リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ムガル帝国を発展させたアクバルが眠る場所

8/4②

ホテルに10時のお迎えで、アグラ観光に出発です~
アグラは、ムガール帝国の首都だった時代もあり、タージマハルのほかにも、見どころがあります


アグラの街並み

車も多いし、道路が工事中のところも多いです
それに、高い建物はありません
DSC03318_convert_20150910175630.jpg

やっぱりアグラも牛が道路を我が物顔で横断します
DSC03316_convert_20150910175603.jpg



道中、寄ったのが、

大理石のお土産物屋さん
DSC03319_convert_20150910175659.jpg

アグラは大理石の製品を多く取り扱ってます

お店に入るとすぐに職人さんが作業してます
タージマハルでも使われた技術が満載!?

上品な草花の柄のコースターや飾り皿から象の置物まで
最初に見たお土産屋さんですが、結構なお値段にびっくり
あとから思えば高くはなかったのですが、早々に撤退です



それから渋滞にはまりながら、


アグラの街中からちょっと遠いスィカンドラー

ドライバーは、シカンドラーと発音してました
ムガル帝国時代の最盛期をもたらした第3代皇帝アクバルのお墓でアクバル廟とも呼ばれてます




チケット100ルピー(200円)
ADA10ルピーはタージマハルのチケットを見せると、免除されます
インドの観光名所は、必ずセキュリティチェックがあり
女性は女性係員がいないと免除になるのでラッキーです
いても、ポケットと荷物をチェックするくらいです
P8040229_convert_20150910180108.jpg



動物たちもいっぱい
角がくるくるの鹿
P8040248_convert_20150910180222.jpg


南楼門

タージマハル同様完璧なシンメトリ―
P8040249_convert_20150910180255.jpg


モザイクが素敵
P8040213_convert_20150910180031.jpg





霊廟
P8040251_convert_20150910180358.jpg

先代のデリーにある「フマユーン廟」と同じ造りで、上部には多くのチャトリがあるのも特徴、
これがヒンズー様式を取り入れたインドのイスラム建築
P8040250_convert_20150910180327.jpg


ここも靴を脱がなくてはいけませんが、入口にいた男性が靴カバーを勝手につけてくれて、各々10ルピー取られました
せっかくADAで免除された料金が飛んでいきました
そして
ガイドさんが案内してくれました
お金は払ったかな??

内部の壁面はモザイク
P8040208_convert_20150910175902.jpg P8040209_convert_20150910224932.jpg


天井もボタニカルな文様できれい
P8040260_convert_20150910180659.jpg

アルハンブラ宮殿を思い出します
P8040259_convert_20150910180616.jpg
アクバルは建設事業を盛んに行い、デリーのフマーユーン廟、アーグラ城、ファテープル・シークリーを建設しました
多様な宗教に対して寛容で、ヒンズー教、イスラム教、仏教、キリスト教まで、それぞれの建築技法が見ることができ、興味深いです


こだまする声・・・・
いろいろ説明してくれましたが、馬の耳に念仏


大理石で作られたアクバル大帝の棺
P8040262_convert_20150910180727.jpg





ここはお城だったという説もあり、


入口近くにあるこちらの建物も素敵
P8040268_convert_20150910180759.jpg

彫刻が素晴らしい
ここにいたおばさんが歴史をいろいろ説明してくれましたが・・・、
P8040270_convert_20150910180902.jpg



赤土の建物も風格があってよかったです
P8040273_convert_20150910180933.jpg


廟の移り変わりに、歴史をこの後見て周ることになります



帰りも渋滞もひどっかったです・・・・

観光はまだまだ続きます

旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

悠々と道を横切る牛たちはどこで飼われているのですか?
それとも野良牛?

アクバル廟もその外観の美しさだけではなく内部も素晴らしいですね。
タイルで描かれたモザイク模様がとても美しいです。

第3代皇帝アクバルがいかに偉大だったかを証明している廟ですね。
[ 2015/09/15 23:44 ] [ 編集 ]
こんにちわ

アグラは見所がいっぱいある街ですねー。
スィカンドラーはシンメトリーな建物の美の極致
同じシンメトリーな建物でも
タージマハルとはまた違った印象の美しさです。
そして内部のモザイクの精巧なこと!
口をぽかーんとあけて見とれそうです!
[ 2015/09/16 10:35 ] [ 編集 ]
こんにちは!


立派な角持ってますね
おまけに黒いし
ちょと 怖いですよ~
近くにいれば 載ったりは絶対できない(笑)

なんか建物は
涼しそうな作りっぽいです
どうなんだろ?

上靴持参での見物はやはりだめですかね
[ 2015/09/16 11:00 ] [ 編集 ]
完璧なシンメトリーって、本当にキレイですよね。
モザイクが本当にステキです~。
上にチャトリがいっぱい並んでる姿も
独特なカンジでおもしろいです。

↓タージマハル、どの角度から見ても
すごいですねー!
いつか、もう少し先の話ですけど
実際に見に行きたいです。
[ 2015/09/16 14:40 ] [ 編集 ]
こんにちは。
タージマハルもすごいですけど、ここもまた見ごたえありますね~。
細かい彫刻とか本当、美しいですね。
やはりインドは広いし見所も多いし・・・
一度には見切れないので数回は行きたいな~と思っているのですが、なかなか実現しません。涙
[ 2015/09/16 17:25 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん

> 悠々と道を横切る牛たちはどこで飼われているのですか?
> それとも野良牛?

野良牛もいれば、こうして大群をなしてるのは飼われていているものだと思います
デリーでも時々みましたが、インドの街では牛と人間が共存してるんだなって思います

> アクバル廟もその外観の美しさだけではなく内部も素晴らしいですね。
> タイルで描かれたモザイク模様がとても美しいです。

形もきれいだし、施された象嵌細工も見事で、インドのヒンズー教とイスラム教建築はすごいと思いました
内部の天井も素敵で、ヨーロッパの教会の美しさと違い、魅了されました

> 第3代皇帝アクバルがいかに偉大だったかを証明している廟ですね。

廟の移り変わりに、建造物を見ると、皇帝の力の大きさがわかります
アクバルはムガール帝国を大きくした偉大な人物なのだなってわかりました
[ 2015/09/16 19:09 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> アグラは見所がいっぱいある街ですねー。
> スィカンドラーはシンメトリーな建物の美の極致
> 同じシンメトリーな建物でも
> タージマハルとはまた違った印象の美しさです。
> そして内部のモザイクの精巧なこと!
> 口をぽかーんとあけて見とれそうです!

アグラは首都だった時代もあるので、一日くらいかけてゆっくり周ってほしい街です
こうしたシンメトリーな建物が、タージマハルに受け継がれていくんだなって思うと、感慨深いです
派手さは何といってもタージマハルですけどね
象嵌細工にモザイクに素敵で、見とれちゃいます
インドの建物って、アンコールワットとも違い、ヨーロッパのゴシック様式などとはちがい、また別の様式で興味深いです
[ 2015/09/16 19:24 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 牛
> 立派な角持ってますね
> おまけに黒いし
> ちょと 怖いですよ~
> 近くにいれば 載ったりは絶対できない(笑)

おとなしそうに見えても、やはり大きいし、角も尖ってるし、うかつにちょっかいは出せないですよね
それにインドで神聖な牛に乗るなんて~、ラクダくらいにしておかないとですね~

> なんか建物は
> 涼しそうな作りっぽいです
> どうなんだろ?

日除けはできるので、少し暑さから解放されて休めた記憶があります
透かし彫りは空気が入りそうで涼し気かもしれませんね

> 上靴持参での見物はやはりだめですかね

靴事体、傷つけるのでNGといわれてるので、せめて靴下くらいでしょうかね
[ 2015/09/16 19:32 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> 完璧なシンメトリーって、本当にキレイですよね。
> モザイクが本当にステキです~。
> 上にチャトリがいっぱい並んでる姿も
> 独特なカンジでおもしろいです。

この美しいシンメトリーはタージマハルにつながっていくのです
赤い建物にモザイクに象嵌細工に色彩がきれいでうっとりです
チャトリも見落としがちですが、ちゃんと主張していて、面白いですよね
精細な細工もたくさんあって、見ていても飽きないです

> ↓タージマハル、どの角度から見ても
> すごいですねー!
> いつか、もう少し先の話ですけど
> 実際に見に行きたいです。

タージマハルは真っ白で、いろいろ周ってみると、計算された美でとても美しいです
こう比較してみるとよくわかると思います
アグラも見どころがあるので、オベロイホテルに泊まってみるのもよいと思います
[ 2015/09/16 19:40 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> タージマハルもすごいですけど、ここもまた見ごたえありますね~。
> 細かい彫刻とか本当、美しいですね。
> やはりインドは広いし見所も多いし・・・
> 一度には見切れないので数回は行きたいな~と思っているのですが、なかなか実現しません。涙

インドって日本のガイドブックって、バックパッカー向けだったりして、
ここも扱いが小さいのです
でもそうした見どころがインドにはたくさんあるし、似たような建物でも飽きないんですよね
インドは大きいので、メジャーな観光地でデビューしてから好きか嫌いかで再訪するのかなって思いました
非日常のインドは面白いです!こればっかり(笑)
[ 2015/09/16 19:44 ] [ 編集 ]
こちらも綺麗ですね〜♡
ヒンズー様式を取り入れたイスラム建築ですか〜。
ミックスって難しそうなのに成功するととてつもなく美しいものが出来上がるのでしょうかね〜?

そしてよくぞ残っていてくれたと思います。大事に保管して欲しいです。。。次に私が見に行くまで(笑)

私はアグラで小さなボックスと石鹸トレーと買いました^^そんなに高いものではありませんでしたし、結構良いお買い物だったと記念になっています♪
[ 2015/09/16 23:09 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> こちらも綺麗ですね〜♡
> ヒンズー様式を取り入れたイスラム建築ですか〜。
> ミックスって難しそうなのに成功するととてつもなく美しいものが出来上がるのでしょうかね〜?

インドの建物って石造建築が多く、威厳があって素敵ですよね
特に北インドはイスラムとの融合で、違う宗教建築同士がけんかせずに、華やかさが増してきれいですよね
まさにいいとこどりでしょうね
そして贅沢な造りですよね
ここもガイドブックでは小さな扱いだったので、行ってみて驚きました
街中からちょっと遠いし混むので、周り方はドライバーにお任せです

> そしてよくぞ残っていてくれたと思います。大事に保管して欲しいです。。。次に私が見に行くまで(笑)

内部は損傷してますが、天井も見事でした
せっかくADA料金を取ってるのだから、大事に維持していってほしいですよね

> 私はアグラで小さなボックスと石鹸トレーと買いました^^そんなに高いものではありませんでしたし、結構良いお買い物だったと記念になっています♪

Ekaterinaさん、さすが~買われたのですか!その思いきりを分けていただきたい!(笑)
やはりアグラはお値段もお手頃だし、買うべきだったな~とデリーに戻ってから思いました
お品もいいですものね
それに出会いというか、ご縁というか、インドを思い出すのにいい記念になっていいですよね
[ 2015/09/16 23:58 ] [ 編集 ]

むふっ♪
動物が眼に入ると、ついついニヤけてしまうぅぅ〜〜(ぷっ)

道路をなんとも堂々と横断する牛っっ! 
う〜ん、実におおらかですね〜♪

大きなツノを持ったこんなデッカイ生き物が、ゾロゾロと我がもの顔で!!
・・・って思うと、確かに怖い気がしちゃうけど・・・(;´∀`) 
こうして動物と人とが上手に共存していると、互いに妙なストレスを抱えていない分、
おおきな事故も起き辛いのではないか・・・と思ったりもします。

今回のインド(別名・超アナザーワールド(爆))旅行記は、
しみじみとROMに撤してしまうくらい、お世辞抜きで、ほんとうに素晴しいです。

《文化》とは、社会における行動や生活様式そのものを意味しますが、
それがなにをもって《健全》とされるか?の部分に立ち戻って考えなければ、
自分たちが普段よく見知っている《文化的生活》は、その表層の見た目や印象が
いかにクリーンであろうとも、中身に大切なモノが抜け落ちてしまう。
《生》におけるリアルなものを、できるだけ覆い隠そうとする世界では、
身体を切りつけたら、そこから赤い血が溢れ出すという当り前のことさえ、
実はだんだんと忘れかけてしまっているのではないか・・・とかなんとか、
そんなことなどを勝手にアレコレ考えながら、のんびり愉しませていただいてます♪

ガンジス川の記事は、何度も読み返したくらい、実に感動的なものでした。
信仰も、ある時なにかを切っ掛けに、ただ盲目的にすがるようなものではなく、
生まれた時から生活の中に普通にあることが、敬虔さや神聖さに素直に繋がっていて、
人々が祈りを捧げる姿の美しさを、ひと際深く感じさせられてしまいました (*´人`*)

さて、明日からシルバーウイーク突入ですねっ♪
ここんとこグズついてたお天気も、ようやく晴れ晴れとするみたい。

どうぞ、よい休日をお過ごしくださいませ〜ヽ( ´▽`)

[ 2015/09/18 16:08 ] [ 編集 ]
Gさん
<span style="color:#0000ff">Gさん</span>

> むふっ♪
> 動物が眼に入ると、ついついニヤけてしまうぅぅ〜〜(ぷっ)

インドは動物王国で~、たくさんの動物と出会いました
日本では、動物との出会いは少なくなってしまい、自然があふれる環境っていいですよね
母の話では戦後は、街中に牛がいて、<img src="http://static.fc2.com/image/v/294.gif" class="emoji" style="border:none;" />が落ちてたそうです
懐かしそうに話してました

> 道路をなんとも堂々と横断する牛っっ! 
> う〜ん、実におおらかですね〜♪

我が物顔で道路を横断する牛様~、どこに行っても出会う風景で~、
それでも飽きずに、その都度、写真を撮ってました
なんだかこの非日常感、すごいオーラがあるんですよね~

> 大きなツノを持ったこんなデッカイ生き物が、ゾロゾロと我がもの顔で!!
> ・・・って思うと、確かに怖い気がしちゃうけど・・・(;´∀`) 
> こうして動物と人とが上手に共存していると、互いに妙なストレスを抱えていない分、
> おおきな事故も起き辛いのではないか・・・と思ったりもします。

近寄ってくると愛くるしいお目目に、その図体の大きさに、角の鋭さ、ドキドキしちゃいます
インドでは人と共存していて、人々との生活にとっても密着してるのですよね~
牛がオートリキシャーに近寄って来ると上手によけたりしてました
でも調べてみると、インドの交通事故は世界でも一番だそうです・・・
故意ではないにしろ、安全運転を心がけてほしいですね

> 今回のインド(別名・超アナザーワールド(爆))旅行記は、
> しみじみとROMに撤してしまうくらい、お世辞抜きで、ほんとうに素晴しいです。

インドは超アナザーワールド(笑)で、見るものすべてが目新しいというか、非日常で飽きることがないです~♪
Gさんはほんとーにプラス思考で、楽しんでもらえて何よりです
中でもバラナシは独特で、その世界観がどう伝えられるか、
現在は、インドイスラム建築の建物のすばらしさを伝えたいなって思ってます
建物のほうはガイドブックもてきとーなので、語彙の貧弱さがお恥ずかしい限りです

> 《文化》とは、社会における行動や生活様式そのものを意味しますが、
> それがなにをもって《健全》とされるか?の部分に立ち戻って考えなければ、
> 自分たちが普段よく見知っている《文化的生活》は、その表層の見た目や印象が
> いかにクリーンであろうとも、中身に大切なモノが抜け落ちてしまう。
> 《生》におけるリアルなものを、できるだけ覆い隠そうとする世界では、
> 身体を切りつけたら、そこから赤い血が溢れ出すという当り前のことさえ、
> 実はだんだんと忘れかけてしまっているのではないか・・・とかなんとか、
> そんなことなどを勝手にアレコレ考えながら、のんびり愉しませていただいてます♪

おっしゃりたいこととずれてしまってるかもしれませんが、
今の生活は便利であるものの、コンクリで埋め尽くされ、夏は亜熱帯化してる日本、異常気象も多く、自然の破壊の上にあるものだと思うと悲しくなります
日本は特に人口も減る傾向にあり、元気で活気のあるアジアの人々を見てると、この先どうなっていくのか・・・・・
発展途上にあるアジアを訪れて自然が残る街並みを見ると、開発の意義を考えさせられます
人々の生活は本当に豊かになってるのか、本当の豊かさってなんだろう・・・・
生きるのに必死な彼らを見てると、何か大事なものを忘れてるという想いに駆られます
友人が、「心を亡くす」と書いて「忙しい」というんだよ
だから忙しいという言葉は使わないし、嫌いだと・・・・・
日本人は忙しすぎて、たくさん犠牲にしてると思います
失いつつあるものを見つけたい故に、最近はアジアを旅してるのでしょうか・・・・
いつも自問自答してるこの頃です

> ガンジス川の記事は、何度も読み返したくらい、実に感動的なものでした。
> 信仰も、ある時なにかを切っ掛けに、ただ盲目的にすがるようなものではなく、
> 生まれた時から生活の中に普通にあることが、敬虔さや神聖さに素直に繋がっていて、
> 人々が祈りを捧げる姿の美しさを、ひと際深く感じさせられてしまいました (*´人`*)

ガンジス川はインドの中でも衝撃でしたね
いろいろ旅してきて、世界観は180度変わるということはなかったけど、今でも思い出すと、あのときの感動がよみがえる観光地です
人々との出会いはもちろん、インド人のお人柄に、信仰心の篤さに触れました
インドという国はまだカースト制が残るところで、生まれながらにして決まった運命があること、
それでもガンジス川は平等で、すべてを受け入れてくれる、みんなが祈りを捧げる、その姿はとても美しいものです
私がその光景に時間を忘れて、見とれてました
さすがにガンジス川に入ることはしませんでしたが、神聖な素晴らしい朝陽で感動しました

> さて、明日からシルバーウイーク突入ですねっ♪
> ここんとこグズついてたお天気も、ようやく晴れ晴れとするみたい。

明日からいよいよお休みですね~
絶対に社会復帰できなさそうです
とはいえ、毎日日曜日みたいな生活を送ってるといわれてますが・・・・(笑)
やっぱりお日さまが出ると気持ちも晴れ晴れしますね
みなさんにパワーが降り注ぎ、素敵な行楽日和になりますように
そしてご先祖様のご供養も欠かせませんね!

> どうぞ、よい休日をお過ごしくださいませ〜ヽ( ´▽`)

ご丁寧にありがとうございます
Gさんは御来客でお忙しいと思いますが、またお母様の知らない一面に触れ、お話が弾むことでしょう
Gさんが楽しく過ごすことが何よりの願いだと思います!
[ 2015/09/18 19:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する