リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ヴァチカン美術館③ラファエロの間を目指して

6日目その④


お目当てのシスティーナ礼拝堂を見たので、ラファエロの間を目指します
ヴァチカン美術館は大きくて迷路のよう


古代ギリシャ・ローマ時代の彫刻を集めた
ピオ・クレメンティーノ美術館

伝説や神話を題材とした彫刻は、とても精細で美しいです

八角形の中庭

有名なラオコーン
コロッセオの近くで発見された古代ギリシャ彫刻の傑作
アテナ神の怒りを買ったラオコーンと二人の息子が蛇に巻きつかれてます
P8100691_convert_20161124190814.jpg



アルノの神
フィレンツェのアルノ川の神の像
P8100693_convert_20161124190827.jpg



円形の間
ブロンズで作られた珍しいヘラクレスの像と美しいモザイクの床
P8100698_convert_20161128172912.jpg DSC01472_convert_20161128172745.jpg



ギリシャ十字の間
アテナの胸像のモザイク
DSC01473_convert_20161128172805.jpg P8100700_convert_20161124190906.jpg

たくさんの彫刻がありすぎて、ありがたみが薄れてきます・・・・
こちらベルヴェデーレのトルソ
紀元前1世紀のもの
たくましい体つきは、ミケランジェロに多大な影響を与え、システィーナ礼拝堂の天井画の人物像の参考になったと言われてます
DSC01469_convert_20161128172724.jpg




人気のラファエロの間に向かう細い通路、混んできて列をなしてます


無原罪(インマコラータ)のマリアの間
P8100708_convert_20161124190951.jpg


いよいよ
ラファエロの間です

教皇ユリウス2世の居室を、ラファエロと弟子たちによって描かれた壁画
4つの部屋に分かれてます


まずは
コンスタンティヌスの間
教会が公認された戦いを描いた部屋
一番大きい部屋で、壁画も迫力があり見事です!
下絵はラファエロのもので、ラファエロの没後、ラファエロの弟子達によって完成したもの

それぞれのお部屋には何枚か絵がありますが、
こちらは、ミルヴィオ橋の戦い
P8100711_convert_20161124191551.jpg


ヘリオドロスの間 
こちらの部屋には、実際に起きた歴史的な出来事が描かれてます
壁画はボルセーナのミサの奇跡
P8100713_convert_20161124191602.jpg



4部屋の中で一番美しい署名の間
すべてラファエロにより描かれ、知的能力を称える絵が納められた部屋

「聖体の論議」
三位一体が描かれ、天井画も素晴らしいです
P8100717_convert_20161124191641.jpg



入場券の絵にもなる「アテネの学堂」
ラファエロの最高傑作といわれる壁画
古代ギリシャの哲学者や科学者が議論しているところを描いたもの
またモデルとして、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロ本人が描かれていて、探し出すのも楽しみのひとつです
P8100715_convert_20161124191628.jpg


ボルゴの火災の間
レオ4世の劇的な人生が描かれたもの
ラファエロの下絵によって弟子が描いたもの
この部屋の絵は今までのラファエロのスタイルと違って、演劇性が強調されてました
DSC01486_convert_20161128183256.jpg


お部屋が混んでて、上や横をみて忙しくて、ちょっとぐったりですが、
若き天才ラファエロ、キャンバスに描かれた絵とは違い、一部屋一部屋、ストーリーがあって、対比を楽しめるのも壁画ならではでした



そして

最後に再びシスティーナ礼拝堂

近代アートなど、順路に追ってくと歩いた歩いた~
さすがに疲れて、写真はありません~っ
DSC01461_convert_20161128172705.jpg P8100722_convert_20161124191709.jpg


やっと着いたシスティーナ礼拝堂
ラッシュ時のように、さらに混雑してました
(システィーナ礼拝堂のお話はこちら)
ミケランジェロの「最後の審判」を見納めして~

それにしてもヴァチカン、壁画だけでなくすべてが素晴らしかったです~
ここは、ローマ観光でははずせませんっ





順路的には
図書館を見るのがよいのだと思いますが・・・

ここで裏技!?
お隣のサンピエトロ大聖堂もはずせない観光名所、なんとセキュリティチェックも免れる右側出口は近道です!
本当はガイドツアー客用の近道だそうですが、なんのチェックもなしに通り抜けできました
この時期は、入場するのにも並びたくないので、究極の選択です
しかし、大きなスーベニアショップに寄れずに、通路で販売してた日本語ガイドのカタログを購入しました



クーポラの入口はすぐそこ!
しかしクーポラに上る元気はなく・・・、
P8100724_convert_20161124191736.jpg



大聖堂の入口を目指します
P8100723_convert_20161124191723.jpg

2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

こんにちは。
本当、壮大ですね~。
かなりの規模のようなので、しばらく見ていると感覚が麻痺してしまいそう。
やはり、前もってちょっと勉強しておかないと、フラフラ見て歩くだけで何を見たかわからなくなりそうですね。
天井の絵画もすばらしく、右見て左見て上を見て・・・
想像しただけで、忙しくて疲れそうです。笑

夏の観光シーズンだから、余計に混みそうですね。
Yottittiさん、秘密の抜け道を使うあたり、さすがです。
[ 2016/11/29 19:06 ] [ 編集 ]
巨大ですね~。
スケールがすごすぎて、クラクラします~。
世界史の教科書やら美術史やらに掲載されている著名どころばかりですね~!
顔を上に向けたら西洋美術史を代表する絵画がいきなりとびこんできたり、ルネサンス期を代表する彫刻が目の前に現れたりと、現実世界からかけはなれた異次元のような気すらします。
その内感覚がマヒしてしまいそう。
ここで近代アートなんて、思わずスルーしてしまいそうですよね・・・。
一点豪華主義ではなく全点豪華主義という感じで、ワタシならもうどれを重視して観たらいいのかわけわからなくなりそうです。
[ 2016/11/29 23:05 ] [ 編集 ]
ヴァチカンは独立した国でしたよね。
小さな国土の中に凝縮された美術品の数々びっくりしちゃいます。
今や最後の審判くらいしか記憶にありませんが、訪れた時の印象は中学の美術の教科書だと思ったことかな。
[ 2016/11/30 05:26 ] [ 編集 ]
こんにちわ

天井から何から素晴らしい絵画がありすぎて
ありがたみが薄れるの、わかる気がします。
どれもつい最近描かれたような鮮やかさ
ラファエロという人物が本当に描いたんだと実感できそう!?
バチカン、素晴らしすぎます!
[ 2016/11/30 09:51 ] [ 編集 ]
こんにちは!

彫刻って

裸がおおいですよね(笑)

ラオコーン
ヘビが巻き付かれてたんですか
私は
天女の羽衣みたいなものかと 思いましたよ(゚∀゚)
[ 2016/11/30 10:57 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> 本当、壮大ですね~。
> かなりの規模のようなので、しばらく見ていると感覚が麻痺してしまいそう。
> やはり、前もってちょっと勉強しておかないと、フラフラ見て歩くだけで何を見たかわからなくなりそうですね。
> 天井の絵画もすばらしく、右見て左見て上を見て・・・
> 想像しただけで、忙しくて疲れそうです。笑

ヴァチカンは最後の審判だけでなく、ラファエロの壁画の間も素晴らしかったです~
人も多いし、写真には収めたいし、大忙しでした~
rikaさんは普段も教会にお出かけになって身近な存在でしょうから、ストーリーや歴史背景など、すぐにポイントを抑えられるはずです
見どころは多いので、ある程度、見たいところを探っておかないと、ルーブルみたいに最後に力尽きると思います~

> 夏の観光シーズンだから、余計に混みそうですね。
> Yottittiさん、秘密の抜け道を使うあたり、さすがです。

一旦外に出ると15分くらい歩くそうなので、距離的にも近くてよかったです
案の定、サンピエトロ寺院から眺めた入場の列は長くて、得意気でした~
[ 2016/11/30 18:21 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> 巨大ですね~。
> スケールがすごすぎて、クラクラします~。
> 世界史の教科書やら美術史やらに掲載されている著名どころばかりですね~!
> 顔を上に向けたら西洋美術史を代表する絵画がいきなりとびこんできたり、ルネサンス期を代表する彫刻が目の前に現れたりと、現実世界からかけはなれた異次元のような気すらします。
> その内感覚がマヒしてしまいそう。
> ここで近代アートなんて、思わずスルーしてしまいそうですよね・・・。
> 一点豪華主義ではなく全点豪華主義という感じで、ワタシならもうどれを重視して観たらいいのかわけわからなくなりそうです。

本当~、GUIHUAさん、ヨーロッパの美術館はどこも大きすぎて大変です~
美術史や教科書で見た作品がたくさんありすぎて、もう感動ものです
ウフィッツィはその点、ヴァチカンほど大きくないので、じっくり鑑賞できるので好きなんですよね

絵画や彫刻を展示してる美術館は多いけど、お部屋が見どころという美術館は数少ないと思います
まるで夢の世界でうっとりします~
限られた時間ですべてを見ようと思うのは無理な話で、ゴッホやそのほか巨匠の作品もありますが、駆け足になることもしばしば・・・・
近代アートがまた入り組んでて長くて・・・・、きっとガイドツアーならポイントを押さえて周ってくれるのでいいでしょうね
[ 2016/11/30 18:59 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> ヴァチカンは独立した国でしたよね。
> 小さな国土の中に凝縮された美術品の数々びっくりしちゃいます。
> 今や最後の審判くらいしか記憶にありませんが、訪れた時の印象は中学の美術の教科書だと思ったことかな。

ローマの中にあるヴァチカンは本当に小さな国土なんですよね
それなのにこれだけ大きな力を持っていて、さすがカトリックの総本山です
美術館はすばらしい作品にあふれ、特に最後の審判のスケール、素晴らしいですよね~
[ 2016/11/30 19:36 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> 天井から何から素晴らしい絵画がありすぎて
> ありがたみが薄れるの、わかる気がします。
> どれもつい最近描かれたような鮮やかさ
> ラファエロという人物が本当に描いたんだと実感できそう!?
> バチカン、素晴らしすぎます!

美術史や教科書に載ってるような作品がずらりと並んでると、贅沢なことに感覚が麻痺してきてしまいます
修復してきれいによみがえり、まったく古さを感じません
ラファエロの絵は優しくてわかりやすくていいですよ~
ルネッサンス時期の画家はわかりやすいです
ヴァチカン、記憶に残る美術館となりました
[ 2016/11/30 21:27 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 彫刻って
>
> 裸がおおいですよね(笑)

肉体美を象徴するような裸ですよね
オリンピックは裸で競技してたとかいろいろありますが、きっと意味はあるのだと思います

> ラオコーン
> ヘビが巻き付かれてたんですか
> 私は
> 天女の羽衣みたいなものかと 思いましたよ(゚∀゚)

確かに羽衣のように見えなくはないけど、彫像の顔がひきつってますよ~
でも天女にまとわりつかれたほうがよほどいいですよね
[ 2016/11/30 21:42 ] [ 編集 ]
サン・ピエトロ寺院へのショートカットの通路は絶対に選ぶべきですよね〜^ ^
待ち時間なしで行けちゃうのですもの。私の時は通路に警備の人が居ましたよ。
どのお部屋も煌びやかで素晴らしく、全部ハイライトな美術館ですが、思い出深いのは円形の間の彫刻を見て、それまであんまり興味のなかった彫像を凄い!って思ってそれからは彫像の見方が変わったことです。私にとっては感動と共に実りのあった美術館でした^ ^
[ 2016/12/01 23:47 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> サン・ピエトロ寺院へのショートカットの通路は絶対に選ぶべきですよね〜^ ^
> 待ち時間なしで行けちゃうのですもの。私の時は通路に警備の人が居ましたよ。

今年はサンピエトロ寺院はすごく混雑してるようで、ショートカットしてよかったです
でも本当によかったのか自信がなかったけど、Ekaterinaさんにお墨付きをいただいてホッとしました
さすがにフィレンツェで塔はお腹いっぱいで~、私はやめちゃいましたけどね
次の楽しみにします~

> どのお部屋も煌びやかで素晴らしく、全部ハイライトな美術館ですが、思い出深いのは円形の間の彫刻を見て、それまであんまり興味のなかった彫像を凄い!って思ってそれからは彫像の見方が変わったことです。私にとっては感動と共に実りのあった美術館でした^ ^

美しい顔に筋肉を表現するイタリアの彫刻って素晴らしいです~
私が彫刻の記憶に残るのはルーブルのニケ、アカデミアのダビデですが、Ekaterinaさんの彫刻の転換点となったところなのですね
やっぱり、日本って仏像などの彫刻はあるけど、ヨーロッパといえば油絵という思い込みがあるかもしれません
もう少し彫刻にフォーカスをあてて、じっくり鑑賞しないともったいなかったですねーー^^;
[ 2016/12/02 15:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する