リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

どこまで周れるアンコールトム

1/4⑧

まだまだ頑張ります!?

観光には、はずせないアンコール・トム

アンコール・トムとは、大きな都という意味で
広大な敷地内に遺跡が散在しています

現存する遺跡は、12世紀から13世紀にかけて造られたもので、建築様式が違うのも見どころのひとつ
中でも、
中央にある四面仏塔があるバイヨン寺院は、アンコール・ワットに次ぐ人気があり、とても有名です


まずは
アンコール・トムの勝利の門をくぐります
P1040230_convert_20150408183657.jpg



バイヨンの北西にあるパブーオン

11世紀中ごろに建てられたヒンドゥー教寺院


東塔門
P1040232_convert_20150408085215.jpg


ここの特徴の円柱に支えられた空中参道
地上と天界を結ぶ虹の架け橋の意味もあり、神聖な気分になります
P1040233_convert_20150408094843.jpg

それは、この参道、高さがあります
P1040236_convert_20150408095015.jpg


3層のピラミッド型寺院ですが、
かつてはバイヨンより高かった王家の菩提寺
2011年より見学が可能になり、かなり修復が進んだようです
P1040235_convert_20150408094928.jpg



新たに設置された急な階段を登ります
P1040237_convert_20150408095154.jpg


第二回廊

屋根のある通路
P1040238_convert_20150408095414.jpg


中央祠堂へは侵入禁止の看板
結構崩れてて、バイヨンより高かったら?と考えると、迫力ありそうです
P1040240_convert_20150408152812.jpg


ここからの眺めは、森の中にある歩いてきた空中回廊が見え、解放感があります
登ってきた甲斐がありました
P1040241_convert_20150408152919.jpg



次は

象のテラス

王の謁見に式典などを執り行うために建てられました
P1040250_convert_20150408153747.jpg


象のテラスから遠目に見えるプラサット・スゥル・プラット
広い敷地が広がります
P1040249_convert_20150408153653.jpg


壁一面にはガルーダや象の彫刻に、象の彫刻がテラスを支えてます
P1040243_convert_20150408153041.jpg

こちらは
鼻の先には、きれいな蓮の花
P1040252_convert_20150408153917.jpg

これはなんでしょ?よくわからないものもあります
P1040263_convert_20150408170906.jpg


テラスを進むと
P1040246_convert_20150408153438.jpg



奥にあるライ王のテラス

三島由紀夫の戯曲「癩王のテラス」で知られます
P1040254_convert_20150408154108.jpg


ライ王のテラスは二重構造になっていて、
内壁の折れ曲がった通路を歩くと、美しい神像彫刻が見れます
通路が細いので、写真撮影は難しいです
P1040255_convert_20150408154348.jpg

状態のよいレリーフを見終わると

ライ王のテラスに鎮座するライ王像のレプリカ
P1040261_convert_20150408170953.jpg




さすがに疲れました
バイヨンにそのほかの見どころは後日に繰り越しです
ドライバーも「疲れたら休んだ方がいい」と笑ってました
この時は、アンコール・トムの一部を周りました


バイヨンを横目に眺め~


帰りはメインゲートの南大門

四面仏塔の門

乳海撹拌をモチーフにした阿修羅像
P1040267_convert_20150408170440.jpg



ホテルに送ってもらい、
ドライバーとは明日の約束をしてさようなら

よく観光した日でした


旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

これはまた凄い!
高さが迫力ですね〜、上れるってところが観光のしがいがあって良いですね〜^ ^
遥か下に見える遺跡群とジャングル?ついに此処まで来た〜って感じなのではないでしょうか。

アンコールワットやアンコールトム以外は、なかなか聞きなれない遺跡の名前で区別がつかなさそうなのによく観光されましたね^ ^
ドライバーさんの誘導が上手だったのでしょうかね?
[ 2015/04/09 19:04 ] [ 編集 ]
おおおっ!パブーオンの修復が完了したのですね!
上まで登れるんですねえ~~。9枚目の写真が嬉しいです。
過去2回とも修復中で登れなかったので・・・

象のテラスからライ王のテラスまで・・・
テラスの上は暑い!暑い!まるでフライパンの上を
歩いているみたいで体力を消耗しますよね!
何度頭からペットボトルの水を被った事か!
とにかく日影がないので帽子は必携ですね!

あれれ?象のテラスの象に触れなくなってますやん!
柵が出来て近づけなくなってますねえ~~
やはり年々、遺跡の管理が進んでいるんだなあ~~

テラスからの眺めは最高!
暑い中、正面のプラサット・スゥル・プラットによろよろと
歩いて行って観光したなあ~、何にも無かったけど(苦笑)

この辺りは王宮跡とか大小様々な遺跡が点在しているので
見ごたえがありますね!

宿に帰ってシエスタが正解!昼間にウロウロしてるのは
観光客ぐらいですからねえ~~
体力温存が遺跡めぐりのコツですよね!

chempakaでした!
[ 2015/04/09 23:51 ] [ 編集 ]
かなり中は広いんですねφ(・ェ・o)~メモメモ

高さのある 参道
幅が50cmになるとあるけませんよね(笑)

屋根のある通路など
歩きにくい構造

なんか意味でもあるんかな~?

[ 2015/04/10 10:06 ] [ 編集 ]
Ekaterinaさん
Ekaterinaさん

> これはまた凄い!
> 高さが迫力ですね〜、上れるってところが観光のしがいがあって良いですね〜^ ^
> 遥か下に見える遺跡群とジャングル?ついに此処まで来た〜って感じなのではないでしょうか。

ここは独特な眺めがよかったですね
アンコール遺跡群は森の中にあるので、眺めが本当にきれいです
階段はきついけど、登っただけのことはありました

> アンコールワットやアンコールトム以外は、なかなか聞きなれない遺跡の名前で区別がつかなさそうなのによく観光されましたね^ ^
> ドライバーさんの誘導が上手だったのでしょうかね?

このアンコールトムはアンコールワットに次ぐ人気で、
アンコールトム内の、ここパブーオンやテラスなどは見どころ満載で、地球の~でも、短期周遊コースモデルにも入ってるところです
最初はテラス?とも思いましたが、パブーオンとともに、周ってほしいルートです
Ekaterinaさん、アンコール遺跡群は、さすがにガイドブックはあったほうがいいと思います(笑)
[ 2015/04/10 16:47 ] [ 編集 ]
chempakaさん
chempakaさん

> おおおっ!パブーオンの修復が完了したのですね!
> 上まで登れるんですねえ~~。9枚目の写真が嬉しいです。
> 過去2回とも修復中で登れなかったので・・・

先日、chempakaさんがパブーオンの記事を書かれてるのと比べると、かなり修復したのだな~と、徐々に進んでることがうれしく思いました
また、上から空中参道を眺めると、森に池があって、また、この参道の造りはしきたりが高そうで、ここで王子をかくまってたということに納得です

> 象のテラスからライ王のテラスまで・・・
> テラスの上は暑い!暑い!まるでフライパンの上を
> 歩いているみたいで体力を消耗しますよね!
> 何度頭からペットボトルの水を被った事か!
> とにかく日影がないので帽子は必携ですね!

本当、暑かったですね
でも夕方になりちょっと雲がかかってたのか、最後の力を振り絞って観光しました
実はテラス?と思ってたのですが、きれいな彫刻がいっぱい残っていてよかったです

> あれれ?象のテラスの象に触れなくなってますやん!
> 柵が出来て近づけなくなってますねえ~~
> やはり年々、遺跡の管理が進んでいるんだなあ~~

この蓮の花をからんでる象のテラスのところは、しっかりガードされてました
見事にDon'tTuchです
ほかはまだまだ無法地帯ですが、どんどん柵ができていくのでしょうね

> テラスからの眺めは最高!
> 暑い中、正面のプラサット・スゥル・プラットによろよろと
> 歩いて行って観光したなあ~、何にも無かったけど(苦笑)

テラスの前の広場はすごいですよね
日本では考えられない面積です
ここで兵士たちが並んでたと考えると、圧巻ですよね
プラサット・スゥル・プラットにもchempakaさん、行ってましたね(笑)
行かなかったので、かえって何もなくて、よかったです(笑)

> この辺りは王宮跡とか大小様々な遺跡が点在しているので
> 見ごたえがありますね!

アンコールトムはいいですね
最後にもう少し観光すればよかったかなって、今更ながらに思ってます
また修復が進んだころに行けばいいですよね~

> 宿に帰ってシエスタが正解!昼間にウロウロしてるのは
> 観光客ぐらいですからねえ~~
> 体力温存が遺跡めぐりのコツですよね!

スペインの暑さに比べるとかわいいものですが、暑い時は休むのは賢明ですね
それでも病み中だったので、頑張ったほうだと思います
のんびりしながら、観光を楽しむのが一番ですね~
[ 2015/04/10 17:10 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん

tookueさん

> かなり中は広いんですねφ(・ェ・o)~メモメモ

かなり崩れてるようなので、第一回廊とかは復元されてないようですが、広いですね

> 高さのある 参道
> 幅が50cmになるとあるけませんよね(笑)

綱渡りでないから、ある程度幅はほしいですよね
体操選手には練習にはもってこいですね

> 屋根のある通路など
> 歩きにくい構造
> なんか意味でもあるんかな~?

狭いけど、寺院なので、日本でも屋根があるように、屋根は必要なのだと思います
今もないところは、想像ですが、本当はあったと思います
[ 2015/04/10 17:25 ] [ 編集 ]
こんにちわ

そうだそうだ、カンボジアといえがアンコールトムも
忘れてはいけない遺跡でしたねー。
小学生のときに読んだ本にアンコールトムが載っていて
見てみたいと思ったことを思い出しました。

暑かったりたくさん歩いたりってのもあるんでしょうけど
1日にこれだけの遺跡を見るとパワーに圧倒されて
そういう意味でも疲れてしまいそう!?
日程をどれくらい組めばいいのか数年かけて悩みます(^_^;)
[ 2015/04/11 08:02 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> そうだそうだ、カンボジアといえがアンコールトムも
> 忘れてはいけない遺跡でしたねー。
> 小学生のときに読んだ本にアンコールトムが載っていて
> 見てみたいと思ったことを思い出しました。

アンコールトムも人気のあるところで、特にバイヨンは四面仏塔がすごいです
象のテラスも想像を超え見どころがあり、ここは高くないですから、ぜひぜひ訪れてほしいところです
やはり人気の観光地のひとつだと思います

> 暑かったりたくさん歩いたりってのもあるんでしょうけど
> 1日にこれだけの遺跡を見るとパワーに圧倒されて
> そういう意味でも疲れてしまいそう!?
> 日程をどれくらい組めばいいのか数年かけて悩みます(^_^;)

アンコールワットは、暑いので休みながらの観光がおすすめです
みんなシエスタにホテルに戻ってるようです
たくさん遺跡があって、わけがわからなくなるので、詰め込み過ぎはよくないと思います
私もアンコール行がキャンセルになってから、数年かかったので、思いを温めてくださいませ~
[ 2015/04/11 20:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する