リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

アンコール・ワット~いよいよ第三回廊に

1/6⑤

またまた、アンコールワット

まだ第3回廊へは登ってないので制覇します
(第3回廊までの道のりのおさらいはまた後日!?)


こんなに急な階段では、登るペースもゆっくり
突撃です
服装は、ノースリーブ禁止・ひざ丈より短い短パン禁止・帽子は脱ぐという規制があります
P1060649_convert_20150508201729.jpg
いくら日本が手がけてるとはいえ、これだけの人数が登ると、安全度が心配になります


眼下には

緑に囲まれた第二回廊が見えます
DSC01142_convert_20150327163017.jpg

経蔵に正面の西塔門
そして、バルーンも浮かんでます!
P1060637_convert_20150508202025.jpg



回廊には

みんなが触ってる!?たくさんのデバター
P1060634_convert_20150508202058.jpg


アンコール王朝滅亡後に仏教寺院に改修されて持ち込まれた仏像
ナーガを従えた仏像
P1060638_convert_20150508214129.jpg

寝ているお釈迦様
P1060628_convert_20150508214205.jpg



いよいよ中央祠堂
P1060640_convert_20150508201956.jpg

P1070771_convert_20150510104554.jpg



彫の深い彫刻です
P1060633_convert_20150508202130.jpg

P1060641_convert_20150508214059.jpg

色がついてるデバターにもアップ
P1060643_convert_20150508201923.jpg

見どころ満載で、写真撮影大会となりました



帰りの階段は、

もうーー大変です
一段ずつゆっくり降りる人もいれば、
迷惑なことに、韓国人ツアー客が一組ずつ写真撮影で大混雑
そのほうがかえってこわいものです
P1060648_convert_20150508201851.jpg

第三回廊には二度訪れましたが、この時の混雑度は少な目でした
こればかりは、
降りてきたら混雑が解消されてたりと、読めないものです




アンコールワットの撮影大会~
いろいろなポジションで撮ってみました


経蔵に西塔門
P1060655_convert_20150508220554.jpg


経蔵からも人気の撮影ポイント
P1060672_convert_20150508220738.jpg


午後はきれいに撮れます
P1060615_convert_2015020515310.jpg


そして池に映る逆さアンコールワット
美しいです
P1060666_convert_20150508220627.jpg


本日の観光は終了です~


旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

アンコールの素敵な写真がたくさん! 特に、池にうつるアンコールワットの写真が素晴らしいです!

それにしても、あの階段、僕がいったときには、修復中で登れなかったのですが、すごい急なんですね。上からのショットはかなり・・・。足がすくみそうです・・・。
[ 2015/05/10 22:41 ] [ 編集 ]
ゆるい規制って女性のノースリーブNGですね?
うちの嫁さんもノースリーブで立ち入りを拒否されて困っていると
少女が近づいて来てスカーフをレンタルしないか?と(笑)
いろんな商売を考えるよな~~って思いましたね~

ここの見所はやはり緻密な彫が残る美しいデバターですよね!
そんなデバターでも触る事ができるのだから、少々困ったものですが・・・

中央塔は意外と何もなくてあっけにとられましたが
逆にいやいや~~この中央塔の地下には盗掘されていない
金銀財宝がザクザクと・・・と想像を膨らませるのでした(笑)

恐怖の階段!タ・ケウと同様、トラウマです!(苦笑)

chempakaでした!
[ 2015/05/11 00:58 ] [ 編集 ]
タイ旅行から無事にもどってこられたようですね。
旅行記の方が溜まって、大変なのでは?
そしてすでに夏休みの旅行計画中でしょうか?

さて私がここに入った頃は、まだこの階段がなく、
一生懸命登って行きました。
高いところが嫌いな私は一緒に行った友人に
手を引っ張ってもらって登りましたね。
でも帰りの方が強くて、
結局ははって降りてきたのを覚えています。
もちろんこんなに観光客がいない頃ですが、、。

[ 2015/05/11 05:46 ] [ 編集 ]
こんにちは!

将棋倒し
怖いですよね

遺跡の中に
いくつの彫り物があるんでしょうね~
よっちさん全部写真撮りましたか(笑)

遠くから見るのもいですが
中からのほうが なんとなくいいかな~

[ 2015/05/11 09:56 ] [ 編集 ]
人混みの階段は怖いですね(^^;;
だけど、それを乗り越えて登る意味があるってほどの周囲の景色、最高です!
とはいえ、この人混みだと景色に浸るって雰囲気にほならないのかな?
やはり最後の写真の角度は間違いないアンコールワットの良さを表す素晴らしい景色ですね^ ^
[ 2015/05/11 14:11 ] [ 編集 ]
こんにちわ

Yottittiさんのレポのおかげでさまざまな遺跡を見せていただきましたけど
こうして見ると、やっぱりアンコールワットは圧巻ですね!
色彩が残っていたらすごかっただろうなぁと思います。

遺跡観光にはUVカットの効いたショールを忘れないようにします!
[ 2015/05/11 15:24 ] [ 編集 ]
逆さアンコールワット綺麗ですね。
これはいつでも見れるのかしら?
この階段は怖い!滑り台みたいだ。
落ちて怪我する人がありそうですね。
[ 2015/05/11 16:06 ] [ 編集 ]
ugtekuさん
ugtekuさん

> アンコールの素敵な写真がたくさん! 特に、池にうつるアンコールワットの写真が素晴らしいです!

午後と午前と光の加減が違って、午後のほうがきれいに撮れました!
やはり池に映るアンコールワットは美しいですね~

> それにしても、あの階段、僕がいったときには、修復中で登れなかったのですが、すごい急なんですね。上からのショットはかなり・・・。足がすくみそうです・・・。

昔の急な階段は転落者が出たとかで、一時期登れなかったようですね
昔の階段に比べれば、ちゃんと登れて降りれる階段ですが(笑)、下りは後ろを向いて降りてる人とか、かなり苦戦されてる方が多かったです
アンコールはこうした階段もつきものですよね
[ 2015/05/11 18:10 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん
連コメありがとうございます

> ゆるい規制って女性のノースリーブNGですね?
> うちの嫁さんもノースリーブで立ち入りを拒否されて困っていると
> 少女が近づいて来てスカーフをレンタルしないか?と(笑)
> いろんな商売を考えるよな~~って思いましたね~

ゆるい規制は、ノースリーブと帽子禁止と書けばよかったですね
時によって、ノーマークで登れてる人がいたので、あえて細かに触れずに失礼しました~
だって、こんなに登らせて大丈夫かってくらい登ってましたからね(笑)
奥様はもれなくレンタルされたのですね・・
でも、スカーフがないと登れないのでは困っちゃうから、よく考えられた商売ですよね

> ここの見所はやはり緻密な彫が残る美しいデバターですよね!
> そんなデバターでも触る事ができるのだから、少々困ったものですが・・・

ここのデバターも美しいお顔立ちでうっとりですよね
男性は胸に、女性は顔を触るそうですが・・・
そのうち、触れなくなるのでしょうね

> 中央塔は意外と何もなくてあっけにとられましたが
> 逆にいやいや~~この中央塔の地下には盗掘されていない
> 金銀財宝がザクザクと・・・と想像を膨らませるのでした(笑)

あのぎざぎざはこんな彫刻だったんだ~とか、あそこのデバターがーと言って、あきれる夫でしたが、私一人盛り上がってましたよーーー(笑)
chempakaさんも一緒だと思ってたのに~(笑)
きっとお宝とか眠ってるのでしょうね
穴に埋まってたとか書いてありましたものね
それにしても、ここも、もしかしたら金とかで装飾されてたのかな~とか、どんな色合いだったのかな~とかっ想像すると楽しいですよね

> 恐怖の階段!タ・ケウと同様、トラウマです!(苦笑)

やっぱり階段は急ですよね
みんなそれはそれは恐ろしい器用な降り方をしていて、見てると面白かったです
でも、ふいに止まられるのが一番怖いですけどね
[ 2015/05/11 18:51 ] [ 編集 ]
takechanさん
takechanさん

> タイ旅行から無事にもどってこられたようですね。
> 旅行記の方が溜まって、大変なのでは?
> そしてすでに夏休みの旅行計画中でしょうか?

4泊5日のバンコク旅行から戻ってきました
バンコクは暑くて観光もほとんどしてないのですが・・・
次のホーチミンに関しては、記憶も飛んできて、大変なことになりそうです
少しペースアップをと思ってますが、年初めから忙しくしてます
夏休みはまさに計画中で~、私にとっては冒険になりそうです

> さて私がここに入った頃は、まだこの階段がなく、
> 一生懸命登って行きました。
> 高いところが嫌いな私は一緒に行った友人に
> 手を引っ張ってもらって登りましたね。
> でも帰りの方が強くて、
> 結局ははって降りてきたのを覚えています。
> もちろんこんなに観光客がいない頃ですが、、。

この階段が設置される前の階段は、登るのは大変だったと思います
ガイドブックでは軍手がいるとか書いてあるのもあり、昔の閉鎖されてる階段を見て納得しました
降りるなんてもっと大変だったと思います
何せ、70度くらいありそうですものね
けが人が出たとかで、設置されたようですが、当時の人たちも登ってたのですよね
それだけに尊い存在だったのだろうと予測できます
今は大勢の観光客でにぎわっています
[ 2015/05/11 18:58 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんばんは~

> 将棋倒し
> 怖いですよね

確かに一歩間違えれば、確実に将棋倒しですよね~
階段だけに怖いです
階段といえば、蒲田行進曲を思い出しました

> 遺跡の中に
> いくつの彫り物があるんでしょうね~
> よっちさん全部写真撮りましたか(笑)

たくさんあって、撮りきれません
多分エンドレスに、日々アンコールのブログを書いても追いつかないでしょうね

> 遠くから見るのもいですが
> 中からのほうが なんとなくいいかな~

全体像もいいけど、近いほうが彫刻とかはよく見れてわかりやすくていいですよね~
[ 2015/05/11 19:47 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> 人混みの階段は怖いですね(^^;;
> だけど、それを乗り越えて登る意味があるってほどの周囲の景色、最高です!

人混みの階段は怖いです
重量オーバーしてるのではっていうほどの人数で、みんな怖がるので余計に怖いです
やはり高さがあるので、狭いところですが、眺めも良いですし、デバターなどのレリーフも見どころです

> とはいえ、この人混みだと景色に浸るって雰囲気にほならないのかな?
> やはり最後の写真の角度は間違いないアンコールワットの良さを表す素晴らしい景色ですね^ ^

こればかりは、波があって、
同じ時間帯でもしばらくすると人がはけてたり、読めないものです
少し待てば、ゆっくり浸れるのかな~とは思います
池に映るアンコールワットは最高にきれいでした
おすすめは午後です
意外にポジショニングも大事だったりします(笑)
[ 2015/05/11 19:51 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> Yottittiさんのレポのおかげでさまざまな遺跡を見せていただきましたけど
> こうして見ると、やっぱりアンコールワットは圧巻ですね!
> 色彩が残っていたらすごかっただろうなぁと思います。

やっぱりアンコールワットにつきますね!
わかりやすいですし、見落としもあるので飽きません
色彩が残ってたらと思うと、わくわくします
今とは違うアンコールワット、見てみたいです!

> 遺跡観光にはUVカットの効いたショールを忘れないようにします!

日中の観光は日焼け対策は重要ですね!
また朝晩は冷えるので、羽織るものも大事です!
[ 2015/05/11 19:56 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> 逆さアンコールワット綺麗ですね。
> これはいつでも見れるのかしら?

池に映る逆さアンコールワット、きれいなので、ポジションニングを変えて何枚も撮りました
アンコールワットに向かって左側に陣取ってください
午後のほうが逆光でないのできれいに撮れましたが、午前中でも、逆さアンコールワットになってます~!
お天気が雨でなければ見れると思います

> この階段は怖い!滑り台みたいだ。
> 落ちて怪我する人がありそうですね。

この階段は怖いですが
少し前までは、当時の人が登っていた急な階段だったので、それを思うとありがたいです
みんなゆっくり降りてますが、降り方はさまざまで見てると面白いです
[ 2015/05/11 20:01 ] [ 編集 ]
こんにちは。
かなり急な階段ですね。
おまけにものすごい段数。
これは若くないとかなり苦しそう・・・
これだけの遺跡で劣化も激しいのに、たくさんの人を登らせてしまうあたりがまたすごいです。
水面に浮かぶ遺跡もすごくきれいです~。
[ 2015/05/11 23:42 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは

> かなり急な階段ですね。
> おまけにものすごい段数。
> これは若くないとかなり苦しそう・・・
> これだけの遺跡で劣化も激しいのに、たくさんの人を登らせてしまうあたりがまたすごいです。

急な階段ですが、この階段が設置される前は、壁をよじ登る勢いで大変だったでしょうね
あまりギュウギュウに階段を詰めると、壊れないか心配になりました
一応人数制限はしてるそうですが・・・・・
みんなゆっくりなので、上り下りは、高所恐怖症でなければ大丈夫だと思います

> 水面に浮かぶ遺跡もすごくきれいです~。

とってもきれいに逆さアンコールワットが撮れました
そういえば乾季で枯れる時もあるそうですが・・・、今のところ、枯れてる写真は拝見してません
[ 2015/05/12 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する