リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

最近流行りの西安名物ビャンビャン麺にびっくり

4/30④この大雁塔の辺りは、現在は城壁外にはなりますが、

石垣沿いに続く歩道が大唐不夜城です
P4300047_convert_20160525175734.jpg


ショッピングセンター、広場・公園が整備されています
P4300049_convert_20160525174713.jpg


金ぴかの偉人の像も並んでますが、そこには必ず中国人が写真撮影して占拠してます
DSC07343_convert_20160525174916.jpg


見向きもされない唐の通貨「開元通宝」
P4300048_convert_20160525171433.jpg


ショッピングセンターがあり、ライトアップもするので、この辺りに宿泊しても便利だったかも
P4300091_convert_20160525160613.jpg


きれいに整備された庭園
DSC07331_convert_20160525161530.jpg


西安はゴミも落ちてないし、とてもきれいな街で、
この辺りは、整備されていてとてもきれいです
P4300042_convert_20160525161955.jpg



唐代の街並み再現した大唐通易坊
DSC07453_convert_20160525161935.jpg


一歩通路を入ると、たくさんのお店が並んでます
P4300093_convert_20160525181412.jpg


西安の伝統的な切り絵
P4300092_convert_20160525181439.jpg


すごい字を書きますが~
漢民族の太麺のビャンビャン麺
急に注目度が上がり、お店も増えています
西安は汁なしの麺料理が盛んで、いろいろな種類があります
P4300094_convert_20160525181426.jpg



私たちが入ったお店は
そこの一角にあるチェーン店の天下第一面

お昼すぎてたものの、混雑していて、番号札を渡されました
中国語で呼ばれるので、あわてて取り出した「旅の指さし会話手帳の中国」
とっても役に立ちました
DSC07452_convert_20160525161920.jpg


店内も中国っぽいです
DSC07445_convert_20160525161822.jpg



写真付きメニューですが、
ビールを頼もうと、英語が通じなくて苦労したものの、
身振り手振りで、一生懸命応対してくれるのが、北京と違って好印象!
青島ビール6元(102円)
青島(チンタオ)ビールでもいろいろ種類があり、こんなに安かったかなとびっくりしますが、こちらはアルコール度数が低かったと思います
DSC07444_convert_20160525161806.jpg


汁なしのまぜそば18元(310円)
唐辛子が結構入っていて、とっても辛いです・・・・
酸っぱいのも特徴なのが、四川料理と違うからさだと思います
DSC07448_convert_20160525161839.jpg


そして

ゆで上がるのに時間もかかりますという説明がありましたが、
麺がふっといビャンビャン麺17元(290円)
麺の長さが3.8mあり、ギネス世界記録
巨大なきし麺で、食感は刀削麺に似ています
西安の辛い調味料「油溌辣子」がのっていてよく混ぜるようにと言われましたが、麺が長いし太いので、混ぜるのも食べるのも大変です
DSC07449_convert_20160525161902.jpg


おいしいと評判のお店で流行ってました
それにしても酢っぱ辛かったけど、ほぼ完食しました~




そして西安は独自の特色ある食文化でB級グルメの町として知られています
いただいたお料理の話はまたおいおい~

MAP_convert_20160527163302_20160527163727a8e.jpg


旅行目次はこちら
4/29 羽田~上海~西安へ
4/30 西安
5/01 西安(兵馬俑)
5/02 西安
5/03 西安~上海へ
5/04 上海
5/05 帰国




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2016/05/27 16:45 ] 16/05西安・上海⑤ | TB(0) | CM(10)
街の様子のお写真で、なんだか西安がすごくキレイに変わっているのがわかります!!
以前は埃っぽくて、砂が舞って、どう写真とっても黄色?っぽく写ってました。北京とは違うもやもやもや感でしたが、なんだかスッキリ!
ゴミが落ちてない!!??
ショッピングセンターも豪華ですよね!テーマパークっぽいです。
ビャンビャン麺??始めてききました!!
刀削麺っぽいですよね!山東省系麺でしょうか?
本場中国料理はとても食べにくいので、この麺食べるのも大変だったろうなあと強く思ってしまいました。
中国人の食事マナーが悪いのは、食べにくい作りの料理というのも原因の一つではと思ってしまいます。
使いやすいお箸と小分けのお皿を充実させてくれて、ちょこっとずつ食べなければ、上にかかった薬味系が周囲に飛び散ってしまいそう・・・。
中国人は気にせず激しく飛び散らせて食べますけどね~(笑)
唐辛子入り汁なしまぜそばは、ワタシの好みです!食べたいです!

感想ですが、すごく変化している西安の様子がわかりました!!
現在の様子がすごく伝わる臨場感があります!
なつかしさとわー今こんななんだ!という驚きと入り混じり感激!!
突撃西安ルポありがとうございました!!
[ 2016/05/27 18:09 ] [ 編集 ]
GUIHUAさん
GUIHUAさん

> 街の様子のお写真で、なんだか西安がすごくキレイに変わっているのがわかります!!
> 以前は埃っぽくて、砂が舞って、どう写真とっても黄色?っぽく写ってました。北京とは違うもやもやもや感でしたが、なんだかスッキリ!
> ゴミが落ちてない!!??
> ショッピングセンターも豪華ですよね!テーマパークっぽいです。

5月だったからか、若干っていう程度で、そんなに煙っぽくなかったです
でも、空港から移動のタクシーの窓は全開で、誇りっぽくてのどがいたくなりましたね(笑)
特に大雁塔の辺りは、公園が再現されて、きれいな街並みになってました
不便かと思ったこの辺りはまるでテーマパークのようで、便利そうでした
街並みは古きよきを残して進められてるようですが、やはり賛否両論あるようですね
きれいになるのはよいけど、あまり近代化しすぎないで残してほしいですよね

> ビャンビャン麺??始めてききました!!
> 刀削麺っぽいですよね!山東省系麺でしょうか?

ビャンビャン面は昔からあったそうですが、最近、流行り始めたようです
山東省は刀削麺の発祥地なのですね
きっと素は山東省なのでしょうが、中国料理とはを理解しきれてないので、調べてみてもつながりはよくわかりませんでした
やはり小麦粉で作るのは一緒で、お味は刀削麺をふとーくながーくしたような感じです

> 本場中国料理はとても食べにくいので、この麺食べるのも大変だったろうなあと強く思ってしまいました。
> 中国人の食事マナーが悪いのは、食べにくい作りの料理というのも原因の一つではと思ってしまいます。
> 使いやすいお箸と小分けのお皿を充実させてくれて、ちょこっとずつ食べなければ、上にかかった薬味系が周囲に飛び散ってしまいそう・・・。
> 中国人は気にせず激しく飛び散らせて食べますけどね~(笑)
> 唐辛子入り汁なしまぜそばは、ワタシの好みです!食べたいです!

さすがGUIHUAさん、中国料理っておっしゃる通り食べにくいです
この麺、混ぜるのも大変で、麺はくっついて重くなってしまうし・・・・洋服にも赤い汁が飛びましたーー(笑)
汚くして食べるのがマナーといいますが、熱いものを熱いうちに食べるには、調理のときのひと手間をくわえてほしいところですよね
酸っぱい料理が大丈夫であれば、コクがあって、おいしくいただけると思います

> 感想ですが、すごく変化している西安の様子がわかりました!!
> 現在の様子がすごく伝わる臨場感があります!
> なつかしさとわー今こんななんだ!という驚きと入り混じり感激!!
> 突撃西安ルポありがとうございました!!

催促してしまいましたが、こちらこそ、少し前の西安との変わりようがすごく気になってたので、参考になります
ありがとうございます
それに住んでいたこともあり、鋭い指摘にもびっくりしてます
まだ地元の人が通うお店が並ぶところはアジアっぽい混沌さがありますが、きれいな街並みです
次々回、回族のすごい人に驚いてもらいましょう(笑)
確かにここはゴミはすごかったですけどね
またよろしくお願いします~
[ 2016/05/27 19:43 ] [ 編集 ]
こんにちは。
思っていたよりきれいな街なのにびっくりです。
近代都市の部分もあって、観光客にも便利そう・・・
これならカルチャーショックも少なくて済むかも~。

ビャンビャン麺?
漢字が・・・すご過ぎ。笑
思わず、PCの画面にへばりついて見ちゃいましたよ。
一体、画数いくつあるんでしょうね・・・
見本見ないで書ける人がいるんでしょうか?
なんて、変なことが気になってしまいました。笑
[ 2016/05/27 23:12 ] [ 編集 ]
こんにちわ

ビヤンビヤンっていう漢字、すごすぎます!
書き順を覚えるのも大変そう…
テストに出されたら泣くレベルですねー(笑)

日本にも川幅うどんでしたっけ?
幅の広い麺がありますけど
中国にもこんなのがあるんですねー!
酸味がある辛さ、食べてみたくなります!
[ 2016/05/28 07:32 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> 思っていたよりきれいな街なのにびっくりです。
> 近代都市の部分もあって、観光客にも便利そう・・・
> これならカルチャーショックも少なくて済むかも~。

私ももっと鄙びてると思ってましたが、西安は大都会でびっくりしました
西安は中国人が多いですが、のんびりした街並みだし、トイレもカルチャーショックはなかったですしね(笑)
英語が通じない飲食店もまだまだ多いですが、みんな一生懸命応対してくれるのがよかったです

> ビャンビャン麺?
> 漢字が・・・すご過ぎ。笑
> 思わず、PCの画面にへばりついて見ちゃいましたよ。
> 一体、画数いくつあるんでしょうね・・・
> 見本見ないで書ける人がいるんでしょうか?
> なんて、変なことが気になってしまいました。笑

冗談みたいな漢字ですよね
なんと57画?で構成されてるし、パソコンでは通常変換できないし、読めても書ける人は相当の情熱がないでしょうね
インパクトがあって忘れられない名前ですよね
そうそうお店ではBB麺って省略された伝票だったのも面白かったです
[ 2016/05/28 23:53 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは

> ビヤンビヤンっていう漢字、すごすぎます!
> 書き順を覚えるのも大変そう…
> テストに出されたら泣くレベルですねー(笑)

ビャンビャン面は読めても書けないですよね(笑)
パソコンで変換できないし、すごい密集しちゃって、何を書いてるかわからないですもの
伝票もBB面って書いてあるし、こうなると、簡単すぎちゃいますよね

> 日本にも川幅うどんでしたっけ?
> 幅の広い麺がありますけど
> 中国にもこんなのがあるんですねー!
> 酸味がある辛さ、食べてみたくなります!

川幅うどんってありましたね
あんなに薄くはないのですが、ほうとうのような食感です
酸味があるタレなので、個人的には、もう少し酸っぱくないほうがうれしかったな~と思いました
[ 2016/05/28 23:59 ] [ 編集 ]
ご当地グルメもあって、街歩きが楽しそうな所ですね!
昔の長安、隋とか唐とか、当時の日本の何年も先を行ってる
国際都市だったんですよね!「西遊記」も有名だし、シルクロードの
玄関口でもあるし・・・

しかし、中国のどの都市も発展著しいですなあ~~

chempakaでした!
[ 2016/05/30 02:15 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん

> ご当地グルメもあって、街歩きが楽しそうな所ですね!

西安の食文化は独特で、おいしいかどうかはおいておいて(笑)、変わっていて面白かったです
のんびりした街中なので、街歩きもよかったですよ~

> 昔の長安、隋とか唐とか、当時の日本の何年も先を行ってる
> 国際都市だったんですよね!「西遊記」も有名だし、シルクロードの
> 玄関口でもあるし・・・

長安は長い間中国の都だったし、城壁をみると、その厚さにびっくりします
シルクロードの玄関口で、いろいろなものの流通はここを経由してたんですよね
西遊記のモデルとなった玄奘三蔵ゆかりのお寺もあったり、日本にもゆかりのある土地だけに、行ってよかったです!

> しかし、中国のどの都市も発展著しいですなあ~~

chempakaさんは香港にいらしてましたものね
私も随分前に訪れたので、変わりようにびっくりすると思います
西安も想像よりも都会だし、次に訪れた上海もきれいになってました~
[ 2016/05/30 11:33 ] [ 編集 ]
ビャンビャン麺、凄いですね。
味の想像もつきません(^^;;
こればかりは経験してみないとちゃんとは分からないのでしょうね^ ^
私だったら言葉の分からないところだと適当に何が出てくるか分からないメニューか他人のテーブルを見て指差してオーダーしてしまうのですが、さすがYottittiさんは、ちゃんと頼みたい物を伝えてオーダーされててやっぱり旅の達人ですね。

西安はもっと薄茶色の古い町だと思っていたのですが、近代的に整備されててビックリです。
もっと昔に行っといたら良かったと思ったり、でも旅行するには少しでも今の方が絶対快適な訳で、思い通りにはいかないものですよね。
そんなことをYottittiさんの記事を拝見しながら思ったりして楽しませていただいています。
[ 2016/05/30 15:24 ] [ 編集 ]
Ekateriaさん
Ekateriaさん

> ビャンビャン麺、凄いですね。
> 味の想像もつきません(^^;;
> こればかりは経験してみないとちゃんとは分からないのでしょうね^ ^
> 私だったら言葉の分からないところだと適当に何が出てくるか分からないメニューか他人のテーブルを見て指差してオーダーしてしまうのですが、さすがYottittiさんは、ちゃんと頼みたい物を伝えてオーダーされててやっぱり旅の達人ですね。

ビャンビャン麺、漢字もインパクトあれば、麺も太くて、おまけに辛いという~面白い食べ物でした
辛いだけでなく酸っぱささもあり、日本では食べたことのないお味で~、西安は土地柄B級グルメも多くて独特です
やっぱり旅先では指さしですよ
ここは写真付きメニューでしたし、メニューで見つからなかったビールだけは執念深く頼んだだけです(笑)
ほぼお隣の方と頼んだものも一緒でしたしね

> 西安はもっと薄茶色の古い町だと思っていたのですが、近代的に整備されててビックリです。
> もっと昔に行っといたら良かったと思ったり、でも旅行するには少しでも今の方が絶対快適な訳で、思い通りにはいかないものですよね。
> そんなことをYottittiさんの記事を拝見しながら思ったりして楽しませていただいています。

私も西安はもっと鄙びてると思ってました
デパートもブランドショップも多いですし、都会でびっくりしました
もう少し前だったら~とは思いますが、トイレなどはニーハオトイレなんて言うものはないですし、現地のマナーとかで嫌な思いも一切しなかったので、旅はしやすい環境は整ってるとは思います
でも高い建物などは規制はあるものの、今からでも、よき古き街並みは残してほしいと思いました
[ 2016/05/30 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する