リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

未完のタ・ケウ~アンコール・ワットの原型トマノン

1/4⑦

未完のタ・ケウ

シヴァ神を祀るヒンズー教寺院として10世紀中ごろから建設されましたが、
王の死や内戦により、石を積み上げた状態で未完のまま放置されてます


車道から見え、その姿が眺められます
ここは階段を登ります
DSC00289_convert_20150403165115.jpg

ここは中国が修復を手掛けてます
DSC00290_convert_20150403165255.jpg



5基のピラミッド型寺院
レリーフも施されたのは一部のみ
彫刻が施されてないため、寂しいです
しかし、
こうして遺跡が作られて行っただろう過程がわかる寺院です

それにしても
すごく急な階段で、きつかったです
P1040212_convert_20150403165343.jpg



第二回廊到着

登ってきて、下を見ると、ちょっと怖いです
P1040213_convert_20150403165448.jpg

シンプルな第一回廊に経蔵
P1040214_convert_20150406195756.jpg


まだまだ
シヴァ神を祀ってる中央祠堂への階段は続きます
レリーフがないと、ごつごつ角ばったイメージです
P1040215_convert_20150403165708.jpg

私はさすがにこの頂上は断念
第二回廊でお留守番
かなりばててきてます


頂上では、
シヴァ神が静かに見守っていたようです
P1040217_convert_20150403170018.jpg





次は

チャウ・サイ・テボーダ

車道からすぐ見れる小さな
12世紀建造のヒンズー教の平土式寺院
P1040221_convert_20150403203458.jpg


壁面のデバターなど、彫りが深くて美しいです



円柱に支えられた空中参道
DSC00311_convert_20150403203331.jpg

P1040222_convert_20150403203536.jpg



そして
南北に向かい合い一対となしてるトマノン


のちのアンコール・ワットやバンテアイ・サムレーなどの
より複雑な構造をもつ寺院を予見させる景観です
P1040226_convert_20150406182749.jpg

中央祠堂のデバターはとても美しいです
P1040227_convert_20150406184059.jpg

すごくのんびりした遺跡で、ぼーっと過ごしたいところです


次は
本日最後の踏ん張りどころ?


旅行目次はこちら
1日目シェムリアップへ
2日目アンコールワット・遺跡群観光
3日目アンコールワット・遺跡群観光
4日目アンコールワット・遺跡群観光
5日目アンコールワット・遺跡群観光
6日目ホーチミンへ
7日目ホーチミン観光
8日目ホーチミン観光ー成田へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

こんにちは。
アンコールワット、ものすごい遺跡ばかりで圧倒されます。
遺跡群というだけあって、たくさんあるんですね~。
やはりこれは1週間ぐらい滞在してじっくり見たいですね。
石の階段も登れてしまうのがすごいです。
観光客が多いと、傷みが余計に進みそうですが・・・
修復をしながら大切にしていきたいですね。
[ 2015/04/06 22:33 ] [ 編集 ]
修復されてるんですね

結構劣化してるみたいだし
でも
それが
時代を感じさせてくれますよね~

クレーンとかはいってますね
当時は建てるのたいへんやったろうな

その話になると
ピラミッドに話が行きそうなんですけど(笑)
[ 2015/04/07 10:05 ] [ 編集 ]
遺跡の急な階段はこわいですね。
降りるときはすでにひざがガクガクしてるのでことさらです。
中国が修復を手がけるなんて意外でした。
[ 2015/04/07 11:05 ] [ 編集 ]
ご無沙汰しております。

懐かしい景色達。
アンコール遺跡群、途中で違いがよくわからなくなってきた記憶があります(笑)

とにかく暑くて湿気もすごくて
ランチ後に一度戻って
シャワーを浴びるのは、とても大事だと実感しましたー。
[ 2015/04/07 11:12 ] [ 編集 ]
rikaさん
rikaさん
こんにちは~

> アンコールワット、ものすごい遺跡ばかりで圧倒されます。
> 遺跡群というだけあって、たくさんあるんですね~。
> やはりこれは1週間ぐらい滞在してじっくり見たいですね。
> 石の階段も登れてしまうのがすごいです。
> 観光客が多いと、傷みが余計に進みそうですが・・・
> 修復をしながら大切にしていきたいですね。

東西南北、アンコール遺跡群は広がっていて、たくさん見どころがあります
どこまで日にちを取るかが悩みどころ
暑いところなので、お昼に町に戻って休み、午後からまた観光してと、1週間のんびりしてもよいかもしれませんね
階段は補助階段が設置されてるところあり、アンコール遺跡群では、遺跡の上まで登れるところが多いです
監視などもなく、ここに登っていいの?って人もよく見かけ、びっくりします
人の手で大切に守っていきたいですね
[ 2015/04/07 17:35 ] [ 編集 ]
tookueさん
tookueさん

> 修復されてるんですね
>
> 結構劣化してるみたいだし
> でも
> それが
> 時代を感じさせてくれますよね~

想像を超える建物で、劣化してきてるので、やはり人の手を入れないと無理なのですよね
これでもだいぶ修復が進んでいるようですが、まだまだ手つかずの遺跡もたくさんあるようです

> クレーンとかはいってますね
> 当時は建てるのたいへんやったろうな

やはり機械に頼らざるを得ないのでしょうね
気の遠くなりそうな作業ですね

> その話になると
> ピラミッドに話が行きそうなんですけど(笑)

ピラミッドもどうやって作ったのか、よく取り上げられるところですよね
お城もすごいな~と思いますが、昔の人の知恵はすごいですね
[ 2015/04/07 17:49 ] [ 編集 ]
親父さん
親父さん

> 遺跡の急な階段はこわいですね。
> 降りるときはすでにひざがガクガクしてるのでことさらです。
> 中国が修復を手がけるなんて意外でした。

修復が入ってる遺跡の階段はいいのですが、ちょっと怖い遺跡もありました
大きく有名な遺跡の階段は、比較的歩きやすいです

中国が携わってるのもびっくりですが、インドもびっくりしました
中国が手掛けたほかの遺跡での階段はちょっとドキドキしてしまいましたけどね
[ 2015/04/07 17:57 ] [ 編集 ]
ピー助さん
ピー助さん
ご無沙汰してます~

> 懐かしい景色達。
> アンコール遺跡群、途中で違いがよくわからなくなってきた記憶があります(笑)

周っていて、これはわからなくなるって思いました
今ようやく理解も深めてるところです
ピー助さんがいらっしゃったころと、少しは変わったところもあるのでしょうね

> とにかく暑くて湿気もすごくて
> ランチ後に一度戻って
> シャワーを浴びるのは、とても大事だと実感しましたー。

この時期は乾季だったので、みなさんがおっしゃってたほど、着替えとかは必要なくてよかったです
結構時期で違うのですね
[ 2015/04/07 18:00 ] [ 編集 ]
タ・ケウのあの急な階段は怖すぎてトラウマになってます!(苦笑)
特に降りるときの恐怖はなかなかのもんです!

ここで落ちたら旅行も終わりだなあ~、良い病院もないし~って
負の想像が頭を巡りますね!(笑)

で、あの階段を登ったさらに上に7枚目の写真ですね!
後世に置かれた仏像が置かれてますね~。神秘的で雰囲気いいですよね!

チャウサイ・デポータにはご年配の尼さんがいませんでしたか?
しきりに中に入って祈るように勧められませんでした?
特に何事もないとは思うのですが、躊躇してお断りしましたが・・・

chempakaでした!
[ 2015/04/07 23:50 ] [ 編集 ]
こんにちわ

アンコールワットだけじゃなく、様々な遺跡があるんですねー。
どこも高い階段をのぼっていくことになるってことは
ウチのツレは大丈夫かしら!?(苦笑)
暑いなかを階段をあがったりおりたり、体力がないときついっていうのが
よーくわかるような気がします(^_^;)
[ 2015/04/08 09:55 ] [ 編集 ]
chempalaさん①
chempakaさん
いつも連コメありがとうございます

> タ・ケウのあの急な階段は怖すぎてトラウマになってます!(苦笑)
> 特に降りるときの恐怖はなかなかのもんです!

タ・ケウの階段は急ですよね
さすがに登るときは途中で一休みしました
階段は私は意外に大丈夫で~(笑)
塀のない崖とかは苦手です
あと、高層ビルで、足元がスケルトンとか金網で見えるのは苦手なんですけどね

> ここで落ちたら旅行も終わりだなあ~、良い病院もないし~って
> 負の想像が頭を巡りますね!(笑)

落ちたら、蒲田行進曲どころではないですよね
旅先で、病院だけはお世話になりたくないです
インフルの時期とかも、機内で感染したら現地でどうしようとか、真剣に悩んだりします

> で、あの階段を登ったさらに上に7枚目の写真ですね!
> 後世に置かれた仏像が置かれてますね~。神秘的で雰囲気いいですよね!

私は頂上の仏像は見てないんです(汗)
高いところは大丈夫なのですが、私はさすがにカゼッピキには限界で~、夫だけ頂上は果敢に攻めてました
やはり苦労して登ると、それだけご褒美が待ってるものですよね

> チャウサイ・デポータにはご年配の尼さんがいませんでしたか?
> しきりに中に入って祈るように勧められませんでした?
> 特に何事もないとは思うのですが、躊躇してお断りしましたが・・・

時々尼さんがお線香?を持って座っていらっしゃって、お詣りの作法もよくわからず、私もお断りしました
でも、チャウサイ・デポータには誰もいなかったです
多分大丈夫なのでしょうけど、タイでの先入観が植えつけられてしまったのでしょうかね(笑)
無用なトラブルには巻き込まれたくないし、リスク管理は大事ですからね
難しいところです
[ 2015/04/08 20:02 ] [ 編集 ]
lauaealohaのMさん
lauaealohaのMさん
こんばんは~

> アンコールワットだけじゃなく、様々な遺跡があるんですねー。
> どこも高い階段をのぼっていくことになるってことは
> ウチのツレは大丈夫かしら!?(苦笑)
> 暑いなかを階段をあがったりおりたり、体力がないときついっていうのが
> よーくわかるような気がします(^_^;)

たくさんの遺跡があって、見どころ満載です
我が家は周ったほうではないかな?と思います
ここは、ある旅行記の方は、地元のガイドさんは下からだけでOKとおっしゃってたようなので、プランニング次第ですね
階段を上がってほしいのは、アンコールワットと、バイヨンは必須ですね~
アンコールワットは第三回廊まで行かなければ全然大丈夫ですし、
あとは、平なところを歩く遺跡もたくさんあるので、楽しめるとは思います
結構暑い中歩くので、その配分も大事ですね
あとは朝晩涼しい乾季がおすすめです
[ 2015/04/08 21:39 ] [ 編集 ]
こんな大きいな未完の寺院があるなんて知りませんでした。
ヒンズー教の偉大さが伝わりますね。
急な階段、日本だったら立ち入り禁止になりそうですが、
こういうところも登れるのが海外の遺跡巡りの面白さですね。
それにしても、こういう石の寺院の細かな装飾、どうやって彫ったのでしょうね~。
[ 2015/04/09 09:59 ] [ 編集 ]
ポケさん
ポケさん

> こんな大きいな未完の寺院があるなんて知りませんでした。
> ヒンズー教の偉大さが伝わりますね。

こんなに大きいのに、未完のままの寺院は珍しいでしょうね
そして大きな寺院を次々と建設して、アンコール王朝すごいです
神への信仰の厚さがうかがえます

> 急な階段、日本だったら立ち入り禁止になりそうですが、
> こういうところも登れるのが海外の遺跡巡りの面白さですね。
> それにしても、こういう石の寺院の細かな装飾、どうやって彫ったのでしょうね~。

アンコールワットの昔の階段はけが人が出たようで、今は新たに階段が設置されました
大きな遺跡には、歩きやすいよう、階段が設置されるようになりました
徐々に設置されていくのでしょうが、けが人が出ないことが一番ですね

そういえば、
遺跡に登って何か修正してる現地の人もいましたし、登って掘っていたのでしょうか
すごい作業ですよね

[ 2015/04/09 17:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する