リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

00年8月22日②ヨーホー国立公園へ

レイクルイーズを後にし、ヨーホー国立公園へ

レイクルイーズとヨーホー国立公園は、バンフの街中から100kほど。コロンビア大氷原よりも手前なので、移動は比較的楽ですが、やはり車がないと不便です。
ヨーホー国立公園は国道1A沿いに広がり、主な見どころはわき道を入ったところにあり、ほとんどの観光客は通り過ぎてしまいます。
氷河がないからか華はないのですが、そそり立つ岩壁や大きな滝があるこの公園の由来のヨーホーとは、先住民の「驚異・畏怖」を表しています。


まずは、ふらりと寄ったワプタレイク
IMG_0036_convert_20100522191322.jpg


次は、スパイラルトンネル
急な峠を列車が登れるように八の字の線路が眺められます。
列車が走らないと面白味はないのですけどね・・・
tunnel.jpg


ヨーホー国立公園の最大の見どころ、 タカカウ滝
岩棚から400m近い落差で落ちるこの滝は、途中の滝つぼにあたり、水が空中に跳ね上がりとても豪快です。
tatakau2.jpg tatakau1.jpg

tatakau3_convert_20100601140534.jpg滝のほうに行くと水しぶきが飛んできます。
全景もきれいですが、こちらは、水の量の迫力を感じてもらえるのでしょうか。
写真を拡大してみると、左下のほうの青と赤の点は人です!トレッキングにしても無茶な?チャレンジャー!



次は、
エメラルドレイクに行く途中にあるナチュラルブリッジ
IMG_0039_convert_20100522191434.jpg長年にわたってキッキングホース川が川床の石を削り作り上げた自然のアーチです。
上から水が流れて、切れ間があるものの人がまたげる橋のようになってます。
  IMG_0040_convert_20100522191456.jpg



最後に、
緑の湖が美しいエメラルドレイク
どんどん天気も良くなり、湖がエメラルドグリーンに輝いてます。
お天気もあるのでしょうけど、今回見た中で一番湖面が輝いていたような気がします。
レイクルイーズと似てますが、針葉樹が迫ってくるような感じと違い、のんびりした穏やかな風景です。
IMG_0041_convert_20100522191514.jpg

似たような風景ですが、山が映り込みとてもきれいでした。
emerarudoko_convert_20100601145752.jpg



ヨーホー国立公園はちょこちょこしたイメージですが、トレイルをしなければ短時間で周れます。

最後はバンフ近郊を観光です。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記

00年8月22日③バンフ近郊

バンフはカナディアンロッキー南部に位置し、観光の表玄関。
小さな街ですが、世界から観光客が押し寄せる人気のリゾート地です。

バンフに戻ってきて、

まず、
バンフのダウンタウンに近いバーミリオン・レイクス

ba-mirionn.jpgバーミリオンレイクは人造湖で、自然の状態に戻してるため、年々水位が下がってるとのこと・・・。将来は消えてしまうのでしょうか。植物も多く氷河湖とは違ったゆったりした表情を持ちます。
後ろの形の良いランドル山がとてもきれいです。

ba-mirion1.jpgこちらのバックのなだらかな山はサルファー・マウンテンです。後でゴンドラで上ります。


雪が積もったランドル山と青々輝くバーミリオンレイクがきれいな絵葉書を拝借です。
   IMG_0001_convert_20100602154835.jpg



ホテルから近いのに行っていなかった
ゴンドラに乗り山頂から眺められるサルファーマウンテン

ゴンドラで2285mの展望台で頂上に上ります。
IMG_0052_convert_20100522213759.jpg

バンフにある、前回泊まったバンフスプリングスホテル(左)と今回泊まったリムロックリゾートホテル(右)
あんなに大きなホテルがこんなに小さいなんて~。
IMG_0049_convert_20100522213648.jpg IMG_0050_convert_20100522213705.jpg

山の深さに驚き、こんな山頂にもエルクがたくさんいました。
IMG_0047_convert_20100522191700.jpg IMG_0051_convert_20100522213730.jpg

上から眺める風景はまた視線も変わり、カスケードマウンテンがこんなまじかに迫っていて迫力があります。ただただ大きいの一言です。
   IMG_0048_convert_20100522191744.jpg

バンフの街並みとボウ川とカスケードマウンテン、絵葉書から拝借です。
   IMG_convert_20100602154725.jpg


いよいよ、
お土産物屋さんやレストランが立ち並ぶバンフのメインストリート

夜6時すぎてもこんなに明るいんです。
ただ逆光になりますので、写真は薄暗いです。
メインストリートからは、カスケードマウンテンが眺められ、かわいいお店もいっぱいです。
IMG_0054_convert_20100522213832.jpg IMG_0003_convert_20100602165550.jpg

やっぱり絵葉書がきれい~
かなり色あせてますが、バンフに来た!というお気に入りの風景です。
   IMG_0055_convert_20100522213850.jpg



今回泊まったのは、リムロックリゾートホテル

94年にオープンした緑の屋根がかわいらしい大規模なリゾートホテル。
お部屋もきれいで眺めも良く、駐車場も出やすく使い勝手のいいホテルでした。
IMG_0053_convert_20100522213817.jpg


ということで、

街の入口にあるこの看板、写真撮影してお別れです!
IMG_0046_convert_20100522191640.jpg IMG_0002_convert_20100602154756.jpg
バンフさようなら~また来るよ~
と少し遠のいてる昨今ですが・・・
ブログでは、97年バージョンで再登場です。


また、向かったのは6回目のラスベガス~。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

97年7月 カナディアンロッキー1日目

00年08月カナダ旅行記にお付き合いありがとうございました!
ラスベガスについては、また折に触れ紹介します。
引き続き97年7月簡単なエピソードとともにカナダ旅行記に突入です。
もう山の写真はご勘弁を~という声も聞こえて来そうですが・・・・・
写真は白とびしてますが、微妙な差を感じてください!?

97年7月、
初めてカナディアンロッキーを訪れました。
それも新婚旅行で、どきどきのレンタカーデビューを果たしました。
これがなければ北米で海外旅行で運転をしていたかどうかわからないほどの、いいきっかけでした。

コースはほとんど00年08月と一緒です。

まずは1日目、

アイスパークフィールドウエイのボウレイク00年08月の様子
このときは雲一つないお天気で、山が湖に映りこんできれいでした。湖の色もお天気のせいか、氷河が融けた量のせいか、濃い青とは違います。
まだ海外渡航経験も少なく、自然のすごさに腰がぬけそうなほど感動したのを思い出します!
IMG_0001_convert_20100603132806.jpg IMG+(2)_convert_20100603132530.jpg

IMG_convert_20100603132708.jpg


次は、

最大のみどころコロンビア大氷原00年08月の様子

駐車場入口はやっぱりこんな感じ
IMG_0002+(4)_convert_20100603132843.jpg

ツアーになっていて、雪上車に乗り換えたあとは、こんな雪道を走って行きます。
そして、乗ってきた雪上車です。
koronbia1.jpg IMG_0001+(3)_convert_20100603141207.jpg 

いよいよ雪原に到着です。黒くなってるのは滑り止め?のようですが、とても寒いです。雪上車の中でも寒かったのですけどね。
koronbia.jpg IMG_0003_convert_20100603143337.jpg

やっぱりこんな薄着で来てはいけません!とても寒いです!00年も失敗しました。
そして絵葉書のようにはいかないな~青い?と微妙な写真でごめんなさい。
koronbia_convert_20100603150923.jpg koronbia97.jpg


この日の最後は、

きれいなマリーンレイク00年08月の様子

こちらにつくと夕方になり、少し曇ってきました。
ビジターセンターとマリーンレイク。
穏やかななんとも言えない風景です。
IMG_0005+(2)_convert_20100603153110.jpg

クルーズ船でスピリットアイランド

写真はあまりなく・・・
せっかくのスプリットアイランドは、こんな邪魔者がいて微妙な感じです
marin_convert_20100603152616.jpg IMG_0007_convert_20100603153143.jpg

きれいな景色を眺めながらバンフへ戻ります。
帰り道、だんだん暗くなり、大雨に降られました~。
しかしそんな格闘中の隣でこっくりこっくり・・・睡魔は襲ってくるものです。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

97年7月カナディアンロッキー2日目

この日向かったのが、ヨーホー国立公園の一部とレイク・ルイーズ。
この日は少し曇りがち。旅行中のお天気は気になる最大の要因で、山のお天気はさらに難しいようです。
寒くはなく半袖で観光しても大丈夫でした。

まずは、ヨーホー国立公園

スパイラルトンネルへ(00年8月の様子

トレイルを進むと、結構混んでます。
運がよければ、峠の中を列車が走る姿が見れるそうですが・・・・
IMG_0009c_convert_20100603165342.jpg IMG_0011_convert_20100603165424.jpg


タタカウ滝

左写真に写ってる橋を歩き、山を眺めながら滝に向かいます。
そうそう、私はこのとき蝿に好かれてしまい・・・・、大騒ぎでした~。主人は大笑い~なんで??
ビデオにはばっちりその時の様子はおさめられてると思います。旅行中の汚点です。
IMG_0012_convert_20100603165452.jpg IMG_0015_convert_20100603165649.jpg

水の量も多く溢れんばかりの滝と、岩に打ち付ける水しぶき。
00年8月の様子はこちら
IMG_0014_convert_20100604153054.jpgIMG_0013_convert.jpg IMG_0017_convert_.jpg



そして、ヨーホー国立公園を後にして


カナディアンロッキーの人気スポット
  レイク・ルイーズ

陽が出たり、曇ったりですが・・・、
ホテルとマッチしたこの湖の壮大さに、息をのみ驚きました。
00年08月のほうが、快晴となり、もう輝くようなきれいさでした。

そして、ボートにも乗りました~!
湖は広いので漕ないと氷河近くまでたどりつかないし、写真を撮ったり大忙し~。漕いでたのはほとんと主人で、写真係は私です。

ボートから見た大きなシャトーレイクルイーズと頭がじゃまだけど見事な氷河。
IMG_0021_convert_20100603170101.jpgIMG_0019_convert_20100603165926.jpg IMG_convert_20100604161513.jpg

そして、00年8月できれいに撮りたかった景色はこちら
赤い車輪に乗った花畑、なんともかわいい取り合わせです。
IMG_0081_convert.jpg

お天気ばかりは計画通りにいってくれずに、すべてが快晴のお天気に恵まれません。

ゆったり観光した2日目も終わりです。




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

97年7月カナディアンロッキー3日目

カナディアンロッキー最終日、

確かホテルから出てるボウ川のフロート・トリップ(ゴムボートでの川下り)というツアーを申し込みました。
ボウ川は、ボウレイクを源流としバンフ国立公園で最も長い川です。

ライフジャケットを着用し乗り込みます。書き忘れましたが、前日のレイクルイーズでもライフジャケットを着用しました。
やっぱり水物系だから意外に重装備するのね~と思いました。
穏やかな流れの中、周りの風景を楽しみながら川を下って行き、途中、水がかかるような衝撃を受けたものの、悲鳴でなく歓声に似た声のかかるのんびりした穏やかなツアーでした。
IMG_0080_convert_20100522214425.jpg IMG_0023_convert_20100603170158.jpg
IMG_0022_convert_20100603170137.jpg IMG_0079_convert_20100522214405.jpg


そして、
バンフのメインストリート

晴れているカスケードマウンテンがとてもきれいです。
IMG_0002_convert_20100603132920.jpg

ここで、お土産の鍋式、メイプルシロップ、トレーナー、Tシャツなどを買いました。
何せ新婚旅行ですからね。あまり1箇所目で買い込めないけど、お土産たくさんです~。

私には、アンモライトという、カナダのアンモナイトの化石が鉱物化した緑色のきらきら輝くペンダントトップを買ってもらいました。出番がないとクレーム発生中
RIMG0365_convert_20100606091423.jpg


今回宿泊したのは、

バンフスプリングスホテル
ボウ川とスプレイ川が合流する深緑の中にそびえお城のようなホテルは、バンフのシンボルです。
IMG_0004_convert_20100603133008.jpg

レンタカーを預けるバレットパーキングもリムロックリゾートとは違い、管理もバッチリ!格差を見せ付けてます。
banfu_convert_20100604214820.jpg

ロビーもどっしりとした家具に埋め尽くされ、伝統を感じます。
今回の部屋は、
エレベーターの一番上まであがり、そこからさらに階段を上った部屋でした。
とても景色もよく、屋根が三角形になっていて屋根裏のような作りになっていて、ジャグジーのようなお風呂も変わった作りになっていて、リゾート風の贅沢なお部屋でした。(写真はわかりにくいので省略します。)

ホテルの出発前に~一枚です。
banffspring_convert_20100604215358.jpg 


偉大なカナディアンロッキーの
 表玄関・バンフともお別れです。
banffenter1.jpg banffenter.jpg

canada97_convert_20100604225309.jpg

これから、いよいよナイアガラの滝へ~

古い旅行記ですが、にほんブログ村の海外旅行のランキングに参加しました!
あたたかい応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行記