リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

GW前半は群馬県に行ってきました~

明日からはGW後半ですね。
前半はいかがお過ごしでしたか?

東名高速はいつも混んでるし、
東北道はきっとボランティアで混んでるし、
群馬県の北のほうの水上温泉が比較的空いてると聞いたので、群馬県をぶらぶらしてきました。
一デジは持っていってたものの、コンパクトデジカメの充電器を忘れ・・・
何かしら忘れ物の多いこのごろです

水上温泉から近い谷川岳に行ったり、
尾瀬まで足を伸ばせばいい?なんて思っていたら、とんでもない。
調べてみると、まだまだ雪景色?
行くまでの道は大体は整備されてますが、いまだ封鎖されてる道路もあり、まだまだお花を楽しむには早かったようです。


とはいっても、

せっかく行ったからには、谷川岳には登って来ました
もちろんリフトを乗り継いでの軽装で、谷川岳の頂上に歩いてきました。
まだまだスキーやスノボードを楽しんでる人が多く、山登り好きな方にはスノーシューなどいいと思います。
お気楽な我が家は、ロープウエイ乗り場のついたところに長くつが用意されてましたけど、そのままGO。
きれいな雪景色を楽しんできました。

谷川岳にお出かけの方は雪景色を楽しんできてください。
IMG_5601_convert_20110502213821.jpg


あとは、

吹き割れの滝~赤城山~榛名神社を周ってきました。
伊香保温泉のあたりメジャーな観光地になると、そこそこの人出でにぎわってました。

詳細はまた後日、お付き合いください

  楽しいお休みをお過ごしください




本日はおまけ画像があります。
パソコンでは顔文字があって便利ですよね。
でも元祖は、「へのへのもへじ」ですよ!
そんなで盛り上がるこのごろ。

おなじ原理で
 しめしめうひひ
 めりめりひつじ
と顔をかいてみてください

くさなぎ画伯も顔負け・・・?

Read More

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : マイカーでの旅

[ 2011/05/02 21:51 ] 国内 11年04月群馬 | TB(0) | CM(18)

工事だらけの丸の内でランチ

連休前に東京丸の内にお出かけしてきました
昨年から続いている工事だらけの東京駅の丸の内側。
東京駅は日本の中でも赤レンガ造り駅舎は好きですが、
これでは味も素っ気もありません
DSC00914_convert_20110422184440.jpg


目の前は日本生命ビル
DSC00912_convert_20110427174340.jpg


奥にはオアゾができたり
めまぐるしいほどのおしゃれに変わり、10年前とは大違いです。

丸ビル新丸ビル
DSC00913_convert_20110422184408.jpg


丸の内もブティックが建ち並び、
おしゃれなオープンテラスのあるレストランも増えました。

前から気になっていた東京ビルTOKIAの行列の出来る店
ブーランジェリ・パティスリー・ブラッスリー
やっぱり混んでました。
パンはフランスと同じ機械を使って焼いてるそう。お味もいいけどお値段もいいらしい~。
受付スタッフが感じも悪いし、待ちそうなので撤退




三菱ビルまでちょっと歩き

オープンCAFEで明るい
 「メゾン・バルサック」MAISON BARSACへ

ランチメニューの看板も丸の内にしてはやさしい?
DSC00908_convert_20110422184242.jpg DSC00910_convert_20110422184318.jpg


陽気もよくなって、テラス席も素敵です。
お店は1F・2Fとあり、1Fはカジュアルに 2Fはコースでいただけるそうです。

1階に案内され、開放的できれいです。
ここはあいにくというか、望んでの喫煙席です
DSC00901_convert_20110427175126.jpg DSC00902_convert_20110422183939.jpg



ランチ1200円ドリンクとサラダつきを頼みました。
DSC00903_convert_20110422184015.jpg


夫はペンネアラビアータ ほたるいか添え
ほたるいかは旬ですが、夫が選ぶとは・・・・
案の定、ほたるいかは私の胃袋に
私もしゃことかほたるいかはあまり得意ではないんですが・・・
おいしくいただきました。
こちらはパンがつきます。
DSC00906_convert_20110422184145.jpg


私はベーコンとピーマンのケークサル
ケーキサルとは、野菜をふんだんに使ったフランス風おかずケーキ。キッシュのイメージです。調味料を感じず素材を生かしておいしかったです。でもちょっと物足りないような・・・。
あとは、
おいしいけど、スプーンが大きすぎて飲みにくかったかぼちゃのスープ。
DSC00907_convert_20110422184212.jpg


お店の方は、はきはきして応対がよかったです。
お味も凝ったお料理という感じで、可も無く不可もなく、おいしくいただきました。
口コミはこちら



にも皇居あたりを散策しましたが、
たまにはおのぼりさん気分でいいものです




関連記事

ジャンル : グルメ
テーマ : こんな店に行ってきました

[ 2011/05/04 23:39 ] 国内 グルメ~都内 | TB(0) | CM(24)

すごかった吹割の滝へ 群馬①

ちょこちょこ出かけていたGWですが、さすがに疲れがでて、激しい胃痛で倒れてました
海外では動くので消費するものの、日本での食べすぎは要注意です。
皆様は楽しくお過ごしのことと思います


まずは、2泊3日でマイカーで出かけた群馬旅行です。
去年よりよかったのは、前日の朝に予約をしたこと
そして調べてみると、行こうと思っていた谷川岳にはなんと雪が残っていて、まだまだスキーシーズンというから後悔しました
しかし、ホテルに電話をしてみると、道路はだいたい通ってるというので安心して決行

朝早い出発は無理かと思いましたが、それでも、午前6時前に家を出ました。
環八を通って関越自動車道に乗りますが、そこそこの車の量。
関越に乗ってからも混んでたものの、去年のように止ってしまうことはなく、そこそこ土日の混雑並みに二時間半で群馬の赤城SAに到着です
雪が残りきれいな風景です。
右の赤城山は、富士山のようにどこからみても形がいいというわけではありませんが、山らしいですね
DSC01010_convert_20110506170915.jpg DSC01015_convert_20110506171149.jpg



最初に向かったのは、

東洋のナイアガラといわれ、国の天然記念物に指定されてる

 吹割の滝(ふきわれのたき)


大きな地図で見る

東洋のナイアガラって言うのは、大げさなような気はしてましたけど・・・
過度な期待は禁物です
2000年のNHK大河ドラマ「葵徳川三代」のオープニングにも登場しました。

吹割の滝の説明をちょっとすると、
 群馬県沼田市利根町にある滝
 高さ7メートル、幅30メートル
 奇岩が1.5キロメートルに渡って片品渓谷にかかる
 河床を割くように流れ、水しぶきが吹き上げる様子から名付けられた

駐車場はおみやげ物屋と併設しているところは無料のところもありましたが、停めたところは有料でした。

教えてもらった階段を降りていくと、滝が見えてきました。
ガイドブックでは一周できるそうで、
降りたところからは、滝側へは進入禁止の看板があったので、メインは後回しに素直に浮島橋にすすみました。
浮島橋途中から、吹割の滝の方角を眺めます。
ここは滝壺から落ちてくるのを見上げるのでなく、落ちていくのを楽しむ滝です。
目の前には「千畳敷」と「夫婦岩」が見えます。
滝の音が聞こえ、のどかで癒されます。
DSC01019_convert_2011050617182.jpg IMG_5516_convert_2011050617191.jpg


浮島観音堂
DSC01020_convert_2011050617202.jpg


そして、
2番目にあたる吹割橋を渡り、階段を上っていくと


詩のこみち

「全国ふきわれ俳句大会」入選者の句碑が建立されますので、自信のある方は参加して是非句碑を!
DSC01031_convert_20110506172718.jpg



しかし、ここまで来て結構な距離や上り坂なので、ちょっと後悔・・・
写真が多くなってしまったので割愛しますが、気楽に下だけ見ておけばよかったかな~と後悔しました


いよいよ第1観瀑台

吹割の滝を眼下に一望できる絶景ポイント
IMG_5524_convert_20110506172848.jpg


さらに第2観瀑台

鱒飛の滝が見えます。
IMG_5530_convert_20110506173357.jpg


生い茂る木々を見ながら、下に流れる滝の音を聞きながら歩きます。
東洋の滝と言われるだけあって、距離は長いです。


そして、終点の出口?もしくは入口にあたる十二様
DSC01048_convert_20110506175753.jpg


こちらもどうやらメインの滝を見ずに来てしまい、回り方をあやまったようです。


駐車場に戻る途中の吹割大橋からの景色
緑が深くてきれいです。
今から人が立ってるところに降りて行きましょう。
IMG_5534_convert_20110506173512.jpg DSC01052_convert_20110506180610.jpg


道路沿いを歩き、駐車場手前の坂を下っていくと、お茶屋など並んでちょっとにぎやかです。


先ほども書きましたが、
滝壺から見上げるのでなく、白いしぶきが落ちていく様子を楽しむ滝です。
IMG_5542_convert_20110506180837.jpg


鱒飛の滝

遡上してきた鱒がここを越えることができずに止まってしまうことから、「鱒止の滝」と呼ばれていた
IMG_5545_convert_20110506182216.jpg


奇岩が連なる獅子岩と呼ばれる岩壁群
遊歩道をあるいてると、轟音とともにすごい水しぶきです。
IMG_5557_convert_20110506181001.jpg


いよいよ、

ハイライトの吹割の滝
IMG_5566_convert_20110506181146.jpg

この滝は、凝灰岩、花崗岩の河床上を流れる片品川の清流が、岩質の軟らかい部分を浸食し、多数の割れ目を生じ、あたかも巨大な岩を吹き割れたように見えるところから、「吹割の滝」の名が生まれました。
そこに向かって河川が流れ落ちるその姿から「東洋のナイアガラ」とも言われてます。
写真では迫力不足ですが・・・
東洋のといわなければ、水量も多く距離も長いので中々の滝です
IMG_5568_convert_20110506181243.jpg



効率が悪かったようですが、1周2Kmの遊歩道を楽しみました。
周り方はこちらを参考にしてください。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : マイカーでの旅

[ 2011/05/07 22:52 ] 国内 11年04月群馬 | TB(0) | CM(18)

雪の谷川岳へ 群馬②

吹割の滝を後にして、
ご飯を食べるところを探しながらのドライブです。
一番のお食事どころがあっただろう沼田を通り過ぎてしまい・・・
目指すは谷川岳

しかし谷川岳での食事は期待できないので、水上温泉駅で車を停めました。
時間も早かったせいとは考えにくく閑散としてました。
なんとなくお店には入りそびれ・・・
馬がおいしそうにお昼を食べてるのを横目に、駅を後にしました。
IMG_5576_convert_20110509095026.jpg IMG_5577_convert_20110509095150.jpg



吹割の滝から2時間ほどで

谷川岳ロープウエー乗り場に到着です。
(ここから先の道路は積雪のため、通行止めです。)
古いロープウエーがお出迎えです。
DSC01138_convert_20110509104246.jpg IMG_5644_convert_20110509103921.jpg


インフォメーションセンターで話を聞くと
DSC01142_convert_20110509104052.jpg

まだまだスキーシーズン。
軽装でハイキングは無理との話。

ここで悩みどころ

なんとロープウエー料金は一人往復2000円
さらに頂上までのリフトは往復400円だったか、お金がかかります
しかし~
「リフトでは迫り来る雪の壁を体感できて、きれいです~
との話。
二度目はないかもしれないので、大枚叩いて行くことにしました



谷川岳は日本百名山のひとつ
鋭く美しい山容とシルエットで、標高は2000mにも満たないけど、全国のアルピニストから人気です。
しかし、急峻な岩壁と複雑な地形で、遭難者の数は多くて有名です。

夏場は、比較的低い標高でも高山植物が観察でき、
冬はスキーとスノーシューと、
首都圏から近いこともあって多くの人が訪れます。
そのなかでも一の倉沢からの景色は有名です。


ロープウエーは、22人乗り。7分で天神平に到着します。
誰もいないかといそいそと乗り込んだら、先客1組ご夫妻がいました。

乗ってると、7分という時間は結構長く感じ、
山岳に建つ支柱はどうやって埋め込んだんだろうとか・・・・
ヘリコプターで埋めたとか・・・・
険しくなっていく風景に、ここで停電にあったらどうしよう
など、お互いぼそぼそつぶやきあい、楽しさ半分、早くつかないかちょっと気がかりでした。
IMG_5635_convert_20110509104750.jpg



ロープウエーを降りたところには、
長靴もM・Lとおいてありましたが、水虫移りそうだから
そのままGO!

天神平は一面の雪
やっぱり本格的なスキーを楽しむようです・・・・
やわらかい雪に足が埋もれます。
こちらのご家族は、先ほどの長靴を借りたようです
DSC01086_convert_20110509194550.jpg

それでも雪が積もった美しい谷川岳にうっとりです。
DSC01125_convert_20110509152628.jpg



ここのカフェテリアで、お昼ご飯

500円か1000円のカレーか牛丼、そしてセットもありました。
500円の牛丼とカレーを頼みましたが、お味はこんなもの
十分な量でした。
きれいな谷連邦を眺めながらの贅沢なひとときです。
DSC01088_convert_20110509153218.jpg DSC01090_convert_20110509153144.jpg



ここまで来たら、
今日から再開された峠リフトに乗って頂上まで上ります。
IMG_5623_convert_20110509104858.jpg


下のほうは雪がないけど・・・

上に行くにつれて、雪の壁ができてます。
ここで、雪の壁に手が届くので、思わず雪の塊を握って・・・
IMG_5589_convert_20110509195223.jpg IMG_5593_convert_20110509100631.jpg



頂上につくと、一面深い雪です。
IMG_5609_convert_2011050915385.jpg DSC01116c_convert_2011050916504.jpg

さきほど↑見えた休憩所らしき、ここが頂点。
のぼっていくと、
DSC01110_convert_20110509172952.jpg

本当にきれいでした。
IMG_5601_convert_20110509153757.jpg


リフト乗り場近くには、神社がありました。
ここも、雪の壁を通ります。
DSC01099_convert_20110509152943.jpg DSC01102_convert_20110509153012.jpg

しかし、この先からの景色は、見えてる岩肌と雪のバランスが美しい絶景でした。
ちょうど雲が切れたりかかったりしてましたが、雪山を眺めることができました。
IMG_5597_convert_20110509153548.jpg




リフトを下って降りましょう。
さー、行きはよいよいと言ったものの・・・・
まさにその通り。
急激に下降していく景色には足がすくみ、腰がひけそうでした
IMG_5618_convert_20110509154137.jpg




帰りのロープウエーは貸切。

迫ってくる谷川岳を眺め、すれ違うロープウエーが絵になりました。
DSC01134_convert_20110509104333.jpg




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : マイカーでの旅

[ 2011/05/09 20:42 ] 国内 11年04月群馬 | TB(0) | CM(25)

水上高原ホテル200と赤城山へ 群馬③

群馬旅行1日目

朝は早かったので、ホテルにチェックインしてゆっくりします
水上温泉は空いているという母の言葉・・・・
昔からお手ごろで有名らしい「水上ホテル聚楽
さすがにGW繁忙期お値段もそこそこいいです

だいぶ水上温泉街から離れているけど、
お手ごろな2食付一人10,000円を切るプランの旧プリンス系の水上高原ホテル200にしました。
ゴルフ場らしいので、きれいさを求めただけなのでゴージャス感は期待できません。
IMG_5655_convert_20110510160427.jpg

ホテルに着くと車の数も多く、チェックインも並んでました。
今日周ったけど、どこにそんなに人がいたのでしょう?
電気自動車もばっちり充電できるようです
DSC_0049_convert_20110510160831.jpg DSC_0047_convert_20110510155719.jpg


部屋はこぎれいに整頓されてました。ちょっとベッドが低いのが気になったくらいです。
期待してなかったので、ウォシュレットにはびっくりしました。
DSC01144_convert_20110510160226.jpgDSC01145_convert_20110510160317.jpg


部屋にはユニットバスがついてますが、
温泉に入ってゆっくりできます
お会計時に入湯税150円徴収されました。
温泉では、いろいろなグッズを楽しむのもひとつですが・・・
洗った顔にクリームを塗ったつもりが、なんとまたファンデを塗ってしまいました

そして予約制のビュッフェスタイルの晩御飯。
コンデジを持っていこうとしたら充電器を忘れてしまい・・・・テンションダウン
仕方がないので、スマホで写真撮影です。
ちなみに電池のバッテリーがわずかしか持たないこちらのカメラ。2日目以降はイチデジの補助でしたが、だましだまし3日間持ちました。基本は一日のようです。
でも気温があがると、バッテリーの容量があがっていいようです

肝心のご飯ですが、
ローストビーフやお刺身、イタリアン、なんでもあります。
HPほどおいしそうではないけど・・・・まーまーでした。
DSC_0036_convert_20110510155629.jpg DSC_0043_convert_20110510155446.jpg



翌朝は、

7時バイキングオープンと遅いので、ちょっと出遅れると待たされてました。
日本はやっぱり浴衣のまま食事に来てました。

外を散歩してると、リゾート気分で空気が澄んでいい感じです
まだ雪も残るこの季節、子供たちはミニソリで遊べるとの触れ込み。
また、かまくらもありました。
DSC_0054_convert_20110510160905.jpg DSC_0056_convert_20110510160944.jpg



これから、

20年ぶりに赤城山へドライブです。

榛名山、妙義山と並び、上毛三山の一つで、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれてます。
北側から入ったため、アップダウンとカーブが激しく、運転の技術を試されてるようなドライブコース。
もちろん私は運転できないし、記憶もあまりありません

大沼が見えてきました。
IMG_5661_convert_20110510161222.jpg


大沼に到着です。
大沼にかかる橋をわたると赤城神社です。
橋を渡ると大きな鯉がよってきます。
みると、とっても肥えて栄養はよさそうです。
ここはワカサギ釣りでも有名です。
DSC01147_convert_2011051110362.jpg IMG_5673_convert_20110510161423.jpg



赤城神社
DSC01151_convert_20110511103718.jpg IMG_5674_convert_20110510161519.jpg

今日はお天気がいまひとつなのが残念。
大沼の輝きも、写りこむ山の姿が眺められないのが残念でした。
IMG_5670_convert_20110510161333.jpg


小沼に車で移動します。
こちらも春とは思えない薄暗く哀愁が漂ってました。
太陽の力はすごいですね。
IMG_5677_convert_20110510161616.jpg


お天気がよければハイキングでもして、美しい風景を~と、
今回はお気楽ドライブで終ってしまいました。
時期的には一番中途半端だったようです。

2日目観光はまだまだ続きます~。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : マイカーでの旅

[ 2011/05/11 14:26 ] 国内 11年04月群馬 | TB(0) | CM(28)