リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ヴァチカン美術館へ①必見のピナコテカ

6日目その②

初回ローマ往訪時に、お休みで見損なったヴァチカン美術館
DSC01457_convert_20161121210156_20161124164224b1f.jpg
(写真はビーニャの中庭です)


ヴァチカン美術館は歴代教皇の貴重なイタリア美術コレクション、まさに世界最大級
そしてなんといってもミケランジェロの最高傑作「システィーナ礼拝堂」を見るために、世界中から人が押し寄せるところ、必見です~!
総面積42,000㎡、古代ギリシャ美術から始まり、様々な時代の価値ある美術作品であふれています


事前予約
いつも混んでるヴァチカン美術館、これだけは手数料が高くても見逃すわけにはいきません
日本から事前にネット予約しました(予約サイトはこちら)
料金は€16、予約手数料€4



行き方
テルミニ駅から、オッタヴィアーノ・サン・ピエトロ駅までは地下鉄A線で約10分

入口に向かう道中、
すでに城壁側の予約なしの人の長い長い列ができてます
横目に通り、ゲートを目指します



チケット交換
朝一番の予約でしたが、少し時間前でも、
セキュリティチェックを受け、あっという間に入館できました
以前では考えられなかったけど、とってもスピーディです

入館して、窓口でチケット交換して、いざ出発です~
チケットの写真はラファエロの間の一部
アリストテレス(左)とレオナルド・ダ・ヴィンチ(右)
vatiani_convert_20161122180022.jpg


徐々に観光客が入館してましたが、順調すぎてうれしい~
テンション上がりすぎて勇み足になり、館内・建物の写真撮り忘れてます

ちょっと寄り道してから、システィーナ礼拝堂を目指します


まずは、

ピナコテカ(絵画館)

ビサンチン時代から現代までの宗教画の絵画が展示されてます

ニコロとジョヴァンニ「最後の審判」
P8100638_convert_20161121210215.jpg


ジョット「ステファネスキの三連祭壇画」
木製のパネルに描かれてます
P8100639_convert_20161121210253.jpg

メロッツォダ・フォルリ「奏楽の天使」
本来はキリスト昇天する絵の周りに配置されてた天使たち、優しい色彩です
P8100662_convert_20161121210616.jpg



一番奥の部屋は必見です

ラファエロの最後の作品「キリストの変容」
上部ではイエスキリストの変容を、下部では悪魔に取りつかれた人の奇跡が描かれてます
大きなキャンパスに描かれ、息をのむような美しさでした
P8100642_convert_20161121210334_20161124174827d01.jpg


こちらもラファエロ
P8100651_convert_20161121210447_201611241749018c9.jpg


ティツィアーノ「聖母子と諸聖人」
ウフィッツィ美術館の「ヴィーナス」の作者(作品はこちら
P8100653_convert_20161121210507.jpg


大きなレオナルドの「最後の晩餐」のタペストリー
P8100645_convert_20161121210350.jpg


レオナルド・ダ・ヴィンチの「聖ヒエロニムス」の未完の作品
負傷した獅子を聖ヒエロニムスが救ったという故事が題材、痩せ細った顔が訴えかけてくる作品です
P8100647_convert_20161121210404_20161124175058270.jpg


カラヴァッジョのキリスト降架
ウフィッツィ美術館でグロテスクな作品の作者(作品はこちら
P8100649_convert_20161121210431_20161124181334ee3.jpg


ミケランジェロの「ピエタ像」
P8100659_convert_20161121210559.jpg

素晴らしい作品にうっとりして、気が付けばどんどん人が増えてきて・・・・
せっかく早く入場したのに、貸切状態でのんびりしすぎました




行く予定でなかったのに、間違って進入してしまった
ピオ・クリスティアーノ美術館とエジプト・グレゴリウス博物館

大きすぎてみたのはほんの一部

エジプト関連の美術品
木の棺などもありました
P8100667_convert_20161121210748.jpg

羊飼い
P8100668_convert_20161121210802.jpg



のんびりしすぎたけど、システィーナ礼拝堂を目指します~



2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

あのチープな落書き文化から一転して、ホンモノ感漂う重厚な世界へ。
まさにお宝ですね!!
宝尽くしとはこのことか!!と思ってしまいました。
この状態が貸切なんて、なんて贅沢でしょう。
ワタシでも、のんびり、ゆっくり一人占め観賞して、あとから人が沢山やってきて、あわあわ慌ててしまいそう。
3回、4回とリピしないと満足できないようなすごさですね。
彫刻、絵画と歴史的価値からもイタリアの美術品のすごさは圧巻です。
近代アート系よりも歴史の古いものが、どうしても好みなのでイタリアはワタシの好みにピッタリ。
でもたまにヤンキーアートで息抜きできるところまで、すごいですね~。(笑)
[ 2016/11/25 00:09 ] [ 編集 ]
ここはもう、絶対にはずせないところですよねー!
お高い入場料を払ってでも行かなければ!
とはいえ、入場料+手数料で€20はけっこうなお値段ですね(;^_^A
どの絵画も彫刻もすばらしい傑作揃い!
時間も忘れて見入ってしまうのもわかります。

お次はシスティーナ礼拝堂、楽しみです!
[ 2016/11/25 11:19 ] [ 編集 ]
こんにちは!

ヴァチカン美術館、

そんなに有名なんですか___φ(゚ー゚*)フムフム

無知なもので

これは生で見ると違うんでしょうね~
光加減とか
いろいろな角度から見えるし

間違えてはいった
エジプト・グレゴリウス博物館
はどうでしたか

お宝物発見みたいなものはありましたか?
[ 2016/11/25 12:02 ] [ 編集 ]
こんにちは。
以前、ヴァチカンもチラッと行ったのですが、何を見たのか全く覚えていません。
ジェラートを食べたのだけ覚えています。汗

ヴァチカン美術館、予約料入れて入館するのに計20ユーロとは、結構なお値段ですね・・・汗
でも、その分見ごたえはありそうですね。
朝一でいくのが良さそうですね。
最近記憶力が全くないので、行く直前に本で作品の勉強をしたほうが良さそうです。
[ 2016/11/25 17:55 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> あのチープな落書き文化から一転して、ホンモノ感漂う重厚な世界へ。
> まさにお宝ですね!!
> 宝尽くしとはこのことか!!と思ってしまいました。
> この状態が貸切なんて、なんて贅沢でしょう。
> ワタシでも、のんびり、ゆっくり一人占め観賞して、あとから人が沢山やってきて、あわあわ慌ててしまいそう。
> 3回、4回とリピしないと満足できないようなすごさですね。
> 彫刻、絵画と歴史的価値からもイタリアの美術品のすごさは圧巻です。
> 近代アート系よりも歴史の古いものが、どうしても好みなのでイタリアはワタシの好みにピッタリ。
> でもたまにヤンキーアートで息抜きできるところまで、すごいですね~。(笑)

メディチ家の衰退とともに、芸術の中心がフィレンツェからローマに移り、ローマ教皇がその代わりとなり、いまこうしていろいろな多くの作品を見ることができます
どの作品もすばらしくて、ガイドブックで詳細な紹介がなくても、掲げられたビックネームにびっくりします
きっと有名な絵画も見落としてるのは間違いないです
やっぱり朝一番の入館は空いてるし、ゆっくり見れるのでおすすめです
しかし全部は見きれません~
好きな人は何日も何日も通い続けたくなると思います
身近に接することができるイタリア人、うらやましすぎます
だから真似事みたいに、ペインティングして気取ってみたくなるのでしょうか
とはいえ、芸術の街、ペインティングのカルチャーは消えることはないのでしょうね
[ 2016/11/25 21:30 ] [ 編集 ]
lauaealoha のMさん
lauaealoha のMさん

> ここはもう、絶対にはずせないところですよねー!
> お高い入場料を払ってでも行かなければ!
> とはいえ、入場料+手数料で€20はけっこうなお値段ですね(;^_^A
> どの絵画も彫刻もすばらしい傑作揃い!
> 時間も忘れて見入ってしまうのもわかります。

ヴァチカン美術館は一度は訪れたいところです
なかなかお休みと重なってしまう繁忙期、今回は気合入れました
今回は少し円高だったので、よかったです
ガイドブックでは詳細な説明がないものの、作品のオーラから、作者の名前を見てびっくりします
やっぱりかもしだしてるんですね~

> お次はシスティーナ礼拝堂、楽しみです!

そうだ!写真撮影禁止でどう調理いたしましょう~
[ 2016/11/25 21:39 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> ヴァチカン美術館、
>
> そんなに有名なんですか___φ(゚ー゚*)フムフム
>
> 無知なもので

ヴァチカンの教会は、カトリックの総本山です
歴代治めたローマ法王がたくさんの絵画をコレクションした美術館で、今はここが住まいとなってます
小さな国家ですが、すごいんですよー

> これは生で見ると違うんでしょうね~
> 光加減とか
> いろいろな角度から見えるし

写真では想像つかないでしょうが、大きなキャンバスなのです
こういう時は動画のほうがわかりやすいのでしょうね
もしくは全体像を撮ってくればよかったと・・・、しかし膨大な写真になり、ただでさえ停滞モードなブログがさらにスローになりそうです

> 間違えてはいった
> エジプト・グレゴリウス博物館
> はどうでしたか

棺とか、ミイラがありました
写真はありましたが、掲載は見送りました・・・・
どうも苦手で・・・・

> お宝物発見みたいなものはありましたか?

彫刻がいっぱい並んでました
[ 2016/11/25 21:45 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> 以前、ヴァチカンもチラッと行ったのですが、何を見たのか全く覚えていません。
> ジェラートを食べたのだけ覚えています。汗

確かに学生の頃の旅行って、記憶になくてもったいないですよね
今は時代も良くなり、情報も多いし、ブログに残してると記憶に残るものですよね

> ヴァチカン美術館、予約料入れて入館するのに計20ユーロとは、結構なお値段ですね・・・汗
> でも、その分見ごたえはありそうですね。
> 朝一でいくのが良さそうですね。
> 最近記憶力が全くないので、行く直前に本で作品の勉強をしたほうが良さそうです。

ヴァチカンは予約手数料はお高いけど、予約は必須だと思います
小さな市国、大きな収入源なのでしょうね
朝一番でシスティナ礼拝堂から周るのが正解だと思います
見どころが多いので、予習はしたほうがいいかも
私は甘かったです・・・・
[ 2016/11/25 21:50 ] [ 編集 ]
バチカン美術館、どこもかしこもハイライトといった豪華で素晴らしいところですよね〜。
世界に二つとない美術館、見学料が高いのは高いですが、十分元が取れるのでは?と思います。
そして、確かに入口方面へはもう何百メートルも前から人の流れが出来ていて迷うことなくたどり着けたの思い出しました。
あれだけの人の流れのあるところって人気観光地の中でもバチカン美術館が一番かもしれませんね。
そんな中でも押さえておくべき作品をちゃんと写真に撮られているのは流石です!
[ 2016/11/26 00:35 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> バチカン美術館、どこもかしこもハイライトといった豪華で素晴らしいところですよね〜。
> 世界に二つとない美術館、見学料が高いのは高いですが、十分元が取れるのでは?と思います。
> そして、確かに入口方面へはもう何百メートルも前から人の流れが出来ていて迷うことなくたどり着けたの思い出しました。
> あれだけの人の流れのあるところって人気観光地の中でもバチカン美術館が一番かもしれませんね。

ヴァチカン美術館の人気はすごいですね
お休みも重なったせいか、列をなしてるので、迷わないですよね
お値段はお高いけど、価値はあると思います
外観は地味ですが、内部は豪華絢爛で、カトリック教会の総本山の美術館にお住まいですものね
テンションあがりすぎて、私自身、大変なことになってました(笑)


> そんな中でも押さえておくべき作品をちゃんと写真に撮られているのは流石です!

まわり方も間違えれば、見落としもあり、すでに再訪したい気分に駆られてます
ぐるぐる回って疲れてしまったけど、じっくり見たいところですね
[ 2016/11/27 00:48 ] [ 編集 ]
あまりにも目玉作品が多すぎて自分は何を見てきたのか忘れていました。
写真に残して、さらに題名も記録しておくなんてさすがです!
今後もYottittiさんのブログを頼りにしています(^^)

ヴァチカン美術館も作品だけでなく部屋の装飾まで見ていたらなかなか前に進めないし、一日では回り切れず、ほんとイタリアの芸術は偉大ですね。
[ 2016/11/30 06:32 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> あまりにも目玉作品が多すぎて自分は何を見てきたのか忘れていました。
> 写真に残して、さらに題名も記録しておくなんてさすがです!
> 今後もYottittiさんのブログを頼りにしています(^^)

ポケさんはいつもしっかり下調べをして旅行にお出かけになってて~、絶対に見落とさないですよね~
少しでもお役に立てるなら、何よりのうれしいお言葉です
写真に残しておかないと、やっぱり忘れてしまいますよね
今は気楽に残せるいい時代になりました
こうして私の記録に付き合ってくださって、励みになります

> ヴァチカン美術館も作品だけでなく部屋の装飾まで見ていたらなかなか前に進めないし、一日では回り切れず、ほんとイタリアの芸術は偉大ですね。

ヴァチカンは絵画もあり、壁画もあり、美しい回廊もあって、優雅な気分になりますよね
一日では周りきれないし、といって、一日いたら、絵の持つとてつもないオーラに、さすがに大変なことになってしまいそうですーーー
[ 2016/11/30 20:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する