リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

アートみたいなジャンタル・マンタル(天文台)

8/6⑤

車はシティパレス近くの駐車場に停めて、しばし徒歩で旧市街を探索します
P8060798_convert_20151017213558.jpg


まずはジャンタル・マンタル(天文台)

天文学に造形が深かったサワーイ・ジャイ・スィン2世の建造した天文台
300年経った今も占星術が盛んなインドでは現役で使われてます
世界遺産にも登録され、アンベール城で会った人も教えてくれたところ
日時計、黄道儀、子午線儀、星座儀、天体経緯儀などが見れます
P8060655_convert_20151015211824.jpg


ここはどちらでもいいかな~と思っていたところで、
先日アルバート・ホールで買ったコンポジットチケットCOMPOSITE TICKET400ルピー(800円)が大活躍!?
(アルバート博物館RS150・ジャンタルマンタルRS200、風の宮殿RS50、アンベール城RS200など入館できるチケット)
CCI20151030_0001_convert_20151030125946.jpg


そうはいっても暑くてくたくたで、興味のない私には、
現代アート?オブジェにしか見えませんが・・・・



ウンナターンシャ・ヤントラ
星や惑星の位置を測る観測儀
P8060657_convert_20151015211859.jpg

クラーンティ・ヴリッタ・ヤントラ
天体の経度と緯度を測る観測儀
P8060781_convert_20151017213122.jpg


ヤントラ・ラージ
高度を測って、時刻や天体の位置、星の動きを知る多機能の観測儀
P8060658_convert_2015101521194.jpg


ナリ・ヴァラヤ・ヤントラ
両脇に階段が付いた傾いた二つの円からなる観測儀
太陽が北か南か測定するもの
P8060668_convert_20151015213107.jpg P8060783_convert_2015101721324.jpg

ラージ・ヴァラヤ・ヤントラ
12体からなる各星座に向かっている観測儀
占星家によって利用されたもの
P8060666_convert_20151015213034.jpg


ラグ・サムラート・ヤングラ
20秒単位で時間が計れる日時計
サムラートヤントラの小型版
P8060659_convert_20151015212742.jpg


ここの最大の見所サムラート・ヤントラ
高さ27mもある観測儀
時間、天頂距離、子午線など測る複数の役割をもち
日時計では2秒単位で時間を計れる
P8060660_convert_20151015212816.jpg

P8060663_convert_20151015212925.jpg


階段があるので上にも登れそうです
P8060664_convert_20151015212959.jpg


わかりにくいけど、ジャイ・プラカーシュ・ヤントラ
ほかの天体観測儀で測った結果を補足するもので
直径4mの凹んだ半球内に切れ込みがある観測儀
P8060788_convert_20151017213402.jpg

背後には風の宮殿の裏側が見えます!


望遠鏡の時代となり、時代遅れになってしまったそうですが
今の時代、これで正確に測るとは、気が遠くなりそう
きっと見る人が見たらすごい天文台なのでしょうね
こんなに緻密な計算をしていたとは、インド人、恐るべし!


いよいよ

ピンクシティ散策です


旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

天文台って行ったコトがないのですが
本当にオブジェが並んでるみたいで、ステキですね!
美術館のつもりで見ても、楽しそうです~。

昔の人の知恵や探求心って、すごいですよね。
頭のつくりが違いすぎます・・・。
[ 2015/10/26 13:02 ] [ 編集 ]
こんにちは。
昔からインドは理数系が強そうですものね~。
どこの文明でも思うのですが、古い時代にどうしてこのようなものでそんな正確なことができたのかってびっくりしますよね。
人の知恵は無限にすばらしいです。

そういえば昨日、スリランカの結婚式の様子をTVで観ました。
インドとはまた違うのでしょうけど、カラフルでとてもきれいでした。
インドやスリランカ、行ってみたいです~。
[ 2015/10/26 16:27 ] [ 編集 ]
こんにちわ

天文学は時間や季節や方角を知るのに必要な学問だから
為政者には知っておくべきことだったんでしょうね。
現代の発達も昔のひとたちが研究開発してきたことの積み重ねがあってこそ
昔の人の創意工夫には驚かされることばかりです。
[ 2015/10/26 16:49 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> 天文台って行ったコトがないのですが
> 本当にオブジェが並んでるみたいで、ステキですね!
> 美術館のつもりで見ても、楽しそうです~。

理解できればすごいのでしょうけど、見てもさっぱりでしたーー
私にはいいオブジェにしか見えなくて~、かくれんぼしたり、写真撮影にはいい場所だったかもしれませんね~
お城で会ったインド人ガイドがここを勧めたのは、やはりインドの誇りなのでしょうね

> 昔の人の知恵や探求心って、すごいですよね。
> 頭のつくりが違いすぎます・・・。

今も現役だそうですが、これで測るとはすごいですよね
インド人、数字に強いとは思っていたけど、昔からこうした遺伝子を受け継いでるのかもしれませんね
[ 2015/10/26 18:19 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> 昔からインドは理数系が強そうですものね~。
> どこの文明でも思うのですが、古い時代にどうしてこのようなものでそんな正確なことができたのかってびっくりしますよね。
> 人の知恵は無限にすばらしいです。

インドの数式ドリルというのが日本で一時期めちゃくちゃ流行ったので、数字に強いイメージですよね
これをどうやって計算するのか、まったく理解できませんが、こうしたことの積み重ねで今の現代社会があるのですよね
素晴らしい発明に、ありがたいことです
どんどん今後も世界が変わっていくのでしょうね

> そういえば昨日、スリランカの結婚式の様子をTVで観ました。
> インドとはまた違うのでしょうけど、カラフルでとてもきれいでした。
> インドやスリランカ、行ってみたいです~。

スリランカの衣装も艶やかできれいでしょうね
また島国だから独自の文化が華やいでそうです
周りではスリランカに行ったことがある人がいないので~興味がわきます~!
ここはrikaさんに託すしかないかもしれません~
[ 2015/10/26 18:28 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> 天文学は時間や季節や方角を知るのに必要な学問だから
> 為政者には知っておくべきことだったんでしょうね。
> 現代の発達も昔のひとたちが研究開発してきたことの積み重ねがあってこそ
> 昔の人の創意工夫には驚かされることばかりです。

インドでは天文学は盛んだったようで、このような施設は何か所かあるそうです
ここは大きい方だそうですが、今も現役の天文台、まだまだ謎はいっぱいあるのですよね
先日のノーベル賞のニュートリノといい、神秘的なことが多いですよね
昔からの発見も、こうして発展して、研究も日々進められてるのですよね
[ 2015/10/26 18:37 ] [ 編集 ]
インドは天文学といい理数系が凄いらしいですが、こう見てみると恐るべしですね〜^ ^侮れません(^^;;

これで天文を見て、時間や季節を知るなんて、昔のことをそうぞうするとロマンチックにも思えますね〜^ ^

私はここ、インドでは特に行かなくていいな〜と飛ばしていたので、Yottitti さんのご説明を受けて、それで満足です!
それにしても風の宮殿とはそんな目と鼻の先とは!^ ^
[ 2015/10/26 20:48 ] [ 編集 ]
天文台というと望遠鏡があるものだと思っていましたが、
さすが、長い歴史を持つインド。
理数に強いインドならではの観光ですね。
一つ一つの観測設備は大きいのに、きっと緻密な計算をもとに正確に造られているのでしょうね~。
でも、やっぱり現代だとオブジェのある公園にも見えますね。
[ 2015/10/27 02:58 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん
連コメありがとうございます!

> インドは天文学といい理数系が凄いらしいですが、こう見てみると恐るべしですね〜^ ^侮れません(^^;;

インドでは天文台は多いようですが、この緻密さ、インド恐るべしですよね
あのちょっと適当な性格は!?といいたくなるところですが、そこが面白いところですよね~

> これで天文を見て、時間や季節を知るなんて、昔のことをそうぞうするとロマンチックにも思えますね〜^ ^

曇っていても見れるのだろうか?とか、説明がないのでさっぱりですが、
これで測れるなんて不思議ですよね
日本人も巳の刻~とかやってたわけですから、昔の人はすごいですよね

> 私はここ、インドでは特に行かなくていいな〜と飛ばしていたので、Yottitti さんのご説明を受けて、それで満足です!
> それにしても風の宮殿とはそんな目と鼻の先とは!^ ^

ここはシティパレスのすぐ横でした
私も行くつもりはなかったのですが・・・
アルバートホールで共通券を買ってしまったので、行ってきました
アンベール城で出会ったインド人もおすすめしてたところですが、やはりインドの誇りなのでしょうね
アートにしか見えませんけどね
[ 2015/10/27 08:56 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> 天文台というと望遠鏡があるものだと思っていましたが、
> さすが、長い歴史を持つインド。
> 理数に強いインドならではの観光ですね。
> 一つ一つの観測設備は大きいのに、きっと緻密な計算をもとに正確に造られているのでしょうね~。
> でも、やっぱり現代だとオブジェのある公園にも見えますね。

天文台というと望遠鏡ですよね
すでにこの時には望遠鏡も発展してきてたようですが、インドもこの方式にこだわり、いろいろな方向から探るのは夢があっていいですよね
インドには天文台が多いようで、やはり研究熱心なのでしょう
緻密な計算をするのも、数字に強いインドならではと思いました
それにしてもガイドさんをつけてなかったのでわかりませんが、どうやって測るのか謎です~
日本語で聞いても理解できなそう・・・・
やはり恥ずかしいながら、私にはオブジェとして見てるほうがよかったです
[ 2015/10/27 09:03 ] [ 編集 ]
全く一緒の感想!!(爆)
これが世界遺産?近代アート・オブジェやん!って
思いながらウロウロしてました(笑)

天文学に興味がある人なら「おおおっ!スゲっ!」って
なるんだろうけど、個人的には醒めた感じでした・・・

しかしインド人の知的好奇心や探究心の深さには敬服。
インド人に優秀なエンジニアが多い事も頷けますね!

chempakaでした!


[ 2015/11/03 15:57 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん

> 全く一緒の感想!!(爆)
> これが世界遺産?近代アート・オブジェやん!って
> 思いながらウロウロしてました(笑)

やっぱり近代アートですよねーーー(笑)
別に見なくてもいいと思ってたけど、世界遺産だし、チケットもあるし、インド人もおすすめしてたしと思いながら歩いてました
最後は美術鑑賞と思い座って眺めて休憩してました

> 天文学に興味がある人なら「おおおっ!スゲっ!」って
> なるんだろうけど、個人的には醒めた感じでした・・・

これで時を測れて、今も現役ってすごいですけどね
ここはさすがに世界遺産だから、ツアーでは組み込まれてますよね
説明されれば多少理解も深まるでしょうけど、私はさっぱりでした

> しかしインド人の知的好奇心や探究心の深さには敬服。
> インド人に優秀なエンジニアが多い事も頷けますね!

ここはインド人も多く訪れてたのが印象的です
こんなに大きなものを作ってしまうのはすごいですよね
それに緻密な計算されてたことは、今のインドにも継承されて納得です
[ 2015/11/08 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する