リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!

皆さまに置かれましては、お健やかに新年をお迎えのことと思います

私は1日に名古屋に行ってきましたが、
やはり雪が降り、東名高速は大渋滞で8時間もかかり、新年早々、くたくたです


バリの旅行記も途中のまま、記憶がますます遠のきそうですが、
今年は特別にお正月に休みをつけることができ、
若い時に行っておいたほうがいいというアンコールワットへの旅に出ます

新年早々、しばしご無沙汰しますので、
これにて新年のご挨拶とさせていただきます

どうぞ今年もよろしくお願いします





関連記事
[ 2015/01/02 21:35 ] 国内 そのほか日記 | TB(0) | CM(-)

2015年1月アンコール遺跡群&ホーチミン

2015年1月3日から
アンコールワット&ホーチミンの旅

1日目
ホーチミン経由シェムリアップへ
 念願のアンコールワットへ
 快適だったサエムシェムリアップ
 カンボジアの郷土料理クメール料理のお味は



2日目
アンコールワット&アンコール遺跡群(小回りコース)&アンコールトム一部
 天空の楽園・アンコールワットへ
 アンコールワット・西塔門~経蔵、長い道のり
 アンコールワット~見どころ満載の第一回廊
 アンコールワット~第二回廊で打ち止め!?

 プラサット・クラヴァン~バンテアイ・クディ(小回りコース)
 クメール料理に再チャレンジしたものの・・・・
 密林に眠っていたタ・プローム(小回りコース)
 未完のタ・ケウ~アンコール・ワットの原型トマノン(小回りコース)

 どこまで周れるアンコールトム(アンコールトム一部)

 観光のあとのお楽しみ



3日目
 茜色に染まるアンコールワット

アンコールトム
 穏やかな微笑みのバイヨンへ
 象のテラス~ピミアナカス

ホテルに戻って
 朝食&評判の良いボレイアンコールへ

 王都だったロリュオス遺跡群(プリア・コー、 バコン、ロレイ)

 のんびりシェムリアップ散策


4日目
東部北部~大回りコース(おすすめ)
 プレ・ルーフ、東メボン
 バンテアイ・スレイ
 タ・ソム&ニャックポアン 
 見どころあるプリア・カン 
 アンコール・ワット~いよいよ第三回廊に

シェムリアップ散策&晩御飯
 お土産はやっぱり定番のアンコールクッキーに胡椒
 路上$1マッサージにチャレンジ!

5日目
この日のスタートはゆっくり
 バイヨンでバイヨンでのエレファントライド
 見納めのアンコールワット
遺跡群の観光は以上です

シェムリアップ
 キリングフィールド
 シェムリアップでのお買い物!? (アンコール国立博物館など)
 いろいろな国のお料理があふれるパブストリート

 
6日目移動日

 思い出深いシェムリアップ

カンボジア-シェムリアップからベトナム-ホーチミンへ
 ホーチミン入国~ルネッサンスリバーサイドホテル宿泊
 ホーチミンに行ったらドン・フォーへ!
 ホーチミンならではの風景~
 ホーチミン地下鉄開通に向けての工事風景
 観光客にはなんでもそろうドンコイ通り~


7日目

  キム・タインで名物バインフラン
 ベトナム南北統一40年
 バインミー食べ比べ
 ホーチミンでお買い物
 ドキドキのフットマッサージに晩御飯


8日目

 ホーチミン市博物館へ
 ホーチミンで食べた台湾風かき氷
 最後の晩餐
 15/01月アンコールワット&ホーチミンの旅・最終話
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

アンコールワットと工事中のホーチミンへの旅

ご無沙汰しました


のんびりした観光となりましたが、
一度は見たかったアンコールワットをはじめ、世界最大級の遺跡群をまわってきました
遺跡は、だんだんみんな同じに見えてくる?という、想像通り贅沢な悩みもありますが、その迫力は圧巻で心に焼き付きました


そして、
経由したホーチミンもちょっと楽しんできました


どちらもエネルギッシュで、すごくパワーをもらい新鮮な気分になりました




今回苦労した簡単なポイントだけを報告だけしておきます


まずは

カンボジア

入国にはVISAが必要で、現地で取るか、事前に用意することになります
その前に、全員、健康管理の調査票を入口で書きます

そこからは、入国審査に進むか、VISA取得に進むかになりますが

今回VISAは現地で取得することにしてたので、
現地で取得するには、設置してある用紙でないと不可でした
そのあとは、ガイドブックに書いてあるように、パスポートが返還され、入国審査に進みます

そのほか観光等ではトラブルもなく、
暗い歴史があったことを忘れてしまうほど、観光地化してて、安心して訪れられるところです
P1060660_convert_20150112172053.jpg



次は

ホーチミン


びっくりしたのは、街中は工事だらけ
特に変わってるのは、
排気ガスによる大気汚染や慢性的な渋滞の解消のために地下鉄工事が着工したこと!
すでに、オペラハウスのあたりは道路が封鎖されて工事が始まってました
ご旅行の方は、メインのグエンフエ通りは一部閉鎖されてます

奥に見えるのが閉鎖した国営百貨店(ニュースはこちら)
DSC01320_convert_2015011200032.jpg


建設ラッシュが進み、
そのうちバンコクみたいに変わってしまうのかな・・・と、うれしくもあり、ちょっと寂しいような気もしますが
希望に湧いてるホーチミン、あついものを感じました


バリの旅行記のあとに、詳しい旅行記に突入したいと思います





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

ウブドのランドマークの王宮と街歩き

すでに今回の旅行と記憶がごちゃごちゃですが

バリ島の旅行記の続きです



11/6③

一日カーチャーターしてウブドを訪問

車を停めた猿が生息しているモンキーフォーレスト
意外に人気の観光スポット
ここは余力があれば見たかったところです
PB060255_convert_20141229232012.jpg



アップダウンがありガタガタして、、急な坂道で想像してたより歩きにくいです
ウブドにはタクシーはいませんが、個別カーチャーターの様な勧誘が多かったです
PB060221_convert_20141216231212.jpg


マッサージ屋さんにレストラン、ホテル、いろいろなお店が並んでます
籠のアシタバのお店もありますが、朝に立ち寄ったお店のほうが品数が豊富でした
覗いただけの、ガイドブックで有名な石鹸屋さん「ウタマ・スパイス」
PB060220_convert_20141216231041.jpg


ウブドの中心の十字路にあるインフォメーションセンター
DSC00739_convert_20141218211128.jpg


暑かったので、この奥のコーヒー屋さんで一休みしました
DSC00718_convert_20141216230903.jpg


いよいよ

ウブドのランドマーク的存在の王宮

16世紀に建設された王族の住まい
現在も王族が暮らしてて、一部公開されてます
赤煉瓦の門が立派です
PB060237_convert_20141218211540.jpg

コリ・アグンと呼ばれる彫刻が素晴らしい高い門
DSC00719_convert_20141218210756.jpg

伝統舞踊も開催されます
PB060230_convert_20141218211405.jpg

建物に門や像の彫刻が素晴らしく、
またお庭が広いのも王宮ならでは!王族の生活にちょっと触れられました



こちらは向かいの集会所
DSC00740_convert_20141218211204.jpg

みんなまったりしてます
PB060238_convert_20141218211611.jpg





雑貨屋さんが並ぶ市場バザールウブド
PB060241_convert_20141229231352.jpg


最初の言い値は強気ですが、この辺りの駆け引きはアジアどこでも一緒で
掛けひきを楽しみました
PB060243_convert_20141229231540.jpg



DIANというお店でランチ
PB060254_convert_20141229231936.jpg PB060250_convert_20141229231829.jpg


ナシゴレンセット43,000RP(430円)
安くていろいろ食べれるのがいいですね
PB060249_convert_20141229231802.jpg

アイスティとフルーツのデザート
PB060248_convert_20141229231738.jpg PB060252_convert_20141229231859.jpg


ランチをいただいたら、ドライバーと待ち合わせの時間となりました


まだまだ
ドライブは続きます





旅行目次はこちら
1日目バンコクへ
2日目バリ島へ
3日目ジョグジャカルタ観光
4日目のんびりバリ島
5日目のんびりバリ島
6日目ウブド観光
7日目バリからバンコクへ
8日目バンコクから成田へ



関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

美しいライステラスのテガララン

11/6④


ウブドの街中は大渋滞
ドライバーのジーンさんの話では、
中国人観光客が増えたとのこと
これでも、人数は閑散期で空いてるよう
PB060244_convert_20141229231615.jpg


そして

向かったのは、バリでも有名な観光名所のライステラスへ

道中、お店がいっぱい並んでます

バリは銀製品・木彫り、布製品のバティックも有名で、
リクエストがあれば連れて行ってくれるとのこと




雄大な棚田のテガラランに到着~

道路から下にはお店が並び、見事なライステラスが広がってます
PB060260_convert_20150114203050.jpg


カフェがあり雄大な棚田を見下ろしてくつろいだり、ライステラスへ散歩道も続いてます
PB060266_convert_20150114203211.jpg


のんびり歩いてる方もいました
DSC00787_convert_20150114202916.jpg


日本と違い、バリは農業が盛んで、また温暖な気候から、1年を通して稲が育つので、なんと2~3期作というのに驚きました
田植えに、収穫は、田んぼによってもまちまちですが、だいたい見事な棚田が見れるそうです
PB060259_convert_20150114203006.jpg


緑にあふれて美しい眺めです
PB060268_convert_20150114203248.jpg


旅行目次はこちら
1日目バンコクへ
2日目バリ島へ
3日目ジョグジャカルタ観光
4日目のんびりバリ島
5日目のんびりバリ島
6日目ウブド観光
7日目バリからバンコクへ
8日目バンコクから成田へ





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記