リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

漓江下りへ①

5月の桂林・上海旅行の2日目②

今日はメインの漓江下り(りこうくだり)の日


申し込み

GWは中国労働説節の連休と重なってるため、中国国内はかなり混雑し、事前に申し込んでおいたほうが良いとのこと

旅情中国で予約をしました
ツアー料金も安いため多少不安でしたが、メールでスケジュールについて質問したところ、すぐに日本語で回答も来て安心でした
また、桂林市内でも漓江下りの現地ツアーは結構高いことと、前日までの申し込みが必要なため、短期旅行では事前予約をお勧めします

料金は
繁忙期料金となり、一人480元(7680円)*2

出発当日

この日は事前の予報でも曇りのち雨

昨日の夜から雨が降り出し、朝は靄がかかった雨模様
幻想的な世界が見どころでもある桂林ですが、お天気がもってくれればよいと願うばかりですが
DSC04615.jpg



お部屋で準備をしてると、約束の8時よりも10分早まると連絡が入り大慌てでした
どうやら、当日に、早まる連絡がおのおの入り調整が行われたようです



いよいよ出発

バスに乗ると日本人が私たちを含んで3組、ちょっとホッとしました
バスはエアコンもつき、座り心地もよかったです
DSC04659.jpg


道中ガイドさんからは
・漓江下りのポイントの説明
・座席のアップグレード
・川下りの最終目的地「陽朔(ようさく)」でのオプショナルンツアーの確認がありました
DSC04661.jpg


車中からの眺めは
山々が並び靄がかかって幻想的で素敵
DSC04663.jpg




一時間ほどで

漓江下りの磨盤山埠頭に到着です
DSC04664.jpg


川下りの到着地の陽朔で泊まる人も多く、スーツケースを持ってる人も多いです
P5030017.jpg


世界遺産と刻まれた石碑
P5030014.jpg



コンビニのようなお店にお土産物屋さん
お手洗いがあります
DSC04679.jpg DSC04671.jpg


チケット売り場
P5030011.jpg


ロビー
P5030020.jpg


チケット料金
P5030019.jpg




こちらは桂林の歴史を紹介してる展示室
DSC04683.jpg


いよいよ乗船です
P5030024.jpg


埠頭に並んだ遊覧船
P5030025.jpg



2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/02 22:12 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(12)

桂林観光といえば漓江下り②

5月の桂林・上海旅行の2日目③


メインの漓江下り(りこうくだり)のお話の続きです


遊覧船に乗船すると

船は3層に分かれてます
1階と2階が客室で、
2階の先頭・後部、3階はデッキになってて、景色を楽しめます

2階は追加別料金一人50元(800円)
2階席は眺めもよく、船のモーターの振動音がしないというので、奮発しました
P5030035.jpg


まずは休憩&陽朔での合流場所の確認
お茶は無料
青島の缶ビール20元(320円)とやっぱり観光地価格
女性は気になるのはお手洗いですが、洋式で、こぎれいでした
DSC04713.jpg





約4時間半のクルーズの旅です


しばらくしてデッキに向かいます
DSC04735.jpg


やっぱりハイシーズン
たくさんの船が連らなって、運航してます
普段より船が渋滞して時間がかかるのかもしれません
P5030034.jpg


短い距離を楽しむ人の小型のバンブーボートも時折見かけます
P5030037.jpg


だんだん山が険しくなってきました
P5030038.jpg


普段の旅行では晴れるのが好ましいけど、桂林は霞がかった小雨くらいの方が幻想的といわれてます
この日は小雨も一時ぱらつきましたが、基本うす曇りで蒸し暑かったです
どんな空模様も味わいがあって美しいもので、移り変わる景色を楽しみました
P5030048.jpg


九龍戯水
岸壁天帝からせり出してる苔が、龍が水と戯れてるよう
名前が付いた山もたくさんあり、聞き取りにくいけど中国語と英語のアナウンスが流れ、見どころはなんとなくわかります
DSC04730.jpg



途中
観光船は停まらないけど、点在する街を眺められます
白い壁が並んだ街並み、こうした街を観光するのも楽しそうです
P5030056.jpg


こちらは
写真左はリンゴみたいな冠岩、右はトトロみたい~
このように、想像力を掻き立てられます
P5030058totoro.jpg


並行して走る船同士、写真撮影
デッキは大人気です!
P5030069.jpg


雨水によってできたカルスト地形独特の奇岩奇峰、
どれも絵になる風景で、写真選定が大変です~
P5030068.jpg



山々がそそり立ち、岩肌も見えて、ものすごい迫力です
船の大きさと比較してもらうと、その大きさが伝わるでしょうか!
P5030075.jpg


だんだん桂林らしい風景になってきました
まだまだこれからが本番です!
P5030083.jpg



同じようには見えるかと思いますが、


次回いよいよ漓江下りハイライトに突入です!


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/04 21:52 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(10)

桂林観光の漓江下りのハイライト③

5月の桂林・上海旅行の2日目④

メインの漓江下り(りこうくだり)ハイライトです!

揚堤風光
写真右の羊の蹄のような山は、天帝の皇女がすみ着いたという伝説があります
P5030086揚堤風光



トトロに見えたり、キティちゃんにも見えます~
P5030089キティ


こちらは楊堤の街
多くの人が立ち寄ってます
門からして風情ある街並み、こういう街も行ってみたい!
P5030092楊堤



風や雨によって浸食され作られた尖がった山
P5030098.jpg


川の流れに、霞がかかった山、桂林らしい風景です
奥に見えるのが通称「富士山とりんご」
P5030099桂林らしい


もう少し靄がかかってほしいけど、水墨画のように美しいです
P5030104.jpg


少し薄日もさしたり~
P5030121.jpg


こちらは
九馬画山
9頭の馬の姿が隠れてるといわれてます
岩肌と木々の緑を組み合わせて想像力を膨らませ~、見えてくるのは10頭を超えるかも!?
P5030123.jpg


大体11時半

一番のメインの黄布倒影
川底の黄色い石が透けて黄色の布を水にさらして見えるそう!?
P5030145.jpg


ここは中国のお札の20元の裏面の風景で有名なスポットと信じ込んでました
実は裏側
とはいえ、サントリー烏龍茶のCMの撮影場所!とっても雰囲気があります
P5030146.jpg


進行方向に陣取ってた私たちをガイドさんが呼びに来てくれました
本当の見どころは、後ろのデッキで、あやうく見損なうところでした
ガイドさんはとても親切で優しいです!二人の写真も撮ってくれました
これが本当の20元札の風景で風光明媚です
P5030152元20


お約束の20元
P5030046.jpg


立ちっぱなしだったので、お昼休憩です
こちらが温かいお弁当
お魚のから揚げに、ミックスベジタブル、右はお肉だったかな・・・
テーブルで一緒だった日本人ご夫妻も個人旅行好きということで話が弾み、お泊りのシェラトンのお話を聞いたり、桂林で食べたものをうかがったり、楽しいひと時でした
P5030157.jpg DSC04925.jpg



後半は飽きるというけど、私たちはまたデッキへ
食事以外はほとんど席にいることはなく、一階席でもよかったかも・・・


水牛が水浴びをしてたり、喉かな風景
P5030078.jpg


そろそろ下船が近づいてきました
P5030163.jpg


いよいよ漓江下りの観光船の終点「陽朔」に到着です
P5030165.jpg



中国屈指の名勝地
山水画のイメージの風光明媚な眺めを堪能しました




次は陽朔観光です


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/06 21:18 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(16)

陽朔観光

5月の桂林・上海旅行の2日目⑤


漓江下りの終点「陽朔」の船着き場
P5030166_20170709210819614.jpg



陽朔は歴史があり、素朴でのんびりした街並みで外国人で人気です
いろいろなツアーがありますが、私たちはシンプルな日帰りのツアーに申し込んだため、3時間ほどの自由時間が設定されてました
そのあとは、待ち合わせ場所から桂林の市内まで送ってくれます

陽朔での過ごし方の選択肢は
①個人で周る
②オプショナルツアーに参加する
③陽朔で宿泊し、ツアーから離脱する
①と②は、陽朔の待合せ場所からバスで桂林まで送ってくれます


現地で路頭に迷いそうだったので、オプショナルツアーの「桃源郷」に申し込みました
確かに降り立ってみると、タクシーもいないし、中国語で話しかけてくる人はいるけど、わけがわからない・・・・
次のツアーの待ち合わせまでは一時間
ぶらり商店街を歩きます
DSC04958.jpg




街中に抜けるここの通りは、
お土産物屋さんがたくさん並んでますが、物売りやスリに気を付けるように注意されました
ガイドさんもしっかり前に鞄を抱えてました
P5030168.jpg


西街の地図
DSC04979.jpg


景勝地と書かれた石碑
P5030173.jpg



ここから出発してた
どこに行くかわからない電動自動車
P5030177.jpg


私たちは西街を、泊まる人は宿を歩いて目指します
DSC04971.jpg



見晴らしがよい展望台
DSC04974.jpg



細い古き良き街並みを感じるストリート
P5030178.jpg



にぎやかなメインストリートの西街まで歩いてきました
P5030196.jpg


こちらは新しそうなフードコート
怪しげなものがやっぱり・・・
DSC04991.jpg P5030182.jpg




メインの西街小広場
DSC05023.jpg


山のふもとに広がる街は、
西洋風のおしゃれなカフェも建ち並び、古く伝統がある中国洋式が混在して独特のある素敵な街並みです
P5030190.jpg


水の都の世界
風情があります
P5030193.jpg


タイムトリップしたような世界
予約時に宿泊するか迷ったけど、こういうところに泊まるのも風情があるのかもP5030189.jpg


時間があるので、
広場から見えたマックで休憩タイムです
P5030199.jpg


クッキー&クリームのシェイクとオレンジジュース
DSC05016.jpg DSC05011.jpg




待ち合わせ場所はケンタッキーの前
P5030197.jpg

次は桃源郷に向かいます


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/09 21:35 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(12)

桃源郷

5月の桂林・上海旅行の2日目⑥

漓江下りを終えて、オプショナルツアーに参加します

まったく下調べしてなかったので、ガイドさんの説明で「シャングリラ」といわれてもピンとこなかったけど、陶淵明の「桃花源記」で描かれた人々が夢に描く理想郷の世界を再現したテーマパークです
陽朔では月亮山など見どころが多いのに、中国人にも人気でバスもいっぱいです



ツアー料金は120元(1920円)*2


バスに乗って20分ほどで、桃源郷(世外桃源)に到着です
P5030234.jpg


「桃花源記」
武陵の漁師が、道に迷いたどり着いた桃の林、そこは美しい豊かな村で夢のような日々を過ごしました
しかし、二度目はなかった・・・というお話
P5030201.jpg



広西チワン族自治区で生活している少数民族の建物や暮らしぶりが再現されたところ
見学時間は1時間
P5030235.jpg



チワン族の天琴
民族衣装を着た女性たちが音楽を奏でてお出迎えです
P5030202.jpg



九曲橋
山水の美しい光景
P5030203.jpg




そして
メインイベントのボートに乗り込み、しばし夢の世界を味わいます

手漕ぎボートで座る場所は、写真で見ると一番手前が進行方向でおすすめです
DSC05042.jpg


奇峰に囲まれた風光明媚な景色がとても美しい
P5030206.jpg


チワン族の楼
また民族衣装を着た女性たちが踊りを舞ってくれます
P5030210.jpg


燕の岩穴
気分はディズニーランドのジャングルクルーズ中国版
P5030212.jpg


そして洞窟を抜けると桃花島
お話のメインとなる桃源郷の世界観を表現した桃の花園
よーく見ると造花でしたが、きれいでした
P5030214.jpg


原始部落
今度は猟をしてる民族の踊り
気分を盛り上げてくれます!
P5030217.jpg


回龍橋
橋を歩いてる人はここで暮らす人かも
DSC05064.jpg


いよいよボートの下船場
理想郷の世界を堪能しました
P5030218.jpg




今度は少数民族の暮らしに触れるエリア


花楼
トン族の女性が刺繍などの仕事をする部屋
機織の作業をやってて大人気!出来上がったものは機織機にかかってる小さな鞄です
P5030225.jpg


女性の像と奥に見えるのが鼓楼
鼓楼は集会を開く場所
DSC05080.jpg


中国で珍しいなと思ったトーテムポール
動植物を刻んだ柱
P5030226.jpg



絵になる山水の原風景
P5030219.jpg


のどかな美しい田園風景
P5030228.jpg





今度は建物や文化にふれるエリア

桃源山坊
文化なども紹介してますが、美しいほど重なる軒に、見事な庭園
P5030229.jpg


風雨橋
DSC05111.jpg



橋からの眺めも素敵
P5030231.jpg




知識がなく訪れたもので、新しく作られたテーマパークでびっくりしましたが、
理想郷といわれる桃源郷の世界を堪能できました
本当は陽朔では月亮山や自然に触れたかったのですが、短時間で個人で周るには、言葉の問題に、足の確保が課題です
現地で迷ってたか、陽朔の街中でお茶して終わったのは間違いなかったので、ツアーに参加してよかったです
観光にお出かけになりたい方は、少々高くても日本からツアーを申し込むことをお勧めします


一時間ちょっとで桂林の街まで帰ってきました

以前訪れたベトナムのハロン湾ツアーでは激安でいろいろハプニングもありましたが、
参加したツアー会社旅情中国は、日本からの問い合わせの回答も早く、訪れてても安心感がありました
特に私たちの担当のガイドさんは、しっかり教育されてるし、とても親切でよかったのでお勧めです


2017年5月旅行日程はこちら
1日目 成田~上海~桂林
2日目 桂林(漓江下り)
3日目 桂林
4日目 桂林~上海
5日目 上海~成田
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2017/07/11 10:37 ] 17/05桂林・上海⑥ | TB(0) | CM(10)