リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ウフィツィ美術館②

5日目その②

ルネサンスの三大巨匠の一人ラファエロの登場です!
ダ・ヴィンチにも影響を受け、フィレンツェで才能を開花させます
繊細で神経質そうな雰囲気、何といっても恋多き男性だったそうです
P8090523_convert_20161030213306.jpg


「聖母の画家」はラファエロの代名詞にもなっていて、代表作の1つヒワの聖母
聖ヨハネがキリストの受難を意味するヒワを差し出しています
聖母はとってもやさしい表情をしてます
P8090518_convert_20161030213213_201611022109179ae.jpg


16世紀初めのローマ教皇ユリウス2世とSaint John the Baptist(ラファエロ作)
(クリックすると写真が大きくなります)
P8090516_convert_20161030213158.jpg P8090529_convert_20161030213400.jpg


次は
モナリザで有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ

ヴェロッキと弟子だったレオナルド・ダ・ヴィンチによる協作「キリストの洗礼」
若きダヴィンチは背景や天使を描いたと言われています
P8090542_convert_20161030213826_20161103194311cbc.jpg


そして
レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」
マリアと大天使ガブリエルが向かい、遠近法によって素晴らしい作品です
P8090534_convert_20161030213452_2016110223114715a.jpg


繊細さを見ていただくためにズームアップ!!
P8090562_convert_20161030220000_20161102231219365.jpg

いろいろな画家によって書かれてますが、美しいです!
P8090563_convert_20161030220016_2016110223123613c.jpg


こちらは

テツィアーノのウルビーノの「ヴィーナス」
15世紀にウルビーノ公から委託された絵画
バラを手に持ち、微笑みを浮かべ横たわるヴィーナス
美しく繊細なラインに白い透ける様な肌、とてもしなやかでセクシーです
P8090545_convert_20161030213847_20161102231307064.jpg


優しいお顔が気に入ったCECCHINO SALVIATIの作品
P8090527_convert_20161030213337.jpg



2階に移動して

カラヴァッジョの「若きバッカス」
時代は変わって、描き方も写生的でとてもリアル!
男性とも女性とも想像がつかない自画像
P8090554_convert_20161030215833_20161102231334324.jpg


カラヴァッジョの「メデューサ」
強烈なインパクトがあった作品
頭の上は蛇で覆われ、首からは血が滴りとてもグロテスク…
円形の盾に描かれている面白い作品です
P8090551_convert_20161030215816_201611022313548b8.jpg


贅沢な美に触れた美術館でした
P8090556_convert_20161103193456.jpg


来年のカレンダーを買ってきました
表紙はボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」
楽しみです
DSC02014_convert_20161103192641.jpg


名画がたくさんありすぎて紹介しきれませんが、予約必須と思われます!

2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

これは、さすがに見所満載ですね~。
絵画図録か美術全集からのオンパレード状態で、あれもこれも、あの絵もある!!と有名所がてんこもり!!
これは、2日間ぐらい続けて通わなければいけないみたいですね!
でも、他にも見所はたくさんあるし~。
後ろ髪を引かれそうです~。
イタリアは見所多すぎです。
ワタシは断然フランスよりイタリア派なんですが、(とは言ってもどっちも行ったことがありません)ここまで観たい所がありすぎると、もう駆け足になって、何が何やらで息抜きできないかも・・・。
旅慣れたYottiさんは抜群のセレクトで見て回っていらっしゃいますが、初心者だとどうすればいいのやらです。
やはり大人しくツアーに任せるべきでしょうね~。
[ 2016/11/03 23:19 ] [ 編集 ]
こんにちは。
ウフィティは本当見ごたえがありますよね。
ラファエロ、ダヴィンチ、ボッティチェリ・・・
イタリアルネッサンスの巨匠の作品が目白押しですからね。

私たちは音声ガイドもなしでふらっと見て回ったのですが、ちゃんと説明を聞いたほうがいいのでしょうね。
あまりの広さに音声ガイドを聞く元気もありませんでしたが・・・苦笑
目録も分厚すぎて買う気が起きないし・・・汗
[ 2016/11/04 00:31 ] [ 編集 ]
ヨーロッパを巡っていると、美術品が多すぎて
どの美術館でどれを見たか忘れてしまいますが、
こうやって写真で並べていただいて、いろいろ記憶が蘇ってきました~。
ありがとうございます。
ボッティチェリからラファエロまで、教科書にのるような名作の数々。
見た時の感動や状況が思い出されました。
そして、作品だけでなく建物そのものが見ごたえがあったり、天井画が美しかったり、イタリアの美術館はさすがです。
[ 2016/11/04 04:47 ] [ 編集 ]
こんにちは!

カレンダーあるんですね
なんかよさそうですね~

この時代の作って
裸がおおいかんじしますよね

若きバッカス
昔からニューハーフはいたんですね
あたりまえか(笑)

メデューサに関する
お土産あればいいのにね~~
怖そう(((´`)))
[ 2016/11/04 11:36 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> これは、さすがに見所満載ですね~。
> 絵画図録か美術全集からのオンパレード状態で、あれもこれも、あの絵もある!!と有名所がてんこもり!!
> これは、2日間ぐらい続けて通わなければいけないみたいですね!
> でも、他にも見所はたくさんあるし~。
> 後ろ髪を引かれそうです~。
> イタリアは見所多すぎです。
> ワタシは断然フランスよりイタリア派なんですが、(とは言ってもどっちも行ったことがありません)ここまで観たい所がありすぎると、もう駆け足になって、何が何やらで息抜きできないかも・・・。
> 旅慣れたYottiさんは抜群のセレクトで見て回っていらっしゃいますが、初心者だとどうすればいいのやらです。
> やはり大人しくツアーに任せるべきでしょうね~。

ウフィツィ美術館に限らず、ヨーロッパの美術館は、規模も大きく、見どころ満載です~
パリのルーヴル美術館は大きすぎて迷路みたいだし、オルセーはモネにドガなど、ウフィツィとはまた違った有名な画家がいっぱいすぎて、これまた大興奮です
美術館巡りだけでも大変です
ツアーはすべてお任せできるので、チケットの手配もないし、送迎もしてくれるし、気楽だとは思います
ただ、いつも駆け足で、忙しそうです
誰かマメな人がいればいいのでしょうけど、こればかりは、好き好き分かれますよね
やっぱりパリは花の都だし、ローマは街が博物館、フィレンツェは街が美術館と、ベネチアは水の都、それぞれ見どころがあって素晴らしい歴史があります
私たちもいつも初めて訪れるところは、ガイドブックを読んでもぴんと来ないし、手探り状態ですよ
でも時代は変わって、ネット社会になって、予約の手配が煩わしくなくなったのが一番です!
[ 2016/11/04 17:42 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> ウフィティは本当見ごたえがありますよね。
> ラファエロ、ダヴィンチ、ボッティチェリ・・・
> イタリアルネッサンスの巨匠の作品が目白押しですからね。

ヨーロッパの美術館は大きくてどこも素晴らしい作品がたくさんあって、やっぱりここでしか出会えない作品の数々、贅沢な時間を楽しめます
新たな画家の名前に釘漬けになったり、美は心の糧になりますね

> 私たちは音声ガイドもなしでふらっと見て回ったのですが、ちゃんと説明を聞いたほうがいいのでしょうね。
> あまりの広さに音声ガイドを聞く元気もありませんでしたが・・・苦笑
> 目録も分厚すぎて買う気が起きないし・・・汗

私も音声ガイドなしで周りました
一度プラド美術館で音声ガイドを借りたら、わかりやすかったから、本当はあると理解も深まるのでしょうね
それに、目録というかガイドブックもお土産にはいいけど、どうせ見ないし・・・・、重いんですよね
前回、美術館のガイドブックを買ったので、今回は薄いカレンダーにしました
でもお休みの日が違うので、またまた厄介ですけどね^^;
[ 2016/11/04 17:58 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> ヨーロッパを巡っていると、美術品が多すぎて
> どの美術館でどれを見たか忘れてしまいますが、
> こうやって写真で並べていただいて、いろいろ記憶が蘇ってきました~。
> ありがとうございます。

フィルムだった時代のものは、なかなか引っ張り出さないですから、こうして気軽に美術館を振り返れるのはありがたいです
何より一時期撮影禁止になったそうですが、今はフラッシュなしで撮影可能なのもうれしいです
やっぱり私も覚えてるところとないところがあって・・・、
こうして一部でもブログに残せて、皆さんにお伝えできるのもるのもありがたいですよね

> ボッティチェリからラファエロまで、教科書にのるような名作の数々。
> 見た時の感動や状況が思い出されました。
> そして、作品だけでなく建物そのものが見ごたえがあったり、天井画が美しかったり、イタリアの美術館はさすがです。

やっぱりボッティチェリのヴィーナスのキャンパスの大きさ、そして可憐さ、素晴らしいです
現地に赴かないと見れない作品ばかりで、貴重ですよね
そしてお部屋の造りもとてもゴージャスで、メディチ家の築いた富の大きさを感じます
[ 2016/11/04 18:03 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> カレンダーあるんですね
> なんかよさそうですね~

カレンダーは持ち帰りにも薄いし、きれいだしいいですよ
ただお休みがイタリア~ンな暦になるので、寝坊しないようにしないといけないですね(笑)

> この時代の作って
> 裸がおおいかんじしますよね

ルネサンス期の転換で、裸の絵が描かれ多いですよね
ギリシャ神話を用いたからだそうです

> 若きバッカス
> 昔からニューハーフはいたんですね
> あたりまえか(笑)

この時代の男性って、色っぽい人が多いですよね
彼がそうだったのかはわかりませんが、やっぱりあったのでしょうね

> メデューサに関する
> お土産あればいいのにね~~
> 怖そう(((´`)))

びっくりする作品ですよね
妙に印象に残る作品です
[ 2016/11/04 18:44 ] [ 編集 ]
てんこ盛りの名作、楽しませていただきました〜。
写真撮っていいんですね^ ^

メデューサの盾は、実戦用ではないのでしょうが、実際に敵があんなの見たら、やっばい!こいつ怖い!って思って逃げ出しそうです(笑)

カレンダーは羨ましい!持ち帰りも楽そうだし、実用的で良いお買い物でしたね^ ^
これで来年一年間は、カレンダー見る度に思い出に浸れそうですね♪
[ 2016/11/05 07:42 ] [ 編集 ]
こんにちわ

スゴイ、スゴイ、スゴイとしか言いようのないラインナップ…
どれもが教科書に載っていたりするような名画揃いで言葉もありません。
丸1日でも足りなさそうってことがわかりました。
この目で見てみたいです!

カレンダーはいいおみやげですね!
毎月めくるのが楽しみになりそうです(^^♪
[ 2016/11/05 09:54 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん
連コメありがとうございます!

> てんこ盛りの名作、楽しませていただきました〜。
> 写真撮っていいんですね^ ^

一時期は写真撮影は禁止になったそうですが、フラッシュなしでの撮影はOKでした
こうして紹介することもできるし、私自身、振り返ることができるのは、とってもありがたいです~!

> メデューサの盾は、実戦用ではないのでしょうが、実際に敵があんなの見たら、やっばい!こいつ怖い!って思って逃げ出しそうです(笑)

いかにも神話っぽい絵だな~と思いましたが、カラヴァッジョ、なかなかシュールで面白いですよね
絵だけでも強烈ですよね~!

> カレンダーは羨ましい!持ち帰りも楽そうだし、実用的で良いお買い物でしたね^ ^
> これで来年一年間は、カレンダー見る度に思い出に浸れそうですね♪

カレンダーは美術館外でも買うことができると思います
本を買うには重いけど、カレンダーなら軽いし、名画の感動を思い返せるのでよかったです
暦だけは気を付けないといけませんよね~(笑)
[ 2016/11/05 21:21 ] [ 編集 ]
lauaealoha のMさん
lauaealoha のMさん
こんばんは~

> スゴイ、スゴイ、スゴイとしか言いようのないラインナップ…
> どれもが教科書に載っていたりするような名画揃いで言葉もありません。
> 丸1日でも足りなさそうってことがわかりました。
> この目で見てみたいです!

ルネッサンスを代表する画家たちのオンパレード、見たことのある作品ばかりで、とっても興奮しました
同じお題でも描く人によって個性が出てるのも面白かったです
お部屋もきれいでうっとりします
フィレンツェはぜひぜひ訪れてほしいところです

> カレンダーはいいおみやげですね!
> 毎月めくるのが楽しみになりそうです(^^♪

カレンダーはきれいな絵も鑑賞できるし、軽いし、お土産にぴったりです~
やっぱり旅先の絵とか、見た絵とか、毎月毎月見てると、旅情も増します!
[ 2016/11/05 21:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する