リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

壮大な始皇帝の世界~兵馬俑一号坑

5/1(日)②

バスターミナルから5分ほどで兵馬俑博物館

右手はチケット売り場
DSC07613_convert_20160613123314.jpg

料金150元(2550円)
heibayou.jpg


ゲート
P5010154_convert_20160613123805.jpg


三つの兵馬俑坑まで、有料の電動カートでも移動できます
訪れたときは空いてるようでしたが、
混んでると「歩きのほうが早い」との口コミがあったため、真ん中の道を進みます
CCI20160613_convert_20160613132248.jpg


この辺りはあまり情報がなかったので、早歩きで5分ほどです
DSC07620_convert_20160613123333.jpg



三つの兵馬俑坑は、並んで建ってました
DSC07810_convert_20160613123750.jpg



まずは一号坑
P5010252_convert_20160613124619.jpg



西安の地図に説明がある前室
DSC07630_convert_20160613123420.jpg DSC07629_convert_20160613123405.jpg


兵馬俑
紀元前3世紀、中国を初めて統一した始皇帝の陵墓の副葬品として埋められたもの
発見はそれほど古くなく1974年、井戸を掘っていた農民が、陶器の破片を見つけ、それ以来、発掘が始まり、今もまだその途中です
P5010166_convert_20160613123938.jpg


一号坑は、東西230m、南北62m、深さ5mの地下坑道
体育館の様なところに、整然と隊列を組む兵馬俑、
見たかったのはこの兵馬俑~圧巻です
P5010163_convert_20160613123858.jpg


約2000体の兵士俑が並んでます
P5010170_convert_20160613124010.jpg


いずれも178cmと等身大で、顔の表情も異なり、実物の武器や馬具まで身につけていたこと
さらに彩色が施されてたこともわかってきました
紀元前3世紀に、こんな精密な桶を作り上げてた技術は素晴らしいです
いまにも動き出しそうです
P5010168_convert_20160613123955.jpg


歩兵隊、戦車隊、混成部隊、騎馬隊から構成されてます
P5010250_convert_20160613124605.jpg



全部で8千体の俑が確認されてますが、
手前にあるものは復元されたもの、
奥にあるものは、発掘作業や修復作業が進められているエリアになってます
P5010164_convert_20160613123917.jpg



両脇沿いに進むことができます
P5010181_convert_20160613124111.jpg



左横に進み~正面を眺めます
すごい人で、人を見に来たみたい~とも思いました
想像してた押し合いもなく、並んでいれば見れました
P5010196_convert_20160613124426.jpg


いろいろな角度から写真撮影

後ろ姿も凛々しいです
P5010191_convert_20160613124309.jpg


埋もれた感じの横顔
P5010193_convert_20160613124353.jpg



一応お馬さんも
P5010192_convert_20160613124325.jpg



番号が振ってあるところには、説明書きもあります
DSC07684_convert_20160613123450.jpg



兵馬俑は、このままの姿で発掘されたわけでなく、細かく割れた陶片を、丁寧につなぎ合わせて復元してます
これを組み合わせるのは、相当な気力に技術も必要、大変な作業だと思います
P5010204_convert_20160613124525.jpg


このラップ、意外なようですが、
色彩がついたたまま発見された兵馬俑は、表面の湿度を保ち、残った顔料が乾燥してはがれないようにするためのもの
P5010201_convert_20160613124508.jpg



世界八番目の不思議とも呼ばれる始皇帝が作った兵馬俑坑、壮大なスケールに始皇帝の権力、圧巻です!
P5010184_convert_20160613124201.jpg




外に出るとみんな一休み
やっぱり塀もお馬さん
DSC07713_convert_20160613123708.jpg P5010208_convert_20160613124542.jpg



さらに理解を深めるために、2号坑、3号坑に進みます~


旅行目次はこちら
4/29 羽田~上海~西安へ
4/30 西安
5/01 西安(兵馬俑)
5/02 西安
5/03 西安~上海へ
5/04 上海
5/05 帰国





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2016/06/13 17:30 ] 16/05西安・上海⑤ | TB(0) | CM(22)
こんにちは
兵馬俑 TVでは見た事ありますが、目の当たりにすると圧巻でしょうね。

旅っていいですよね。TVやインターネットとかでしか見たことのない風景や建物等をこの目で直に見ることが出来ると本当に感動しますよね。私が一番感動したのはグランドキャニオンでした。その素晴らしい渓谷、その時コロラド川の上空にヘリが飛んでいたのですがそれが「ハエ」位の大きさにしか見えず、どんだけ広いんだろう遠いんだろうと息を飲んだ次第です。

旅はいつも感動を与えてくれますね。
楽しい記事をいつもありがとうございます。
[ 2016/06/13 17:57 ] [ 編集 ]
こんにちは。
兵馬をついに見に行かれたんですね!
さすがにかなりの広さなんですね~。
ここまで広いとはびっくり。
でも、見学者も多いのでしょう、施設もかなり新しく整えられているのですね。

等身大でこれだけの数が並んでいると、やはりかなり迫力があるんでしょうね~。
一度是非見に行ってみたいです!
[ 2016/06/13 18:51 ] [ 編集 ]
兵馬俑は大きいと聞いていましたが、競技場のような場所にびっしり並んでいるのですね!!それでもまだ発掘中とはさすが中国の歴史はスケールが違いますね。
一体一体すべて個性があって、これを作るのにはどれ程かかったのでしょう。
実際の人間が不思議な光で石にされてしまった、という感じですね。
造られた目的などはまだ解明されていないのでしたっけ?

これほどの国を統一するのだから始皇帝って本当に偉大な人物だったのですね。
[ 2016/06/14 05:26 ] [ 編集 ]
兵馬俑ってこんなにスケールが大きいんですね。
実際に目にしたときの感動はすごかったでしょう。
いまだに復元作業が行われてるのもびっくりです。
[ 2016/06/14 08:24 ] [ 編集 ]
こんにちは!

「俑」というのがあったんですね
知らなかった___φ(゚ー゚*)フムフム

といことは
この兵馬俑
はお墓ということでしょうか



突撃というのが なんとなくわかります(笑)

[ 2016/06/14 11:19 ] [ 編集 ]
Samansaさん
Samansaさん

> 兵馬俑 TVでは見た事ありますが、目の当たりにすると圧巻でしょうね。

1体が等身大と大きい上に、その数2000も並んでると圧巻です~
今にも動き出しそうでした!

> 旅っていいですよね。TVやインターネットとかでしか見たことのない風景や建物等をこの目で直に見ることが出来ると本当に感動しますよね。私が一番感動したのはグランドキャニオンでした。その素晴らしい渓谷、その時コロラド川の上空にヘリが飛んでいたのですがそれが「ハエ」位の大きさにしか見えず、どんだけ広いんだろう遠いんだろうと息を飲んだ次第です。

生きてるうちに訪れることができるのは、ほんの一部ですが、まだまだ見たいものがいっぱいあります
旅先で、同じ空を見てるのだな~と不思議な気持ちになります
グランドキャニオンはやはりすごい渓谷で雄大ですよね
私は一番最初にヘリコプターで訪れたことがありますが、上からの眺めも最高でした
自然が作り上げた奇跡、素晴らしいですよね

> 旅はいつも感動を与えてくれますね。
> 楽しい記事をいつもありがとうございます。

旅は心の糧になり、世界観が広がりますよね
元気に旅をできることはありがたいことで感謝です~!
[ 2016/06/14 17:28 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> 兵馬をついに見に行かれたんですね!
> さすがにかなりの広さなんですね~。
> ここまで広いとはびっくり。
> でも、見学者も多いのでしょう、施設もかなり新しく整えられているのですね。

今ではこうした施設の建物が建ってますが、当時はさらなる規模だったことと思います
まだまだ未発掘というのですから、どんどん増えてくのは間違いないでしょうね
昔から中国人からも人気だそうで、いつも混んでるとのこと
施設内の展示も、発掘の進捗とともに、どんどんグレードアップはしてそうです

> 等身大でこれだけの数が並んでいると、やはりかなり迫力があるんでしょうね~。
> 一度是非見に行ってみたいです!

一度は見たかった兵馬俑!
一体一体お顔も違って、ずらりと並んで圧巻でした~
こんなにすごい数を精密に作ってしまった始皇帝、すごいですよね
[ 2016/06/14 17:57 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> 兵馬俑は大きいと聞いていましたが、競技場のような場所にびっしり並んでいるのですね!!それでもまだ発掘中とはさすが中国の歴史はスケールが違いますね。
> 一体一体すべて個性があって、これを作るのにはどれ程かかったのでしょう。
> 実際の人間が不思議な光で石にされてしまった、という感じですね。
> 造られた目的などはまだ解明されていないのでしたっけ?

兵馬俑は、中国では死者を埋葬する際に副葬されてたのが俑で、始皇帝のお墓です
始皇帝は、死後も、この世界観を来世にも夢見て、永遠に誇示したかったのではないでしょうか
ここから始皇帝のお墓までもかなりの距離があるので、このように競技場の中に納められてますが、発掘には慎重な作業が必要で、まだまだ埋もれてると思うので、今後も兵馬俑の数は多くなるのではないのかなと思います
俑のお顔も、実在してた人を再現したとか!?、今にも動き出しそうでしたよ

> これほどの国を統一するのだから始皇帝って本当に偉大な人物だったのですね。

発見も中国文化革命の後だったので奇跡的に残ったというか、万里の長城といい、中国を統一した始皇帝はすごいスケールの持ち主ですよね
[ 2016/06/14 18:16 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> 兵馬俑ってこんなにスケールが大きいんですね。
> 実際に目にしたときの感動はすごかったでしょう。
> いまだに復元作業が行われてるのもびっくりです。

兵馬俑のスケールは大きくて圧巻でした
紀元前に精密な陶器を作ってたなんて、埴輪とはレベルが違いますからね
兵馬俑の発見も遅かったのもありますが、発掘には、着色された色合いを保つために、慎重な作業になってるとのこと
お墓に訪れてみて思ったのは、まだまだ見つかりそうな気がします
[ 2016/06/14 18:20 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんにちは~

> 「俑」というのがあったんですね
> 知らなかった___φ(゚ー゚*)フムフム

中国ではお墓に俑を副葬してました
日本の埴輪とは大違いですよね
とはいうものの、こんなに作ってしまった始皇帝、すごすぎます~

> といことは
> この兵馬俑
> はお墓ということでしょうか

始皇帝のお墓の一部です
死後のすごい世界ですよね

> 突撃というのが なんとなくわかります(笑)

兵士だから、というのもあったのですが、人もたくさんいたので、そんな気分でした~(笑)
[ 2016/06/14 18:24 ] [ 編集 ]
おお、これが正真正銘の兵馬俑なんですね。
確かに圧巻で見る価値ありますね。
兵馬俑はこのままの姿で発掘されたわけでないのですか?
私はこのままの姿で埋まっていたのかと思っていました。
復元作業も気が遠くなるほど大変でしょうね。
全方向から見られるのも嬉しいですね。


[ 2016/06/14 22:22 ] [ 編集 ]
超なつかしい!!!
あの体育館のような建物の中に今でのあの状態で保存展示なんですね~。
すっごい圧巻の風景!
ただ、ワタシが行った時はそこまで多くはなかったですね~。
余裕で眺められたと思います。

そして、周囲はとても整備されているのには驚きました。
有料カートなんてありませんでしたよ!
それと入場料の高さにもビックリ。
いくら払ったか記憶はありませんが、500円代じゃなかったかな?
外国人料金で支払ったかどうかさえ、さだかではありません。
中国人料金だと安かったので、もっと本当は安いのかも?
ちょうど兵馬俑展にも行ってきたので、すごく嬉しい画面でした。
お蔭様で記憶もかなり蘇りました。
[ 2016/06/14 22:38 ] [ 編集 ]
これだけ並んでると、本当に圧巻ですね!!
すごいです~!!
見に来てる人も、いっぱいなんですね。

修復中なのでしょうか。
ラップが巻かれた姿も、おもしろいです(笑)
[ 2016/06/15 15:59 ] [ 編集 ]
これは圧巻ですね〜!!これを自分の目で見たいです!
それにしても見学料が高いですね〜^^;ま、ここまで来てこれを見れるなら高くはないのかもしれないですね^^
一人一人の顔かたちが違うって、もしかして実物の人がモデルだったら尚凄いって思いましたが、どうなんでしょう??
[ 2016/06/15 16:59 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん

> おお、これが正真正銘の兵馬俑なんですね。
> 確かに圧巻で見る価値ありますね。

私は東京で開催されていた兵馬俑展に行くまでは、こんなに大きいと思っていなかったのと
これだけずらりと並んでいて、今にも動き出しそうな力強い俑です
始皇帝はすごい世界観ですよね

> 兵馬俑はこのままの姿で発掘されたわけでないのですか?
> 私はこのままの姿で埋まっていたのかと思っていました。
> 復元作業も気が遠くなるほど大変でしょうね。

私もこのままで発掘されたと思ってました~
陶片をパズルのように組み合わせて現在の姿に~、よみがえりました
地味な作業ですよね
ここは畑にしていても、全然作物が育たなかったとか、こんなすごいものが埋まってたらそうですよね
よくぞ発見された奇跡、今後も地味な作業によって俑が増えていくと思います

> 全方向から見られるのも嬉しいですね。

横顔も、後ろ姿もよくできてるもので、こんなにすごいものを紀元前に作っていたとは、ただただ驚きです!
[ 2016/06/15 21:20 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> 超なつかしい!!!
> あの体育館のような建物の中に今でのあの状態で保存展示なんですね~。
> すっごい圧巻の風景!

坑を覆われてる体育館の様な建物は変わらないです~
でも1号坑から3号坑が並んでるとは思ってなくて、どうやっていくんだろうなんて行く前は悩んだりしました
天井から陽がさして(ブログでは反射してしまって、写真は載せてませんが)、一体一体生き生きしていて動き出しそうで圧巻でした

> ただ、ワタシが行った時はそこまで多くはなかったですね~。
> 余裕で眺められたと思います。

この時は中国のお休みと重なってたので、西安の市内もすごい人出でしたね
覚悟はしてましたが、東京のラッシュよりもすごかったです(笑)
再訪されてる方のHPを見ても、俑も増えてるようですね
修復の痕もわからずに、すごいですよね

> そして、周囲はとても整備されているのには驚きました。
> 有料カートなんてありませんでしたよ!

周囲はお土産物やさんが出たり、すごいきれいになってると思います
またその様子は次回に~
1号坑まで有料カートがあるんですよ!
遠いから乗ったほうがいいと書かれてましたが、待ち時間を考えれば歩いたほうが断然早いですね
中国人はみんな歩いてましたよ

> それと入場料の高さにもビックリ。
> いくら払ったか記憶はありませんが、500円代じゃなかったかな?
> 外国人料金で支払ったかどうかさえ、さだかではありません。
> 中国人料金だと安かったので、もっと本当は安いのかも?

アジアではよく現地の人と外人観光客と差額があるところは多いのですが、中国では問題になり、今は一定料金になったと思います
本当に西安は、城壁に登るのも、華清池も、この兵馬俑も、どこもかしこも入場料が高いんですーーー
兵馬俑だけは高いと言ってられませんでした
まー、修復・維持のことを考えると仕方ないのかもしれませんね
それなのに中国人がたくさん来てるし、市内のレストランもそれなりのお値段だったし、生活レベルが上がってるんですよね

> ちょうど兵馬俑展にも行ってきたので、すごく嬉しい画面でした。
> お蔭様で記憶もかなり蘇りました。

本当、この光景を見たときに、「展示会に本物をもっと持ってくればいいのに~」とおっしゃったGUIHUAさんの言葉がよみがえってました(笑)
数年前はどんなだったんだろうなんて、そんなことを考え、一緒に旅してるような気分になりました
一度は見たかった兵馬俑、行ってよかったです!
それにしても万里の長城といい、兵馬俑といい、始皇帝はすごいものを作りましたよね
[ 2016/06/15 21:45 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> これだけ並んでると、本当に圧巻ですね!!
> すごいです~!!
> 見に来てる人も、いっぱいなんですね。

等身大の大きさなので、これだけ並んでると圧巻で~迫力があります!
始皇帝ということもあるでしょうが、兵馬俑の人気の高さを伺えます
中国も連休中ともあって、すごい人出でした

> 修復中なのでしょうか。
> ラップが巻かれた姿も、おもしろいです(笑)

ラップに巻いてあったら、何にも知らずにみたら、びっくりしちゃいますよね
陶片を組み合わせて修復中です
試行錯誤、頑張ってますね
[ 2016/06/15 21:56 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> これは圧巻ですね〜!!これを自分の目で見たいです!
> それにしても見学料が高いですね〜^^;ま、ここまで来てこれを見れるなら高くはないのかもしれないですね^^
> 一人一人の顔かたちが違うって、もしかして実物の人がモデルだったら尚凄いって思いましたが、どうなんでしょう??

私は展示会に行くまでは小ぶりなものを想像してたので、2000もの大きな兵士の俑が整然と並んでると圧巻です~
それも紀元前に作られたとは、驚きでした
西安は、中国の物価に比べると、どこもかしこも見学料がお高いんです
華清池も行きたかったのですが、共産主義国って、お国に入るから高いのかな?とか思ったり・・・・
とはいうものの、維持費とか、補修費とか、街の観光化と考えると、仕方ないのかなと思いました
一人一人の顔かたちは、実物の人がモデルだったと言われてます
万里の長城も以前訪れたときにすごいな~と思ったのですが、始皇帝の夢見た世界、これだけのものを作り上げたってすごいですよね
[ 2016/06/15 23:33 ] [ 編集 ]
兵馬
西安・兵馬いらっしゃったんですね。
私も以前から興味はあるのですが、中国へはもうナカナカ踏み込めません。
特に食事が心配で・・・。

なので、こちらで見せて頂けてとても楽しめました。
大きさもとても分かり易くて広さなど参考になりました。
ありがとうございます。

私の外部リンクのほうへ勝手にYottittiさんを追加させて頂きました。
事後報告でごめんなさい。
どうぞ宜しくお願いいたします。
[ 2016/06/19 19:05 ] [ 編集 ]
momokkaさん
momokkaさん

> 西安・兵馬いらっしゃったんですね。
> 私も以前から興味はあるのですが、中国へはもうナカナカ踏み込めません。
> 特に食事が心配で・・・。

中国は言葉の問題もあり、個人旅行するには、ちょっと考えてしまいますよね
でも西安は想像してたよりも都会で、言葉が通じない不自由さはありましたが、中国内ではまったくぎすぎすしてないので、旅行しやすいところだと思いました
食事はいろいろ言われてますが、数日のことだし、割り切ってます
やはり中華料理なので、おいしいところはめちゃめちゃおいしいです

> なので、こちらで見せて頂けてとても楽しめました。
> 大きさもとても分かり易くて広さなど参考になりました。
> ありがとうございます。

少しでも理解が深まったと言ってもらえるのは、苦労して書いていて、とてもうれしいです
ありがとうございます

> 私の外部リンクのほうへ勝手にYottittiさんを追加させて頂きました。
> 事後報告でごめんなさい。
> どうぞ宜しくお願いいたします。

夏のご旅行は進んでますか~
パドマくらいしかわかりませんが、何かあれば何なりと~
リンクしてくださりありがとうございます
私も追加させていただきました
今後ともよろしくお願いします~!
[ 2016/06/19 20:19 ] [ 編集 ]
皇帝の権力を見せつけられますねえ。
この間を歩いてみたいです。
発掘は、とても大変そう。
中国は見どころいっぱいですが、なかなか気持ちが向かなくて・・・
いつかは行きたいです。
[ 2016/06/22 19:18 ] [ 編集 ]
ピー助さん
ピー助さん

> 皇帝の権力を見せつけられますねえ。
> この間を歩いてみたいです。
> 発掘は、とても大変そう。
> 中国は見どころいっぱいですが、なかなか気持ちが向かなくて・・・
> いつかは行きたいです。

始皇帝の権力の大きさを感じます
この兵馬俑、動き出しそうですごい迫力です!
紀元前のものなので、よくぞ残ってたという想いで一杯です
それだけに発掘は大変な作業だと思います
中国は好き嫌い分かれるところですが、歴史はすごいですよね
だんだん旅行はしやすくなってきてるのかなという印象です
[ 2016/06/23 17:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する