リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

タージマハルに影響を与えたフマユーン廟

8/8③

1993年に世界遺産に登録されたフマユーン廟

ムガール帝国第2代皇帝フマユーンの廟
妃が建造し、イスラムとインドの様式が融合したムガル建築という華麗な様式が生まれ、のちのタージ・マハルに影響を与えたといわれます

入場料は250ルピー(500円)



緑あふれる敷地内に、右手に建物が見えてきます

こちらはイサカーン廟
P8080789_convert_20151117091753.jpg


タージマハル同様八角形の建物
P8080792_convert_20151117092114.jpg

天井がきれいで、ここには、縁のある方が眠ってるようです
P8080796_convert_20151117092303.jpg P8080795_convert_20151117092140.jpg


イサカーン廟の敷地にあるモスク
P8080798_convert_20151117092315.jpg





庭園内の白い門をくぐります
P8080800_convert_20151117092350.jpg


右手にまた門が現れます
P8080802_convert_20151117092415.jpg


参道をすすむと
P8080803_convert_20151117092430.jpg


いよいよ

フマユーン廟への入口の「西門」
P8080804_convert_20151117092451.jpg


噴水の向こうには美しいフマユーン廟DSC03850_convert_20151117091928.jpg


帝国皇帝の威厳を示し、赤砂岩と白大理石が特徴で、赤と白のコントラストに幾何学模様がきれいです!
そして見事なシンメトリー
P8080812_convert_20151117092510.jpg


四方のどこから見ても美しく、ちょっと小さいけど、タージマハルと重なるようです
P8080825_convert_20151117092738.jpg

大理石のドームに青いチャトリ
P8080831_convert_20151117092841.jpg


歩いてきた西門
ペルシャ様式で四角に整備された庭園も美しい
P8080815_convert_20151117092537.jpg


廟の中

ムガール帝国第2代皇帝フマユーンが眠る場所
P8080822_convert_20151117092712.jpg P8080819_convert_20151117092633.jpg


インド人の高校生軍団に、観光客もいっぱい訪れてにぎわってました
P8080830_convert_20151117092825.jpg


赤砂岩と白大理石を使った建築様式はムガール帝国を代表するものとなり、後の美しいインド建築に大きな影響を与えたところです


~訪れた廟を見てみるとシンメトリーがわかります~

ムガル帝国は、インド史上最大で最後のイスラム帝国

ここ第2代皇帝フマユーン
妃が建造

第4代皇帝ジャハンギール(アクバルの長男)(在位1605~1627)
 第3代皇帝アクバルのために建てた前回見たスィカンドラー
P8040254_convert_20150914154202.jpg   

第5代皇帝シャー・ジャハーン(在位1628~1658)
 シャー・ジャハーンの妃が両親のために建てたここイティマド・ウッダウラー廟(ベビータージ)
P8040254_convert_20150914152406.jpg

  妃のために建てたタージマハル
P8040226_convert_20150909175042.jpg

旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

こんにちは。
タージマハルもそうですが、インドは廟が本当に立派ですごいですね。
権力や財力を誇示するものでもあったんでしょうけれど、それにしてもすごいです。
幾何学模様が美しいのはさすがインドならではですね。

ところで、この手の建築物、敷地もかなり広そうだし、結構歩きそうですね。
おまけに連日あちらこちら見て歩いたら、かなり歩いていらっしゃるのでは?
やはり体力があるうちに行っておいたほうが良さそうですね・・・
[ 2015/11/28 18:27 ] [ 編集 ]
美しい〜〜〜♪!
シンメトリーって無意識に見てて気分良いです。
それに赤と白の幾何学模様のデザインがかなり好みです^^
公園地化されていて観光もしやすそう。
デリーは全然観光していないので、ちょっと滞在して観光してみたいです♪

カラフルなインドの衣装のお写真に心奪われました〜^^
やっぱり私、綺麗な生地が好きみたいです。
[ 2015/11/29 00:31 ] [ 編集 ]
インド建築は美の世界ですね。
シンメトリーにこだわり、砂岩と大理石をうまく使って色をかもし出しているんですね。
昔のデザイナーは頑張っていたのに現代はどうなんでしょうか?
[ 2015/11/29 06:09 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> タージマハルもそうですが、インドは廟が本当に立派ですごいですね。
> 権力や財力を誇示するものでもあったんでしょうけれど、それにしてもすごいです。
> 幾何学模様が美しいのはさすがインドならではですね。

廟はイスラムの文化ですが、全然歴史を知らなかったので、こんなにたくさんの廟があることに、私も驚きました
どんどん廟も進化して、インドとイスラムの文化を用いた幾何学模様に、それぞれの個性が出ていて権力を示してすごいです
特にタージマハルを建てた第5代皇帝シャー・ジャハーン帝の時代は、大理石を用い財力もかなり潤ってたのでしょうね

> ところで、この手の建築物、敷地もかなり広そうだし、結構歩きそうですね。
> おまけに連日あちらこちら見て歩いたら、かなり歩いていらっしゃるのでは?
> やはり体力があるうちに行っておいたほうが良さそうですね・・・

アンコールワットと比較すると、アンコールワットのほうが、足場も悪く、たくさん歩きました
それに、階段や山などのアップダウンがないので、陽ざしの暑さをしのげなかったのが、大変でした
インドは8月は雨季でもあまり雨に降られずによかったですが、暑かったです・・・・
5月は道路が暑すぎて溶けたとか言ってたので、時期も考え物ですね
私もまだまだインドは攻めるつもりですので、体力といえば、まだまだ大丈夫だと思います
[ 2015/11/29 17:54 ] [ 編集 ]
同じ幾何学模様でも、
タージマハルは余りにも白くて美しくって、
なんだか...人間のものではない雰囲気もあるけど、
フマユーン廟の色合いは、温か味がありますよね~♪
[ 2015/11/29 19:32 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん
連コメありがとうございます

> 美しい〜〜〜♪!
> シンメトリーって無意識に見てて気分良いです。
> それに赤と白の幾何学模様のデザインがかなり好みです^^
> 公園地化されていて観光もしやすそう。
> デリーは全然観光していないので、ちょっと滞在して観光してみたいです♪

真っ白なタージマハルとはまた違って、温かみのある落ち着いたフマユーン廟です
このインドイスラム建築は、幾何学模様にシンメトリー、赤砂岩に白の組み合わせが素晴らしいですよね
ここは彫刻は少なかったけど、インド建築に名を残したすごいところです
デリーは都市かと思ってましたが、都だった時代もあり、さすがに見どころがありました

> カラフルなインドの衣装のお写真に心奪われました〜^^
> やっぱり私、綺麗な生地が好きみたいです。

インドのサリーは美しいですよね
それにきれいなお顔立ちした女性も多くて、ついつい見とれちゃいました
私も写真攻撃されるだけでなく、恥ずかしがらず、一緒に撮ってもらえばよかったです~
[ 2015/11/29 23:15 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> インド建築は美の世界ですね。
> シンメトリーにこだわり、砂岩と大理石をうまく使って色をかもし出しているんですね。
> 昔のデザイナーは頑張っていたのに現代はどうなんでしょうか?

アンコールワットにインドネシアのヒンズー様式は彫刻は美しし、それにイスラムの様式が入るとまた違った魅力となり、親父さんにもインドは訪れてほいです

私が知ってる現代の建築は
デリーにあるアクシャルダーム・テンプル、彫刻はとても素晴らしいと思いましたが、新しさを否めず見に行きませんでした
近々紹介するロータス寺院は、形は独特だけど、新しい感じで、やはり昔の建築物のほうが歴史を感じて魅力です
[ 2015/11/29 23:22 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> 同じ幾何学模様でも、
> タージマハルは余りにも白くて美しくって、
> なんだか...人間のものではない雰囲気もあるけど、
> フマユーン廟の色合いは、温か味がありますよね~♪

赤砂岩の建物も美しいけど、改めてタージマハルのすごさを感じますよね
でもこちらの建物が、今後のインド建築に与えた影響を思うと、感慨深かったです
本当に温かみのある味わいのある廟でした
どちらも夫婦愛から生まれた思いのこもった廟なのですよね

[ 2015/11/29 23:37 ] [ 編集 ]
ここは公園がきれいで歩いていて気持ちが良かったです!
それにフマユーン廟の美しさも素晴らしかったです!
が、フマユーン廟のテラスに行ったときに建材の石?が
ゴロゴロ転がっていて、なんやこれは!?と思いましたが(苦笑)

インドネシアと違って写真を一緒に撮らせてくれ攻撃は
無かったのですが、今思えば僕から一緒に撮らせてくれ~って
きれいなサリーを着た女性と撮りたかったです(笑)

chempakaでした!
[ 2015/11/30 00:17 ] [ 編集 ]
こんにちは!

そういや
よく目立つのは
赤砂岩・・というんですか___φ(゚ー゚*)フムフム

ほんと
インドのひとの衣装は派手ですね~

ヨッチさんも負けない服で行ったんですか?(笑)
[ 2015/11/30 11:03 ] [ 編集 ]
個人的には、アシンメトリーがスキなのですが
こうしてみると、やっぱり
シンメトリーの美しさに、改めて気づかされます。
庭園も、青々として、きちんと整えられていて
絵になりますね!!
[ 2015/11/30 13:36 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん

> ここは公園がきれいで歩いていて気持ちが良かったです!
> それにフマユーン廟の美しさも素晴らしかったです!
> が、フマユーン廟のテラスに行ったときに建材の石?が
> ゴロゴロ転がっていて、なんやこれは!?と思いましたが(苦笑)

タージマハル同様、公園もきれいなところでしたね
暑くても緑があると、少しでも涼しく感じるし、癒されます
フマユーン廟がこの後のインド建築に影響を与えたと思うと感慨深かったです
フマユーン廟のテラスに建材の石があったのは、補修中だったのでしょうか
テラスで、私はきれいなお姉さんに見とれてました~(笑)

> インドネシアと違って写真を一緒に撮らせてくれ攻撃は
> 無かったのですが、今思えば僕から一緒に撮らせてくれ~って
> きれいなサリーを着た女性と撮りたかったです(笑)

chempakaさんが写真を撮らせて攻撃をおっしゃってたのは、インドネシアも含まれてたのですか??
今までインドネシアではなかったので、やはり珍しいのでしょうか
きっとchempakaさんがイケメンだからでしょうね
本当、きれいなサリーを来た女性と、もっと写真を撮っておけばよかったです~
今から思えば、価値はないけど、撮らせ損してしまいました
[ 2015/11/30 16:48 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんにちは~

> そういや
> よく目立つのは
> 赤砂岩・・というんですか___φ(゚ー゚*)フムフム

インドの建築では赤砂岩がよく使われていて、きれいですよね

> ほんと
> インドのひとの衣装は派手ですね~

インドの女性のサリーはきれいですよね
ここはデリーの都会なので、上下サリーの清掃でなく、少しカジュアルな感じになってます

> ヨッチさんも負けない服で行ったんですか?(笑)

インド人にまぎれよう作戦でしたが、所詮無理な話でした
違う意味で、めちゃめちゃ外人って感じで、目立ってましたよ
[ 2015/11/30 16:51 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> 個人的には、アシンメトリーがスキなのですが
> こうしてみると、やっぱり
> シンメトリーの美しさに、改めて気づかされます。
> 庭園も、青々として、きちんと整えられていて
> 絵になりますね!!

世の中シンメトリーの建物が多いですよね
だからきれいなアシンメトリーの建物はかえって魅力かもしれませんね
今回こう写真を並べてみて、シンメトリーすぎて、写真がゆがんでるのが目立って困ったものです(笑)
タージマハル同様、きれいな庭園に囲まれて、美しい建物でした~!
[ 2015/11/30 16:54 ] [ 編集 ]
こんにちわ

これまた美しい建物ですねー!
モザイクのようなタイルの微妙な赤の色合いも美しいけれど
シンメトリーの建物の極致という感じです。
数学の得意なインドの方だからできるのかしら…
[ 2015/12/01 08:51 ] [ 編集 ]
lauaealoha のMさん
[色:FF0000]lauaealoha のMさん[/色]
こんにちは~

> これまた美しい建物ですねー!
> モザイクのようなタイルの微妙な赤の色合いも美しいけれど
> シンメトリーの建物の極致という感じです。
> 数学の得意なインドの方だからできるのかしら…

赤砂岩の建物に、白い大理石が映えて、きれいな建物でした
どこからみても見事なシンメトリーで、写真の歪みまで目立ってしまいます(笑)
数字の強さも関係してるのでしょうか~
隆盛を極めたインドならではの権力を現わした建築の美しさに触れました~
[ 2015/12/01 17:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する