リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

昨日の御披露目

12月1日

昨日はちょっとお出かけ。

横浜駅で待ち合わせをしたのですが、
横浜駅改良工事のため一時撤去していた「赤い靴はいてた女の子像」が横浜駅中央口に復活し除幕式が行われる前でした。
映画の予約をしていたため、除幕式には立ち会えませんでしたが、
ガス灯と小さなブロンズの女の子が復活していて、通りがかる人は、山下公園と一緒だ~とか、いつできたの?なんて大盛り上がりでした。
待ち合わせに使われるにはちょっと小さいかな?
RIMG0500_convert_20101202101202.jpg


そして、

本当は横浜美術館のドガ展に行くはずがチケットが見つからず、映画を見に行くことに

映画SPACE BATTLESHIP ヤマト」が公開され、

ファーストデーの恩恵にあずかり、さっそく見てきました。
席はほとんど満席。女性客が多いですが、男性客も見えてました。

もちろんヤマト世代でいろいろな思いがありますが、小さかった頃に放送していたため、話の内容は理解してなくて、覚えてるような覚えてないような。でも、また再度アニメも含めてみたくなりました

実写版の映画は無理があるだろうと期待はしてませんでした。それにキムタクですものね。好き嫌いはっきり分かれると思います。
はじまりは、やっぱり無理がある?感じで、
でも
波動砲発射したり、ワープしたり。やっぱりヤマトわくわくします。

中盤以降、アルマゲドンと重なり、どんどん引き込まれていきました。そして犠牲になる人の命の重さを身にしみました。平和な私たちに訴えるような作品です。

きつい感じのゆきや軍医の一升瓶をかかえてる沢渡先生、アナライザーにはびっくり、やっぱり映画用にアレンジしたらしく、それにあれだけの大作を2時間18分で表現しようとするのは無理があり、ヤマト大好きな方には違和感があると思いますが、

思ったよりもってほめ方でいいのかわかりませんが、
よかったですよ~!
毛嫌いせずに足を運んでみるといいと思います!


と、おいしいランチにはありつけなかったのですが、

興味のない方には大変失礼しました~。思いっきりスルーしてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ夜には旅ネタアップできるようがんばります
にほんブログ村




関連記事

ジャンル : 日記
テーマ : お知らせ・紹介

[ 2010/12/02 10:30 ] 国内 グルメ~横浜 | TB(0) | CM(12)

オーチャード散策

11月20日PM2:00(vol5)

シンガポール一の繁華街「オーチャード」に向かいます

こちらは地下鉄MRTの駅です。
IMG_4747_convert_20101127230607.jpg

MRTと新しくできた巨大ショッピングセンターアイオンはB2で直結してます。
IMG_4760_convert_20101130160437.jpg


朝も行ったアイオンのB4のフードオペラで、お昼ご飯です。
少し時間がずれてるものの、大混雑です。
こちらは、ホーカーセンターをイメージしたような食のテーマパークのよう。

チキンライスにバクテー、ラクサなど、いろいろなお店が並んで悩ましくて決められません
もうこうなったら、るるぶ頼み。(一応マまっぷるも買いました)

ベストホッケンミーに何度も選ばれたという「ヨン・ヘン・フライド・ホッケン・プロウン・ミー」に並びました。
米麺をシーフードたっぷりの出汁で炒め煮したホッケンミー
ホタテがのった豪華版$8(512円)を頼みました。チリペーストを混ぜていただくと辛味もまし、出汁がでているのでとてもマッチしておいしい。やはり、あながちガイドブックも間違ってないようです。(11/08月、他のお店に変わってしまいました)
RIMG0101_convert_20101202161935.jpg


気をよくして、もう1軒
ベストフードに選ばれた「リーシン・テオチュウ・フィッシュボール・ヌードル
今度は、もちもちのフィッシュボール入りの麺フィッシュボールヌードルS$5(320円)。麺は細いものから太いものまで選べます。
お味は、まーまーおいしい。このお値段なら納得のおいしさです!
RIMG0102_convert_20101202162036.jpg



そして、

おなかもいっぱいになり、アイオンではB2の靴屋さんを物色。

オーストラリア発のルビシューズ
カジュアルすぎて、イメージと違いすぐに撤退。
それにしても、フロアが大きく、いろいろなお店が多く出店していて、ウィンドーショッピングするにはかなりの体力が必要です。
RIMG0114_convert_20101202162306.jpg


地上を散策です。
面白いビルやクリスマスの飾り付けをした通り。とてもにぎやかです。
IMG_4752_convert_20101127230726.jpg IMG_4756_convert_20101127230813.jpg



これが、アイオンの目をひく輝くような外観です。それにしても大きいです。
IMG_4750_convert_20101127230646.jpg



正面に渡ると、

さきほどみえてた大きなクリスマスツリー。通りにもイルミネーションが飾られ、ツリーもあちらこちら、街はもうクリスマス一色でした。暖かいところできく、クリスマスソングは初めてで、寒いイメージがあるので違和感を感じました。
IMG_4768_convert_20101202175120.jpg IMG_4764_convert_20101130160534.jpg


また、カラフルなオブジェも。
モデルさんのようにポーズを取って写真撮影です。なかなかどいてくれないので、このまま載せちゃいます
IMG_4770_convert_20101130160650.jpg


と思ったら、通りをふさぐ青い軍団がうじょじょいるじゃないですか。
何かのパフォーマンスかと思ったら、CityBankの宣伝でした。でも、ときどき動くので面白かったですよ。
IMG_4771_convert_20101130160852.jpg



日本でもおなじみ高島屋にようやく到着です。
IMG_4775_convert_20101130160934.jpg

なんだかほっとするような。

ロビーには大きなクリスマスツリーが飾ってあります。
IMG_4988_convert_20101202180019.jpg

やっぱりここでも靴探し。お目当ての靴には出会えず。
地下二階のスーパーマーケットを見に行きました。
朝ツボにはまったカヤジャムも出してもらったものの、おいしいかどうかわからないので、ここでも何も買わずに撤退。それにしても日本の即席麺がものすごく高く売っていてびっくりしました。


ほっとしたのもつかの間。入ってみると、あまりの大きさにびっくり。
これでは買う気も失せてしまいます。

高島屋の地下のフードビレッジで、一休み。
マンゴーのカキ氷をいただきました。
台北で食べたマンゴのカキ氷が頭から離れず、甘いしちょっとがっかり
RIMG0136_convert_20101202180912.jpg IMG_4782_convert_20101130161409.jpg



次はシンガポール土産を探し求め、

マンダリンギャラリーのメリッサ

日本人好みというので行きましたが、ここはこじんまりした小さなお店。
ほしいものもなく撤退。

もうすでに体力の限界。


MRTに乗ってホテルに戻ります。

ホテルの最寄の駅のプロムナードに着くと、カルフールがあることを発見。
一応入ったものの、ここも大きすぎます~
ここでは何か握ったものの、面倒だったので撤退。
RIMG0139_convert_20101202162513.jpg


どこもかしこも半端なく大きく、購買意欲がわかずに・・・・
こんな堂々巡りです。

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ応援よろしくお願いします
にほんブログ村




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/12/02 22:28 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(12)

一番人気のナイトサファリへ

長い夜の始まりです。夜もなぜか二部作になります。

11月20日PM5:30(vol6)

一旦ホテルに帰り、ふと一息
横になったら寝てしまいそうな勢いです。
そんな眠りにおちそうなつかの間も、ベッドキーパーに起こされ、


PM6:00

評判のいい
 必ず訪れたいというナイトサファリ


ホテルからタクシーで行き先を告げると、ドライバーも鼻笑いでにんまり。みんな行くのでしょうね~。
ピーク時の利用だったため、追加料金がかかったのに、びっくりしました
(バスで行かれる方はBushubでスケジュールを確認してください)


ナイトサファリとは、

シンガポール動物園に隣接し、日没からオープンする、世界で初の夜の珍しい動物園。
ジャングルに生息する動物の夜の生態を間近で見られるのです!

オープン早々は混雑し、夜行性の動物はオープン間近より時間が経ったほうが元気になるので、遅くなったほうがいいとのことですが、早くみちゃいたいというせっかちな思いは一緒なのでしょうね。もうすでに到着した人で混んでました。
バス乗り場と(写真左)とあちらこちらでよく見る看板です。
RIMG0144_convert_20101203141333.jpgRIMG0145_convert_20101203141438.jpg

入口付近には、写真撮影のスポットがあります。
IMG_4845_convert_20101203140546.jpg


中に入ると、楽しそうな雰囲気~
IMG_4788_convert_20101130161523.jpg



早速チケットを購入です。
シンガポール航空のチケットを見せると割り引いてくれます。
トラム乗車つきのチケットを購入しました。

そして、チケット購入後、日本語のトラムツアーを後ろのデスクで予約し、シールをもらいました。


<ショーを含めたお勧めの回り方を聞くと>
19:30
 アニマルショー(クリーチャー・オブ・ザ・ナイト)
20:20
 日本語のトラム
21:00
 炎のトライバルショー

をみるプランを薦められ、その通りに過ごします。



入口付近には、

炎のトライバルショーの始まりを待ってる人が多くいます。
IMG_4790_convert_20101203135434.jpg



19:00すぎ、
 アニマルショーが始まる入口に向かうと、すでに長蛇の列。
 開場を待ちます

シートは雨が降った後なのでうっすら濡れてましたが、暑いので大丈夫。気にせず着席です。
会場内は動物への影響を考え薄暗いです。
やはり動物へのストレスを考え、フラッシュ撮影は禁止。要注意事項です。
IMG_4796_convert_20101203135630.jpg


いよいよショーの開始です。

後ろに張られたロープに突如動物が現れたり、
観客の子供の手からえさをかぎわける動物。ご褒美に、彼女は照れながら、かわいいぬいぐるみをもらってました。(写真右)
観客参加型のショーになっていて、観客席にもいろいろ仕掛けがあり、いろいろな物が飛び出します
IMG_4801_convert_20101203135737.jpg IMG_4804_convert_20101203135822.jpg


このショーでは嫌な予感がしていたのは、ガイドブックにも散々載っていたのですが、ヘビが登場するかもしれないこと。私は前世になにかあったのではと思うほどヘビが大嫌い。祖母もそうなので強烈な遺伝かもしれません・・・、テレビや映画で写るだけでも嫌なのに・・・・

なんと、
私たちが座っていた真後ろに大蛇が潜んでたのです
もうもうその場から逃げ出しましたよ。今思っても鳥肌が~。
写真も載せるのはためらわれますが、せっかくなので小さくUPします。

そして、そのニシキヘビを観客にまきつけちゃうんですから、もう恐れ入りました。
その人はヘビのぬいぐるみをもらってましたが・・・・
ご遠慮したいところです。
IMG_4807_convert_20101203135932.jpg IMG_4810_convert_20101203140004.jpg

もうかなりの衝撃で、ぐったりです

ここからも、

かわいいかわうそがリサイクルに挑んだり、ショーは30分ほど続きます。
ヘビがなければ感想ももう少しハイだったでしょうけど、
私は衝撃のあまり、固まってました
IMG_4811_convert_20101203140043.jpg IMG_4817_convert_20101203140145.jpg



ショーが終わると、

すぐに日本語のトラムに向かわなくてはいけません。

後ろの席がいいというのですがもう座っている人がいるので、後方トラムに座りました。
IMG_4823_convert_20101203140336.jpg

アナウンスは前のトラムと後ろのトラムにするので、二回、説明を聞くことになります。意外にガイドさんの後ろはタイムリーに聞けていいのでは~という気もします。

いろいろな動物がのっそり暗い光の下で過ごしてます。
珍しい動物や絶滅危惧種の動物とのふれあい、やはりトラやライオンは迫力があります。
しかし、写真は撮ってもぶれぶれ。
暗い中で行動する夜行性の動物を見るのもいいですが、暗すぎて今ひとつ、ぼんやりしているというか。
実は、日中に見たほうが動物の目つきや毛並みがわかって、趣旨が異なりますが、迫力があるような気がします。
IMG_4833_convert_20101203140920.jpg IMG_4835_convert_20101203140827.jpg


今回は、前に座った赤ちゃんがずーっと泣いていたので、アナウンスがよく聞こえずに、なんとなく落ち着かない30分間のツアーでした。



最後は、

一番最初に通りかかった入口付近の炎のトライバルショーを見ました。
太鼓の音とともに、炎を操り、迫力がありました。
IMG_4844_convert_20101203140620.jpg



やはり相当の疲れがでて、トレイルを歩くことは断念。
熱帯雨林のと野生の動物と間近で触れ合うべきで、楽しさ半減で、よさを満喫できないまま、動物園をあとにしました。

作り物といえばそれまでなのですが、
ウォルトディズニーのアニマルキングダムの華やかなショーやサファリトラックに乗って探検するキリマンジャロサファリや、わくわくするトレイルの印象が強かったので、期待しすぎちゃいました。
暗闇の動物園では目がついていかないので、
今度は、昼間の明るい動物園に訪れ、迫力を感じたいです。

まだまだ夜は続きます。

ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
引っ張りすぎ~といわずに、応援よろしくお願いします
にほんブログ村




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/12/04 00:08 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(18)

念願のカジノへ

PM9:30(vol7)

すっかり夜が更けた感じがして、これからトレイルという気力もなく、再入場のスタンプを押してもらいましたが、ナイトサファリをあとにしました。

バス乗り場に行くと、バスに乗るのもチケット待ちの状態なので、タクシー乗り場に並びました。乗り場も帰りのピークで混雑してます。
やっぱり夜ご飯は食べたいので、行く先はオーチャード
タクシードライバーに安くておいしいところを聞くと、ニュートン・フードセンターがいいと教えてくれました
このタクシー、冷凍庫みたいに凍えそうです。ドライバーはカーディガンにジャンバーを着てるんですから、そこまでしなくても~と思ってしまいました
ドライバーさんは怪しげながらも、渋滞している高速を使わずに、すいすい走ってくれて、来たときよりもかなり安くフードセンターに到着しました



PM10:00すぎ

ニュートン・フードセンターは怪しげな屋台がいっぱいです。
しかし、日本語で話しかける客引きもすごい
もう、好きなものを食べたり選んだりしたいのに、それがうっとうしくて何周もしてしまいました
IMG_4856_convert_20101203141033.jpg

お店探しは、またガイドブック頼み。
大家好という、ジューシーでかりっとしたチキンウィングが売り物のお店の付近に座りました。
温かくないのでちょっと微妙。
IMG_4858_convert_20101203141110.jpgRIMG0188_convert_20101203141804.jpg


うるさい客引きに負け、チキンの隣のお店でチャーハンをオーダー。
温かいのでなんとか食べれますが・・・・可もなく不可もなく。
RIMG0189_convert_20101203141823.jpg


斜め向かいに流行ってるオイスターオムレツのお店があり、そちらで、オイスターはちょっと苦手なので、キャロットケーキを注文しました。ケーキと言っても、すった大根を小麦粉、玉子と一緒に炒めた料理で、辛い味噌をつけていただきます。
これは流行ってるだけあっておいしい。
やっぱりこういうお店にあたるとうれしいですね
IMG_4859_convert_20101203141141.jpgRIMG0193_convert_20101203142001.jpg



PM11:00

お腹もいっぱいになり、向かうのは・・・・・やっぱりカジノ
いよいよ、
 念願のマリーナベイサンズ


ホテル(左)とカジノ(右)では建物が違い、カジノ側は低い建物です。
RIMG0204_convert_20101205224844.jpg

先日、マリーナベイサンズの屋上庭園については触れたのですが、時間はとっくにオーバーしていて上れません。

ショッピングセンターも隣接していて、高級ブティックがいっぱいです。ベガスと違って店じまいは早いですね。
IMG_4863_convert_20101203142154.jpgRIMG0194_convert_20101203142037.jpg

カジノに到着です。
IMG_4864_convert_20101203141229.jpg


入口でカメラを預けて入場です。
セントーサのカジノとは違って、すぐクロークがあって、無料なのは当然のサービスですね。8月に行ったときは懲りました

こちらは、1階が喫煙フロア、2階が禁煙フロアになっています。
私たちが入ったのは、タクシーが乗り入れたところなので2階でした。

こちらは、セントーサとは違って高級感をうたってます。
セントーサは赤っぽいイメージですが、
こちらは、フロアや従業員の制服などはベージュ系なので、落ち着いた感じはあります。しかし、夜が遅いからか、人はいるようないないような。

テーブルにつくと、実際にプレーしてるわずか。プレーしてる人にかけてる人が多いです。
それに、プレーしてる人もあまり考えなしにしてる人が多いので、ほとんどの人が負けてましたね。ディーラーも鼻で笑ってるのが、目に見えるよう・・・。勝負の世界ですが、ディーラー次第ですが、楽しい感じに欠ける気がしました。
主人もそこそこ勝ってましたが、とんとんになってしまったので撤退です


そして、スロットで遊んでましたが・・・・

私は立ったまま睡魔に襲われ



AM0:00
過酷な一日に、これ以上は危険と思われるので撤退です。


帰りはタクシーと思ったのですが、すっかり元金に減ってしまい、負けてもないのに負けた感じが漂い~というわけではないのですが、
IMG_4869_convert_20101203144908.jpg

あまりの夜景のきれいさについつい歩いてホテルへ帰りました。
IMG_4874_convert_20101203145030.jpg


シンガポールフライヤーも明かりを放ち
IMG_4870_convert_20101203144942.jpg


冷たい感じがする無機質の歩道橋ですが、格好いいです。
びっくりしたのはこんなに遅くても子供たちは元気ですね。
IMG_4875_convert_20101203145123.jpg


川沿いを歩いてると、あちこちで工事の進捗状況が見れます。
今通ってきた歩道橋とクレーン車。
鉄道も工事中で、ますます発展することでしょう。
IMG_4883_convert_20101205225839.jpg


金融街のシェントンウェイの夜景もきれいです。
IMG_4878_convert_20101203145223.jpg

ホテルも見えてますが、遠そうです。
IMG_4881_convert_20101203145322.jpg


通りにはクリスマス用に飾られたイルミネーション。
IMG_4885_convert_20101203145406.jpg


マリーナ付近で迷いましたが、20分ちょっとでホテルに到着です。

長い長い一日の終わりです

これからは、多少短くなりますので、引き続きお付き合いください。


ご訪問ありがとうございます!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ応援よろしくお願いします
にほんブログ村




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/12/05 23:22 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(8)

ついてなかった!?ジョホール・バルへ

11月21日AM8:30(vol1)

さすがに昨日の疲れも出て二度寝してしまい、3階のレストランに繰り出したのが、午前9時前。
食事のピーク時、混んでます。

中華から洋食までありますが、あまり食べ過ぎてはいけないのですが、幸い、微妙に冷めておいしいものがなく・・・・
これもパンパシの次回リピのない要因の一つです
RIMG0224_convert_20101206135833.jpg RIMG0226_convert_20101206135650.jpg


今日は、

お隣の国マレーシアの
 ジョホール・バルへ。

ジョホール・バルは、首都クアラルンプールに次ぐ第二の都市です。

AM10:00

ホテルからタクシーで、ブギスに近いところにあるマレーシア行きのバス乗り場に向かいます。
乗り込んだタクシードライバーにどうやって行くのがいいか相談すると、
「バスはあまり治安はよくないけど、本数はいっぱいあるし、タクシーでもバスでもどちらでもいい」とのこと。
激安運賃(S$2.4=156円)につられて、ついついバスで行くことを選択。タクシーは乗り合い一人S$10=650円 貸切S$40=2600円です。
RIMG0235_convert_20101206140020.jpg IMG_4890_convert_2010120614035.jpg

バスの車内は地元の人で混んでいて、外国人観光客はちらほら。日本人に関しては一人もいません。
RIMG0239_convert_20101206140055.jpg

途中、工事の渋滞にはまり、もう少し早く起きればよかったと後悔しました

側道に生えてる樹木を見てるとここはやっぱり亜熱帯の国だな~なんて風景を眺めてると、
40分ほどで、国境に近づいてきたようです。

まさか、縁遠いと思っていたマレーシアに来るとは思ってもいなかったので、わくわくどきどき。スタンプが増えるのもうれしいです。
しかし、ここからもまた大渋滞。
RIMG0241_convert_20101206164306.jpg RIMG0243_convert_20101206140227.jpg

電車の駅も通り過ぎました。
RIMG0245_convert_20101206140303.jpg


そして、いよいよイミグレ
(とにかく入出国が面倒で、読む方はもっと??だと思いますので、行く予定のない方はスキップしてください)

バスを降りて、エスカレーターで建物内にあがり、シンガポールから出国手続きをします。
IMG_4891c_convert_20101206141016.jpg

と、今度は違うエスカレーターで下り、移動してきた同じ会社のバスに乗り込み、またバスで移動。


今度は、マレーシア入国。

バスから降りて、エスカレーターに乗り、マレーシアへの入国書類を記入し、入国手続きをします。
エスカレーターを降り、同じ会社のバスに乗り込み、シティスクエアに到着です。
面倒くさいの何の、タクシーにすれば、わずらわしさは半減されたらしく、ちょっと後悔です。
もうこの日の往復だけで、スタンプ4つですからね。うれしいのか悲しいのか・・・・
帰りも同様です。
以前は歩いて国境越えをできたらしいですが、最近はできなくなったそうです。

こちらは、シティスクエアと直結するマレーシア側のイミグレ
RIMG0294_convert_20101206140627.jpg

左がイミグレ、右がシティスクエアの入口
RIMG0295_convert_20101206140557.jpg


シティスクエアで早速両替
シンガポールドルをなんとS$20(1300円)だけ。
ちょっと半分のS$10では怖いですからね。
あと、お手洗いは有料だったので入りませんでした。

シティスクエアは、スタバもあり、ほとんど変わりはありません。



いよいよ、
観光に出発です

タクシーはメーター制だけど、交渉となる場合も多いので、料金交渉。古いタクシーに乗り込みます。


サルタン王宮


王宮に着くと、門番のような人が、手で×マークを出してます
違う入口に行っても、どうやら、入れないらしい。
えーーー、見所はここがメインなのに、何のために来たんだろう??

ドライバーはひっそり、「王様の誕生日がどうのこうの」、言ってたそうです。


仕方ないので


AM11:40
アブ・バカール・モスク

入口にはイスラムの文字。
IMG_4895c_convert_20101206161224.jpg


サルタン王宮の小高い丘の上に建つモスク。
モスクはだいたい大きなたまねぎ頭をイメージしますが、
ここはモスクの建築様式がとても繊細で女性的な雰囲気があり、お城のような乳白色の壁に黒い丸い屋根がとても美しいです
ジョホールほ人々は「マレーシアで一番美しいモスク」と称えているそうです。
IMG_4903_convert_20101206161313.jpg

あいにく中の見学はできません
IMG_4901_convert_20101206145625.jpg

緑に茂った庭からは、ジョホール水道を船が行き交ってるところが眺められます。異国情緒たっぷりです。
IMG_4904_convert_20101206144802.jpg


マレーシアの国旗がたくさん飾られている動物園を通り、
RIMG0260_convert_20101206145843.jpg


ジョホール水道沿いの道を歩いて行きました。
海の向こうはシンガポールです。
RIMG0263_convert_20101206145922.jpg



PM0:00

さきほど入れないといわれた、
 サルタン王宮の横に到着です。
IMG_4913_convert_20101206144849.jpg

青い屋根を持つ白壁のビクトリア様式の宮殿で、手入れの行き届いた庭園の緑がきれいです。
ジョホールバルのサルタンはかなり日本贔屓だったようで、見事な日本庭園があるそうです。

門のところで写真を撮ってると、裁判所の人が「中に入ったらいいよ!」と薦めてくれたので、行ってみると、やはり入れません。
警備の人に聞くと
「王様が明日が誕生日で、ここ4、5日は入れない」といわれました。
なんとも残念
IMG_4919_convert_20101206145455.jpg


ジャラン・ドビーを散策します。


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ一押し励みになります!ありがとうございます
にほんブログ村




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

[ 2010/12/06 22:34 ] 10/11シンガポール | TB(0) | CM(20)