リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

聖なるガンジス川の朝陽

8/3①

お願いしたオートリクシャーのドライバーは、
時間にお迎えに来てました


早朝の通りはまだ静か・・・・

お祭りで、ゴウドリヤー手前で封鎖されてるものの、
裏道の小路をガンガン進んでくれました
決してきれいでない小路ですが、ここで見た景色も、吸った空気は、別世界すぎて印象に残るものでした



雨でまみれの汚い裏の路地を歩きます
P8030058_convert_20150827200034.jpg


いろいろなにおいが入り混じり、混沌とした路地
想像してなかった世界が広がります
P8030060_convert_20150827200107.jpg



ドライバーが連れて行ってくれたのは

有名なケーダール・ガード゛
P8030061_convert_20150827200147.jpg

ヒマーラや山麓にある観請した同名の寺院があり、巡礼者も多く参拝します
P8030085_convert_20150827200958.jpg



ガートの階段は半分は水没していて、
入水可能ラインの紐がひいてあり、少しでも出ると、監視の警察官に注意されます
P8030062_convert_20150827200218.jpg


下に降りていくと~
水しぶきが飛んできて、大騒ぎ
男性はパンツ一枚で、女性はサリーか布をまといながらの沐浴
P8030064_convert_20150827200322.jpg


罪をきよめ、再生を叶えてくれるという、インドの聖なる河
ガンジス川で身を清める人は後を絶ちません
ヒンズー教徒にとっては神聖な場所で沐浴するのは、最高に幸福なのです!
P8030074_convert_20150827200543.jpg



サドゥも祈りを捧げ
P8030075_convert_20150827200634.jpg


朝陽に向かって祈りを捧げ
DSC03169_convert_20150827195613.jpg


見渡す限り、雄大な景色が広がります
だんだん陽もあがり、水面がきらきら輝いてます
なんて美しいのでしょう
P8030082_convert_20150827200823.jpg




ガンジス川には

多くの人が訪れます
P8030065_convert_20150827200353.jpg

お花を流して祈りを込めたり、
DSC03184_convert_20150827195901.jpg


やさしい素敵な笑顔にも会えます
P8030063_convert_20150827200251.jpg



にぎやかなお経を唱えながら、大勢押しかけてきました
P8030089_convert_20150827201139.jpg



そしていつしか参拝に

[広告 ] VPS





今回は雨季のガンジス川で水嵩もあがり、豊かな水であふれるガンジス川を堪能することとなりました
ガンジス川では火葬場も見る機会もなく、ボートにも乗れなかったり、プジャーもよく見れず、本来のガンジスの神聖さを感じることはできなかったかもしれない・・・
でもガンジス川で、いろいろな人と出会い、ヒンズー教の聖地!という、強烈なインパクトを受けました
私はバラナシは行かなくてもいいと思っていたものの、
滞在中にも感じなかった思いもわきあがり、常識を超えた非日常の世界に魅せられてしまったようです
行けば、「ありえない~」と同じ繰り返しになりそうですが、今度はもう少し長く宿泊してぼんやり過ごしたいです!
DSC03188_convert_20150827195931.jpg



帰りの道中、(大嫌いな)へびつかいもいましたっけ
夫は面白そうに近寄ってました
そんな私を見て、ドライバーも大笑い


そして、

インドといえばチャイ
DSC03189_convert_20150827195959.jpg

一杯のチャイ5ルピー(10円)を~いただきました
入れ物は使い捨てで、持つのもすごく熱いです
P8030093_convert_2015082720123.jpg


街角で買ったマッチは1ルピー(2円)
物価は安いです


まだまだ観光は続きます


旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ







関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

こんにちは。
ガンジス川の沐浴風景。
TVでたまに見ますが、ものすごい人でインパクトありますよね~。
さすがにインドは、かなりディープな旅行ですね。
チャイは結構好きでたまに飲みますが、やはり一度はインドで味わってみたいです。
[ 2015/09/03 18:17 ] [ 編集 ]
いわゆるガンジス川の観光スポットというか見所をご覧になれなかったのは残念ですが、あのガンジス川の朝日とその風景を体感することは、言葉では全てを表せないくらい独特でなんとも言えない思い、感動しますよね。

久しぶりに見たサドゥの姿^ ^ですが、また行きたい、今度はゆっくりという気持ち、分かります。
私もそうです。出来れば川ぞいに私たちが泊まれるようなホテルが出来れば最高なんですけどね(^^;;
[ 2015/09/03 18:41 ] [ 編集 ]
記事の流れが素晴らしくて、
まるでTVの旅番組を見ているような気になりました。

私は個人旅行でインドを訪れることは無いと思いますが、
インドに魅せられる人の気持ちが少しは分かる気もします。

良くも悪くも人々はガンジス川とともに生きているのですね。
[ 2015/09/03 20:19 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんばんは~

> ガンジス川の沐浴風景。
> TVでたまに見ますが、ものすごい人でインパクトありますよね~。
> さすがにインドは、かなりディープな旅行ですね。
> チャイは結構好きでたまに飲みますが、やはり一度はインドで味わってみたいです。

ガンジス川はインド人にとって聖なる場所で、小さな子供からご年配の方まで沐浴していて、最高に幸せなことなのですよね
サドゥもたくさんいるし、すごい強烈なオーラを感じ、インパクトがあるところです
インドの中でもバラナシは、混沌とした特別にディープなところだと思います
ここの屋台は超地元の人が使うところで危険な香りがしましたが、チャイはおいしかったですよ(笑)
[ 2015/09/03 20:39 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん③
Ekaterinaさん
長々とガンジス川にお付き合いありがとうございます

> いわゆるガンジス川の観光スポットというか見所をご覧になれなかったのは残念ですが、あのガンジス川の朝日とその風景を体感することは、言葉では全てを表せないくらい独特でなんとも言えない思い、感動しますよね。

雨季のガンジスで、違った過ごし方となりました
みなさんのガートの写真を比べると、かなり水位も上がってるよう
ガンジス川の朝陽は悠久で、何とも言えない幸せな気分で満たされました
人々が祈りを捧げる姿は、私も身が引き締まる思いがしました

> 久しぶりに見たサドゥの姿^ ^ですが、また行きたい、今度はゆっくりという気持ち、分かります。
> 私もそうです。出来れば川ぞいに私たちが泊まれるようなホテルが出来れば最高なんですけどね(^^;;

あまり写真は残ってないのですが、サドゥ、悟ってますよね
川沿いでのんびり人々を眺めたり、雄大なガンジス川を眺めてたいですよね
1泊しかしなかったけど、次回はゆったりしたいです
川沿いのきれいなホテルでのんびり~、でもきれいなホテルはガンジス川の景観を変えちゃいそうで、あのままがいいのかもしれませんね
[ 2015/09/03 21:47 ] [ 編集 ]
ジュマさん
ジュマさん

> 記事の流れが素晴らしくて、
> まるでTVの旅番組を見ているような気になりました。

衝撃的だったガンジス川の魅力をお伝えしたくて、長くなってしまいました
短い滞在でしたが、すごく貴重な思い出深い時間となりました
インドに行くと、語りたくなるのかもしれません(笑)
お付き合いありがとうございます

> 私は個人旅行でインドを訪れることは無いと思いますが、
> インドに魅せられる人の気持ちが少しは分かる気もします。

インドはだんだん魅かれていきました
なかなか難関そうで、まだまだ時期が早いと思ってましたが、ちゃんとプランニングすれば大丈夫です
あそこはカーチャーターなど、ツアーか、足の確保が必要ですね
タージマハルは一度は~!

> 良くも悪くも人々はガンジス川とともに生きているのですね。

インド人にとってガンジス川はかけがえのない特別なところなのですよね
すべてを受け入れるガンジス川はすごいですよね!
[ 2015/09/03 22:07 ] [ 編集 ]
こんにちわ

朝日の昇るのを背景にしたガンガー
画像から見ても聖地という雰囲気が伝わります。
沐浴をしたり、祈りをささげるひとがいる風景
きっといろんな衝撃を受けることと思います。
水かさが多くて、期待していたことはできなかったかもしれないけど
この水の豊かさが多くの生命を育んできたんだと
そういう実感も得られたのではないでしょうか。

↓女性の知り合いは1か月かけてファミリーで回ったそうですが
5歳の息子も含めて楽しい体験だったと言っていました。
男性の知り合いはバックパッカー旅だったんですが
途中、襲われた日本人女性(ひとり旅)を助けて
領事館に逃げ込んだり、悲惨な経験もしたそうです。
旅のスタイルによってあまりにも違う印象を受けるものだと思いました。
Yottittiさんご夫妻はよい体験をなされて本当によかったです。
[ 2015/09/04 10:40 ] [ 編集 ]
こんにちは!
話は余談からですけど
前回のコメで
猿はおよぐのか?ですけど
昨日釣り番組見てたら
ダム湖で 猿が木から飛び降りて 泳いでいって
向こう岸にたどり着いて岩を登ってましたね(笑)


せっかくの 
へびつかい 堪能すればよかったのに
ガンジス川のも入水(笑)



[ 2015/09/04 12:07 ] [ 編集 ]
ガンジス川で沐浴されてる方が
いっぱいいらっしゃるんですね。
神聖な川だということは分かるのですが
どうしても、衛生面が気になってしまいます・・・。

でも、日本とはぜんぜん異なるこのインドの世界観
やっぱり興味深いです!!

インドは前から、行ってみたいところのひとつで
実際に行ってみたら・・・と、シミュレーションしてみましたが
最後のチャイで、私はちゃんと飲めるのかどうか
ちょっと怪しくなってきました(笑)
[ 2015/09/04 13:42 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> 朝日の昇るのを背景にしたガンガー
> 画像から見ても聖地という雰囲気が伝わります。
> 沐浴をしたり、祈りをささげるひとがいる風景
> きっといろんな衝撃を受けることと思います。
> 水かさが多くて、期待していたことはできなかったかもしれないけど
> この水の豊かさが多くの生命を育んできたんだと
> そういう実感も得られたのではないでしょうか。

ガンジス川の朝陽は悠久で~、無になれるというか、何とも言えない幸せな気分になりました
いろいろなものを受け止めてくれるガンジス川、すごいな~と
人々が祈りを捧げてるのを見ると、こちらまで身が引き締まる思いです
でもパンツがスケスケの男性がうじゃうじゃいたり、動物もやってきたり、いろいろな軍団が現れたり、目に入るものすべてが新鮮でした
水嵩が高くなってボートが出ないのは驚きましたが、豊かな恵みの水は、大地をはぐくんできたのでしょうね
自然の恩恵は大きいです

> ↓女性の知り合いは1か月かけてファミリーで回ったそうですが
> 5歳の息子も含めて楽しい体験だったと言っていました。
> 男性の知り合いはバックパッカー旅だったんですが
> 途中、襲われた日本人女性(ひとり旅)を助けて
> 領事館に逃げ込んだり、悲惨な経験もしたそうです。
> 旅のスタイルによってあまりにも違う印象を受けるものだと思いました。
> Yottittiさんご夫妻はよい体験をなされて本当によかったです。

女性のお友達は、きっと一か月もあればインド国内を周られて、また南と北ではだいぶ違うようなので、人々のやさしさに触れたことと思います
楽しい思い出になってよかったです
やはりバックパッカーの方は、私がネットで読む限り、トラブルも多く苦労してる人が多いです
ご友人は女性を助けるために力を尽くされ立派です
その女性の方も感謝してることでしょう
想いは複雑でしょうが、きっと人生の糧になるはずです
旅行は何かしらのリスク等はつきものですね
油断しないで旅は続けたいと思います
お友達の貴重なお話、ありがとうございます
[ 2015/09/04 22:20 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 話は余談からですけど
> 前回のコメで
> 猿はおよぐのか?ですけど
> 昨日釣り番組見てたら
> ダム湖で 猿が木から飛び降りて 泳いでいって
> 向こう岸にたどり着いて岩を登ってましたね(笑)

猿は泳ぐのですね
たくましいですね
生きていく上で身につけた知恵なのでしょうか
やはり賢い!

> せっかくの 
> へびつかい 堪能すればよかったのに
> ガンジス川のも入水(笑)

蛇は、おもちゃでも嫌なんです・・・・
本当に勘弁してほしいです
ガンジス川も入水は、入ってる人もいますが、病気になってしまう人もいるようですよー
[ 2015/09/04 22:25 ] [ 編集 ]
はむこたん
はむこたん

> ガンジス川で沐浴されてる方が
> いっぱいいらっしゃるんですね。
> 神聖な川だということは分かるのですが
> どうしても、衛生面が気になってしまいます・・・。

インド人にとっては特別なところで、聖なる水で、飲むと病気も治してしまうといわれてます
日本人でも川に入ってる人もいますが、やはり病気になった人もいるようです
やはり住んでる環境が違うので、無理するところではないですね

> でも、日本とはぜんぜん異なるこのインドの世界観
> やっぱり興味深いです!!

いろいろな国に行って来て、だんだん麻痺してくることがあるのですが、インドはそれがなくて、その現実とかけ離れていて想像しない世界ですごく面白いです

> インドは前から、行ってみたいところのひとつで
> 実際に行ってみたら・・・と、シミュレーションしてみましたが
> 最後のチャイで、私はちゃんと飲めるのかどうか
> ちょっと怪しくなってきました(笑)

インドは、ここガンジス川でもホテルで食事をしたり、車も手配すれば大丈夫な国です
何年経ってもインドは変わらないような気はしますが、行きたい時と行ける時が来ると思うので、それはその時に身を任せるとして~
最後のチャイは、ブロ友サンが飲んでも大丈夫でしたよとおっしゃってたので、勧められるがままに二人で一杯飲んでみました
ホテルでおいしく安心していただけるので大丈夫です(笑)
[ 2015/09/04 22:36 ] [ 編集 ]
川沿いの朝焼けは、全体的に赤茶色で統一されて綺麗ですね~。
この川の水で本当に体が綺麗になるのか?という感覚を超越した世界なのでしょうね。
こうダイレクトに生活に密着した大河、他ではなかなか見られる光景ではないですから、なんかもうその場にいたらきっと今までにない感覚になるんだろうなあ、と想像します。
朝日がとても神々しいですね。
[ 2015/09/05 03:46 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> 川沿いの朝焼けは、全体的に赤茶色で統一されて綺麗ですね~。
> この川の水で本当に体が綺麗になるのか?という感覚を超越した世界なのでしょうね。
> こうダイレクトに生活に密着した大河、他ではなかなか見られる光景ではないですから、なんかもうその場にいたらきっと今までにない感覚になるんだろうなあ、と想像します。
> 朝日がとても神々しいですね。

変わりゆく朝焼けは素晴らしく、言葉にならないほど素晴らしく悠久の時を感じました
街中の喧騒を離れて、みんなが静かに祈りを捧げ、すべてを受け入れるガンジス川に人々が寄せる思いが伝わってきました
雨季でなければ、ガンジス川では、洗濯物をする人々がいたり、動物たちもまどろんだり、人々の生活に密着してる聖なる大事な川なんですよね
自然のすばらしさ、恵みを感じ、超越した世界が広がり、神聖な気持ちになれる不思議な力を持ってるのはさすがです
[ 2015/09/05 19:37 ] [ 編集 ]
いつか行ってみたい国「インド」

行かれた方は、みんな考え方が180度変わったって言いますよね!
きっと刺激があって、いろんな事を考えさせられる国なんでしょうね。

ガンジス川の沐浴は、観光必須ポイントなので、かなり興味があります。
私もいつか行って刺激を受けたいです。
[ 2015/09/05 19:58 ] [ 編集 ]
気まぐれちいさん
気まぐれちいさん

> いつか行ってみたい国「インド」

インドは興味がありましたが、難関なので、やっと思いきりました
でも観光となる足とホテルを確保してれば大丈夫です

> 行かれた方は、みんな考え方が180度変わったって言いますよね!
> きっと刺激があって、いろんな事を考えさせられる国なんでしょうね。

いろいろな国を旅してみて、インドだけは想像がつかないというか、思いがけない非日常の世界が待ってるもので、面白かったです
いろいろ考えさせられる国ですね

> ガンジス川の沐浴は、観光必須ポイントなので、かなり興味があります。
> 私もいつか行って刺激を受けたいです。

ガンジス川はインドの中でも特別なところだと思います
なかなかディープな世界でいろいろ大変なところですが、行く価値はあります
ぜひ川沿いでのんびり過ごしてください
[ 2015/09/05 21:27 ] [ 編集 ]
北インドの観光スポットはたくさんありますけど
僕にとってのハイライトはベナレスでしたね~
人生が180度変わる事は無かったけれど(笑)

とにかくインドの要素をぎゅっと凝縮した所でした。

路地裏の散策も楽しかったです。
僕もヘビ使いの少年を見つけてしばらく見てましたからねえ~

チャイは美味いですよね~~

インドは一度行ったぐらいでは理解出来ないのでしょうね!
ほんと日本の常識がこれほど当てはまらないなんて!
逆に言えば、そんな常識が無くても生きていける訳で・・・
う~~ん、奥深い・・・

chempakaでした!
[ 2015/09/07 02:53 ] [ 編集 ]
chempakaさん⑤
chempakaさん

> 北インドの観光スポットはたくさんありますけど
> 僕にとってのハイライトはベナレスでしたね~
> 人生が180度変わる事は無かったけれど(笑)

バナラシは・・・と思っていたけど、さすがインドのヒンズー教の聖地とあり、強烈なインパクトがあり、一番思い出に残るところとなりました
バラナシはいろいろなものが渦巻いていて奥深いですよね
いろいろな国も周ってきてるので、考えは変わることはなかったけど、衝撃的でした!
ブログを現在書いてることもあるでしょうが、脳裏をずーっとよぎってます(笑)
これほど今もインドに圧倒されてる自分に驚きです

> とにかくインドの要素をぎゅっと凝縮した所でした。

裏の路地はきれいなところではないし、牛もいるし、すべてが驚きの連続で、想像を超える世界ですよね
この混沌さ、インドだーーと圧倒されますよね

> 路地裏の散策も楽しかったです。
> 僕もヘビ使いの少年を見つけてしばらく見てましたからねえ~

路地裏もまたいろいろなお店があったり、強烈で、印象深いです
へびだけは嫌なんですよねーーー
本当、近寄りたくないですもの

> チャイは美味いですよね~~

インドはチャイですよね
暑い時に熱いものをのむのがまたいいですね

> インドは一度行ったぐらいでは理解出来ないのでしょうね!
> ほんと日本の常識がこれほど当てはまらないなんて!
> 逆に言えば、そんな常識が無くても生きていける訳で・・・
> う~~ん、奥深い・・・

インドは何度行っても慣れないだろうし、行ったら行ったらで大変だってわかるけど、それでも行きたくなる不思議な国ですよね
あまりにも違いすぎるのでしょうね
だから飽きないし、面白いです
本当奥深くて魅了されちゃいます!
文化・習慣は違っても、凶悪な犯罪が横行してるわけではないので、そういう意味では安心ですよね
[ 2015/09/07 17:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する