リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

名画がいっぱいウフィツィ美術館へ ①

5日目その①

朝一番でシニョリーア広場にあるウフィツィ美術館

ウフィツィ美術館もメディチ家が行政事務所として建設したもの
メディチ家の美術品をトスカーナ大公国に寄贈したのがはじまりで17世紀に美術館としてオープンしました
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ラファエロなどルネサンスの三大巨匠をはじめ、多くの作品が所蔵されイタリアでも屈指の美術館です

美術館はコの字型の建物になっています
DSC01221_convert_20161101161216.jpg



事前予約
以前来たときも大行列で、いつも混んでるウフィツィ美術館、日本から事前にネット予約しました(予約サイトはこちら)
料金は€12.5予約手数料が€4
予約手数料が二人分になると大きいですが、並ばずに見れるのはありがたいです


チケット交換
予約してあっても、チケット交換が必要です
ややこしいのは、交換が必要かは、同じイタリア国内でも美術館によっても違います


入口は3か所
1番は予約者用入口、2番は予約なし入口、3番は予約チケット受取窓口
朝一番ですが、すでにどこも人が並んでました
DSC01219_convert_20161101161150.jpg


ドゥオーモのクーポラの教訓を生かして、
3番チケット受取口と、1番予約者用入口と別々に並びました!!
チケット交換時間が限られる朝一番では、まったく意味がなかったです
DSC01220_convert_20161101161203.jpg




セキュリティチェックを受け館内


階段を上ると、美しい天井画にぎっしりの彫刻が並び、まさに美の宝庫!
P8090477_convert_20161030210711_2016110119490541d.jpg


第1室から第45室まで見どころがあります!
名画に見どころが多すぎて、もちろん見落とし満載です!

彫刻
P8090478_convert_20161030210738_20161101203329767.jpg


宗教画
P8090481_convert_20161030210909_201611012032592c7.jpg

作者によって描かれ方が違う聖母子
P8090479_convert_20161030210809_20161101201907da3.jpg P8090480_convert_20161030210833_20161101201906e51.jpg



トリブーナ
陽が差し込んで大理石の床にきれいな壁いっぱいの絵画
メディチ家のお宝がいっぱい~、贅沢なお部屋です
P8090483_convert_20161030211003_201611011959443f5.jpg



絵画の紹介もまずはほんの一部分を~!


ピエロ・デッラ・フランチェスカ作「ウルビーノ公夫妻の肖像」
イタリアルネサンス肖像画の傑作のひとつと言われています
実は絵の裏側もあるのです!
P8090484_convert_20161030211143_20161101200016676.jpg


フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」
ほのぼのとした絵で、優しい気持ちになります
フィリッポ・リッピはスキャンダラスな恋多き男性だったようで、こんな優しい絵を描く人だなんて~
P8090487_convert_20161030211309_201611012000382a7.jpg


ギリシア大理石彫刻
P8090496_convert_20161030212716.jpg


ミケランジェロの彫刻
ダビデ像はじめ彫刻家として有名
P8090492_convert_20161030212620_20161101202459ca0.jpg


ミケランジェロが残したパネル画の中で、唯一完成している貴重な作品「聖家族」
木製の額もミケランジェロ
タッチが力強いけど、何をしても上手な人は上手です
P8090494_convert_20161030212657_20161101200143350.jpg



この美術館で最も有名な絵画といえば

ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生
教科書にも載ってて、一度は見たことがあるのではないでしょうか!
ギリシャ神話のヴィーナス誕生を表現した愛と美を表現した作品
美しく優雅な姿、しなやかさに軽やかさが伝わってきます
P8090501_convert_20161030212756.jpg
美しすぎるヴィーナス、朝一番だったので、独占してみることができました~!
朝起きは三文の徳です


同じくボッティチェリの「プリマヴェーラ(春)」
ヴィーナスに三美神が見どころですが、「春」を象徴する華やかな作品
いろいろな解釈がある作品ですが、レオナルドダヴィンチやラファエロとも違って、優美な線と繊細な色調が素敵です
P8090505_convert_20161030212945.jpg

ボッティチェリの「パラスとケンタウロス」「柘榴の聖母」
P8090510_convert_20161030213043_201611012023250d1.jpg P8090504_convert_20161030212906_20161101202324ef5.jpg


こちらがボッティチェリ
P8090508_convert_20161030213028.jpg


ここでカフェエリアがあるバルコニーがあります
またまたヴェッキオ宮やドゥオーモが眺められます
P8090513_convert_20161030213132_201611012025481ee.jpg P8090558_convert_20161030215925_2016110120254712c.jpg


そういえば
お手洗いも便座のないトイレが多いイタリアですが、新しくてとってもきれいでした

長くなったので、続きます~


2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

ウフィツィ美術館②

5日目その②

ルネサンスの三大巨匠の一人ラファエロの登場です!
ダ・ヴィンチにも影響を受け、フィレンツェで才能を開花させます
繊細で神経質そうな雰囲気、何といっても恋多き男性だったそうです
P8090523_convert_20161030213306.jpg


「聖母の画家」はラファエロの代名詞にもなっていて、代表作の1つヒワの聖母
聖ヨハネがキリストの受難を意味するヒワを差し出しています
聖母はとってもやさしい表情をしてます
P8090518_convert_20161030213213_201611022109179ae.jpg


16世紀初めのローマ教皇ユリウス2世とSaint John the Baptist(ラファエロ作)
(クリックすると写真が大きくなります)
P8090516_convert_20161030213158.jpg P8090529_convert_20161030213400.jpg


次は
モナリザで有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ

ヴェロッキと弟子だったレオナルド・ダ・ヴィンチによる協作「キリストの洗礼」
若きダヴィンチは背景や天使を描いたと言われています
P8090542_convert_20161030213826_20161103194311cbc.jpg


そして
レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」
マリアと大天使ガブリエルが向かい、遠近法によって素晴らしい作品です
P8090534_convert_20161030213452_2016110223114715a.jpg


繊細さを見ていただくためにズームアップ!!
P8090562_convert_20161030220000_20161102231219365.jpg

いろいろな画家によって書かれてますが、美しいです!
P8090563_convert_20161030220016_2016110223123613c.jpg


こちらは

テツィアーノのウルビーノの「ヴィーナス」
15世紀にウルビーノ公から委託された絵画
バラを手に持ち、微笑みを浮かべ横たわるヴィーナス
美しく繊細なラインに白い透ける様な肌、とてもしなやかでセクシーです
P8090545_convert_20161030213847_20161102231307064.jpg


優しいお顔が気に入ったCECCHINO SALVIATIの作品
P8090527_convert_20161030213337.jpg



2階に移動して

カラヴァッジョの「若きバッカス」
時代は変わって、描き方も写生的でとてもリアル!
男性とも女性とも想像がつかない自画像
P8090554_convert_20161030215833_20161102231334324.jpg


カラヴァッジョの「メデューサ」
強烈なインパクトがあった作品
頭の上は蛇で覆われ、首からは血が滴りとてもグロテスク…
円形の盾に描かれている面白い作品です
P8090551_convert_20161030215816_201611022313548b8.jpg


贅沢な美に触れた美術館でした
P8090556_convert_20161103193456.jpg


来年のカレンダーを買ってきました
表紙はボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」
楽しみです
DSC02014_convert_20161103192641.jpg


名画がたくさんありすぎて紹介しきれませんが、予約必須と思われます!

2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

フィレンツェの楽しい街歩き

5日目その③

フィレンツェでCAFE巡り

街中にたくさんあるCAFE、ちょっと立ち寄るのに便利で、どのお店に入ろうか迷うのも楽しみのひとつです

共和国広場に面している老舗カフェGilli(ジッリ)
DSC01294_convert_20161103211819.jpg


かわいい宝石のようなお菓子が並んだショーケースにわくわくします
DSC01297_convert_20161103211951.jpg


伝統を感じる素敵な店内
ケーキと飲み物を先に注文して、キャッシャーで支払いを済ませ、
カウンターでお茶をいただきます
DSC01293_convert_20161105181146.jpg


私が選んだタルトのケーキ、女性好みでおいしいです
お供にカプチーノ
DSC01291_convert_20161103211650.jpg

夫が頼んだミルフィーユ、すごくおいしかったです~
冒険しがちな私とは反対に、いつも定番なものを選ぶ夫は、当たる確率が高いです!
DSC01292_convert_20161103211708.jpg

昨日入ろうと思ったら満席だったテラス席・・・・
飲み物の代金のほかに席代がかかりますが、ゆったりお茶しに来たいです~
DSC01298_convert_20161103212017.jpg



ドゥオーモ広場前にある「Bar Scudieri(バー・スクディエリ)」
1939年からの創業という歴史あるBAR、こちらもおいしそう~
DSC01308_convert_20161103212148.jpg



路地や広場はとっても魅力的で、絵になります
きれいな街並みですが、
狭い路地には落書きもあり、人気店の証のようです
DSC01087_convert_20161021200045.jpg


街中にあふれるメディチ家の紋章
DSC00589_convert_20160928205135.jpg


また
ヨーロッパで時々見かけるゴミ収集システムはすごいです
普段、地上では、写真で赤い枠で囲った一見普通のゴミ箱と変わりありません
ゴミ収集車がやってくると、クレーンのようなアームが作動して、
このゴミ箱についてるつまみのようなものを持ち上げるのです~!
そうすると、ブルーで囲った部分の大きなゴミタンクになっていて、その大きさに驚きます
そのタンク内のゴミを車の荷台に放出して、また元の位置に戻していきます
やることがダイナミックです!
DSC00724_convert_2016102120471.jpg


そして
教会巡りも素晴らしい絵画があり、立ち寄りたくなります

ドゥオーモから駅に向かうパンツァーニ通りにある
サンタ マリア マッジョーレ教会
DSC01315_convert_20161103212842.jpg

地味な外観ですが、フィレンツェで古い教会とあり、とても落ち着く教会でした
絵画や彫刻も美しかったです
DSC01310_convert_20161103212803.jpg


駅前の広場のオリベスク
DSC01316_convert_20161103212900.jpg



華やかなフィレンツェ、見どころたくさんで、満喫しました
名残惜しいものの、
荷物をピックアップしてフィレンツェからローマへ


お昼過ぎトレニタリア(鉄道)12:38発のローマ行き、
夏の繁忙期は混んでるので、事前にネットで予約しておきました
往路も少々遅れ気味でしたが、折り返し運転となるローマ行き、遅延で表示されてません・・・
ちょうど隣り合わせたベネチア行きのオーストラリアからの観光客の方も、遅延で足止めされていて、移動には余裕を持った方が良いと思います
30~40分ほど遅れてローマから到着、すぐにローマに向けて出発です
DSC01321_convert_20161103212917.jpg

2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

絶景の富士山を楽しめる大菩薩嶺

我が家の登山記録8回目
2016年11月5日大菩薩嶺へ日帰り


今回は久しぶりの登山
夏休みのイタリア旅行を挟んで、週末のお天気は雨ばかり・・・・
また急に寒くなり、今回は直前まで行き先が決まりませんでした
自宅からの距離に、リハビリ!?コースに急に閃いた大菩薩嶺、これが大正解でした


私は知らなかったけど、
新聞掲載されてた長編小説で映画化もされた有名な「大菩薩峠」
都心からも近く、何といっても、富士山と南アルプスの山々の眺望がすばらしく、日本百名山の1つ
標高2000mを越えつつも、初心者コースで歩きやすい山です
場所は奥秩父
DSC02556_convert_20161107163142.jpg


登山
ロッジ長兵衛(上日川峠)(8:00)→福ちゃん荘(8:20)→大菩薩峠(9:00)→雷岩(10:00)ランチタイム

下山
雷岩→大菩薩嶺頂上(10:40)→大菩薩峠(11:10)→富士見山荘(11:35)→上日川峠(12:00?)


午前8:00
ロッジ長兵衛(上日川峠)到着

ナビは菩薩峠に合わせ、我が家のナビは賢いのか賢くないのか、早めに迂回ルートをまたまた選択!?
紅葉がとってもきれいで、同時に紅葉狩りも楽しみました
駐車場につくと、すでに車はいっぱいでしたが、誘導の方がいて、迷うことなく駐車できてよかったです!それも無料だなんてありがたいです
登山道入り口近くに、公衆トイレもあります
DSC02439_convert_20161107121355.jpg


林道とアスファルトの道にわかれてて、アスファルトの道に進んでしまいました
途中で林道に合流しました
DSC02441_convert_20161107121408.jpg


午前8:20
福ちゃん荘到着

出発早々、飲食ができますが、ここは我慢
少し進むと公衆トイレもあります


地図
唐松屋根コースと大菩薩峠との分かれ道
眺めも良く傾斜の緩やかな大菩薩峠へ進みます
DSC02446_convert_20161107121422.jpg


傾斜は緩くて歩きやすい林道
DSC02451_convert_20161107121501.jpg


きれいな富士山が見えてきました
DSC02461_convert_20161107145458.jpg



午前9:00大菩薩峠到着です
DSC02466c_convert_20161107144647.jpg


大菩薩峠の作家の中里介山に由来する介山荘
DSC02567_convert_20161107121630.jpg


山々の方角を示す方位盤
DSC02564_convert_20161107121615.jpg


快晴で眺めは最高です
南アルプスの山々
DSC02470_convert_20161107162422.jpg DSC02471_convert_20161107160706_2016110716234204f.jpg


目指すは親不知ノ頭
富士山を眺めながらの~、展望が開けた尾根歩き
DSC02566_convert_20161107144114.jpg


午前9:30
小ピークの親不知ノ頭到着

上日川ダムと富士山
富士山がどんどんはっきり見えてきます!
DSC02510_convert_20161107143936.jpg



そして
次に目指すのが神部岩
見事な尾根道で、両側に高い木がないので、開放感も抜群です!
DSC02526_convert_20161107144044.jpg DSC02537_convert_20161107144058.jpg




標高2000mの標柱のある神部岩に到着
DSC02540_convert_20161107163420.jpg DSC02541_convert_20161107161843.jpg



あともう少し!!


雷岩に到着です

少し風があって冷たかったものの、絶景の富士山を眺めながらのランチタイム
DSC02554_convert_20161107121556.jpg


これだけはっきり見れる富士山、なかなかないそうです!
DSC02549_convert_20161107121530.jpg




大菩薩嶺山頂まで足を延ばし、登ってきた道を戻ります


富士見山荘まで戻ってきました
DSC02568_convert_20161107121645.jpg


ここでも富士山がきれいに眺められます!
DSC02570_convert_20161107121659.jpg


眺めも良く気持ちの良い最高の登山でした




帰りは例によって、小作のほうとうを食べて帰ってきました
関連記事

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 登山

[ 2016/11/07 17:12 ] 国内 2016~登山 | TB(0) | CM(10)

イタリアの大手ホテルチェーン「ウナ ホテル ローマ」

5日目その④

テルミニ駅近くのUna Hotel Roma(ウナ ホテル ローマ)へ
DSC01429_convert_20161107122526.jpg


ホテルまでは駅からすぐで、とっても便利なところです
DSC01604_convert_20161109204716.jpg


UNAはイタリアの大手ホテルチェーンで、評判も良いホテルです
こちらに3泊しました
DSC01426_convert_20161107122453.jpg



お部屋

2010年にオープンしたばかりの「ウナ・ホテル・ローマ」
ホテルを買い取ってリニューアルォープンし、内装はきれいでした
何より、水回りとベッドルームが分かれてるので、使い勝手が良いです
DSC01323_convert_20161107122243.jpg


テレビとデスク
DSC01329_convert_20161107122400.jpg


冷蔵庫
水はフリー
DSC01324_convert_20161107122257.jpg


最近のヨーロッパのホテルは、スリッパもセットされてます




水回り

バスルーム
レインシャワーとハンドシャワーがありますが、シャワーの切替がうまくいかずに、いつもレインシャワーになり、水をかぶりました
そして
水はね防止のスライド式の透明のガラスのボード
もう少し幅があれば水漏れしないのですが、床に水が流れ落ちてしまい、使い勝手はちょっとマイナスです
DSC01327_convert_20161107122335.jpg


洗面台
スタイリッシュできれいです
DSC01325_convert_20161107122309.jpg


アメニティはシャンプーなどはセッティングされてますが、
エコ重視のホテルも増えていて、セットされてないアメニティもありますが、ハウスキーピングに頼めば持ってきてくれます
愛用してるハンドタオルがなかったです
DSC01328_convert_20161107122348.jpg


トイレ
DSC01326_convert_20161107122322.jpg



朝食

朝食の時間は遅めなのがヨーロッパ
始まりは7時
オープン前に、すでに長蛇の列であふれてました・・・
このホテルはツアーで使われてるようで日本人も多く、韓国人、中国人、ほとんどアジア系で、また不思議な世界でした

写真を撮った初日はビュッフェも空いてたのですが
翌日以降は、いつも混んでいて、ビュッフェも取るのに並びます・・・
種類は多くはないですが、朝食には十二分です
DSC01424_convert_20161107122427_201611072049553e1.jpg DSC01425_convert_20161107122440_2016110720495431f.jpg


スイカがめちゃめちゃ甘くておいしかったです
DSC01423_convert_20161107122414.jpg DSC01884_convert_20161107122539.jpg



さすが評判もよいホテルで、
場所も良いし、きれいだし、スタッフの応対もよかったです
でもシャワーの使い勝手を考えると、風呂タブなしのシャワー室のみのお部屋がよいと思います

到着した時に泊まったテルミニ駅近くのGioberti Art Hotelもリニューアルオープンして内装はとてもきれいでした
規模もこじんまりしていてアットホームで、部屋も広くはないし、ビュッフェの数も少ないけど、個人的には、Gioberti Art Hotelで十分でした
どちらも8月の繁忙期、場所がよく、お値段もお手頃とあり、ビュッフェの人が多すぎました・・・・


2016年8月旅行目次はこちら
1日目 羽田~北京~ローマへ
2日目 ローマ~フィレンツェ
3日目 ピサ
4日目 フィレンツェ
5日目 フィレンツェ~ローマ
6日目 ローマ
7日目 ローマ
8日目 ローマ~9日目東京
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行