リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ファテープル・シークリーのモスク地区

8/5②

ファテープル・シークリーの
モスク地区のジャーマー・マスジド


駐車場側から靴を預けて入ると

ジャマー・マスジッド(ダルガー・モスク)の門
P8050438_convert_20150925084552.jpg

内側から見ると、遠目ですがこんな感じです
P8050448_convert_20150925085138.jpg


ここも屋根はチャトリがいっぱいです
床にはたくさんのお墓が並んでます
P8050558_convert_20151001225053.jpg



奥の正面に見えるのが、モスク
右手に見える白い建物がサリーム・チシュティー廟
その手前に切れて見えるのがイスラムカーン廟
薄いじゅうたんがひいてあるけど、最初はいいけど、裸足は熱いです
考えて歩かないと大変です
P8050462_convert_20150925090031.jpg




イスラムカーン廟
本来は講和などを行う建物ですが、
イスラムカーンが埋葬され、ほかにも数名のお墓がありました
P8050440_convert_20150925084653.jpg

P8050441_convert_20150925084731.jpg



白大理石のサリーム・チシュティー廟
アクバル帝に予言した聖者のお墓
内部は写真撮影は禁止です
P8050446_convert_20150925085021.jpg

こちらの透かし彫りもとてもきれい
P8050445_convert_20150925084919.jpg



ジャーママスジット(金曜モスク)

P8050442_convert_20150925084805.jpg


礼拝堂中央のミフラーブ
P8050450_convert_20150925085245.jpg


劣化してるけど精細な象嵌造りが美しいです
P8050540_convert_20151001224817.jpg


装飾もきれい
P8050452_convert_20150925085349.jpg



メインのゲート「ブランド門」(勝利の門)
第3代皇帝アクバルがグジャラート地方を征服した記念に建立されました
すごい立派
内側から撮った門
P8050439_convert_20150925084622.jpg


ここからの眺め、高低差があり、人々が暮らす街が広がっています
正門というのに、裸足なので、熱いから、外に出て門や外の写真を撮るのも無理
ここから入れば、靴を預けずに済んだというのは後の祭りでした・・・・
P8050454_convert_20150925085508.jpg


バスを使わない人たちが、ここに上がってきます
こちらモスク地区は、宮殿地区と違って、入場料は無料
地元のいろいろな人が入り混め、ドライバーから「スリがいるから注意してね」というのがわかりました
珍客も舞い込んでびっくりです~
P8050455_convert_20150925085539.jpg


中ではお店を開く人たち
P8050460_convert_20150925085923.jpg


寝てるし・・・
置き引きにあいますよ~
でも「寝た子は起こすな」ということわざもあるしね
P8050459_convert_20150925085801.jpg

そーっと撤退です




バス停に向かう道中、

物売りの子供たちにまとわりつかれました
持っていたボールペンを渡すと、次から次へと要求され・・・
大人までやってきて大騒ぎ~
そして夫が持っていた煙草の吸殻入れに興味津々
日本のものはどこでも重宝がられ、話のネタにはもってこい
DSC03986_convert_20151004213908.jpg



やっとバスも来たので乗り込んでほっと一息
ただバスは大混雑で・・・・
P8050403_convert_2015092921104.jpg

お恥ずかしいことに、
降りる時にお金を払い損ね、引き止められました
うっかりしていて、ごめんなさい


ドライバーさんは駐車場で、エアコンもかけずにお昼寝中・・・・
次の観光地に出発です~


旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

こんにちは。
インドにもモスクがいろいろあるんですね~。
モスクって装飾が本当に細かく美しいですよね。
私もモスク見学は好きですが、近年、北アフリカのほうもずいぶん物騒になっていけなくなりましたよね・・・
でも、インドにもこんなにすばらしいのがあるなんて知りませんでした!
[ 2015/10/05 18:13 ] [ 編集 ]
こちらは宮廷地区に比べると華やかですね〜^^ちょっとファテープル・シークリーを勘違いしていたことが分かりました^^
それに広いっ!!なのに靴を脱がなければならないって・・・ちょっと辛いですね。
それにしてもYottittiさんたち、靴を脱ぐところにたくさん行かれてますね^^;

ところで闖入客、あれ何ですか?牛とはちょっと顔が違うようだし、でも体つきは子牛のようだし・・・

店開きのインド人たち、こういう素朴なのがかわいいんですよね〜、インド人って^^
この姿を拝見して、ホントまたこの愛すべきインド人たちに会いに行ってみたくなりました。
[ 2015/10/05 19:07 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> インドにもモスクがいろいろあるんですね~。
> モスクって装飾が本当に細かく美しいですよね。
> 私もモスク見学は好きですが、近年、北アフリカのほうもずいぶん物騒になっていけなくなりましたよね・・・
> でも、インドにもこんなにすばらしいのがあるなんて知りませんでした!

インドはイスラーム教が浸透しているので、モスクも多いですね
現在はヒンズー教がほとんどですが、イスラム教は装飾がとてもきれいですよね
だからインドの建物は歴史を感じて、まだまだ訪れたいところがいっぱいです
今は不穏な世界情勢なので、旅先も考えますよね・・・・
まだまだ知らない広い世界を~安心して旅したいですね
[ 2015/10/05 20:14 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> こちらは宮廷地区に比べると華やかですね〜^^ちょっとファテープル・シークリーを勘違いしていたことが分かりました^^
> それに広いっ!!なのに靴を脱がなければならないって・・・ちょっと辛いですね。
> それにしてもYottittiさんたち、靴を脱ぐところにたくさん行かれてますね^^;

あれから、やはりアグラ城のほうが華やかだったな~と写真を見返してました
モスクというとお墓になってしまうけど、大理石の建物とか、ミフラーブはきれいですし、透かし彫りもきれいでした
もう少し余裕があれば、ミーナールも見たかったな~って思いました

思えば、今回、知らずにお墓巡りの旅になってました
想像もしてなかったけど、お墓って裸足にならなくてはいけないので、そこは今回認識不足で・・・・タージマハルの靴のカバーをぬらさなければよかったのですよね
せめて靴下でも持ち歩いてればよかったです
Ekaterinaさんも靴下は必須です(笑)

> ところで闖入客、あれ何ですか?牛とはちょっと顔が違うようだし、でも体つきは子牛のようだし・・・

あの子~、何者かわからないのです~
体というかしっぽはお馬さんのようだし、お顔は、ヤギの様な羊の様な~不思議ちゃんです
ちょっとインドって動物王国で、いっぱいいますよね~

> 店開きのインド人たち、こういう素朴なのがかわいいんですよね〜、インド人って^^
> この姿を拝見して、ホントまたこの愛すべきインド人たちに会いに行ってみたくなりました。

こんなところで寝てしまって、無防備でかわいいですよね
まったく売る気もないのか、油断しすぎです~
本当インドの人たち、愛嬌があって、私もインドにはまた行きたいです~
[ 2015/10/05 21:36 ] [ 編集 ]
あれ?ここには行ってないぞ!(苦笑)
こっちの方が宮廷よりも賑やかで楽しそうです。
人も多そうだし・・・

装飾もキレイですやん!

オ~~ウッ!物売り達にたかられましたか!
カンボジアでもラオスでもとにかくボールペンの
人気は凄いですね!普段、文字を書く習慣が
無さそうな人ばかりだと思うんだけど・・・

chempakaでした!


[ 2015/10/06 00:26 ] [ 編集 ]
こんにちは!

中はかなり広いんですね
広いので途中熱くなると
地獄ですね(苦笑)
海辺の砂浜でビーチサンダルなくしたような

足の裏修行しておいでというかんじでしょうか(笑)


結局
靴は履いていいんですか?

売り場の人は
「果報は寝て待て」商法でしょうか(^o^)

[ 2015/10/06 10:27 ] [ 編集 ]
どれもステキな写真ばっかりですね!
礼拝堂の内装も、とっても繊細でキレイだし
ブランド門も、大きくてダイナミックでカッコイイです~!!
チャトリがいっぱいあるのって、絵になります。

よく思うんですけど、観光地の場合
現地の人って、スリの対象にはならなさそうですよね。
フツーに無防備な方ばっかりな気がします。

上からの眺め、いっぱい広がってる緑の中に
街並みや水辺(のように見えます)があって
気持ち良さそうです~。
[ 2015/10/06 11:34 ] [ 編集 ]
建物の赤い色合いと、幾何学模様の壮麗さ、
暑い中ここを見学していると、
良くも悪くも...頭がクラクラしそうですねぇ(笑)。
足の裏が熱いのも、なかなかツラいかも~。

そう、みんな...
エアコンとかなくても平気で昼寝してますよねぇ!
熱中症とは無縁のインド人!?
[ 2015/10/06 13:07 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん

> あれ?ここには行ってないぞ!(苦笑)
> こっちの方が宮廷よりも賑やかで楽しそうです。
> 人も多そうだし・・・

えーーーーーー、結構いろいろな意味でショッキング発言ですーーー
確かにモスク地区は無料だし、行かなくてもいいといえばいいけど、必須ではないけど、外してしまうんだと思いました
あとは、お墓だから?、いろいろな人が入り混めるのでリスクを回避したのか、裸足だからやめたのか、頭の中でループしてます(笑)

> 装飾もキレイですやん!

デリーのジャマー・マスジットに行けばいいという考えなのでしょうか
暑くて外に立ってられないので、写真が少ないけど、ここも装飾はきれいでした~

> オ~~ウッ!物売り達にたかられましたか!
> カンボジアでもラオスでもとにかくボールペンの
> 人気は凄いですね!普段、文字を書く習慣が
> 無さそうな人ばかりだと思うんだけど・・・

やっぱり飴にシャンプーがほしいって言われましたね
でもボールペンも大喜びでしたが、紙に一生懸命書いてましたよ
どこでも、気持ちとはいえ、お腹に入る食べるものが一番ですね
だからおちおちカメラを出せなかったーーーです
ちょっと悪んこなあの子たち、写真に撮っておけばよかったです
[ 2015/10/06 17:49 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんにちは~

> 中はかなり広いんですね
> 広いので途中熱くなると
> 地獄ですね(苦笑)
> 海辺の砂浜でビーチサンダルなくしたような

真四角な敷地ですが、斜め45度に移動します(笑)
最後は、日陰目指してダッシュしてました~
砂浜より、砂がまとわりつかなくてもよいかもしれませんが、修行のようでした

> 足の裏修行しておいでというかんじでしょうか(笑)

これで石があったら、地獄ですよね
転がったほうがよいかもしれません(笑)

> で
> 結局
> 靴は履いていいんですか?

動物が歩いてる正門の外だけは履いてもよいのですが、モスク内というか、敷地内は履いてはいけないのです
靴はいずれにしろ、持って歩くなりしなくてはいけないから一緒でしたね
失礼しました

> 売り場の人は
> 「果報は寝て待て」商法でしょうか(^o^)

きっと寝てるのも戦略なのかもしれませんね
もしくは、狸寝入り作戦でしょうか~
[ 2015/10/06 18:05 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> どれもステキな写真ばっかりですね!
> 礼拝堂の内装も、とっても繊細でキレイだし
> ブランド門も、大きくてダイナミックでカッコイイです~!!
> チャトリがいっぱいあるのって、絵になります。

モスクって、きれいなところが多いですよね~
インドはイスラムの影響も受けてるので、こうしたところが多かったです
礼拝堂のミフラーブ、剥げ落ちてるけど、それでもきれいでした
ブランド門も勝利の門といわれるだけあり、迫力もあるし、立派でした
アクバルの勢力の大きさに、財力を感じるところでした

> よく思うんですけど、観光地の場合
> 現地の人って、スリの対象にはならなさそうですよね。
> フツーに無防備な方ばっかりな気がします。

やはり移民の人が多いところは、怖いなって思います
現地というか、住人はしなさそうですよね
それと、ヨーロッパでスリで狙われるのは、意外に男性だったりしません?
何はともあれ気を付けましょうね

> 上からの眺め、いっぱい広がってる緑の中に
> 街並みや水辺(のように見えます)があって
> 気持ち良さそうです~。

バスで高いところまで登ってきてたので、想像以上に、ここからの眺めがよかったです
水辺の様な一角はきれいで、なんだったんだろう?て思います
人々が暮らす街が見えると、愛着もわいていいものですね~
[ 2015/10/06 18:32 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> 建物の赤い色合いと、幾何学模様の壮麗さ、
> 暑い中ここを見学していると、
> 良くも悪くも...頭がクラクラしそうですねぇ(笑)。
> 足の裏が熱いのも、なかなかツラいかも~。

やはり、イスラムは装飾が壮麗できれいですよね
石造というのも鮮やかさを増すのでしょうね
ここまで裸足にならなければいけないとは、まったくの下調べ不足で思ってなかったです
床が焼ける様な熱さで、まいりました・・・
次回は靴下をしのばせることにします

> そう、みんな...
> エアコンとかなくても平気で昼寝してますよねぇ!
> 熱中症とは無縁のインド人!?

みんな車の窓は、開けっぱなしですよね
でもホテルとかレストランは寒すぎるくらいエアコンが効いていて・・・・・
ドライバーもいつも帰ると、車内にはハエが入ってました(笑)
特に裸足で歩いたりしても平気だし、暑いのは大丈夫なのでしょうね
[ 2015/10/06 18:42 ] [ 編集 ]
こんにちわ

インドといえばタージマハルにアグラ、カジュラホ
TVなどで取りあげられることの多い遺跡のほかにも
数々のすばらしいお城やモスクがあるんですね!
さすが悠久の地、奥が深いです。

それにしてもどこでも裸足なんですね…
足の裏を鍛えるのは短時間ではできなさそうなので
インドに行くときは使い捨ての覚悟で
ソックスが必須だと肝に銘じました(笑)
[ 2015/10/07 08:25 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは~

> インドといえばタージマハルにアグラ、カジュラホ
> TVなどで取りあげられることの多い遺跡のほかにも
> 数々のすばらしいお城やモスクがあるんですね!
> さすが悠久の地、奥が深いです。

インドは大きいし、歴史があるので、見どころが多いですね
それに移動もなかなか大変です
タイとはまた違い、違う文化に触れたり、内陸になってくると、また違う印象を受けました
それに、イスラムの影響も受けてるのでモスクもたくさんありました
建物のスケールの大きさに当時の財力すごさを感じます

> それにしてもどこでも裸足なんですね…
> 足の裏を鍛えるのは短時間ではできなさそうなので
> インドに行くときは使い捨ての覚悟で
> ソックスが必須だと肝に銘じました(笑)

タージマハルは有名な話だったし、カバーをもらえるので、油断してました
今回はまったくの勉強不足で、お城などは裸足にならなくてもいいのですが、モスク(お墓)に入るときは、裸足にならなくてはいけないのです
私もデリーに戻ってくるまで、そのことに気が付きませんでしたーーー
タイもインドネシアも寺院で裸足にならなくてはいけないところがあるので、その辺はちゃんと今後は調べないといけませんね
[ 2015/10/07 16:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する