リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

西安駅からいよいよ兵馬俑へ

5/1(日)①
いよいよ西安最大の見どころの西安郊外にある兵馬俑

本日は日曜日、そもそも混雑は覚悟してたものの、中国も連休中・・・
かなり混雑するのは間違いないということで、早めに出発です


午前8時
地下鉄で「五路口」駅まで向かい、少々歩いて、バスの発着場所「西安駅」へ

道中、兵馬俑へのツアーの勧誘は多いです
DSC07587_convert_20160610163833.jpg


城壁外の西安駅近辺には飲食店もたくさん並んでます
DSC07590_convert_20160530163159.jpg


びっくりしたのは、橋かと見間違った城壁
大胆にくりぬかれ、やっぱり中国!やることがすごいです
DSC07586_convert_20160610163816.jpg


奥には西安駅前が見えます
P5010148_convert_20160530163803.jpg


西安駅
DSC07942_convert_20160530163639.jpg



バス乗り場を警備員に聞いても「待って」とわからない・・・
並んでた列の係りの人に、「あっち」と言われて、再度並び直しとなりました
DSC07944_convert_20160530163721.jpg


すごい行列です
一番左側に出来てる行列に並べばOKです
あってるかどうかは、前の人にガイドブックを見せて確認しました
DSC07596_convert_20160530163418.jpg



行き先は兵馬俑行 游5「306路」か「914路」のバス
順番待ちしてる赤いバスが游5「306路」兵馬俑行きなので、あちらのバスに乗りました
DSC07595_convert_20160530163354.jpg



バスは座席が満席になると出発します
ひっきりなしに出てる頻繁にでてるので、ありがたいです


バスに乗ると、
中国語で兵馬俑の説明が早口で始まりますが、ちんぷんかんぷん
終ると、係りの人が、行き先に応じて料金の回収にやってきます
ガイドブックには兵馬俑まで往復7元(120円)と書いてありますが、片道の料金です
DSC07602_convert_20160530163536.jpg




街中を通り
DSC07599_convert_20160530163450_2016061017343522d.jpg


そのうちに緑がいっぱいです
DSC07603_convert_20160530163552.jpg


直行ではなく、何カ所か停留所に停まります
DSC07601_convert_20160530163521.jpg


道中の華清池は有名な温泉池で、
玄宗皇帝とあの美しい楊貴妃のロマンスで有名なところに停まります
ここは趣があるところだとブロ友さんに教えてもらっていましたが、想像してたよりもお高い入場料110元(1870円)と混雑に、時間もよめないので、一旦見送り、帰りの気分次第としました
ここは現代史の西安事件でも有名なところだからかでしょうか
バスに乗っていた半分近くの中国人の乗客が降りていきました
DSC07939_convert_20160610171855.jpg



一時間ほどで兵馬俑に到着です

いろいろな車が止まってるスペースが終点のバスターミナル
DSC07604_convert_20160530163606.jpg


方角的にはわかるけど、案内は一切ありません

道路を渡ると~

いきなり飛び込んできたお土産物屋さん
ちょっと怖い
DSC07609_convert_20160610174109.jpg


歩いてくと
きれいに整備された広場となってます
DSC07611_convert_20160610174054.jpg


いよいよ兵馬俑に突撃です

旅行目次はこちら
4/29 羽田~上海~西安へ
4/30 西安
5/01 西安(兵馬俑)
5/02 西安
5/03 西安~上海へ
5/04 上海
5/05 帰国





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2016/06/10 17:50 ] 16/05西安・上海⑤ | TB(0) | CM(14)
自力で行かれるなんてスゴイ!!
西安駅からバスがでているんですね!
パッと見た西安駅は昔とそう変わっていないように見えました。
やっぱり西安の街中から1時間ぐらいかかるんですよね~。
華清池はやっぱり人気スポットなんですね!
最近は、その界隈に貸切温泉なんかも出来ているようで、人気があるらしいです。
ワタシは楊貴妃の有名な像をバッチリ見てきました。
附近には楊貴妃の衣装を着てコスプレできるような場所もありますよ。
昔は100円ぐらいでコスプレができました。

いよいよ兵馬俑ですね!ドキドキしてきました~。
[ 2016/06/10 22:41 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> 自力で行かれるなんてスゴイ!!

兵馬俑の近辺は見どころが多いですからね
本当はガイドさんを頼んで、華清池に始皇帝陵など、段取りよく見るのがよいのだろうな~と思います
でもバスに乗ってしまえば、楽々です~

> 西安駅からバスがでているんですね!
> パッと見た西安駅は昔とそう変わっていないように見えました。
> やっぱり西安の街中から1時間ぐらいかかるんですよね~。

高速バスも出てるようですが、西安駅からバスという一番わかりやすい方法で行きました
GUIHUAさんが西安駅には注意を~と、おっしゃってたので、ドキドキしましたが
大きなきれいな駅でびっくりしました
構内には入ってませんが、今では一掃されたのでしょうか

> 華清池はやっぱり人気スポットなんですね!
> 最近は、その界隈に貸切温泉なんかも出来ているようで、人気があるらしいです。
> ワタシは楊貴妃の有名な像をバッチリ見てきました。
> 附近には楊貴妃の衣装を着てコスプレできるような場所もありますよ。
> 昔は100円ぐらいでコスプレができました。

華清池はやっぱり大人気です
またロープウエイがあって、兵馬俑まで一望できるようですね
せっかく教えてもらったのに、ここは結局行けず仕舞いとなりましたが、美しい楊貴妃の像を想像して~
風光明媚でいいところなんだろうなと思います
GUIHUAさん、貸衣装で写真撮影されたのですね!
お似合いになり、いい記念になりますね
私は神戸で一度着ただけですが、そういうのも楽しみのひとつですよね~

> いよいよ兵馬俑ですね!ドキドキしてきました~。

すごい人で~(笑)
いろいろわからなかったことが見えました!
[ 2016/06/10 23:24 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しています。
自力で行ったなんてすごいですね。

兵馬俑楽しみです。
壮大でしょうねぇ。
[ 2016/06/11 01:02 ] [ 編集 ]
こんにちは!

城壁 に穴開けちゃ
いけませんよね(笑)
敵が押し寄せてくる

よっちさん
兵馬俑に突撃って 跳ね返されたんじゃないでしょうね(・∀・)
[ 2016/06/11 11:16 ] [ 編集 ]
こんにちわ

兵馬俑が展示してある博物館?の入場の行列かと思ったら
博物館に行くためのバスに乗るための行列だったんですね!
さすが兵馬俑、人気の高さがうかがえます。
バス料金と比べて楊貴妃関連の観光地の入場料の高さにビックリ!
観光客価格なんでしょうか(;^_^A

いよいよ本物の兵馬俑ですね、楽しみですー!
[ 2016/06/12 08:11 ] [ 編集 ]
地元の路線バスで行かれたのですね、すごいなぁ~!
自分だと...面倒なのでタクシーに乗るか、ツアー使っちゃいそう(苦笑)。

路線バスはもっとボロいのかと思いきや、
バス内の停留所の電光表示板もしっかりしてて、きれいなバスですね!!

いよいよ、あの兵馬俑なのですね♪
[ 2016/06/12 11:53 ] [ 編集 ]
ピー助さん
ピー助さん

> ご無沙汰しています。
> 自力で行ったなんてすごいですね。

やっぱり観光地になってるところだけあり、バスに乗ってしまえばあっという間、わかりやすいところで、個人旅行でも全然問題なかったです~

> 兵馬俑楽しみです。
> 壮大でしょうねぇ。

やはり、1体の大きさが大きいのと、まだ発掘しきれてないというロマンス、すごいスケールにびっくりしました
始皇帝の気分になって見渡してきました
[ 2016/06/12 20:43 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 城壁 に穴開けちゃ
> いけませんよね(笑)
> 敵が押し寄せてくる

城壁をくりぬいちゃった中国、やっぱりやることがすごいです
今では、中国人がどっと押し寄せてると思います~

> よっちさん
> 兵馬俑に突撃って 跳ね返されたんじゃないでしょうね(・∀・)

すごい人ゴミのなか突撃してきました~
突撃しちゃいけませんでしたね(笑)
[ 2016/06/12 20:52 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは

> 兵馬俑が展示してある博物館?の入場の行列かと思ったら
> 博物館に行くためのバスに乗るための行列だったんですね!
> さすが兵馬俑、人気の高さがうかがえます。
> バス料金と比べて楊貴妃関連の観光地の入場料の高さにビックリ!
> 観光客価格なんでしょうか(;^_^A

バス乗り場もすごい行列でびっくりしましたが、立ちっぱなしでなく、全員が座れたのもよかったですし、ひっきりなしにバスが出てるのはありがたかったです
その辺は融通が利くというか、スムーズでよかったです
バス料金は安いのですが、入場料がお高いですよね
それでも中国人観光客が多いのにびっくりします

> いよいよ本物の兵馬俑ですね、楽しみですー!

スケールの大きさにびっくりします
人の多さにもびっくりしましたけどね(笑)
[ 2016/06/12 22:09 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> 地元の路線バスで行かれたのですね、すごいなぁ~!
> 自分だと...面倒なのでタクシーに乗るか、ツアー使っちゃいそう(苦笑)。

日本語ツアーがあれば、理解も深まり、要領よく見れるのでよかったかもしれませんね
でもヨーロッパの観光名所はチケットを買うにも時間がかかったりとしますが、まったく苦にはならなかったです~

> 路線バスはもっとボロいのかと思いきや、
> バス内の停留所の電光表示板もしっかりしてて、きれいなバスですね!!

バスは硬いシートでしたが、きれいでした
車内もゴミとかないですし、中国人もみんな静かでしたし、郷に入れば~ですね(笑)
だいぶマナーも向上されてるのではないでしょうか

> いよいよ、あの兵馬俑なのですね♪

やっぱりスケールが違いますね
始皇帝の浪漫を感じるところでした
[ 2016/06/12 22:18 ] [ 編集 ]
中国でバス待ちの行列に並ぶのって
なんとなぁーく、ストレスになりそうですけど
バスがいっぱい来るなら、安心して待てそうです~。

西安て、どんなところか全く知らないのですが
兵馬俑って、有名なのですね。
この後も楽しみです♪♪♪

お土産屋さんの毛皮・・・というか、なんというか
かなりワイルドでビックリです!
[ 2016/06/13 16:35 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> 中国でバス待ちの行列に並ぶのって
> なんとなぁーく、ストレスになりそうですけど
> バスがいっぱい来るなら、安心して待てそうです~。

バスはひっきりなしに出てるので、まったくストレスはなかったです~
車内も静かでしたし、マナーもよかったです
ヨーロッパの観光地よりも、融通も効いて、スムーズかもしれないと思ったほどです

> 西安て、どんなところか全く知らないのですが
> 兵馬俑って、有名なのですね。
> この後も楽しみです♪♪♪

西安は昔の中国を長くおさめた都で、遣隋使、遣唐使で京都奈良のモデルになった都市です
またシルクロードの発着地としても有名なところです
兵馬俑は始皇帝の世界で、一度は写真で見たことはないでしょうか~!

> お土産屋さんの毛皮・・・というか、なんというか
> かなりワイルドでビックリです!

最近は動物愛護などうるさいから、アメリカでは厳しそうですよね
やっぱり、こうした毛皮系はワイルドで怖いです
[ 2016/06/13 17:34 ] [ 編集 ]
私だったら自力で行けなくてツアーの呼び込みに乗ってしまいそうです。
事前によく調べて行かれていたんですね、いつもその調査力、素晴らしいと思います^^

それにしても塀はくりぬいたりしてもいいんですか?って思っちゃいました。歴史的な大事なものですよね〜?^^;

売られていた毛皮はおおかみですか?きつねですか?怖いけど食い気味に見てしまいました(笑)
[ 2016/06/15 17:09 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> 私だったら自力で行けなくてツアーの呼び込みに乗ってしまいそうです。
> 事前によく調べて行かれていたんですね、いつもその調査力、素晴らしいと思います^^

兵馬俑はネット検索してると、シルクロードを旅するバックパッカーの人か、ツアーが多いのですが、全然個人旅行でも問題なかったです~
中国はずいぶん発展して、言葉の問題はおいておいて、インドに行ってしまえば、楽勝です(笑)
特に西安は、中国の中では旅しやすいところでおすすめです~!
それに、歩道のツアーの呼び込みは中国語ですよ(笑)個人で周ったほうが安気です

> それにしても塀はくりぬいたりしてもいいんですか?って思っちゃいました。歴史的な大事なものですよね〜?^^;

城壁をくりぬいちゃうなんて、すごいですよね
人って怖いもので、歴史的建造物を壊しちゃうんですよね
そもそも中国文化革命でだいぶ破壊されてしまったみたいですけどね

> 売られていた毛皮はおおかみですか?きつねですか?怖いけど食い気味に見てしまいました(笑)

たぬきのような?気がします
ほかにも狐の様な、豹のようなものも並んでたり、帽子もありました
きっとお金持ちのお家にはあるのでしょうね
やっぱり怖いですよねーーー
[ 2016/06/15 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する