リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

心に響く大和ミュージアム

4日目①(2013年3月)

いよいよ最終日

楽しみにしていた
呉の「大和ミュージアム」まで足を延ばします

ガイドブックには電車で35分!
広島から近いと、うかつに信じ、
電車の時間も停車駅も調べなかったのがいけませんでした

駅で待つこと20分

ホームに止まってる電車も妙に新鮮
DSC00193_convert_20130527150047.jpg


やっときた呉線・普通
電車に乗り込んだものの、なんと35分どころか、1時間もかかります
のんびりした風景を見ながら、単線だ~ということに気づき、この辺りは車社会で電車を使う人は少ないのかなと思いました
DSC00198_convert_20130603171127.jpg



呉駅について、

駅ビルを抜けると、大和ミュージアムが見えてきました

受付には、ここにもエヴァンゲリオンの波が~
DSC00220_convert_20130527151321.jpg




チケット(大人なんと500円)を買って入場すると

1/10スケールの「戦艦大和
全長26.3m,幅3.9mが出迎えてくれます
P1000945_convert_20130527151607.jpg


1/10でも十分迫力があって、格好いい
その姿をいろいろな角度からおさめたくなります
入場時、二人そろって記念撮影もしてくれました
P1000944_convert_20130527151718.jpg

DSC00228_convert_20130603180454.jpg

DSC00287_convert_20130527152720.jpg

P1000949_convert_20130527151930.jpg




すぐ隣には、展示室がありますが、ここは写真撮影

呉は東洋一の軍港、日本一の海軍工廠の街
そんな歴史を物語る資料がいっぱい

世界最大のタンカーを数多く建造してきた歴史に触れたり
そして大和ができた経緯もよくわかりました

敗色濃厚となった昭和20年4月、大和は米軍機動部隊の猛攻撃を受け、坊ノ岬沖で撃沈されました
戦争で散った大和、多くの若者たちの命を落としました
大和見たさに訪れましたが、戦争にふれ、とても考えさせられました



大型展示室には、

「零式艦上戦闘機(ゼロ戦)」
P1000955_convert_20130527152216.jpg


平均年齢21歳の100名以上の尊い命が失われた「回天」
P1000956_convert_20130603173156.jpg


小型潜水艦「海龍」
P1000952_convert_20130527152020.jpg

DSC00308_convert_20130603181622.jpg DSC00260_convert_20130527152437.jpg

また

特攻で使用された兵器、特攻兵の手紙などが展示してあります


展示室のスロープを上がって2階にいくと、
たくさんの戦艦の模型が展示されています



また最後に大和シアターでビデオが上映されてました

大和の当時の生産技術に関する映像
非業の最期を遂げた大和、
その技術は、今も強い日本の礎になっています
そして、311の震災に話がおよび
強く立ち向かってほしい
乗り越えられないものはない!
と力強いメッセージ
誇らしく、とても心強かったです

大和が残した教訓を、未来へ語り継がなれけばいけませんね


所要時間2時間とありますが、いくらでも時間は足りません
時間に余裕をもって、ここはぜひ足を運んでほしいところです!!
上の階には科学の勉強もできる場所もあって、子供たちに大人も十分に楽しめるところです


おすすめキュウ親さんのレポもどうぞ!


次は潜水艦を見に行きます~



旅程
1日目
おいしかった松葉ガニ(まつや民宿)
見どころ満載の三保関
水木しげるロード
海色・湯の宿・松月~(皆生温泉)

2日目
松江城
宍道湖
平成の大遷宮~出雲大社
趣のある旧大社駅
おいしかった出雲そば
世界遺産の石見銀山
リーガロイヤル広島
おいしかったお好み焼き「八昌」
* 路面電車

3日目
美しい宮島へ(その1)
厳島神社(その2)
厳かな豊国神社(宮島その3)
もみじまんじゅう(宮島その4)
よくわからなかった!?広島のつけ麺
平和を願う原爆ドーム
シェラトンホテル広島
広島名物
*広島土産

4日目
心に響く大和ミュージアム
造船の町そして「てつのくじら館」
楽しかった見所満載の中国地方旅~最終話





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

造船の町そして「てつのくじら館」

4日目②(2013年3月)

大和ミュージアムの向かい側には、
海上自衛隊の資料館「てつのくじら館
大きな本物の潜水艦が展示してます
P1000967_convert_20130527152606.jpg


こちらは入場料は無料
DSC00359_convert_20130604183625.jpgDSC00351_convert_20130604183548.jpg


海上自衛隊の活動に歴史が展示してます
よくわかる日立が制作した動画はこちら

DSC00345_convert_20130604183334.jpg


2階

世界平和に貢献してる掃海艇

海に仕掛けられた機雷を撤去する活動をしています
戦後、恐怖の海から救い出すための除去に向かい、
掃海艇も変遷を遂げ、
現在では、無人掃海艇や、海中ロボットなどが活躍してます
今も日本の海を守り、海外でも活躍しています

説明してくれる自衛官OBの方がそばにいるので、聞けばなんでも教えてくれます
少々時間が押してたので、私たちは、足早に過ぎました



3階

潜水艦の歴史や機能、艦内での乗組員の生活がわかります


いよいよ、
2004年まで活躍していた展示用潜水艦「あきしお」に入ります
全長76m、重さ約2000t


トイレにシャワー
貴重なお水のため、節水が徹底されてるよう
DSC00313_convert_20130605173521.jpg

そして厨房
すごく小さくてびっくり
DSC00319_convert_20130604182813.jpg


その隣に士官公室
DSC00321_convert_20130604182842.jpg


三段ベッド

これは狭い・・・・
息苦しいきつい生活ですね
頭が下がります
DSC00323_convert_20130604182931.jpg



船長室でもこの狭さ
びっくり
DSC00329_convert_20130604183046.jpg


通路も狭くいろいろな配管・配線、かなり複雑です
DSC00333_convert_20130604183126.jpg

ここが、操舵部
DSC00335_convert_20130604183202.jpg



そして外が眺められる潜望鏡
これを覗きながら、海上を監視
海に浮かぶ船が見れました


ガラス張りになっていて、
地下部分に魚雷爆弾が見れるようになっていました
DSC00340_convert_20130605174105.jpg




潜水艦から展示館に戻ると、

普通の軍艦に積んでる望遠鏡で、米国軍と日本軍の精度の違いが分かるように、ふたつが並べてありました
ここでも船がいっぱいみれました
DSC00347_convert_20130604183412.jpg DSC00350_convert_20130604183455.jpg


海のお仕事は多種にわたり、また動きが取れないお仕事だけに、危険なものですね
頭が下がります

こちらも、とても興味深く、知らなかった活動を知るいい機会でした
またゆっくりと訪れたいです




またこの日は


大和ミュージアムの館内放送で、

下関の造船所で建造された新しい敷設艦「むろと」呉基地に初入港したとのこと
(下の写真かどうかはわかりませんが・・・・)
DSC00301_convert_20130604182514.jpg


そして
試験航海から帰ってきた巨大なオレンジのJMUの新造バルクキャリア「CAPE CHALLENGER II」
全長が二百数十メートルあるそうで、とても大きい
こちらは赤いので目立つのでわかりました
DSC00269_convert_20130527152520.jpg



また
アメリカ海軍第7艦隊の旗艦、揚陸指揮艦「ブルー・リッジ」も入港していたそうです
そういえば、
帰り際、イベントの準備をしていました
DSC00364_convert_20130604182712.jpg



造船の町というのを実感し、すごいな~と思いました
DSC00205_convert_20130527150320.jpgDSC00186_convert_20130520194349.jpg

時間が限られてきて、フライケーキに後ろ髪をひかれながら、広島に戻りました


旅程
1日目
おいしかった松葉ガニ(まつや民宿)
見どころ満載の三保関
水木しげるロード
海色・湯の宿・松月~(皆生温泉)

2日目
松江城
宍道湖
平成の大遷宮~出雲大社
趣のある旧大社駅
おいしかった出雲そば
世界遺産の石見銀山
リーガロイヤル広島
おいしかったお好み焼き「八昌」
* 路面電車

3日目
美しい宮島へ(その1)
厳島神社(その2)
厳かな豊国神社(宮島その3)
もみじまんじゅう(宮島その4)
よくわからなかった!?広島のつけ麺
平和を願う原爆ドーム
シェラトンホテル広島
広島名物
*広島土産

4日目
心に響く大和ミュージアム
造船の町そして「てつのくじら館」
楽しかった見所満載の中国地方旅~最終話





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

楽しかった見所満載の中国地方旅~最終話

4日目③(2013年3月)

境港と一緒の旅行だったことも忘れそうなほど長くなった
出雲~広島の旅行記
いよいよ最終話です


JR呉線快速で広島に戻り、
DSC00186_convert_20130520194349.jpg



遅くなったお昼ご飯をいただきます



最後はやはり広島焼き
広島駅近くには、ASSEビル内とひろしまお好み物語駅前広場など、お好み焼きが並ぶ屋台が並んでます

るるぶに載っていたお店の「麗ちゃん」
行き方を広島駅近くを制服を着て歩いていた方に聞くと、「あそこのビルたと思いますが・・・」
行列ができると書いてあるけど、あまりメジャーでないのね

繁華街で最後のお弁当のお買い物もあったので、
人気店のみっちゃんを目指しましたが並んでたので、
お好み村に行きました

混んでるお店もあるし、波があるので、おいしいお店かどうかは見極められません
DSC00384_convert_20130605203912.jpg


そこそこ混んでいたロン
DSC00379_convert_20130605203835.jpg

手際よく麺を炒めてますが、じっくり焼く八昌とは違い、
生地と麺が一体化してない感じ
DSC00369_convert_20130605203628.jpg


ノーマルの広島焼きとねぎ焼き
DSC00374_convert_20130605203757.jpgDSC00371_convert_20130605203713.jpg


混んでいても、八昌は並ぶ価値があるなと思いました


次は、

宮島で食べれなかったお目当てのアナゴ飯を求めて

三越の「うえの」へ
P1000973_convert_20130605204302.jpg
駅では違うメーカーのが売ってますが、やはり名店うえので食べてみたい!
食べ物の恨みはというので、ネットで買えるところを探し出しました
新幹線の中でいただきます~


最後になり、

ホテルで荷物を受け取って、新幹線14:37に乗り込みます

帰りは、ちょっと広めのグリーン車
やっぱりシートがよくて楽でした
DSC00388_convert_20130605204051.jpg


お楽しみのビールとうえののアナゴ飯(小))1270円をいただきます~

うえののアナゴ飯のパッケージは、年ごとによって違うよう
懐かしいレトロな歴史に触れたパッケージを楽しめます
DSC00396_convert_20130605204131.jpg

お味は、冷めてしまったからか、ふわふわのアナゴではなく、少し硬いアナゴ
でもたれもうなぎのように甘すぎず上品な味付け
あなごだけにすこしお高いな?と思いました
いつか温かいのを食べたいです
DSC00400_convert_20130605204207.jpg


今回の旅行は、
歴史に触れて、どこも心に残るものとなりました

なかなか遠いですが、ぜひ足を延ばしてほしいです

長々お付き合いありがとうございました

いよいよGWバンコク旅行記へ~


旅程
1日目
おいしかった松葉ガニ(まつや民宿)
見どころ満載の三保関
水木しげるロード
海色・湯の宿・松月~(皆生温泉)

2日目
松江城
宍道湖
平成の大遷宮~出雲大社
趣のある旧大社駅
おいしかった出雲そば
世界遺産の石見銀山
リーガロイヤル広島
おいしかったお好み焼き「八昌」
* 路面電車

3日目
美しい宮島へ(その1)
厳島神社(その2)
厳かな豊国神社(宮島その3)
もみじまんじゅう(宮島その4)
よくわからなかった!?広島のつけ麺
平和を願う原爆ドーム
シェラトンホテル広島
広島名物
*広島土産

4日目
心に響く大和ミュージアム
造船の町そして「てつのくじら館」
楽しかった見所満載の中国地方旅~最終話





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

とても落ち着くザ・スコータイホテル(バンコク)

2013年GWバンコク旅行記に突入です

夫が風邪をひいて病み上がりだし、
私は階段から落ち、
一時期はどうなることかと思いましたが、成田12:00発無事に出発しました

今回も観光なしの、のんびりの旅行となりました


ホテルはタクシーありき!と足が不便なものの、
一度泊まりたかったザ・スコータイホテル

エグゼクティブデラックスルームが、普段よりお安い金額のものを見つけ、少々リッチな気分を味わえそうです


5月3日


タイ航空でバンコクへ

スワンナプーム空港からタクシーに乗り込み、
夕方とあって、空港近くの高速道路から渋滞が始まってます
今回の渋滞は今までになくひどく、1時間半もかかりました
DSC00551_convert_20130607200149.jpg


大通りに面してるホテルですが、
敷地に入ると並木道が続き、タイスタイルの一軒家レストランを通りぬけ、バリ!?のような別世界
少し奥まったところにエントランスがあります
P1010070_convert_20130607201058.jpgP1010071_convert_20130610171101.jpg


古代都市スコータイをモチーフにしていて、あちこちに黄金時代を偲ばせるストゥーパ(仏塔)やパゴダ(仏像)を再現していて、エレガントな中にも、タイらしい演出がとても落ち着きます
DSC00624_convert_20130607201451.jpgDSC00730_convert_20130607213633.jpg

廊下にあったレリーフとお部屋にあったレリーフ
なぜか落ち着くので好きです
DSC00627_convert_20130607210450.jpgDSC00635_convert_20130610183948.jpg



客室棟に取り巻かれた中庭は、手入れが行き届いています
DSC00615_convert_2013061017190.jpg


静けさ漂う廊下
DSC00621_convert_2013061017154.jpg




お部屋に行くには

外廊下を通り、ロッジにいるような吹き抜けになってます
P1010018_convert_20130607202056.jpg



中は76㎡あるので、とても広い~
DSC00631_convert_20130607210556.jpgDSC00566_convert_20130610181803.jpg
DSC00655_convert_20130607201707.jpgDSC00565_convert_2013061018173.jpg



テレビは回転するので、休む時と、ソファーでくつろぎながらと、両方向で楽しめます
P1010030_convert_20130607210839.jpg



水回りは

真ん中にソファーが置いてあり、大きなお部屋になってます
洗面所も二つ、女性に配慮してコットンやドライヤーがセットされてます
トイレも二つあるので、準備するのに困りません
DSC00556_convert_20130607211131.jpgDSC00564_convert_20130607211439.jpg


毎日差し入れられる生チョコに果物
コーヒーなどの飲み物は無料
生チョコとおいしくいただきました
DSC00590_convert_20130607221235.jpgP1010006_convert_20130607221420.jpg
DSC00663_convert_20130607201807.jpg



ネットもフリー
案内してくれたスタッフが丁寧に接続方法など教えてくれました
またこまめに水も補充してくれて、助かります
ここのスタッフもみなさん、とても親切で感じがよく気持ちがよかったです


大通りに面していても、とても静か
病み上がりでなければプールで浸りたい~
DSC00632_convert_20130607210725.jpg


何より訪れてる人がとても静かでマナーがあります
交通の便云々でなく、
好んでここを選んでると思います


またのんびり訪れたいホテルです



レストランや朝食の話はまた後日~





関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2013/06/10 18:40 ] 13/05バンコク⑦ | TB(0) | CM(20)

やっぱり本命はバーンカニタだった!?

5月3日②

前回、アソークのバーンカニタがおいしかったので、

今日の晩御飯は、

ホテルの近くにあるバーンカニタギャラリー
DSC00583_convert_20130607221044.jpg



ここはギャラリー、ショップがあって、
絵画が多数展示されています

吹き抜けの解放感のあるメインダイニングにある絵画、
かなりの額になるそうです
店内は本店よりも明るく、天井が高いので広々しています
DSC00575_convert_20130607220633.jpg


メニューに写真が少なく、選びにくく、本店とはメニューも異なるようで、選ぶのに苦労しました
無難なものに、海鮮は複雑でわかる英語を選んだけど・・・・
スタッフも本店ほど愛想がよくないです・・・


まず最初にナッツなど葉っぱにのせていただく前菜
本店より量が少ないのは気のせい??
DSC00570_convert_20130607220540.jpg


トートマンクン(海老のすりみあげ)THB240
あつあつさくさくでおいしい
DSC00576_convert_20130607220717.jpg

ソフトシェルの炒め物THB580
やわらかくておいしいけど、少々食べにくいし辛かったです
夫は少しでアウト
DSC00578_convert_20130607220823.jpg


えびのハーブ炒め?THB720
これは、ちょっとはずした予感
前回のものと同じものはなく、あたりを探すのは難しい・・・
DSC00581_convert_20130607220948.jpg

無難にパッタイ(タイの焼きそば)THB240
これは王道なので、おいしいです
DSC00577_convert_20130607220748.jpg


ご飯2*THB80



無難に本店のほうがいいな~と思いました



さてさて
毎度おなじみのヘルスランドの足つぼマッサージへ

今回のお店はサトーン店
DSC00589_convert_20130612184003.jpg

建物の造りに受け付けは、どこも同じです
DSC00586_convert_20130607221141.jpg


少々お値段が上がりました

でも、今回の担当者にほとんどはずれはなかったです

一度のはずれはまた後日・・・・







ホテルまでタクシーで戻りました
ホテルは一通なので、Uターンしなくてはなりませんが、タクシー代が安いバンコクならそれほど影響はないです



関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2013/06/12 18:52 ] 13/05バンコク⑦ | TB(0) | CM(8)