リピート・ラスベガス

海外旅行のショッピングと食事を中心としたブログにしたいなあ・・・

ロシア料理

寒いと食べたくなるのが、ロシア料理の壺焼きです。
吉祥寺においしいロシア料理のお店「Cafe RUSSIA 」(カフェ・ロシア)があるというので行ってきました。(口コミはこちら

南口を出て線路沿いを三鷹方面に歩き、パルコ向いのファミリーマートがある一番端のビルの地下に、和食屋さんがあり、金券ショップがあり、えっというシチュエーションでしたがと、こじんまりしたぴんくっぽいお店はありました。午前11時半過ぎ、中には何組か食事をしていましたが、すぐに入れました。店内もピンクでかわいらしい雰囲気でした。
壺焼きが食べたかったのでボルシチと野菜のピロシキときのこのクリームのつぼ焼きとデザートがついた980円のランチを頼みました。

ボルシチは、トマトを使っていることが多いですが、ここのは、ビーツとキャベツを使ったスープで、赤というより濃いピンク色でした。素材を生かしたキャベツの甘味がでていて、サワークリームとあってとてもおいしかったです。
お野菜たっぷりのピロシキもあげてないので、べたべたしてなくてさっぱりです。追加でお肉のピロシキを一つ頼みました。
RIMG0083_convert_20100225202612.jpg

壺焼きのクリームも塩味も薄く味付けが素朴で、化学調味料の味がせずによかったです。全体的に化学調味料でごまかした感じがないのでおいしかったです。こういうお店はいいですね。
RIMG0088c_convert_20100301144049.jpg

最後は、紅茶のパウンドケーキのようなものにホイップクリームがかかっていて、これはこんなものかしら。
RIMG0089_convert_20100225202757.jpg

飲み物を頼むと、コーヒーは粉コーヒーというので、トルコで飲んだ微妙な味がよみがえり、私はロシアティーを頼みました。バラの花びらのジャムで、おいしかったです。粉コーヒーは予想を裏切らず、粉っぽかったです。最初間違えて粉コーヒーが二つ来たときは、有無を言わさず違う違うと叫びました。
RIMG0094_convert_20100225202842.jpg

本格的なロシア料理をお手頃で素朴な味で楽しめるお店でおすすめです。
IMG_convert_20100301142800.jpg IMG_0001_convert_20100301142825.jpg




週末は、話題の3D映画アバターしばらくすると音が出ます)を見てきました。
公開から間もたってるのですが、後方の席はほとんど満席でした。
メガネが合わないとか、中身は大したことがないとか、それでも面白くて新鮮というので、見てきましたというより、体験してきましたって感じです。
3Dというと、ディズニーランドでのアトラクションのイメージですが、まさにその延長です。
やはり2時間40分となると長いので少々疲れましたが、目の前に広がる不思議な空間と、美しい景色とに魅了されました。

ストーリーは「22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへとやってきた元海兵隊員ジェイクは、自らの分身となる“アバター”を操り、先住民ナヴィと交流するが、やがて鉱物資源を巡って勃発する人類とナヴィとの戦争に巻き込まれていく。」(引用)というものです。
ストーリーはありがちなもので、途中で想像はつきます・・・・

興味のある方はどうぞ~

関連記事

ジャンル : グルメ
テーマ : こんな店に行ってきました

ひな祭り

明日はひな祭りですね。
先日実家には、5年前に亡くなった叔母が大切にしていたお雛さまが飾られてました。
私のお雛様は、小ぶりのかわいらしいものですが、小道具やら出すのが面倒らしくここ数年見ていません。来年こそは出してあげないとかわいそうですね。

叔母は一人暮らしをしていて、リウマチで苦しみ、骨折してからは寝込んだ生活を送っていました。
最後は、風邪をこじらせ病院に担ぎ込まれ、検査漬けの入院生活に入ったらあっという間でした。
仲の悪かった兄妹だそうですが、父は年齢順でなかったことに心を痛めて落ち込んでいました。、今では、叔母が持っていたものを父がポケットに入れて持ち歩いていて、こうして飾っているのもいろいろな思いがあるのでしょう。そして恥ずかしながら何十年と仏壇のない生活を送っていましたが、ご先祖様の大切さ・感謝を感じる年代になりました。
残念ながら少し小道具が足りないようですが、昔のほっとするにこやかなかわいいお雛様です。
DSCF4031_convert_20100302202606.jpg



この頃は年と共に、だんだん古いもののよさに関心が出てきました。新しく便利になったものを追いかけるばかりでなく、こうして振り返るのもいいものです。
父の世代はいろいろなものを大事にし、懐かしいものも出てきます。
父がお知り合いから、ニコンのカメラが価値があるといい引っ張り出してきたのがこちら。本当のところの詳細はわかりませんが、今も大事にしまいこんでます。

S型0と言ってかなり初期のカメラで、両親が結婚前に買ったものだそうです。それで私も小さいころは何枚か写真を撮ってもらいましたが、かなり時間がかかって、途中でぐったりしていたのが懐かしいです。
今はすっかり一眼レフの時代ですが、変わらずカメラ好きな男性は多いですね。
IMG_1385_convert_20100218160342.jpg



関連記事

ジャンル : その他
テーマ : その他

[ 2010/03/02 19:20 ] 国内 そのほか日記 | TB(0) | CM(11)

靴探し

今日は暖かくなったので、ようやく先日買った春っぽい靴のお披露目です。
今年はどうやら“ボーイフレンドジーンズの流行が来そう”とCarinaさんのブログで話題になっていたので、ここのところ靴は甲の開きの広い靴探しをしてました。靴探しは足に合うのが難しく、中敷きを入れてもらったり、のばしてもらったりと毎度苦労します。気に入った足にあう靴が見つかると本当にうれしいです。

最近はパンツばかりで、靴下をはいてもOKで、歩きやすく、かかとも甲もしっかりしたこんな靴ばかり。
kutu_convert_20100305124743.jpg


目を付けてたのが、リーガルのゴールドのパンプス。しかし足があたって痛く、中敷きを入れてもどうかな~と迷ってると、オープントゥパンプスのヒールが目に飛び込んできました。
これは、前も開いてるので少し小さめでもOK、痛くならなさそうだし、ヒールも6Cmありしっかりしていて、ヒールが木だと、皮のようにめくれないのがいいですね。色合いもなんといってもやわらかく、少しフェミンで一目ぼれしました。
RIMG0120_convert_20100222135907.jpg
赤と白と紺のオープントゥパンプスヒールもかわいらしく魅力的でした。


この日のお出かけのバックは、コーチのレザーゾーイバッグでした。
コーチは新作の移り変わりが激しくはなからついていく気もなく、最近はベガスのアウトレットばかりです。
こちらは、主人が滅多にないアメリカ出張の時に正規店で買ってきてくれた2008年秋に発売されたものです。日本には未入荷でしたが、メタリックシルバーで落ち着いていて好きなバックです。
RIMG0114_convert_20100305131651.jpg

ベガスのアウトレットで買ったのはこちら。
アウトレットでのお買い物のポイントは、
まめに正規店でチェックしておくこと、
袋の中に収納袋がついていること、
袋があるのは正規店からの流れものの確立が高く、大量生産のアウトレット品ではないはずなので、そこもポイントです。
RIMG0117_convert_20100305131719.jpg






関連記事

ジャンル : ファッション・ブランド
テーマ : ファッション

[ 2010/03/05 13:30 ] 国内 お買い物 | TB(0) | CM(8)

トルコ料理~ランチ

最近は映画づいていて、今週も映画『幸せの隠れ場所』を見てきました。
賞を受賞したこともあり、笑いあり、涙ありの感動の実話という口コミで、ご年配の方から若い方まで前の席以外は満席と、想像以上に混んでました。

お話は、

2009年のNFLドラフト1巡目でボルチモア・レイブンズに指名されて入団したマイケル・オアーの実話です。
苦境の中で育った不器用なマイケル・オアーが、裕福な家族に巡り合い、次第に心を開き深いきずなを築いていきます。笑いもあり、感動ありの、アメリカらしい、日本では考えられないアメリカン・ドリームに心が温まりました。
女性のお客さんが多く、最後の余韻に浸ってる人が多かったです。
先週見たアバターとは違う感動のストーリーでした。

主演女優のサンドラ・ブロックは、「スピード」の大ヒット以来、「デンジャラス・ビューティー」も好きな作品で、好きな女優さんです。
本年度、ゴールデングローブ賞主演女優賞
第82回アカデミー賞の主演女優賞
またまた、前日に発表された最もひどい映画や俳優を決めるゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)で最悪主演女優賞にも選ばれていて、初のラジー賞との同時受賞者になりました。
ますます箔がつき、活躍することでしょう。



感動に浸りながら、
世界三大料理と言われるトルコ料理、ときどき食べたくなり、何度か訪れたことのある「パムッカレ 」に行きました。口コミはこちら
こちらは中央線吉祥寺駅にあったのですが、何年か前に新宿に移転しました。吉祥寺以来のファンです。
夏のイスタンブール旅行中に必ず現地の人に、「このお店、知ってる?」と聞く人が多かったです。「親戚だ」「友達だ」というので、「はいはい」って感じでした。

ランチメニューの中から、
なすとミートソースのグラタンセット950円
トルコ風若鶏の手羽先セット1250円
を注文しました。
それぞれスープとパンとサラダと飲み物がつきます。
RIMG0246_convert_20100308145916.jpg RIMG0241_convert_20100308145650.jpg

RIMG0242_convert_20100308145818.jpg RIMG0243_convert_20100308145738.jpg

トルコ料理のスープや食べ物は香辛料がきつめなので、好き嫌いが分かれるかもしれません。
比較的日本人の口に合いやすくお料理されてると思いますが、行くならランチがおすすめです。
IMG_convert_20100311121027.jpg IMG_0001_convert_20100311121043.jpg




関連記事

ジャンル : グルメ
テーマ : こんな店に行ってきました

日本一のおかきどころ 播磨屋

ネーミングから少し魅力的な
日本一のおかき処「播磨屋」をご紹介します。
播磨屋の創業は1860年、兵庫県生野町で油屋として出発。戦後にお菓子メーカーに転じ、現在のおかき・おせんべいのメーカーに変わりました。
ここのお店は、街中にあるお煎餅屋産とも違いスーパーに卸さず、直営店と通信販売を柱として飛躍的に発展しました。

今も兵庫生野に本店をかまえ、東京では地下鉄銀座線虎の門のビルの1階に直営店を構え、官公庁も近いこともあり、よく御遣い物に好まれるお店です。全品化学調味料無添加とうたっていて、そしてお歳暮・お中元期はかなりの混雑です。
私も虎の門には時々行くことがあり、こわれや手土産におかきを買いました。
こわれは、形がいびつになって売り物にならないものをまとめたもので、種類も限られていて、一人一袋という制限もあります。オープンまもなく売り切れてしまうほどの人気商品でした。通販でも急がないとすぐに売り切れてしまいます。

現在は、2年前にフリーカフェを備えたお店に変わりました。(2010年9月・有料に変わりました)
コーヒーと紅茶とオレンジジュースがあり、いろいろな種類のおかきバーがありフリーです。
おかわりは禁止で、おかきバーも常識の範囲内、持ち帰り禁止ですが、みんなの憩いの場になっていて、「ただでお茶が飲めるなら」と、いつも混んでいます。
おかきばーは以前売られていたこわれと一緒で、形がこわれたもの、いびつなものが、サービスでふるまわれます。
2010030411170000_convert_20100309165919.jpg 2010030411110000_convert_20100309165845.jpg

通常の販売もしています。

おかきバーのそばで売っているのが、今回買ってきた「こわれの小さい版」3つで1000円です。
RIMG0216_convert_20100309170010.jpg
人気は、あげたおせんべいの朝日あげとおしょうゆ味のさくさくやわらかいはりま焼きとお豆の入ったおやきもちです。
変わっていてさっぱりしていて好きなのが、丹波黒大豆です。黒豆が苦手な人でも食べやすいです。


しかし、気になるのが、DMで送られてくる案内書。
HPの理念は随分丸くおさめてますが、自然保護と天皇一家についてつづった篤い内容のメッセージには、ちょっとひきます。
でもおいしいので好きなおかき・おせんべい屋さんです。

最近は、福岡、大阪御堂筋、神戸、京都、銀座にもフリーカフェを出店し、名古屋にも3月にオープンし、ますます勢いがつきそうです。虎の門の口コミはこちら
2010030411170001_convert_20100309165932.jpg






関連記事

ジャンル : その他
テーマ : その他

[ 2010/03/08 17:10 ] 国内 お菓子 | TB(0) | CM(6)