥に将棋で遊ぶ人など庶民の暮らしぶりも描かれてます
P1010305.jpg



第二回廊
P1070810.jpg


第二回廊には神話などの壁画のレリーフが残ってますが、痛みも激しいです
P1050163.jpg


改築が繰り返され、複雑な造り
階段は一通とか整備されつつあるバイヨン
美しいデバターもいっぱい彫られてます
P1010278.jpg



回廊には仏像
P1050158.jpg




最大の見所の中央祠堂

林立する塔のすべてに人面が彫り込まれて別世界です
P1010227.jpg


美しい柔和なお顔!!
間近で見ると迫力があって、悟りを開いたよう
P1050150.jpg


そして

以前は朝一番は空いてたのに、今は午前中のほうが涼しいからとすごい混雑ぶりです
後日、午後に訪れたときのほうがきれいだったので、また詳しくは後日紹介します
P1050132.jpg



アンコールワットとは全然違う魅力でいっぱいです



下まで降りてきて、登る人が少ない経蔵
P1050168.jpg


階段がまだ昔のままで急で、みんなへっぴり腰で降りてきます
夫をそそのかして~私は待機
P1010295.jpg



夫が撮った経蔵の通路
P1050180.jpg


第二回廊を歩く人に、中央祠堂
これは登らないと見れない貴重な全容かも!?
P1050183.jpg



経蔵から眺めたの中央祠堂
目線が高い~
P1050176.jpg




まだまだ山積みの石
P1050186.jpg



何とも言えずに神秘的なバイヨン、どの角度からも絵になる素敵な遺跡です
P1050122.jpg


またバイヨンは日本によって修復作業が進められてます
そのお話はこちら


次は

アンコールトムの他の遺跡にも向かいます


参考までに
2015年1月に訪れたバイヨンのお話はこちら
バイヨンでのエレファントライドのお話はこちら



2017年1月アンコール遺跡群&香港
旅行目次はこちら
1日目東京~香港~シャムリアップ、ベンメリア観光
2日目アンコール遺跡群(小回り)観光
3日目アンコール遺跡群(大回り)観光
4日目アンコール遺跡群観光
5日目シェムリアップ~香港へ
6日目香港~羽田へ

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

こんばんは。
灰色の石のレリーフが繊細でステキですね。
アンコールワット展で観た石像も繊細な造りでスラリとしてとても美しかったです。
その国、その国の美があり、東南アジアの美しさにも改めて開眼した思いでした。
しかし、実際にその土地で観るのはまた違った素晴らしさがあるんでしょうね!
その土地の空気感と一緒に味わえるというのは本当に感動的だと思います。


[ 2017/02/26 22:30 ] [ 編集 ]
このバイヨン遺跡はヒンドゥの色がすごく強いですね。
仏教の影響はどこにあるんでしょうか。
いずれにしても壮大で素晴らしい遺跡だと思いました。
[ 2017/02/27 07:13 ] [ 編集 ]
こんにちわ

カンボジアツアーを検索してみると、4泊6日が多くて
そのうち前後1泊ずつがハノイ泊になっていたりして
ツアーだとシェムリアップには実質2日もいられないんですねー。
2日だとアンコールワット以外をゆっくり見るのもできなさそう…
フリーで行くのが一番なんでしょうけど
相変わらず時間に制約があるので悩ましいです。
バイヨンもじっくり見たくなりますよね!
[ 2017/02/27 11:34 ] [ 編集 ]
こんにちは!

これはは
写真で見るより
実物のほうが遥かにかんじますよね

結構高そうだ~

よっちさん
旦那さんそそのかして
悪女じゃないですか(笑)
せかっくやのに
夫婦そろっていかなきゃ(^o^)

でも 一度恐怖感覚えると
なかなか登れませんからね~
[ 2017/02/27 11:34 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん
こんばんは~

> 灰色の石のレリーフが繊細でステキですね。
> アンコールワット展で観た石像も繊細な造りでスラリとしてとても美しかったです。
> その国、その国の美があり、東南アジアの美しさにも改めて開眼した思いでした。
> しかし、実際にその土地で観るのはまた違った素晴らしさがあるんでしょうね!
> その土地の空気感と一緒に味わえるというのは本当に感動的だと思います。

アンコール遺跡群は彫刻が見事で、美しいレリーフにうっとりします!
美しいだけでなく、当時これだけ繊細なものを、建物いっぱいに作り上げたという財力にもびっくりします
特にアンコールワットはすごいです
写真で思い描いていたアンコールワットは一部だけで、その規模にびっくりします
そして森の中に眠って発見されたということも、目の当たりにします
それに神々しさが伝わってきて心が落ち着きますよ
イタリアも豪華だけど、アンコールワットもまた素敵です
GUIHUAさんが飛行機がお嫌いでなければ~と、ぜひGUIHUAさんワールドにお招きいただきたいと思うばかりです
[ 2017/02/27 18:23 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> このバイヨン遺跡はヒンドゥの色がすごく強いですね。
> 仏教の影響はどこにあるんでしょうか。
> いずれにしても壮大で素晴らしい遺跡だと思いました。

中央祠堂の観世音菩薩が仏像らしい~と思って、疑いもせずに仏教の様式と書いてました
確かに、仏教を排除しようと改築されヒンズー教の影響を強く受けてしまったようですが、ところどころ、観音さまなどのレリーフが残ってます
バイヨンは仏教の宇宙観が示されてるというのはあってるのかな?とおもいました
[ 2017/02/27 19:53 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん> こんにちわ

> カンボジアツアーを検索してみると、4泊6日が多くて
> そのうち前後1泊ずつがハノイ泊になっていたりして
> ツアーだとシェムリアップには実質2日もいられないんですねー。
> 2日だとアンコールワット以外をゆっくり見るのもできなさそう…
> フリーで行くのが一番なんでしょうけど
> 相変わらず時間に制約があるので悩ましいです。
> バイヨンもじっくり見たくなりますよね!

カンボジアは直行便ではまだいけないんですよね
だからどこかで寄るのがベストになってしまうのでしょうか
実質2日は見れなくはないけど、全部は制覇しなくてもいいとは思いますが、もったいないかなと思います
夏はアンコールワットは地獄って言いましたっけ
そこそこのお休みはほしいところですねMさんは台北に一人で行ってしまうほどのアクティブをお持ちなら、ツアーでなくても大丈夫ですよ~
みんな親切です
送迎もホテルでついてるところもほとんどですし、個人旅行はしやすいところだと思います
[ 2017/02/27 20:05 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> これはは
> 写真で見るより
> 実物のほうが遥かにかんじますよね
>
> 結構高そうだ~

結構この経蔵、高いんです
途中まで上りかかりましたが、降りるのが大変そうなので無理しないようにしましたよ
写真で見る以上に、階段の幅がすごく狭くて危険です

> よっちさん
> 旦那さんそそのかして
> 悪女じゃないですか(笑)
> せかっくやのに
> 夫婦そろっていかなきゃ(^o^)

かるーくそそのかしてみました
私も上る気満々だったのですが、降りてくる人の姿を見て、断念しました
ほかのところも断念しようと思ったのですが、そこはお付き合いしましたよ(笑)

> でも 一度恐怖感覚えると
> なかなか登れませんからね~

基本高いところは平気なのですが、柵のない高いところは嫌いですーー
あとガラス張りの床も・・・・
山も時折ヘリはこわいですよーーー
[ 2017/02/27 20:08 ] [ 編集 ]
凄いなあ
同じ仏教国でも
石の建物と木の建物じゃ全然違いますねえ
なんとなく雰囲気は
南米の遺跡っぽいもんね(^_-)-☆
[ 2017/02/27 21:34 ] [ 編集 ]
ここはまたひときわ凄いですね!よくこれだけのものが残っていますよね〜。
ここは本当に行って見てみたいです。
アンコールワットほか、この辺りは世界の中でもとても人気の高い観光地になってますよね、その意味が分かったような気がします^^
でも毎日こんなのを沢山みていたら飽きてきてしまったりしますか?
なのでYottittiさんちは2回に分けて行かれたのでしょうか!?
夫をそそのかして〜・・・ていうくだり、クスッと笑ってしまいました^^
[ 2017/02/27 22:52 ] [ 編集 ]
加夢さん
加夢さん

> 凄いなあ
> 同じ仏教国でも
> 石の建物と木の建物じゃ全然違いますねえ
> なんとなく雰囲気は
> 南米の遺跡っぽいもんね(^_-)-☆

ヒンズー教の影響も受けたせいか、仏教でも全然違いますよね
アンコール遺跡群での木造建築のものはほとんど残ってないと思います
当時の石を掘る技術はすごいですよね
また自然との共存もまたすごい見所でびっくりすると思います
[ 2017/02/28 21:40 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> ここはまたひときわ凄いですね!よくこれだけのものが残っていますよね〜。
> ここは本当に行って見てみたいです。
> アンコールワットほか、この辺りは世界の中でもとても人気の高い観光地になってますよね、その意味が分かったような気がします^^
> でも毎日こんなのを沢山みていたら飽きてきてしまったりしますか?
> なのでYottittiさんちは2回に分けて行かれたのでしょうか!?
> 夫をそそのかして〜・・・ていうくだり、クスッと笑ってしまいました^^

ここバイヨンは、遠目から見ても圧巻の遺跡です
あちこち撮影ポイントがあって、絶景のポイント探しがまた面白いんです
遺跡はやっぱりみんな好きだし、観光大国なので、観光客も多いので、ハードルも高くないです
毎日遺跡ばかりでも、それぞれ個性があって飽きないですよ~(笑)
全部制覇しようとすると疲れてしまうので、ほどほどがいいかも
ただ写真を見返すと撮ってるものは美しいデバターばかりとか、どこの遺跡かわからないので、看板撮影は必須です~
二回目に訪れたのは、一回目は私が風邪でよく周れなかったこと、
本当はもう少し修復が進んだ後に行きたかったのですが、チケット値上げが訪れる決め手になりました~
景色がよさそうよ~と夫をそそのかしてみました~
私も行きたかったけど、本当に聳え立つような階段できついのであきらめました(笑)
[ 2017/02/28 21:52 ] [ 編集 ]
アンコールトム、もっと地味な場所なのかと思いましたが大きな遺跡なんですね。
中央祠堂に刻まれたお顔、表情がとてもやわらかでいいですね~

世界遺産でかくれんぼとかしたら面白そうですね。
[ 2017/02/28 23:32 ] [ 編集 ]
とりっちぃさん
とりっちぃさん

> アンコールトム、もっと地味な場所なのかと思いましたが大きな遺跡なんですね。
> 中央祠堂に刻まれたお顔、表情がとてもやわらかでいいですね~

アンコールワットに次ぐ人気のある遺跡です
ここは見所が多くて、あまり制覇する人はいないのですが、二回目にして制覇して気に入りました~
写真ではわからないけど、優しいお顔に包まれてバイヨンも好きなところで、すごいオーラがあります
とりっちぃさんも気に入るはずです

> 世界遺産でかくれんぼとかしたら面白そうですね。

かくれんぼうというより、迷子になりそうです
どこもかしこもすごい迷路ですよ
[ 2017/03/01 18:48 ] [ 編集 ]
こんにちは。
ここの顔が入った遺跡、すごいですよね。
前にテレビで見て、行きたいな~とずっと思っているんです。
かなり大きいですよね。

本当にどこも遺跡の規模がすごそうですね。
これだけのものが結構な数残ってるんですね。
びっくりです。
保存していくだけでも国家予算がすごそうです。
[ 2017/03/02 01:04 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> ここの顔が入った遺跡、すごいですよね。
> 前にテレビで見て、行きたいな~とずっと思っているんです。
> かなり大きいですよね。

遠目で見ると美しい姿だけど、頂上に上ると、四面仏の柔和なお顔、もうすごい迫力です!
とっても優しいお顔で微笑まれていて、守られてるような穏やかな気持ちになります
回廊を歩くだけでも大変で迷子になりそうなので、まずは頂上を目指すとよいと思います
第一回廊のあたりも、壁面が美しくて、好きなポイントを探す楽しみもありますよ

> 本当にどこも遺跡の規模がすごそうですね。
> これだけのものが結構な数残ってるんですね。
> びっくりです。
> 保存していくだけでも国家予算がすごそうです。

いろいろな国が、手分けして、それぞれの遺跡の修復の技術や援助をしています
保存修復に、インフラの整備でしょうね
ガイドブックにも小さな取り扱いのものでも、気に入った遺跡もあるので、本当、好みに分かれますが、見逃せません~
といいつつ、一緒に見える遺跡も、やっぱり個性があって面白いです~
[ 2017/03/02 18:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する