リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

大混雑の東北道

突然のNY・ベガス旅行キャンセルに見舞われ、
連休中、こんなニュースが飛び込んできました。
NYで1日にタイムズスクエアで爆発物を仕掛けた車が見つかり、現場一帯は数千人が避難し、翌朝まで封鎖された。
すぐ近くのホテルを予約していたため、私たちも非難し大変だったかも!?
と、安堵するのがせめてもの救い・・・

なんて、
今は大混雑に呑まれた東北旅行から帰ってきて、今は天気と同様リフレッシュされてます。


その東北旅行への経緯は、

GW前日には、国内外問わずどこかに行けないかとじたばたしたものの、どこもいっぱいで、料金が高く・・・・
結局、金沢か仙台で取れるところもわずか、決まったのは前日いや当日の夜中12時。もうどこもほとんど空きはなかったです。
それから支度をはじめ、睡眠時間はほとんどなし、頑張って朝の4時半に出発。

目指すは杜の都 仙台

東北は10年以上前に、十和田湖・奥入瀬と盛岡・仙台・ねぶた祭り巡りをしたものの、とても久しぶり。おいしいそうなものがあるのでとても楽しみです。

GW初日5月1日
午前4時半に出た気合もむなしく、もうすでに渋滞・・・・
上には上がいました。恐るべし「高速1000円効果!」ありがたいようないい迷惑なような。
SAに入るのも渋滞し、追突事故もあればそれを見る見物渋滞、渋滞20分はざらなもので、1時間近くも動かなかったり、高速で動かないのはめったにない経験。戻るに戻れぬ状況。やっぱり海外逃避か~ディズニーか~なんて思いもよぎり・・・・
仙台についたのは、初めのナビ設定の予定の9時半を大幅に超える午後1時でした。なんと休んだのはたったの1度だけなのに・・・。

やっと仙台につくと、チェックインにはまだ早く、

山の上の仙台城址
護国神社でお詣りをして、まだまだ桜も見どころでお花見も楽しめました。
IMG_2267_convert_20100505203006.jpg RIMG0003_convert_20100505205010.jpg

伊達政宗が築城した仙台城(別名・青葉城)は、当初から天守閣はなく、何度も修復を繰り返し、数少ない遺構も、太平洋戦争時の仙台空襲により焼失しました。これだけの規模なのに復元もしてないので、大手門隅櫓も工事中とのことで、ほとんど残ってなく、見どころが少ないのは残念です。

シンボルともいえる伊達政宗の騎馬像ではみんなが写真撮影してます。
IMG_2293_convert_20100505203250.jpg


山の上なので、仙台の街のパノラマ風景を楽しめます。
IMG_2273_convert_20100506122228.jpg
ちょっと肌寒かったです。


そして敷地内には、青葉城資料展示館、仙台城見聞館、仙台市博物館、青葉城下銘名館があります。
銘店館では、こけしなどの名産品が売っていました。
IMG_2310_convert_20100505203946.jpg

奥にはテイクアウトの牛タンまんじゅうのお店があり、小腹も減ったので一つお買い上げ。1つ250円。まーまーおいしかったです。
gyuutannmanjyuu_convert_20100506115813.jpg

これから、仙台名物の牛タンを食べに行きます!




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

仙台食べ歩き

仙台城を見た後は、宿泊先のホテルに車を置いてから、お目当ての仙台名物牛タンを食べに行きました。

10何年前もガイドブックに載っていて口コミでも評判の太助に行ったのかな~と思い返し歩いてると、もう2時だというのにまだまだ長い列ができてます。同じ通りにもう一店の旨味太助があり、そちらのほうが列が短いのでそちらに並びました。
店先からはいい匂いが漂ってきます。
RIMG0019_convert_20100505205123.jpg

メニューは定食のみとシンプル。
お休みなので、お昼ですがビールもいただきました!
牛タン2人前と麦飯と大量の野沢菜のおつけものと最後に来たテールスープです。これで1300円!
塩の味がしっかりついて炭で焼いてるので味があっておいしいです。中には噛みにくいものもありましたけど(笑)
RIMG0025_convert_20100506210304.jpg RIMG0027_convert_20100505214746.jpg


それから、七夕祭りの飾りつけされる商店街を抜けると、次から次へと現れる店やビルの数々、そして若い人も多く、活気を感じました。
有名な最中の老舗「白松」があり、湿気そうなので断念したものの、やっぱり買ってくればよかったと後悔~。
商店街

そして見つけたのは、ひょうたん揚げとかかれたホットドックの丸いのをほおばった多くの若者たち。
仙台名産笹かまぼこ老舗の安部蒲鉾店です。
お腹もいっぱいだけど、やっぱりここは試食が大事!。外側はホットドックと同じで中はかまぼこ。
中辛のケチャップにしたため、ここは普通のケチャップがおすすめです。気が付いたら、えらそうに仁王立ちして食べていて、載せようか迷ったもののご愛嬌で~。
dango_convert_20100505215312.jpg kamaboko_convert_20100506211149.jpg


そして、
東横イン奥のアパホテルにチェックイン
狭いけどこぎれいに整えられ清潔感もあり、贅沢は言えません
なんでもそろっていて日本のホテルは便利です
RIMG0046_convert_20100507121415.jpg IMG_2329_convert_20100505204636.jpg


夜は、
仙台駅の牛タン通り・すし通りに行き、お夕飯はすし通りの評判のよい「あさひ鮨」へ入りました。
カウンターに座りいろいろ握ってもらいました。さすがの私も、カウンターのものまで写真を撮れず・・・
贅沢三昧、おいしかったです!
RIMG0040_convert_20100505205315.jpg




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

大混雑の松島へ

翌5月2日、とてもいいお天気、観光日和で暑くなりそうです。
朝食つきにしなかったので、駅まで行って地下の喫茶店でモーニングセットを食べました。名前を控えてきませんでしたが、おいしいコーヒーでした。
RIMG0042_convert_20100508220431.jpg


松島がすでに大混雑してるとは思わず、9時ごろホテルを出発しました。
高速ですでに渋滞ができていて、降り口からは一向にすすみません。あとは松島まで激しいほどののろのろ運転。やはりここも大渋滞~~。本当にもう~~。

もうすでに11時。
随分、松島も近づいたものの、駐車場への道は険しそうなので、分岐を過ぎた辺りで、貸し駐車場の看板を見つけ迂回しました。駐車場の方の話では、「行きは下りで5分ほど、帰りは上りできついかも~」と、少し歩くようですが、渋滞にはまってるよりいいので、置かせてもらいました。

さっそく観光案内所につき、観光船のチケットを中型船とのことですが、混雑を考え迷わず購入。
jyousenjyo_convert_20100509113642.jpg

松島湾内案内図とチケット
IMG_convert_20100509084639.jpg ticket.jpg

前の船が出るのを見送ると、大量のかもめがその観光船を追いかけていきます。
前に並んでいた学生のような軍団はこれがお目当てで、どうやら後ろ部分の狭い甲板を狙っているよう。「かもめに目をつっつかれる~」なんて騒ぎながら、20分ほど待って次の中型船に乗り込みました。乗り場でも船内でもかもめの餌と称して、かっぱえびせんが販売していて、これがお目当ての人は買ってました。
IMG_2399_convert_20100508222244.jpg IMG_2361_convert_20100508222726.jpg

私たちは船内の座る席に座りました。主人はまもなく甲板に出て行き、かもめが追ってくる写真を撮ってきました。追ってくる迫力のあるかもめに興奮しながら帰ってきた主人、そして右下のかもめが見事かっぱせびせんをGETした模様。
私もその迫力を体験しに甲板にでていくと、頑張ってついてくるかもめでした。
IMG_2357_convert_20100508222645.jpg

かもめが飛んでるのと島の雰囲気を撮った私の力作!
主人からは迫力がないと微妙な判定~
RIMG0059.jpg

双子島鐘島
IMG_2380_convert_20100509104551.jpg IMG_2382_convert_20100508223021.jpg

不思議な形のこちら
IMG_2372_convert_20100508222849.jpg

松島で特に有名でみどころは、チケットの絵にもなってる仁王島
仁王像が葉巻をくわえて座ってるように見えるからだそうです。
IMG_2384_convert_20100508223115.jpg

いよいよ終盤になってきました。
ぽっこり浮かぶ目を引く島が現れました。
やはり、ここは、伊達正宗が惚れ込んだ千貫島。こちらもチケットに載ってます。
RIMG0076_convert_20100509105108.jpg

最後は、五大堂。ここはあとで訪れます!
IMG_2391_convert_20100508222033.jpg

少し乗ってからは薄日がかかってしまい、薄曇りとなってしまいましたが、松島を堪能で来てよかったです。
そして、船内ではテープが流れ、いろいろ説明を受けたものの、すっかり抜け落ちてしまい、説明不足で失礼します。

関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 海外旅行

松島散策

クルーズ船を降りたら、五大堂へ向かいます。
やっぱり松尾芭蕉も魅了した海と島々が作り出すこの景観、
日本三景の看板ははずせません。
kanban.jpg kanban1.jpg


五大堂と橋のバランスはここが一番きれいです。
matusima_convert_20100509085359.jpg


松島のシンボル・五大堂
この朱塗りの橋は、透かし橋になっていて、細長い板を渡ります。
godaidou_convert_20100509114921.jpg

足もとに海が見え、下を見るとちょっと怖いです。おまけに混んで止まられると、ちょっとドキドキします。
このドキドキ感、バンクバーのキャピラノ渓谷のとても揺れたつり橋を思い出します。記事はこちら
RIMG0107_convert_20100510151351.jpg sukashibasi.jpg


この五大堂は、
伊達政宗が再建したもので桃山式建築手法で、とてもおごそかで美しい建物です。
godaido.jpg


ここからの眺めもとてもきれいでした~。
IMG_2422_convert_20100510144302.jpg IMG_2427_convert_20100510144347.jpg



それから、

忘れてはいけない瑞巌寺

花粉症の人には見てるだけでつらそうな?見事な杉の参道を通り、
zuiganji2_convert_20100510155653.jpg

杉並木を抜けると崖際には洞窟があり、その前には石碑・石塔・石像郡があり、静寂でおごそかな雰囲気です。
zuiganji_convert_20100510145942.jpg


気が引き締まる思いで、瑞巌寺につくと・・・・
本堂・中門・御成門は大修理中、代わりにいつも公開していない国宝庫裏及び陽徳院お霊屋が見れるとのことですが、せっかくだけど、本堂が見れないのでは仕方ないと入るのをやめました。残念。
次来た時に~と言うけれど、いつのことやら~??
zuiganji1_convert_20100510150208.jpg

 じゃ~、何か食べる?それとも円通院に行く~?
関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行

だんごも花も!? at松島

お腹は減っていないものの、もう一時なので、お蕎麦屋さんや、甘味どころが並んでいると、「どうする~どうする~」と思わずひきこまれそうになります。
でも、今一つ決め手に欠け、円通院に行きました。
IMG_2437_convert_20100511160246.jpg


そうすると、

円通院のチケット売り場の前に、何やら行列ができてます。
30歳くらいのご夫婦が
「15名以上になると団体になって入場料300円が250円になりますので、一緒にどうですか~!」と
堂々とチケット売り場の前で声をかけてます。今どきの若い人には珍しいな~、賢い節約か?と思いつつ、でも、この行列ははた迷惑では・・・と興ざめし、入るのをやめました。


目の前の古い民家を改造したようなお食事処「どんじき茶屋」があり、
そちらで休みました。
おそばもありましたが、せっかくだから仙台に戻ろう!と名案が浮かび、3色だんごとやっぱりずんだ餅を頼みました。
想像していたよりも量が多かったのですが、こんなものです!?
IMG_2441_convert_20100511171019.jpg IMG_2442_convert_20100511160453.jpg


広い通りに出ると、

伊達なおみやげ堂」がありました。
お土産物は萩の月、牛タン、かまぼこなどがそろいます。
やはり仙台と言えば萩の月
ズンダ餡の珍しいふうき虎やき。香ばしそうな皮がとてもおいしそうでついつい買ってしまいましたが、どら焼きともとてもおいしかったです。
RIMG0275_convert_20100511173018.jpg RIMG0268_convert_20100511173104.jpg

そこでは、かまぼこを自分で焼いて食べることができ、ズンダのソフトクリームが食べられます。ズンダのソフトも暑かったので混んでましたけど・・・アイス好きでもやめておきました。
かまぼこは買って帰れないので、炉辺は混んでましたが、焼いて食べてみました。ぷっくら膨らんでおいしそうでしょう~。
みんな無言で食べてましたけど、雰囲気が楽しいのでしょうね。
RIMG0131_convert_20100510150723.jpg


駐車場に向かおう途中、

きれいな桜の木を見つけました!
今年は寒かったため、まだまだお花見を楽しめます。
しか~し、こんなものでは終わりませんでした。
sakura_convert_20100511171829.jpg IMG_2452_convert_20100511160613.jpg


いよいよ、下ってきたあのきつ~い上り坂が待ってます!
しかし、「西行戻しの松公園」という看板が目に入ってきました~
これはもしかして?




関連記事

ジャンル : 旅行
テーマ : 国内旅行