リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

写真が大好き?インド人

インド人にはたくさん写真撮影を求められました
まさかこの年になって隠し撮りもされて・・・・びっくりです

「撮って~」といわれた写真を何枚か、今までに登場してない方々を懐かしい風景とともにご紹介します


ガンジス川にて~
DSC03144_convert_20151124210123.jpg


カンワリヤー
写真を撮ってたらポーズを撮ってくれたけど、
シャッターチャンスに間に合わず、女性にピントがあってしまいました・・・
DSC03100_convert_20151130205511.jpg



祈りを捧げる人
DSC03163_convert_20151124221226.jpg


バラナシのヴィシュナワート寺院にて~
鮮やかなサリーをまとった女性たち
P8030101_convert_20151124211046.jpg



トゥルスィ・マーナス寺院にて~
少女はスカートを広げ、愛くるしいです
DSC03207_convert_20151124211028.jpg


アグラのシカンドラーにて~
ばっちりポーズを決めてます
P8040269_convert_20150910180830.jpg


インドでは男性同士よく歩いてますが、手もつないで仲良しです
P8040257_convert_20150910180510.jpg


イティマド・ウッダウラ廟にて~
「写真を撮って~」と撮ったら、「チップちょうだい」って言われちゃったけどスルー
P8040253_convert_20150914155720.jpg


ファテープル・シークリーにて~
彫が深くて、なかなかのイケメン!
P8050469_convert_20151124223224.jpg


外人もサリーを仕立て、観光するのもインド流
P8050480_convert_20151124211138.jpg


ジャイプールのアルバートホールにて~
街中の手をつないで歩く家族連れ
P8050603_convert_20151124224443.jpg


アンベール城にて~
象使いのお兄さん
P8060554_convert_20151013163517.jpg


フマユーン廟にて~
デリーの女性は、カジュアルなコットンパンジャビドレスを着て、ファッションも変わりつつあります~
P8080828_convert_20151117092810.jpg


「写真を撮らせて」と言ったら、
このあと仲間の高校生に写真攻撃で囲まれ大人気となりました
P8080833_convert_20151117092855.jpg


デリーのジャマー・マスジットにて~
よくわからないけど、目が合っちゃったー
目力強い!
P8080788_convert_20151117091658.jpg




インド人みんなカメラ目線、視線があついです


まさかこの微妙な年恰好なのに、
写真撮影を求められたり、隠し撮りが多かったです
私たちがインド人のサリーに魅せられるように、まだまだ外人としての日本人、珍しいのでしょうか
素直に喜べない微妙な気持ちでした

でも愛嬌があって面白いインド人です

旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

また訪れたいインド旅行!

最終話

8/8

空港へ

今までお世話になったドライバーに、
ホテルにお迎えに来てもらい、空港まで送ってもらいました



デリーの街中はクラクションが鳴り響き、車線に走らずに、3車線のところを5台走ってるので渋滞が渋滞を引き起こす悪循環
日本では考えられない現実にはびっくり
さすがに牛の数は少なかったけど、最初にデリーに踏み入れたときには、臭かったのがもうわからなくなってましたしね
慣れって怖いです
DSC03820_convert_20151117091234.jpg


そういえば、
インドでは日本車も多く、やはりスズキ車ばかり
その次はホンダ
ドライバーの車はトヨタでお気に入りと喜んでました

ドライバーとは、
家族の話に、お孫さんの話に、住まいの話をしたり、インドの宗教や文化についてもほんの少し理解が深まりました
口数は少ないけど非常に温厚なジェントルマン!居心地も良く、大変お世話になりました
インドの旅は、ぜひカーチャーターがおすすめ!、ストレスなく、安全に旅ができます

利用したのは
インド・ツアーズ アンド トラベルズ
Japanese Speakingドライバーもいらっしゃいます
良心的なお値段で安心な会社でとてもよかったです

長々お世話になったドライバーともお別れ
また次回の時もお願いしたいと思います
DSC03036_convert_20151130185020.jpg



渋滞もなく30分ほどで空港につき、
一応規定なので、出発3時間前には到着しました


出国手続き
エアインディアの航空会社のカウンターは並びました

出国審査
あっけないほど

しかし
持ち込みのセキュリティ検査が厳しかったです
すべての電化製品にアダプターを別にされ、荷物はぐちゃぐちゃに
時間もかかるわ最悪

例のように
女性と男性は別レーンでセキュリティ検査
男性のほうが時間がかかります


お買い物を済ませ
DSC03921_convert_20151117093313.jpg DSC03925_convert_20151117093350.jpg



定刻出発、上出来です

空いてたので、席を後ろのほうに変えてもらい、ゆったり帰ってきました

食事は夕食と朝食と2食
1枚は写真撮影漏れましたが、辛くて残しました
DSC03931_convert_20151117093415.jpg DSC03936_convert_20151117093440.jpg

詳しいレポは、往路便




インドはハマる人と、二度とごめんだというひとと、どちらかですね
そもそも、選択以前の問題というのは、ほとんどですが・・・・


インドに訪れてみて~

VISAや飛行機は出発前の手配にごたごたして難関なインドというのを実感し、
やはり先進国を旅する気楽さがなく、想像を超える世界で、まったく違ったカルチャーで最初は緊張しました
お腹の調子が今一つで、楽しい反面、この現実の日本に帰ってきて正直ホッとしました

デリー・ムンバイなどの都市は整備や開発が進み、IT成長の陰でカースト制などは変わりつつあるようですが、
大国のインド、インフラもまだまだ進まずに、格差は広がってるように思いました

今までいろいろな旅はしてきたけど、
同じ発展途上国のアジアの観光地と違って、気軽にコンビニ・スーパーがあるわけでなく、足(車)ありきの旅なのだなと思いました
その点、カーチャーターで周ったので、全くストレスがなかったのがよかったです
毎度交渉してたら、インド人とのバトルで疲れ果ててたかもしれない

インドのイスラムとヒンズーの一体としている建物のすばらしさ、隆盛を極めた歴史に触れて、その偉大さに驚き感動しました
また観光名所に負けず面白かったのは、移動中の非日常な出来事、これは強烈なインパクトです
街中の道路に横たわる牛たち、乗り物からあふれんばかりの人に、人々の熱い視線に、人懐っこさにはびっくり
インド人には自己中な人であつい人が多くて、胡散臭い人もいるけど、親切な人もたくさんいます
愛嬌もあって面白い
それに女性たちのきれいなサリーにお顔立ちにもうっとり~しました


今まで見たことのない人間臭い世界が広がっていたインド、それに建築が美しく見どころの多いインド、ぜひインド人の笑顔にも会いに、また訪れたい国です
P8040213_convert_20151130194123.jpg


旅行目次はこちら
1日目成田~デリーへ
2日目デリー~バラナシ
3日目バラナシ観光~(デリー)~アグラへ
4日目アグラ観光
5日目アグラ~ジャイプール
6日目ジャイプール
7日目ジャイプール~デリー
8日目デリー観光
デリーから東京へ






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

うなぎの老舗「横浜八十八吉田町店」

明治43年創業のうなぎ蒲焼の老舗横浜八十八
DSC05815_convert_20151203144118.jpg


蒲焼き店として創業し、
 吉田町店は大正ロマン漂う店内で、和食と鰻を
 石川町店は本格的ひつまぶしと鰻丼を
この二店舗で営業してます
CCI20151203_convert_20151203152711.jpg


今回はJR関内駅から徒歩4分の吉田町店へ

こちらのお店は元銀行で、横浜大空襲でもただ一つ残った建物ということで、とても貴重です
暖簾をくぐると、天井も高く、大正ロマンの香り漂う店内です
DSC05812_convert_20151203144027.jpg


そして
案内されたのは、金庫室!と、貴重なお部屋でテンションアップです
二重扉ですごい頑丈そう
DSC05805_convert_20151203143038.jpg

ここは地震が来ても大丈夫?なんて、のんきにお話しながら、店内の雰囲気を楽しみます
DSC05799_convert_20151203142638.jpg

横浜ゆかりの著名な文人たちも多く訪れたようで、その絵も飾ってあり、レトロモダンな雰囲気でタイムトリップしたようで素敵です
DSC05811_convert_20151203143401.jpg


日本の割烹蒲焼き料理で四季折々の風情を加え、国産の鰻と和牛にこだわったメニューです
CCI20151203_0002_convert_20151203152721.jpg


楓(平日昼間数量限定) 3700円

DSC05806_convert_20151203143233.jpg DSC05807_convert_20151203143256.jpg



うなぎを焼くのに30分くらいかかるので~

一の膳
口取:しいたけと昆布
小附:インゲンマメ
小鉢:ごま豆腐と焼いたお野菜など工夫もいっぱい
サラダ:生ハムのサラダ、レモンドレッシングでさっぱり
牛肉料理:大根と牛肉の煮もの とろけるようですごくやわらかくておいしい
DSC05808_convert_20151203143314.jpg


二の膳
うなぎ小丼
海鮮小丼
 鯛・まぐろゴマダレ、しょうゆもあります
 ご飯に味もついてます
地のり椀
 お椀もきれい
お新香(大根・胡瓜・)
お水菓子
 リンゴのコンポート
DSC05809_convert_20151203143342.jpg


肝心のうな重は
小ぶりだったけど、蒸しでふっくら上品で、タレは甘いタイプでなく、キリッとしてます
和食のお料理もおいしくいただきました


お食事前にはほうじ茶を
お食事後には緑茶を出していただきましたが、お茶もおいしかったです
スタッフさんも奥のお部屋とあり、こまめに様子を伺いに来てくれてよかったです




そして紅葉の季節

山下公園近くの日本大通りは銀杏並木でも有名です
ここは神奈川県庁前
今年は紅葉も遅れていて、12月初めでも、ちょうど見ごろのきれいな時でした
DSC05819_convert_20151203154654.jpg


絵をかいてる人も多く見頃です
DSC05822_convert_20151203154754.jpg
関連記事

ジャンル : グルメ
テーマ : こんな店に行ってきました

[ 2015/12/06 21:25 ] 国内 グルメ~横浜 | TB(0) | CM(14)

ミシュランの星を獲得したシェフが腕を振るう芳園

銀座の中華料理店「芳園」で

恒例の同期会を開催しました

料理長がミシュランの星を獲得したということで、とても楽しみにしてました
そして一休で申し込みをして、お世話になりました

いやーしかし今回の同期会、突っ込みどころが盛りだくさんで・・・・
ただでさえにぎやかなのに、もう大騒ぎでした


私は最近お店選びでチェックしてるのは、ゆったりできる店内の雰囲気
今回もなかなかお写真では落ち着いた雰囲気
店内の様子がわかるHPはこちら


ところが
エレベーターを降りると、踊り場、兼エントランスになっていて、
すぐに店内です
DSC05744_convert_20151201202814.jpg



銀座ならではという立地では仕方ないと思うものの、
入口に面した席に案内され、まずはアングリ
風もぬけるし、人の出入りもあり、落ち着きません


そして荷物を置くスペースがないため、
ほかのテーブルに荷物籠があるのでお願いしたら、「ない」とのお返事・・・・
DSC05741_convert_20151201202735.jpg


今度は

予約時のメニューにナマコが入っていたのと、一休では内容が変わることもあるので、
メニューをお願いしたら、
探してくると言ったものの、そもそもメニューもありませんでした
スタッフの裏方仕事も丸見えだし・・・
結局、口頭で説明は受けたものの、中国語訛の早口で聞き取れないし
スタッフも忙しいのはわかるけど、サービスとしてはどうかしら
DSC05739_convert_20151201202721.jpg


ここは異国?みたいな感じ
まるで一昔前の愛想がなかった横浜中華街のよう
笑うしかなく、みんな笑いすぎて涙を浮かべてました


6品1ドリンク付き2500円のコース

まずは乾杯

せっかくのシャンパンも、日本酒ロゴが入った器
調べてみると、
スパークリング清酒松竹梅白壁蔵「澪(みお)」とは知らずに、そのときは日本酒のおまけのグラスで来ちゃったよと大騒ぎ
DSC05738_convert_20151201202641.jpg



炙り真鯛の香港風カルパッチョ
しそが効いて、おいしいさっぱりしたドレッシング
DSC05727_convert_20151201202512.jpg



ナマコと衣笠茸とフカヒレの三海山珍味贅沢スープ
気になってたナマコもスライスされて、きのこのような味わいでおいしい
食わず嫌いでしたが、こういう風に調理されるといただけます
友人はそれでも食べれずに残してました
そしてこちらのスープは、小さなキャンドルの火で温められながらいただくので、冷めずにおいしい
でも、この入れ物は、ロウでとても汚れて気になりました
こうした小さな気配りも大事にしてほしいです
DSC05730_convert_20151201202531.jpg


魚料理
春雨と白サバフグの香港蒸し
フグがとてもやわらかくておいしい
スープもいい味が出てます
DSC05732_convert_20151201202603.jpg

肉料理
バルサミコ黒酢の酢豚
お肉もやわらかく、上品でおいしい味わいです
DSC05733_convert_20151201202623.jpg


最後の〆はご飯もの
揚州炒飯(五目炒飯)又は、担々麺
みんな担々麺
ほどよい辛さでおいしいです
DSC05736_convert_20151201202705.jpg


デザート三種盛り合わせ
エッグタルト・ごま団子??・マンゴープリン??
ちょっと記憶が飛んでます
DSC05742_convert_20151201202753.jpg



お料理は1ドリンクついて2500円というのは納得できるものの・・・・

こちらのお店は、
お料理も次々へ出され、お皿もすぐに片づけるし、せかされてるようで落ち着きませんでした
頼んだお水もなかなか持って来てはくれないし・・・

そして極めつけは
時間制限は書いてないのに、1時間半で「お時間です」と追い出されました
どおりであわただしいわけです
たしかに1970円のコースには時間制限が書いてあったけど、こちらのコースには一切触れてません

サービスもお味の内
お料理はおいしかっただけに、非常に残念です




そのあと
お茶した某有名コーヒー店では、ごき〇〇が歩いてるし、大騒ぎでしたが
ほかのテーブルの方は静かに見守ってるようで、びっくりしました


久しぶりに会う友人とは話も尽きずに、
忘れられない盛りだくさんの同期会となり、また交流を深めました






関連記事

ジャンル : グルメ
テーマ : こんな店に行ってきました

[ 2015/12/08 13:05 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(12)

ガルーダインドネシア航空のビジネスクラスのサービス

もうバリ島から帰ってきて一か月
やっと11月に訪れたバリ島旅行記に突入します

今回は、バリ王で申し込みました
前回旅行に行って、
直行便のあるガルーダインドネシア航空は、実は、ツアーのほうが安い?
それに、特典がいっぱいつくのでお得感満載~
しかし、繁忙期でもないのに、席がないといわれ・・・・
おかしいと思ったら、某有名タレントがバリ島で挙式!なんて報道されて、それでかと肩の力を落としたのでした



11/1①

この日は、ディズニーのハロウィンと重なって、道路は混雑してました
出口渋滞はものすごかったです


久しぶりのツアー
カウンターで、航空券と引き換えます
再度航空会社のチェックインカウンターに戻らなくてはいけないのは面倒で、最初からE-TICKETにしてほしいです
そして
ふなっしーパスポートのプレゼント付きです
インドネシア料理のナシゴレンとかぶせてみた??というオチでしょうか・・・・



今回は
初めてのガルーダインドネシア航空のビジネスクラス

成田空港のガルーダ航空の指定ラウンジはデルタのスカイクラブ
デルタ航空のGOLDカード所有者も利用できるので、混んでました
DSC04431_convert_20151208155555.jpg


生ビール、焼酎、日本酒、ワイン、ウヰスキー、洋酒があり、種類は豊富です
DSC04427_convert_20151208155403.jpg DSC04429_convert_20151208155439.jpg


お食事は
中華風蒸しパンにダークチェリーのパイ
DSC04426_convert_20151208155343.jpg DSC04425_convert_20151208155321.jpg


食べ物は少なめ?米系航空会社にしてはいい方なのかしら
バナナにプレッツェルとポテトチップとスープ
DSC04424_convert_20151208155246.jpg DSC04422_convert_20151208155204.jpg



いよいよ搭乗です

B777-300ER
DSC04487_convert_20151208165957.jpg

交互配列1-2-1
中央列の二人席は、なかなか取れないようで、通路を挟むことが多いです
DSC04437_convert_20151208155727.jpg

モニターも大きく、タッチパネル、映画もいろいろありました
なんといっても、足が延ばせて楽です
ほぼフラットシートなので楽々、こちらのセールスポイント
厚手のブランケットで、高級感がありました
新聞・週刊誌も取り揃えてました
DSC04458_convert_20151208155944.jpg


アメニティーはロクシタン
(スリッパ・アイマスク・歯ブラシ・歯磨き粉・耳栓・クシ・リップ・ローション・コロン)
DSC04452_convert_20151208155856.jpg

最近はUSBポートもついて、充電が出来るので助かります

wi-fiは有料です
スカイトラックス、ベスト・エアライン・ランキング2015で、8位のガルーダインドネシア航空、サービスも期待できます
DSC04470_convert_20151208165530.jpg DSC04439_convert_20151208155746.jpg


GA881便
成田からデンパサールまでは約7時間

まずは
ウエルカムドリンク(シャンパン)
DSC04450_convert_20151208155810.jpg


離陸後は

ツナが入ったしょっぱいミニシュークリームとナッツ
DSC04465_convert_20151208165438.jpg DSC04466_convert_20151208165507.jpg


以前にも紹介しましたが、メインのお食事
(2015年11月から12月31日まで)


お料理は
洋食(魚かお肉)・和食・インドネシア料理から選べますが・・・
後ろのほうの席だったので、洋食のお肉料理もインドネシア料理もなく、和食になりました


前菜
葱の牛肉巻き・蓮根の揚げ物・ 和え物
DSC04471_convert_20151108195912.jpg


メイン
牛肉の照り焼き
DSC04476_convert_20151108200100.jpg


デザート
アイスクリーム
DSC04478_convert_20151109002244.jpg



到着前の軽食は、
往路・復路、ともに同じメニューで提供されます
ナシゴレン・サテ・海老の天ぷらうどん・新鮮なフルーツ、ナチョスから選びます


無難なのはナシゴレン
これがおすすめかも
DSC04479_convert_20151108211921.jpg


夫が食べた
写真はないけど海老の天ぷらうどん
これはいまいち??


この日は、
ングライ空港の上空混雑で30分ほど到着が遅くなりました
DSC04484_convert_20151208165943.jpg




到着すると

VISAも免除され、
入出国審査も非常にスムーズで、快適でした!
スタンプ漏れがないかチェックします!
機内で配られる税関申告書は、今までと変わらずに提出します


そして

プレミアム アライバル サービスのバゲージサービスもあります

ビジネスクラスとスカイチームエリートプラスのサービスで、預け荷物をピックアップしてくれます
面倒だったので、自分でピックアップしましたが、お子さん連れの方にはよいでしょうね
ガルーダですごいと思ったのは、エコノミークラスでも受託荷物は46kgまでOKなのです
荷物を気にすることなく、うれしいですよね
ちなみにビジネスクラスは64kg

やっぱりビジネスは楽でいいわ~としみじみです


一年ぶりのバリ島、ただいま~です
DSC04490_convert_20151208170015.jpg


旅行目次はこちら
1日目成田~バリ島ウブドへ
2日目ウブド観光
3日目ウブド
4日目ウブドからクタ&レギャンへ
5日目クタ&レギャン
6日目クタ&レギャン
7日目クタ&レギャン
バリ島ーから東京へ






関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

[ 2015/12/10 17:05 ] 15/11バリ島② | TB(0) | CM(18)