リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

シルクロードの出発地へ

5/2③
雨空だったお天気もあがり、暑いくらいのいいお天気です


地下鉄に乗って、シルクロードの出発地


開遠門駅から遠いのですが、一本道なので迷いません


大きな開遠門
唐時代はここまで城壁があり、ここから出発してました
DSC08227_convert_20160628200013.jpg



絲綢之路起点群像(しちゅうしろきてんぐんぞう)
P5020357_convert_20160628200350.jpg



想像してたよりも、3つの軍団もあって想像以上に大きかったです
P5020353_convert_20160628200229.jpg


西域商人
どこのお国の人でしょうか~
P5020355_convert_20160628200315.jpg

ラクダのキャラバン
DSC08241_convert_20160628200132.jpg


後ろ姿から~
やっぱり中国人は登っちゃってますね・・・
DSC08230_convert_20160630164957.jpg


シルクロードの経路地図
DSC08234_convert_20160628200054.jpg



シルクロードの出発点と終着点については、諸説ありますが、
西アジア~インド~ローマ帝国へと東西文化交流し、美術や宗教、食べ物などが伝えらえていたと思うと感慨深いです
わかりやすい地図はこちらをご参照ください



ここがシルクロードの出発地


ここから西を目指したのですね
ここはわざわざ訪れなくても・・・という人は多いのですが、シルクロードの出発地、
それを思うだけでも、ロマンを感じ心がくすぐられ、見たかったところのひとつです
DSC08236_convert_20160628200109.jpg


旅行目次はこちら
4/29 羽田~上海~西安へ
4/30 西安
5/01 西安(兵馬俑)
5/02 西安
5/03 西安~上海へ
5/04 上海
5/05 帰国





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2016/07/02 21:55 ] 16/05西安・上海⑤ | TB(0) | CM(10)
こんにちわ

ここがシルクロードの出発点なんですねー!
何があるってわけではないにしても(;^_^A
あのシルクロードの出発点だと思うと
なんだか壮大なロマンを感じてしまいそうです。

どこでも登るんですね…大陸の人たち…
[ 2016/07/03 07:50 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは~

> ここがシルクロードの出発点なんですねー!
> 何があるってわけではないにしても(;^_^A
> あのシルクロードの出発点だと思うと
> なんだか壮大なロマンを感じてしまいそうです。

この像と門だけなのですが、当時の光景を思い描くと、壮大な浪漫を感じてしまいます~
日本にも影響を及ぼした仏教など、ここから出発したと思うと感慨深かったです~
今の世界があるのも、こうした交流があったからこそなのですよね

> どこでも登るんですね…大陸の人たち…

せっかく立派な歴史があるのですから、建造物を大事にするっていう認識をそろそろ持った方がいいですよね
[ 2016/07/03 19:54 ] [ 編集 ]
巨大な像が街中にある!といのがいかにも中国っぽいですね。
あらゆる意味で巨大ですよね。(笑)
ワタシもシルクロードは入口まででした。
天津から列車で西安まで長距離移動したのですが、西安に近づくごとに風景が西域っぽい雰囲気になっていくんですよ~。
西安に入ると、わーシルクロードの入口に来た!!という気分になったんです。
食べ物から空気感までなんとなくエキゾチックな西安ですよね~。
[ 2016/07/03 23:34 ] [ 編集 ]
こんにちは!

中国人の人(写真じゃ猿に見えますが(・∀・))
ラクダの像だけに

のりたいんでしょうね(笑)

当時のシルクロードって
どなん感じやったんでしょうね

ラクダが活躍してたんでしょうか
馬はだめなかな?

犬じゃイマイチだし(笑)
虎・パンダv-358




[ 2016/07/04 12:52 ] [ 編集 ]
ここ絶対に行きたいです!
シルクロードをたどる旅、いつか行くのが夢ですが、ここを見てからでないと始まりませんよね?^^
シルクロードの地図のリンクも興味深かったです。
ところでシルクロードの旅というのは、日本人が多いんですってね。昔やっていたNHKのシルクロードの番組の影響でしょうか?
私は間違いなくそこがスタートです^^;・・・そしてインドやカトマンズが興味を増幅したと思います^^
Yottittiさんは、シルクロードへの一歩を踏み出されましたね。羨ましいです♪
[ 2016/07/04 14:45 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> 巨大な像が街中にある!といのがいかにも中国っぽいですね。
> あらゆる意味で巨大ですよね。(笑)

こちらの像も大きかったです~
日本ではなかなかお目にかかれない大きさですよね
やはり国土が広いんですよね

> ワタシもシルクロードは入口まででした。
> 天津から列車で西安まで長距離移動したのですが、西安に近づくごとに風景が西域っぽい雰囲気になっていくんですよ~。
> 西安に入ると、わーシルクロードの入口に来た!!という気分になったんです。
> 食べ物から空気感までなんとなくエキゾチックな西安ですよね~。

天津から西安まで、当時の電車は大変そうですね
でも電車の旅は、とくに空港と違って、城壁も見えてきたり、旅情を盛り立てて素敵ですね~
街中を歩けば、宮殿風の建物も多かったりして、雰囲気も違いますよね
今回、食べものの文化もこんなにも違うのを知ってびっくりしました
シルクロードの発着地、いろいろなものが流れ着き、送り出して行ったところだと思うと感慨深かったです
またこのシルクロードの先をたどっていきたいって思っちゃいます~
[ 2016/07/04 18:03 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんにちは~

> 中国人の人(写真じゃ猿に見えますが(・∀・))
> ラクダの像だけに
> のりたいんでしょうね(笑)

格好がお猿ですよね~(笑)
建造物を壊さないようにと思いますが、数人乗ってましたよ
それも結構お年を重ねた方かとお見受けしましたけど・・・・年は関係ないのでしょうね

> 当時のシルクロードって
> どなん感じやったんでしょうね

砂漠とラクダっていうイメージで、像をみてイメージピッタリって思いました~
物や文化の交流をしてたと思うとすごいですよね

> ラクダが活躍してたんでしょうか
> 馬はだめなかな?
>
> 犬じゃイマイチだし(笑)
> 虎・パンダv-358

言われてみれば、象ではなかったのでしょうね
馬は暑そうだし、やっぱりラクダのイメージですよね
中国はパンダのイメージですが、非現実的ですよね
まだ三蔵法師のほうがイメージ、つきやすいかも
[ 2016/07/04 18:11 ] [ 編集 ]
こんにちは。
ここがシルクロードの出発点ですか~!
この地点からラクダなどを使って西へ西へと旅をしたのかと思うと感慨深いです~!
私もポルトガルのリスボン郊外の大航海時代の船の出発地点を見たときは感動しましたよ。

大きな記念像があって迫力がありますが、登れないように囲いとかないのでしょうか。
かなりの高さだし、登ることを前提とした像じゃないのでかなり危なそうですが。
落ちて怪我とかする人いないのでしょうか?
[ 2016/07/04 18:13 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> ここ絶対に行きたいです!
> シルクロードをたどる旅、いつか行くのが夢ですが、ここを見てからでないと始まりませんよね?^^
> シルクロードの地図のリンクも興味深かったです。
> ところでシルクロードの旅というのは、日本人が多いんですってね。昔やっていたNHKのシルクロードの番組の影響でしょうか?
> 私は間違いなくそこがスタートです^^;・・・そしてインドやカトマンズが興味を増幅したと思います^^
> Yottittiさんは、シルクロードへの一歩を踏み出されましたね。羨ましいです♪

シルクロードの旅は憧れで、いつかゆっくり周りたいところですよね~
インドからカトマンズ、旅情をそそられますよね
私も含め、あの音楽とともに~、やっぱりテレビの影響なのでしょうか~(笑)
西安は以前にも書いたかもしれませんが、バックパッカーがシルクロードを周る拠点として旅してる人が多いですね
まず旅初めに行ってみようと今回思いましたが、のんびりしていていいところでした
まだ交通網の整備が心配ですが、案ずるより産むが易しかもしれませんね~
西安はおすすめです~
[ 2016/07/04 18:24 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> ここがシルクロードの出発点ですか~!
> この地点からラクダなどを使って西へ西へと旅をしたのかと思うと感慨深いです~!
> 私もポルトガルのリスボン郊外の大航海時代の船の出発地点を見たときは感動しましたよ。

ここがシルクロードの出発点です~
西に開けた道を見てると、ここから旅が始まったのだ~と思うと、なんともいえず感慨深かったです
rikaさんがポルトガルを訪れたときも、あの歴史の地と思うと、鳥肌が立ってきました~
何とも言えない興奮を思い出します

> 大きな記念像があって迫力がありますが、登れないように囲いとかないのでしょうか。
> かなりの高さだし、登ることを前提とした像じゃないのでかなり危なそうですが。
> 落ちて怪我とかする人いないのでしょうか?

怪我した人がいれば柵でもできるのでしょうが、いまのところなかったので、ある意味、登りたい放題です・・・
と言って登るのは、中国人くらいでしょうけどね
歴史ある国だけに、今後建造物に対する考えとか変わっていくといいですね
[ 2016/07/04 18:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する