リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

情緒ある書院門文化街

5/2④

バスに乗って、書院門文化街

城壁の永寧門(南門)の近く、
碑淋博物館に続く道で、書画、骨董、工芸品が並んでる書院門文化街
DSC08249_convert_20160703195633.jpg



西安らしい塔がここにも建ってます
P5020363_convert_20160703203550.jpg



中華街でもありそうな書院門
P5020362_convert_20160703203533.jpg


とっても雰囲気があって素敵です
P5020365_convert_20160703203629.jpg


筆や書画のお店が並んでます
P5020368_convert_20160703203645.jpg



カラフルな中国らしい建物
DSC08258_convert_20160703201636.jpg



石造りの建物の硯のお店
お習字は習ってたけど、好きな人はお土産にひとつほしいですよね
DSC08257_convert_20160703195649.jpg


こちらも書道関係の巻物?
DSC08259_convert_20160703202023.jpg



中国伝統の切り絵なども
DSC08368_convert_20160703203304.jpg



お寺のように見えたので入ってみようと思ったら、
学校で立ち入り禁止と書かれてました
間違って入ってしまう人も多いと思います
P5020369_convert_20160703203659.jpg


立派な建物
DSC08268_convert_20160703202335.jpg



建物を見てると、赤い色合いが中国でレトロ感満載です
DSC08270_convert_20160703202352.jpg


やはり
目にとまるのが人々の暮らしだったり~
DSC08271_convert_20160703202408.jpg


門もいろいろ
DSC08265_convert_20160703202304.jpg



城壁の内側の通り
片側は壁がそびえたってます
DSC08374_convert_20160703203354.jpg


きれいな建物も多いです
DSC08378_convert_20160703203438.jpg


この辺りは、生活感も感じられ、思わず迷い込みたくなりそうです
DSC08381_convert_20160703203516.jpg


情緒があって、時が止まったよう~
書道にゆかりがあるからか、心静かに落ち着く気がしました
西安の歴史や文化を感じることができるところでおすすめです~
P5020370_convert_20160703203717.jpg


旅行目次はこちら
4/29 羽田~上海~西安へ
4/30 西安
5/01 西安(兵馬俑)
5/02 西安
5/03 西安~上海へ
5/04 上海
5/05 帰国


関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2016/07/04 18:35 ] 16/05西安・上海⑤ | TB(0) | CM(13)
天津にもありましたよ~!書画、骨董、工芸とおみやげの街!!
天津では古文化街という名前でした。
そっくりです!!
北京は琉璃廠という名前でありますよね~。天津よりも更に規模が大きかったです!
こういうところは、わくわくしてしまいます♪
当時、学校の授業が終わったら、自転車でひとっぱしりして通い詰めていました。
その頃買った銀製品とかもまだ健在です!
Yottittiさんは書道されているんですね!!
いいな~。
でしたら書道具には、すごく興味おありでしょうね!
筆も筆おきとかも細工の凝ったステキなものが多いですよね~。
中国もこういう分野は強いんだなあといつも感心してしまいます!
今回の画面は見ているだけで本当に癒されました。
街並みがとってもステキです!

[ 2016/07/04 23:54 ] [ 編集 ]
良い街並みですね。
なんだかホッ!とする雰囲気です。
レトロな感じだかしら。
ホーチミンの旧市街地にも通じる雰囲気を感じました。
[ 2016/07/05 06:09 ] [ 編集 ]
ここはまた本当に雰囲気の良い町並みですね〜。
こういったところをそぞろ歩きしたいんですよね、旅行先では^^
ローカルの人の生活が垣間見るとなぜか愛おしい気分になってきますね。
[ 2016/07/05 10:48 ] [ 編集 ]
書院門...。
横浜中華街の写真の間に紛れ込ませたら、
誰も気づかなさそうですねぇ(笑)!!

文化街の中は、新しい建物も古い町並みの風情も、
ぴったりと合っていて、そぞろ歩きにいいですね~
中国茶のカフェとかあったら、立ち寄りたくなりそう!

書道関係の巻物、漢字でびっしり書いてあると、
意味が解らなくってもありがたく感じそうですね♪
[ 2016/07/05 13:14 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> 天津にもありましたよ~!書画、骨董、工芸とおみやげの街!!
> 天津では古文化街という名前でした。
> そっくりです!!
> 北京は琉璃廠という名前でありますよね~。天津よりも更に規模が大きかったです!
> こういうところは、わくわくしてしまいます♪

ここも写真を見ていきたいと思ったところのひとつで~、
やっぱり書道は日本人にもゆかりがあって、ホッとするのでしょうね
昔ながらの映画にも出てきそうな古きよき通りでした西安だけでなく、天津にもあるのですね
北京も琉璃廠は行ってないのですが、中国に行ったら、こういうところに訪れたいですよね
上海では以前七宝というところを訪れたのですが、すごい人で街並みはよかったけど、人にまみれに行った記憶も強いです
やっぱり中国って見どころがたくさんありますよね

> 当時、学校の授業が終わったら、自転車でひとっぱしりして通い詰めていました。
> その頃買った銀製品とかもまだ健在です!

やっぱり筋金入りの中国ツウだったのですね
海外生活が長くなると、海外旅行よりも日本の良さを身に沁みることでしょう~
中国は目利きができれば、面白いものを発見できそうですよね
私も初めて中国に行った時は、いろいろ買いこんできましたよ(笑)
銀製品のお手入れは大変でしょうに、さすがですね!

> Yottittiさんは書道されているんですね!!
> いいな~。
> でしたら書道具には、すごく興味おありでしょうね!
> 筆も筆おきとかも細工の凝ったステキなものが多いですよね~。

今はもうさっぱりで、学生時代のお話です
下手なもので結構苦労しましてね・・・・
いただいた文鎮とか、今はどこかで眠ってます
最近は旅行でも、消耗品以外は、物は増やさないようにと思いつつ、増えていくのは、山グッズばかり(笑)
我が家には和室もないですし、風流なお家ではないのです

> 中国もこういう分野は強いんだなあといつも感心してしまいます!
> 今回の画面は見ているだけで本当に癒されました。
> 街並みがとってもステキです!

そうそう、碑も多いですし、拓本を採る伝統的な法帖も盛んですしね
だからすたれることはないでしょうね
この拓本は、ほしいな~と魅かれましたね
でも和室がないので、飾るところもなく、やめちゃいました
この静かな空気感がいいですよね
[ 2016/07/05 21:18 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> 良い街並みですね。
> なんだかホッ!とする雰囲気です。
> レトロな感じだかしら。
> ホーチミンの旧市街地にも通じる雰囲気を感じました。

中国は赤い派手な建物が多いところが多いですが、心落ち着く素敵な街並みでした~
このレトロな感じが、映画の舞台になりそうですよね
客引きもうるさくないし、仙人が出てきそうな~(笑)
ホーチミンの旧市街は、都会になって、今はにぎやかになり過ぎちゃってますが、どちらかというとハノイのほうに近いように思います~
[ 2016/07/05 21:25 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> ここはまた本当に雰囲気の良い町並みですね〜。
> こういったところをそぞろ歩きしたいんですよね、旅行先では^^
> ローカルの人の生活が垣間見るとなぜか愛おしい気分になってきますね。

街歩きがお好きなEkaterinaさんにはおすすめです~
建物一つ一ついろいろな顔を持っていて、赤い宮殿風の中国様式もありながら、白いレンガ造りの建物が多かったのも印象を明るくしてると思います
洗濯物が干してあったり、車が置いてあるって人々の生活ぶりを垣間見れると、より親近感がわいてきますよね~
[ 2016/07/05 21:37 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> 書院門...。
> 横浜中華街の写真の間に紛れ込ませたら、
> 誰も気づかなさそうですねぇ(笑)!!

横浜中華街の門と一緒で~、私もびっくりしました
ルーツは一緒なのですね~
横浜中華街のレポの中で、間違い探しに使えそうですね(笑)

> 文化街の中は、新しい建物も古い町並みの風情も、
> ぴったりと合っていて、そぞろ歩きにいいですね~
> 中国茶のカフェとかあったら、立ち寄りたくなりそう!

意外に商売っ気があるようなないような・・・・
この日は暑かったので、食べものの屋台は出てたのですが、おしゃれなカフェがあれば、特に台湾スイーツみたいな甘味のお店に池ポチャするのは間違いないのに、並んでるのは書道とか骨董品のお店が多かったです

> 書道関係の巻物、漢字でびっしり書いてあると、
> 意味が解らなくってもありがたく感じそうですね♪

使い道も意味もわからないのでやめちゃいましたが、
孔子らしい人物像に漢字がならんでる書道の巻物と拓本は、そそられた一品です~
絵画とか硯とか、いろいろ見てると面白かったです
[ 2016/07/05 22:07 ] [ 編集 ]
こんにちわ

中国の時代ドラマを見ていたら
王宮では書が必須のようになっていました。
それだけ昔から書が盛んだったってことでしょうから
西安にもそういう専門店街があるのもナットクです。
書院門、佇まいも色合いも中華街の門にそっくり!
中国の伝統的な門の造りなんでしょうか!?
門の写真だけ見たら中華街と間違いそう(笑)
[ 2016/07/06 08:43 ] [ 編集 ]
こんにちは!

へ~~
なんだか
良さそうなところですね
落ち着いてそうで
浸れそうだし(笑)

よっちさんは
今は文字は書かれないんですか

私は書くと 文字が絵になりそうですねっk
[ 2016/07/06 10:55 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> 中国の時代ドラマを見ていたら
> 王宮では書が必須のようになっていました。
> それだけ昔から書が盛んだったってことでしょうから
> 西安にもそういう専門店街があるのもナットクです。

紀元前から書道ってあったみたいですね
すごい歴史ですよね
石碑を写すのにも書道は必須ですから、中国では人々の生活に密接してるのでしょうね
炭の香りに、背筋を伸ばして紙に向き合うのは、心が落ち着いていいですよね
書院門もとってもよいところでした

> 書院門、佇まいも色合いも中華街の門にそっくり!
> 中国の伝統的な門の造りなんでしょうか!?
> 門の写真だけ見たら中華街と間違いそう(笑)

中華街の門と一緒で、親しみがわきました~
宮殿風の木組みの伝統的な工法だと思います
横浜中華街の写真と混ぜても気が付かれなそうですよね
[ 2016/07/06 19:41 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> へ~~
> なんだか
> 良さそうなところですね
> 落ち着いてそうで
> 浸れそうだし(笑)

ビルばかりの都会を見てると、
タイムトリップできそうなよいところでした
いろいろな街を訪れてみて、また違った一面が見れてよいですよね

> よっちさんは
> 今は文字は書かれないんですか
>
> 私は書くと 文字が絵になりそうですねっk

書道は最近はまったく筆も持ってません~
覚えてるかどうか疑問です
そういえば、昔は象形文字だったから、全然大丈夫だと思います~
[ 2016/07/06 19:45 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/07/19 17:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する