リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

穏やかな微笑みのバイヨンへ

1/5②
アンコールワットに次ぐ
人気のアンコールトム内にあるバイヨン


昨日は一部しか周れなかったアンコールトム
「大きな町」を意味し、城壁と濠に囲まれてます

アンコールトムへの入口は四方にあり、
昨日も通った、最も立派な南大門

日本チームが映画の撮影をしてました
日本語も聞こえ、公開はいつ?楽しみです
P1050307_convert_20150413172641.jpgP1050308_convert_20150413175108.jpg




いよいよ

アンコールトムの中心のバイヨン

P1070701_convert_20150415164529.jpg


バイヨンは、ヒンズー教と仏教が混在した寺院
観世音菩薩の優しい微笑みの四面塔が有名
一番上の回廊だけかと思ってましたが、四面塔がこんなにもいっぱいあると迫があります
P1050340_convert_20150413180759.jpg



しかし、
アンコールワットのように参拝経路ができてないし、
造りが複雑化していて迷路のようで、どこをどう歩いたか??です


瓦礫の山積み
P1050317_convert_20150413182023.jpg



第一回廊からの眺め

ごつごつしたイメージですが、よく見ると観世音菩薩の顔です
P1050328_convert_20150413181333.jpg

また、アンコールワット同様、
美しいレリーフも見どころです
P1050330_convert_20150413181144.jpg


凛々しいはっきりとした観世音菩薩のお顔立ち、改めてみるとすごいですね
P1050339_convert_20150413180841.jpg



第二回廊

仏像などレリーフなどの見どころがあります
DSC00439_convert_20150413182503.jpg




いよいよ
中央祠堂

顔の長さは2m前後あって、同じものは二つとありません
DSC00441_convert_20150414121437.jpg

この回廊は結構大きく、どの観世音菩薩を撮ったか???
P1050334_convert_20150413180929.jpg


穏やかな優しい微笑みで、
小さなことを忘れリセットした気分になります
P1050318_convert_20150413182243.jpg


角度を変えると、顔が違います
光線によっても違うので、好きな観世音菩薩を探すのは面白いです
P1050323_convert_20150414121116.jpg



この回廊には壁のデバターも美しく繊細なものが多いです
ここのデバターは結構好み
P1050321_convert_20150413181655.jpg


よく見ると、かけてるお顔も・・・
DSC00434_convert_20150414124914.jpg


後日訪れたら、すごく混んでいて、
朝の早い時間は、ゆっくり見ることができてよかったです


旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

バイヨンも、
遅い時間になるほど混雑するのですね!
観世音菩薩様、どのお顔も素敵ですね~♪

アンコールワット以外は、
保存や修復に大金をかけられないのかもしれませんね~。
[ 2015/04/15 22:59 ] [ 編集 ]
こんにちわ

日本の映画チーム、なんの映画の撮影なんでしょう!?
気になりますー。

アンコールトムのお顔は観世音菩薩だったんですねー。
ゆったりとした微笑、すばらしい風景です。
ひとのいない時間帯にゆったり回れてよかったですねー!
[ 2015/04/16 09:35 ] [ 編集 ]
確かにヒンドゥの匂いがかなりしますね。
上に高くするのがヒンドゥの特徴らしいですね。
フランバナンに行った際に教えてもらいました。
[ 2015/04/16 10:36 ] [ 編集 ]
こんにちは!

観世音菩薩あったぞ~~

何処探してもないのですが
2枚でからわかりました(笑)
前回記事の写真結構いい感じですよね
ナマが見たいぞっと


前回記事の写真
けっこういいですよね^~
[ 2015/04/16 10:52 ] [ 編集 ]
キュウ親さん
キュウ親さん

> バイヨンも、
> 遅い時間になるほど混雑するのですね!
> 観世音菩薩様、どのお顔も素敵ですね~♪

バイヨンは、みんなアンコールワットに来たら訪れるスポットということを実感しました
10時前でも、ものすごく混んでびっくりしました
アンコールワットよりも、順路が決まってないだけに、混雑が目立ちます
観世音菩薩様、穏やかでホッとしますね
どうやって彫ったのか、修復したのかとか考えると、すごいですよね

> アンコールワット以外は、
> 保存や修復に大金をかけられないのかもしれませんね~。

chempakaさんのお話と比べると、入場可能な遺跡も増えたり、修復も進んでるようですが・・・・
アンコール遺跡群の規模も大きいですし、風化も進んで、修復や保存に資金が追いつかないのでしょうね
[ 2015/04/16 17:19 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんにちは~

> 日本の映画チーム、なんの映画の撮影なんでしょう!?
> 気になりますー。

帰ってきてすぐの時はググれた気がしますが、
現在、出てこない状態です
何の映画か気になります
でも、ここで載ってないってことは、B級映画でしょうか~

> アンコールトムのお顔は観世音菩薩だったんですねー。
> ゆったりとした微笑、すばらしい風景です。
> ひとのいない時間帯にゆったり回れてよかったですねー!

仏教徒ヒンズー教の影響を受けているアンコール遺跡群で、観世音菩薩様は、ホッとしますね
優しい微笑みで包まれてるようです
すごいパワーを感じます
寝ぼけてましたが、人のいない時間はゆっくり見れてよかったです~
[ 2015/04/16 17:27 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> 確かにヒンドゥの匂いがかなりしますね。
> 上に高くするのがヒンドゥの特徴らしいですね。
> フランバナンに行った際に教えてもらいました。

長い間のヒンズー教支配によって、ヒンズー教の影響を強く受けてるようです
空に近くなり、宇宙観を現してるようですよね
またインドネシアとは違ったカンボジアの遺跡巡りは、興味深いものとなるはずです~
[ 2015/04/16 17:39 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん
こんにちは~

> 観世音菩薩あったぞ~~
>
> 何処探してもないのですが
> 2枚でからわかりました(笑)
> 前回記事の写真結構いい感じですよね
> ナマが見たいぞっと

2枚目からわかったならすごい優秀です
そういえば、ネットで、視力が悪い人にしか見えない文字っていうのが流行ってましたね
視力検査みたいな感じですね(笑)
ここの遺跡も見どころが満載で、すごい大きくて迫力がありました
日本人って、遺跡好きですが、tookueさんもそうみたいですね~!

> 前回記事の写真
> けっこういいですよね^~

夫にはどう違うかわからない~といわれましたが、(笑)
ありがとうございます
[ 2015/04/16 17:45 ] [ 編集 ]
観世音菩薩の色んなお顔、全部好き♡です。
優しいお顔ですね。写真越しでと癒されました〜^ ^

アンコールトムは、大きな町という意味なのですね〜。
トムさんがどうかしたみたいな意味かと思ってました(^^;;
だけど大きな町ってだけあって広いのでしょうね。
そりゃどこをどう通ったか分からなくなるでしょう。
[ 2015/04/17 22:46 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん③
Ekaterinaさん

> 観世音菩薩の色んなお顔、全部好き♡です。
> 優しいお顔ですね。写真越しでと癒されました〜^ ^

観世音菩薩さま、優しいお顔で微笑みかけてもらえてるようで癒されました~
それに光の加減によっても見え方が違うので、面白かったです

> アンコールトムは、大きな町という意味なのですね〜。
> トムさんがどうかしたみたいな意味かと思ってました(^^;;
> だけど大きな町ってだけあって広いのでしょうね。
> そりゃどこをどう通ったか分からなくなるでしょう。

アンコールトムは王様が収めた一つの街というか、城塞都市というほうがわかりやすいのでしょうね
確かにトムは、人の名前のようですが、クメール語で「大きい」という意味です
タイではスープのトムヤンクンのトムは違う煮るという意味があり、こんなに近い国でも違うし、言葉って思いこみもあり、面白いです

特にバイヨンの造りは複雑で、どこをどう歩いたのか、迷路のようでした
周ってないところもあるようです
[ 2015/04/18 18:29 ] [ 編集 ]
早朝のバイヨンってほんとに人がいないですね!
僕はいつも人が一杯の昼間に行っていたので、
こんなにガラリとしたバイヨンの写真を珍しく
拝見しました!

順路らしい順路もなく所々暗くて天井の低い通路なんかもあって
ちょっとした探検気分が味わえますよね!

観音菩薩の顔ってほんとどれも一味違いますよね!
じーっと見られているような気になります。

意外とこじんまりした遺跡ですけど必見ですね!

chempakaでした!
[ 2015/04/20 01:41 ] [ 編集 ]
chempakaさん①
chempakaさん
いつも連コメありがとうございます~!

> 早朝のバイヨンってほんとに人がいないですね!
> 僕はいつも人が一杯の昼間に行っていたので、
> こんなにガラリとしたバイヨンの写真を珍しく
> 拝見しました!

バイヨンに入ったときはチケットチェックの係りの人もいなかったし、すごく空いてて快適でした~
翌々日の10時ごろに行ったら、すでに混んでたので、周る気が失せちゃいました
なんてったって、人気に遺跡ですからね
訪れる時間によって光線も違うので、いろいろな時間に訪れるのも面白いでしょうね

> 順路らしい順路もなく所々暗くて天井の低い通路なんかもあって
> ちょっとした探検気分が味わえますよね!

順路がないので、まっすぐに歩いてしまうと見落としてしまうし、周ろうとしても入り組んでるので、迷路のようですよね
のんびり好きなペースで迷いながら歩くのもいいですよね

> 観音菩薩の顔ってほんとどれも一味違いますよね!
> じーっと見られているような気になります。

観音菩薩様のお顔は、穏やかで和みますよね
心が浄化されたように晴れ晴れしてます
好きなお顔を探すはいいですね

> 意外とこじんまりした遺跡ですけど必見ですね!

ここははずせない遺跡ですよね
なんといっても観音菩薩様を拝まないと~
いつまでも迷い込んでたい気分です
[ 2015/04/20 17:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する