リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

インドといえば~美しいタージマハル

8/4①

ドライバーに朝5時半にお迎えに来てもらい、

念願のタージマハル


車の乗り入れはチケット売り場まで

車は待機できないので、10時にホテルで待ち合わせです~
P8040237_convert_20150909085135.jpg
(写真は帰り際に撮ったものもあり、時系列になってません)



チケットは、
750ルピー(ADAチケット含む)1500円
アグラーの観光名所では、ADAチケットといって、インド考古学局に支払う料金がかかります
ほかの観光名所で割引が適用されるので、大事にとっておきます
また
チケットを買うと、ぬるいペットボトルの水と靴のカバーがもらえます
TAJ1.jpgTAJ2.jpg



入場ゲートへは離れてるので
ロッカーもあるので、大きな荷物に、没収されるものは預けていったほうがいいです


まだ時間が早かったのか、
無料の電動シャトルが動いてないので、観光兼ねてリキシャに乗りました
自転車に座席が付いていて人力の乗り物です
お値段50ルピー(100円)
大変そうだけど、下りだからまだいいのかな~
P8040027_convert_20150909080112.jpg



入場ゲートに到着です

並ばずに入れました
P8040232_convert_20150909084947.jpg

女性と男性は別々で、セキュリティーチェックがあります
パスポートとカメラとお財布だけカバンに入れていきました
食べ物、ライター・タバコはNG、没収されます



タージマハル
ムガール帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃のために建てたお墓
世界各地から貴石が取り寄せられ、22年の歳月をかけて完成しました
インド・イスラーム文化の代表的建築です



立派な赤砂岩のタージマハル正門

上部には白い白大理石のチャトリに、装飾もきれいです
P8040230_convert_20150909084915.jpg



入口をくぐると~

美しい真っ白なタージマハルがお目見えです
すべてが白亜の大理石でつくられ、左右対称でこの世のものとも思えない美しさです
水路に映り混むタージも素敵、考えられて作られたそうです
インドといえば、何といってもタージマハルですよね
P8040220_convert_20150909174939.jpg



水路の横の整備された横を歩いていくと、
中央には噴水があり、振り返ると、歩いてきた道に、正門が見えます
P8040224_convert_2015090917500.jpgP8040074_convert_20150909085501.jpg



雲が多い朝でしたが、昇ってきた太陽が見えてきました
P8040158_convert_20150909080833.jpg


タージマハルの横の赤砂岩で作られた建物も、左右対称になってます
P8040165_convert_20150909081048.jpg

アーチがきれい
P8040162_convert_20150909080937.jpg



だんだん陽が出てくると、白さが際立ちます


こちらは横から見たタージマハル
どの方角から見ても同じ作り~
ミナレットは補強工事中?
P8040199_convert_20150909081518.jpg

またミナレットもこうしてみると重要な役割を果たしてるのですね
P8040206_convert_20150909084755.jpg


そして

四隅が切られた変形八角形、
真四角だったら、この美しさはなかったのでしょう
P8040179_convert_20150909081327.jpg



飾り門や窓も、太陽や月の光の影を計算して作られてるのです
P8040201_convert_20150909084602.jpg




いよいよ廓の中へ

入口で貰った、靴を覆うカバーを履きます
取っておいてほかでも使う予定でしたは、私は濡らしちゃったので、タージマハルでお役御免です
P8040178_convert_20150909081253.jpg P8040104_convert_2015090908043.jpg




壁に施された透かし彫りもすごい技がいるようです
P8040177_convert_20150909183324.jpg


壁の象嵌細工の草花の連続文様が素敵
可憐できれい~うっとりです
P8040171_convert_20150909081126.jpg


内部は写真撮影禁止です
棺が仲良く並んでました



タージマハルの背後には、ヤムナー河
シャー・ジャハーンが幽閉されたアーグラ城塞が見えます
P8040164_convert_20150909081007.jpg


陽が差してきたタージマハル
来たときと違って、輝きを増したよう
どこから撮っても絵になります
P8040130_convert_20150909080616.jpg


水路と手入れされた庭園が広がり、
午後になると、また靄がとれて青い空に映えるタージが見えるのかしら

見納めです



出口から
無料の電動シャトルに乗って待っていたら、大人数になり、バスでの出発に変わりました
順番なんて関係なし、ここは乗り遅れないように戦いました
P8040235_convert_20150909085100.jpg P8040183_convert_20150909081400.jpg



ホテルまでは徒歩圏内というけど・・・・

リキシャー(自転車)にホテルを告げるとOKOKと安請け合い・・・・
しかし、行き先もわからずに引き受けて散々
メモで確認した金額にも関わらず、おまけにふっかけてきました
最初に言ったお金だけ渡して、最後はホテルまで歩きました
*リキシャーは英語が通じない場合が多いので、交渉は注意したほうが良いというのは本当でした

旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

こんにちわ

インドといえば、やっぱりタージマハルですよね!
1500円ってけっこう高いと思うけど
維持費を考えればしょうがないんでしょうかねぇ…
インド考古学局への寄付金も入っているってことで
ナットクさせられるのかしら(^_^;)

それにしても何度見てもタージマハルの美しいこと!
ミナレットがあって完成された美になるんだと思います。
計算しつくされた美なんでしょうねー。
実際に見ると迫力がまったく違いそうです!
[ 2015/09/14 08:29 ] [ 編集 ]
考えてみたら

でっかいお墓ですね~
今なら固定資産税大変そうですね(笑)

そういや
前方後円墳 とか ピラミッドも
お墓でしたよね

お墓見物になるんですよね~~
なんか微妙(苦笑)

[ 2015/09/14 10:30 ] [ 編集 ]
EkaterinaYoghurt
タージマハル、やっぱりどの方向からどう見ても美しく見飽きない素晴らしい建築ですね。
時間帯によっても見え方が変わるのが又良いと思いました。
一日中、タージマハルにいて、太陽光線による変化とかを写真に収めるのも面白いかも?ですね^^

憧れ続けたタージマハルを遂に目の前にした時の感動が伝わって来る記事でした〜。
[ 2015/09/14 14:06 ] [ 編集 ]
タージマハル、凄いですよね~!
この世の建築物とは思えない白いシンメトリー。
混沌のインドの中に建っているというのが、
また人の世の奥深さを感じます♪

また見にいきたいな~
[ 2015/09/14 20:54 ] [ 編集 ]
こんにちは。
タージマハル、やはりすばらしいですね~。
写真を見るだけでもかなりの迫力だから、実物はすごいんでしょうね。
実際に行ったらものすごく感動しちゃいそうです。
うるうる。

インドでの交渉は大変そうですね・・・汗
[ 2015/09/15 01:52 ] [ 編集 ]
タージマハルは美しいですね。
どこから見ても裏は無いのでしょうか。
ミナレットの彫刻とあいまってすばらしい!
の一言。
[ 2015/09/15 05:43 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは
FC2にアクセスできずにお返事遅くなりました

> インドといえば、やっぱりタージマハルですよね!
> 1500円ってけっこう高いと思うけど
> 維持費を考えればしょうがないんでしょうかねぇ…
> インド考古学局への寄付金も入っているってことで
> ナットクさせられるのかしら(^_^;)

毎週金曜日には閉鎖して、真っ白なタージマハルを維持するために大掃除してるのですって
そして、もともと美しく見せるために傾斜のあるミナレット、最近は地盤沈下で傾いてきてるとのこと
そう考えると、維持するためには、仕方ないですが、無駄使いはしないでほしいですよね
インドの人たとは水とかもらえないものの、入場料もすごくお安いんです
インドといえば、タージマハル、そしてインド人の誇り、守っていってほしいです

> それにしても何度見てもタージマハルの美しいこと!
> ミナレットがあって完成された美になるんだと思います。
> 計算しつくされた美なんでしょうねー。
> 実際に見ると迫力がまったく違いそうです!

これだけの大理石はなかなか揃えられないし、すごく贅ここらしたタージマハルで、いろいろと計算しつくされた美はとてもきれいです
wikipedhiaで調べれば調べるほど、改めてタージマハルのすごさを知ります
何もない川沿いに建つタージマハルはとてもきれいで、この景観は守っていってほしいです~
[ 2015/09/15 10:54 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
FC2にアクセスできずに遅くなりました

> 考えてみたら
>
> でっかいお墓ですね~
> 今なら固定資産税大変そうですね(笑)

ヒンズー教は本当は川に流すのに、イスラムの影響なのでしょうね
お墓ってって思いますが、インドには多くて、それもみどころです
固定資産税は、大理石だからすごいでしょうね(笑)

> そういや
> 前方後円墳 とか ピラミッドも
> お墓でしたよね

日本人からするとお墓ってネガティブなイメージですよね
海外では名所になるのですね

> お墓見物になるんですよね~~
> なんか微妙(苦笑)

日本のお墓は何かくっついてきそうですよね
外人もだれも見に行かないですよね
[ 2015/09/15 10:55 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> タージマハル、やっぱりどの方向からどう見ても美しく見飽きない素晴らしい建築ですね。
> 時間帯によっても見え方が変わるのが又良いと思いました。
> 一日中、タージマハルにいて、太陽光線による変化とかを写真に収めるのも面白いかも?ですね^^

憧れ続けたタージマハル~、きちんと整備された公園にすくっと建って、絵になるお姿でした
近づくとその迫力に、美しさ、どこから見ても同じに見えるなんて~、wikipedhiaでいろいろ見てたら、考えられて作られてたとは!さすがですよね
時間によっても光線の輝きも違うのでしょうね
天文学の盛んだったインドならでは、そうした変化をゆっくり眺めてるのもいいですよね

> 憧れ続けたタージマハルを遂に目の前にした時の感動が伝わって来る記事でした〜。

素晴らしい建築はたくさんあるけど、インドといえばやはりタージマハルですよね
想像を超えるという意味では、ほかのモニュメントのほうがすごい~!とびっくりしましたが、振り返ってみると、改めてタージマハルはすごいと感じるこの頃です
[ 2015/09/15 10:59 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん
ネット環境かFC2が絶不調です・・・

> タージマハル、凄いですよね~!
> この世の建築物とは思えない白いシンメトリー。
> 混沌のインドの中に建っているというのが、
> また人の世の奥深さを感じます♪

インドといえばタージマハルですよね
金曜日はお掃除してるそうで、ぴかぴかのタージマハルを維持できてるのですよね
それに考えられた完璧のシンメトリー、知れば知るほど魅力的で、その素晴らしさを実感します
すごい大理石の量だし、贅をつくしてますよね
当時の権力と栄華の象徴の場所なのに、混沌とした街中は変わらない、そこが面白いインドですよね

> また見にいきたいな~

やはりタージマハルにつきますね
今度はタージビューのお部屋でゆったりのんびり過ごすのもいいですよね
[ 2015/09/15 11:00 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> タージマハル、やはりすばらしいですね~。
> 写真を見るだけでもかなりの迫力だから、実物はすごいんでしょうね。
> 実際に行ったらものすごく感動しちゃいそうです。
> うるうる。

インドといえばタージマハル!
考えられた設計の話とか読んでると、やっぱりすごいって思います
真っ白な大理石に見事なシンメトリーが素晴らしいです
それに贅をつくした彫刻もきれいで、見どころです

> インドでの交渉は大変そうですね・・・汗

アジアは交渉制の乗り物は、人によってあたり外れがあります
インドの場合は、良心的な人も多いですが、吹っ掛ける人も多いようです
特に自転車のリキシャーは注意っぽいです・・・
[ 2015/09/15 11:08 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> タージマハルは美しいですね。
> どこから見ても裏は無いのでしょうか。
> ミナレットの彫刻とあいまってすばらしい!
> の一言。

どこから見ても同じ形で~、光の光線によって見え方が違うそうです
それも考えられて作られ、国の財政を傾かせたといわれるタージマハルの大理石はすごいです
ミナレットも重要な役割を果たしてるのですね
タージマハルは美しかったです~!
[ 2015/09/15 11:10 ] [ 編集 ]
観光客の少ない時間帯を狙って行かれたのですか?
写真に観光客がほとんど写っていないのが羨ましい~W

僕はここに訪れ、正門からタージマハルを見た時の興奮は
アンコールワットを同じく門から見た時の興奮と同じ感覚でした!
ついに来た~~~っ!本物だぁ~~!みたいなW

どちらも貴重な人類の遺産ですね~

chempakaでした!
[ 2015/09/15 23:04 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん

> 観光客の少ない時間帯を狙って行かれたのですか?
> 写真に観光客がほとんど写っていないのが羨ましい~W

朝陽を見るために早く訪れました
朝のほうが空いてるって書いてあり、それでも人は多かったですよ
正面は人気で~、順番で写真を撮ってましたし、出来るだけ人が入らないように、合間から撮影しました
やはり午後のほうが混むのでしょうね

> 僕はここに訪れ、正門からタージマハルを見た時の興奮は
> アンコールワットを同じく門から見た時の興奮と同じ感覚でした!
> ついに来た~~~っ!本物だぁ~~!みたいなW

やはりインドといえばタージマハルだし、カンボジアといえばアンコールワットですよね~!
どちらもそれぞれ良さがあり、思い入れが強い分、訪れたときの感動は大きいです
世界で人気の場所だけありますよね

> どちらも貴重な人類の遺産ですね~

歴史を伝える大事な世界遺産ですよね
みんなで大切に守っていきたいです~!
[ 2015/09/16 18:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する