リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

情緒たっぷりの霧笛楼

バンコク旅行記の途中ですが、

今回はお食事会のお話です


横浜元町の霧笛楼にランチにお邪魔してきました

元町は、横浜港に近く、開港後、多くの外人居留地ができたのと同時に、外国人向けの商店街として栄え文明開化を支えたところで
150周年以上の歴史がある商店街で、横浜を代表するハイカラな商業地の一つとして有名です
ここ元町から「ハマトラ」がブームになり、靴のミハマ、バッグのキタムラなどが、浜っ子のトレードマークとなりました


そんな元町の商店街にあるレトロなレストラン霧笛楼です
創業は1981年で、意外と新しいお店です



入口を入ると、懐かしいノスタルジックあふれるレストランバー
ここでウエイティングです
DSC08998_convert_20140331200123.jpg



レストランは、
1階
壁面にはステンドグラスがはめ込まれていて、とてもハイカラで、開港時代の古き好き横濱を思わせる内装
2階
お座敷にテーブルで個室とムードたっぷりだそうですが、残念ながら、予約が取れませんでした
3階
またパーティールームだそうで、結婚式などできるそうです



1階の店内は、少し半地下のように下がっていて、
この日はあいにくの雨模様だったので、ちょっと暗かったのが残念です
DSC08980_convert_20140331200355.jpg


ランチのコースは
5000円か、8000円(サービス料、税別)
フォアグラを頂きたかったので8000円のコース!

また、お店のコンセプトが
地産地消を大切にし、旬の素材を使って、
伝統的なフランス料理を横濱テイストでもてなしてくれる新感覚フレンチ

メニューのお品書き(クリックすると大きくなります)
mutekirou1.jpg
mutekirou2.jpg


お皿はオリジナルで、横浜らしい絵柄に色合いです
食器は横浜増田窯と宝田食器のもの
DSC00100_convert_20140331164816.jpg


ビールは霧笛楼オリジナル
黒ビールに近く、苦みのあるビールでした
DSC08981_convert_20140331165352.jpg




最初の料理

石鯛の香ばしいタルタルと生姜のブランマンジェ
トマトのガスパチョ風(胡瓜、玉ねぎ)

軽やかな舌触りでふわふわしておいしく、トマトのソースとよく合います
DSC00102_convert_20140331164914.jpg


丸いパンとバターはおかわり自由

フランス、ペリゴール産フォアグラの網焼き
春野菜(早春キャベツ、緑アスパラ)ポトフー仕立て トリュフ風味

フォアグラは焼いたあとに、スープに入ってます
普段いただくことのないフォアグラ、そのまま焼いただけのも味わいたかったかも
DSC00103_convert_20140331165034.jpg



オマール海老(尾のみ半身)のソテー 波打ち際のソース
筍のリゾットと西洋葱のエチュベ添え 小さなカップに入れたビスクスープ

オマール海老がぷりぷりして美味しく、またふわふわしたあさりのソースに葱に合いました
濃厚なスープに、筍のリゾットもチーズの焼き目がおいしいです
DSC00104_convert_20140331165129.jpg

舌平目のアンナ風焼き 2種ごま風味 バルサミコ酢ソースにて
横浜ハイカラ野菜(LED栽園)のサラダと山形県産うるいのソテー添え

絶妙な火加減で焼かれた舌平目がふわっとしたおいしさ
上に乗ったジャガイモもちょっとしたアクセントになっておいしいです
上品な葉野菜の添え物もお口代わりになっておいしいです
DSC00106_convert_20140331165217.jpg


国産牛フィレ肉のソティー モリーユ茸のソース
やわらかいお肉でナイフもいらないよう
ごぼうチップがのったソラマメにエンドウ豆の付け合わせも旬を感じます
DSC00109_convert_20140331165238.jpg


デザートは

旬の柑橘類とフロマージュブラン
白チョコレートのムースリーヌとイチゴのソースとともに


さっぱり柑橘類のソースがうれしいです
お口の中もさっぱり、おいしくおなか一杯いただきました
DSC00110_convert_20140331165313.jpg

ブラジル豆 有機コーヒー小菓子
DSC08997_convert_20140331165524.jpgDSC08996_convert_20140331165501.jpg


どれも旬の野菜と素材を生かしたおいしいお料理で、絶妙な火加減で、みんなに愛されるやさしいお味でした
お料理のタイミングも抜群で、サービスも心地よく、
タイムトリップしたような雰囲気に、時が経つのを忘れてしまいます
おいしくお料理をいただきました




関連記事

ジャンル : グルメ
テーマ : ランチ

[ 2014/04/01 17:50 ] 国内 グルメ~横浜 | TB(0) | CM(18)

美しいワット・アルン

2日目②

今回の旅行で唯一の観光「ワット・アルン」へ


王宮地区に行くには、タクシーか船です

今回は船で行行きました

BTSでサパーンタクシン駅へ行き、降りるとすぐに船着場があります


チャオプラヤエキスプレスボートは、行き先で料金が変わります
こちらも料金があがりワットアルンまでthb40(1thb=3.2円)
船内で検札も来るので、支払いはその時でも大丈夫です
DSC08830_convert_20140401202433.jpg

チャオプラヤ川は人気で、多くの観光客が乗り込んでました
端の席はいっぱいで、真ん中の席になってしまいました
川のしぶきが飛んでくることを思えば、真ん中でよかったかも!?
DSC00045_convert_20140401201554.jpg


ガイドさんが、川岸に見えるホテルやチャイナタウン、教会、マーケットの説明をしてくれるので、ちょっとした観光名所ツアーでよかったです
またバンコクの住民もチャオプラヤ川のそばに定住していて、そのやばそうな様子を垣間見れるのも楽しい!?です
DSC08844_convert_20140401203421.jpg


いよいよ「ワット・アルン」が見えてきたので、乗り換えです
岸辺に建つきれいなワット・アルンの全景がカメラに収められます
DSC00046_convert_20140402221829.jpg



今度は向こう岸への渡し舟(料金thb3)
DSC08834_convert_20140403161245.jpgDSC08838_convert_20140401204501.jpg


3分ほどで到着


本堂

巨大な2体のヤックの門番に守られた本堂
DSC00053_convert_20140402221858.jpg


観光地によくある、顔出しの記念撮影
よく見るとthb40と書いてあるので、撮影は要注意
DSC08847_convert_20140403155007.jpg



三島由紀夫の「暁の寺」の舞台として知られるワット・アルン
DSC08857_convert_20140403161511.jpg



ワット・プラケーオの黄金に輝くタイ仏教寺院とは一味違ったヒンドゥー教色の強いお寺で、仏塔は陶器の破片で覆われてます
DSC00063_convert_20140403155426.jpg


ワットアルンは、細長いクメールスタイルの大仏塔で、4つの小仏塔に囲まれてます
DSC08868_convert_20140403155614.jpg



急な階段は、登るのも降りるのも大変です
DSC00067_convert_20140401204159.jpg



細かな飾りが施されています
でもずいぶん傷んだなという印象です
DSC00064_convert_20140402222041.jpg

10年前は無料で入場できましたが、現在は入場料thb50です
維持していくには、有料になっても仕方ないですね
DSC00068_convert_20140402222538.jpg

塔からの眺めは、行きかう船がたくさん見えます
さすが東洋のベネチア!
DSC00069_convert_20140401204703.jpg

有料になったワット・アルン、遠目で見るのがきれいですね
しばし見納めです
DSC00058_convert_2014040316105.jpg




売店では

バンコクらしいお土産物屋さんが並んでます
ここで水を買おうとしたら、thb20と言われ、「向こうのほうがthb10で安い」と言ったら、thb10にしてくれました
我ながら、たくましくおばさんに近づいてると実感するこの頃です
DSC08880_convert_20140403154939.jpg


次はランチです




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2014/04/03 17:10 ] 14/03バンコク⑨ | TB(0) | CM(20)

おいしかったブルー・エレファント

2日目③

ワット・ポーは眺めるだけ眺めて、タクシーに乗りました
やはりこの辺りは混むようで、逆方向じゃないの?って遠回りしてるように走ります
でもいつも「混んでるから」とおなじ答え(笑)
thb80(1thb=3.2円)でついたので、おっしゃる通りでした

スラッサックの駅の近くにあるブルー・エレファントに到着です
DSC08882_convert_20140404131400.jpg

以前もランチで訪れたことがあり、久しぶりの往訪です
渡タイの度に、スーパーでも取り扱ってる調味料をよく買うレストランです


木目調のあたたかい家具が雰囲気を和ませます
DSC08884_convert_20140404131153.jpg

またテーブルクロスも象さんです
DSC08889_convert_20140404131308.jpg


まずは

シンハービールthb220

そして

日替わりメニューのランチセット1人thb590B(税+サービス料は別)


アミューズ
生春巻きとタイらしいすっぱいお料理??(すっかり忘れました)
DSC00073_convert_20140404125728.jpg


前菜
春巻き・海老のレモングラス添え・不思議だった紫の蒸し物、確か中は海老で、前菜に海老が二つ?と思った記憶があります
上品なお味で、スパイスが効いておいしかったです
DSC00074_convert_20140404125830.jpg


メイン
青梗菜の炒め物・イエローカレー・ジューシーに焼き上げられた鴨
やっぱりイエローカレーはおいしいです
DSC00077_convert_20140404125916.jpg


玄米のご飯に白いご飯の2種類
玄米の黒いご飯は味があっておいしいです
栄養もあるそうです
DSC08893_convert_20140404130015.jpg


デザート
ココナッツのケーキ?
DSC00079_convert_20140404200902.jpg



今回は「よく食べました」と褒めてもらいました
しかし、料理の内容がまったく覚えてません

団体さんが入っていて、にぎやかでした
ランチセットの空芯菜もなくて青梗菜になったし、
ビールもなかなか出てこなかったし、
ウエルカムドリンクはどうやら忘れられたよう・・・・
以前よりメインも一品減り、ボリュームが減っっちゃいました
ここは上品でおいしいけど、お高いレストランなので、そうそう来れないですね
またいつか往訪したいです



このあとは、


スーパーのBIG-Cで下見をして腹ごなしをしたら、

BIG-Cを横に入って曲がったところにある
忍のマッサージ「ミスターフィート」に二人して突撃です

足ツボと腕のマッサージ1時間(300thb)
台湾式でツボにはまるとうなるほど痛いです
夫は今回はかなり来たようで、「もう行くのやめようかな・・・」とぼやいたほど
DSC08896_convert_20140404131646.jpg


外に出て撮影してると「痛いから効くんだって」と歌ってます
室内にも、食後30分は施術できませんと注意書きもあるので、かなり本格的で真面目な足つぼだと思います
DSC08897_convert_20140404131818.jpg



また

この近くにレートが良いといわれる両替屋さんが2店舗あります

ここはパスポートが必要です
今回は少額だったので、パスポートがなくても両替してくれたので助かりました
DSC08900_convert_20140404201220.jpg




BIG-Cでお買い物して、いったんホテルへ戻ります




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2014/04/05 21:15 ] 14/03バンコク⑨ | TB(0) | CM(16)

かわいい八重桜

週末はすっきりしないお天気が続き、桜ももう散り始めてきました
みなさんはお花見を楽しまれましたか?
今年は、タイミングが合わず、お花見というお花見ができませんでした

ドライブがてら、東京駅に行って、皇居から千鳥ヶ淵をぶらっとするつもりが、

すごい人人人
P1010293_convert_20140407142226.jpg


まさに
「皇居の乾通り一般公開」で多くの方が訪れてました

我が家もあわよくばと思いましたが、大手門まで行ったもののすぐに撤退しました
DSC09015_convert_20140407144405.jpg

きれいになったパレスホテル
P1010283_convert_20140407143952.jpg
この辺りはずいぶん変わりました



手前の公園の

きれいな八重桜を楽しませてもらいました
P1010290_convert_20140407142021.jpg

美しくて可憐ですね
P1010287_convert_20140407142108.jpg

もう少し余韻を楽しめるかしら?




関連記事

ジャンル : ライフ
テーマ : 日々のできごと

[ 2014/04/07 15:37 ] 国内 そのほか日記 | TB(0) | CM(-)

ディープなバンコク

2日目④

夜ご飯は、今日はディープなタイ料理に攻めます!?

王宮地区にある有名なパッタイ屋さんに行きたかったのですが、
サイアム駅からバスを無駄に30分近く待ちましたが、一向に来ないので、あきらめました


そこで、

一度は食べないと気が済まないマンゴータンゴ
DSC08919_convert_20140407175237.jpg


サイアムスクエアー内で移転を繰り返し、今回もまた移転してましたが、無事に到着です
DSC08913_convert_20140407175023.jpg



時期には早いマンゴ
DSC08918_convert_20140407175148.jpg

スーパーで売ってるマンゴーのお値段と差がないので、こちらのお店は良心的?
お店でいただくマンゴーが無難でお得で、おいしくいただきました

フレッシュマンゴthb120
マンゴスムージーthb75
DSC08916_convert_20140407175057.jpgDSC00083_convert_20140407174954.jpg




そのあとは、

選択肢はいくつかありましたが、トンローの屋台に行きました

ここにも有名なカオマンガイ屋さんがあるそうですが・・・
あいにく、売り切れたのか店仕舞いした後


結局、プロームポン駅前の人気食堂イム・チャーンに突撃です
DSC08921_convert_20140407175404.jpg

ここはワットポーマッサージスクールがある近く
いつもにぎわってます

屋台をきれいにしたような食堂で、
お値段は屋台よりちょっとお高めですが、安心して食べられます

それでもお安い

今回は無難なものを頼みました
パッタイ(タイの焼きそば)thb45
パットバイガパオムーサップ(豚ひき肉のバジル炒めごはん)thb60?
DSC08927_convert_20140407175730.jpgDSC08925_convert_20140407175630.jpg

揚げ春巻き(ボケボケで申しわけありません)
ビールを頼んでも600円ほどで収まりました
DSC08926_convert_20140407175702.jpg

オイスターソースが甘目で、食べなれてるタイ料理とはちょっと違いました
出来立てでアツアツだし、このお値段でいただければ満足です
DSC08923_convert_20140407175448.jpgDSC08924_convert_20140407175536.jpg



アラブ人街やアソークの歓楽街ソイ・カウボーイをぶらぶらして、ネオンが光る怪しいバンコクの雰囲気を味わいました
ここはディープな空気が漂い、カメラを出す勇気がありませんでした(2011年の往訪時の様子はこちら)


2日目の終了です





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2014/04/09 12:45 ] 14/03バンコク⑨ | TB(0) | CM(12)